メルセデス・ベンツ Cクラス セダン プラグインハイブリッドの価格・新型情報・グレード諸元

Cクラス セダン プラグインハイブリッド

<
>
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル 新車画像
  • Cクラス セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル
  • インテリア - Cクラス セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル
  • エクステリア ブリリアントブルー - Cクラス セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル
このページの先頭へ

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン プラグインハイブリッドの新型情報・試乗記・画像

Cクラス セダン プラグインハイブリッドの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

Cクラス セダン プラグインハイブリッドのモデル一覧

Cクラス セダン プラグインハイブリッドのレビュー・評価

(1件)

ユーザーレビュー募集中

  • Cクラス セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル メルセデス・ベンツCクラスにプラグインハイブリッド(PHEV)のC350eアバンギャルドが追加された。これによってCクラスは、ダウンサイジング直噴ターボ、クリーンディーゼル、PHEVの3種類のパワートレーンを持つようになった。

    数年前まで、ハイブリッドに対して懐疑的な姿勢を示していたヨーロッパの自動車メーカー各社も、燃費を良くするために電気の力を借りざるを得ないことを認めるようになり、さまざまなハイブリッド車を投入するようになってきた。

    特にPHEVはヨーロッパのC02規制において優遇といえるような扱いを受けているため、各社ともCO2規制を達成するためにPHEVを次々に投入している
    続きを読む

    そんな流れの中で登場したCクラスのPHEVは、C250に搭載されるのと同じ、直列4気筒2.0Lの直噴ターボ仕様エンジンに電気モーターを組み合わせている。

    エンジンの動力性能が150kW/350N・mで、モーターは60kW/340N・mを発生する。システムとして発生できる動力性能は単純な足し算ではなく205kW/600N・mだが、それでも圧倒的といえるような動力性能である。

    最大トルクの600N・mという数値は、AMG仕様のC63にも匹敵するような水準のものだから、C350eの走りのパフォーマンスは相当なものがある。アクセルを踏み込めば並みのCクラスとは次元の違う走りが得られる。単なるエコカーではなく、パフォーマンスカーでもあるのがC350eなのだ。

    PHEVらしく環境性能にも優れている。普通に走らせたらハイブリッド車らしい静かでスムーズな走りが得られる。

    走行モードはエンジンとモーター自在に使い分ける「ハイブリッド」のほか、EV走行に徹して走る「Eモード」、逆に電気の残量を維持してをエンジン中心で走る「Eセーブ」や、電池が少なくなったときなどに充電しながら走る「チャージ」のモードもある。

    満充電の状態で「Eモード」を選んで走れば、最大で28.6kmの距離をモーターだけで走れる。日常走行ではEモードを中心に走れば、ガソリンをほとんど使わないようなカーライフを実現することも可能となる。

    またヨーロッパメーカーのPHEVらしく、時速130kmまでの領域ならモーターだけで走らせることも可能。高速走行を続けたらモーターで走れる距離はぐんと少なくなるが、PHEVだからといって走りをスポイルしていないのがC350eなのだ。

    一般的には、エンジンとガソリンを上手に使う「ハイブリッド」で走ることになるだろう。カタログに表示されるハイブリッド燃料消費率(JC08モード)は17.km/Lとあまり良くないのだが、実際の走行ではEモードを多用することで、ずっと良い実用燃費が得られるはずだ。

    ちょっと気になったのは、ハイブリッド走行中に状況に応じてエンジンがかかったり止まったりするとき、わずかながら微妙なショックがあって、走行モードが切り替わったのを体感できることが多かった。

    たいていのハイブリッドやPHEVでは、タコメーターの針を見ていないと、エンジンがかかっているのかどうか分からないのが普通だが、C350eはエンジンのオン/オフが割と良く分かる感じだった。全体に静かでスムーズなクルマなので、ちょっとしたショックでも気になってしまうのかも知れない。

    価格はC250スポーツが657万円なのに対し、C350eアバンギャルドは707万円で50万円の価格差がある。電気モーターとリチウムイオン電池を搭載するPHEVが高くなるのは当然で、走りのパフォーマンスにも大きな違いがあるのだから、50万円の価格差はむしろ小さいともいえる。

    とはいえ、Cクラスで700万円台というのは、絶対的に相当に高い。現実には、Cクラスを買おうとする人の中で、C350eアバンギャルドを積極的に選ぶ人は少ないのではないか。

    参考になった 13人
    2016年5月6日 投稿
    満足度 3
    エクステリア 3
    インテリア 5
    エンジン 5
    走行性能 4
    乗り心地 3
    燃費 4
    価格 2

Cクラス セダン プラグインハイブリッドの中古車

Cクラス セダン プラグインハイブリッドの中古車相場表を見る

Cクラス セダン プラグインハイブリッドとよく比較される車種

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止