メルセデス・ベンツ Cクラス セダンの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

メルセデス・ベンツ Cクラス セダンの新型情報・試乗記・画像

Cクラス セダンの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

Cクラス セダンのモデル一覧

Cクラス セダンのレビュー・評価

(89件)

Cクラス セダン 2014年モデルの満足度

4.51

(カテゴリ平均:4.31)

    Cクラス セダン 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • Cクラス セダン 2014年モデル C200 AVANTGARDE 2014年夏にW205型へとモデルチェンジした「Cクラス」。

      デザインが最高峰の「Sクラス」に似ていることは一目瞭然ですが、よく観察しますと細かいパーツまでもよく再現されていることに気がつきます。筆者も20m後方から眺めたときは「Sクラス」と間違えたほどでした。よく言えばそこまで、「Cクラス」の質感、存在感が今回のモデルチェンジで向上したもであるといえます。
      筆者がまだ大学生だった頃、流行った名車「190E 」が「小ベンツ」などと言われていた時代からすれば、このW205は歴代で最も洗練されている「Cクラス」といえます。

      今回もメーカーの広報車両を借り試乗してきました。

      C
      続きを読む 200 アバンギャルドが搭載する直列4気筒DOHC 2.0リッターターボ「274」エンジンは、最高出力135kW(184PS)/5500rpm、最大トルク300Nm(30.6kgm)/1200-4000rpmを発生。同じ「274」エンジンは、C 250 ではターボの加給などの関係でスペックが変更され、最高出力155kW(211PS)/5500rpm、最大トルク350Nm(35.7kgm)/1200-4000rpm発生しますが、C 200 アバンギャルドでも十分なパワーを発揮してくれました。

      エンジンをかけると、「ボウォン」となかなか野太いサウンドが響き、演出にも抜かりがありません。アクセルを軽く踏みスタートすると超低速域からターボの恩恵を受け、グイグイ加速していきます。体験的なパワーも同時に走行したC 250と極わずかであり、引き離されるのは時速100km/hから上限の世界なので、我が国ではあまり問題視することもないと言えます。

      乗り心地は、ランフラットタイヤ特有の硬さは感じるものの、非常に優れた3段階のエアーサスペンション制御はどのモードを選んでも当たりがマイルドで上質な感覚があります。街乗りでは「コンフォート」モードで終始走りましたが、その感触は、「Sクラス」のようなハイエンドサルーンそのもの。荒れた路面では、ややダンピング不足を感じるシーンもありました。

      高速道路では「スポーツ」モードを選択すれば、安定感は、小さくてもさすがはメルセデスです。日本離れした速度域でもピタッとフラットな姿勢を保ち、車速を上げても静粛性は高いまま保たれるので、速度感が希薄になり「気が付けば、とんでもない速度が出ている」といった感じです。
      シフトダウンをしてアクセルを深く踏み込んだ際のサウンドもなかなか迫力があり、思わずニンマリしてしまいました。


      新型Cクラス「W205」は格好が「Sクラス」に似ているのではなく、同車のクオリティをそのまま凝縮したといえます。これまでの遠慮気味であった「Cクラス」とは明らかに違う新たな世界、いや、初代「190E」のような妥協をしないクルマを再びとでもいいましょうか。



      参考になった 23人
      2015年8月31日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • 2018年10月 デモカーを購入しました。お値打ち価格で購入できました。(走行距離1800km)
      ほぼほぼ 新車レベルでした。300万円台でピカピカのメルセデスに乗れて「時代が変わったなー」と感じました。
      ボディの50%がアルミ製で 剛性UPと軽量化を同時に達成しています。
      ランフラットは 当初硬い乗り心地をイメージしていましたが、裏切られました。
      硬いけど、嫌な振動や音がなく、快適に走行できます。路面の状態を伝わってきましが、深いな要素を削いだ状態で伝わってきます。
      剛性は ただただ素晴らしいの一言。 アリスト スカイライン レクサスGS を乗ってきましたが、雲泥の差を感じました。
      続きを読む
      動力性能は、1.6Lなので不安でしたがターボのおかげで全く遜色なしです。体感ですが 2.5L級のトルクを感じます。
      室内空間は やや狭く マークXレベルでしょうか・・(GSより狭い印象)
      初めてのメルセデス 長く乗ろうと思います。
    • 【エクステリア】
      AMGパッケージが標準装備なので普通のCクラスよりカッコいいかなと思います。
      そもそもノーマルのCクラスはあまり見ませんね。

      【インテリア】
      インテリアデザインは頑張っていると思います。
      今まで乗ってきた車の中では質感も良く、綺麗なインテリアです。
      助手席のパワーシートがメモリーじゃなかったり、ウッドではなくプラスチックだったり、アナログ時計が付いていなかったり、シートが合皮だったり、ダッシュボードがソフトウレタンだったりと、コストカットの形跡が多数見受けられますが、500万を切る値付けなので、仕方がないかなと思います。

      【エンジン性能】
      トルク不足で
      続きを読む す。
      スポーツモードにして回転域を高くキープすれば、そこそこレスポンスも良いですが、その分うるさい。
      燃費も期待していたほど良くないです。

      【走行性能】
      軽いからか、高速での安定性は低いと感じています。

      【乗り心地】
      可もなく不可もなくといったところです。
      高級車の乗り心地の良さはありません。
      少し固めの後心地で、段差での突き上げ感は結構あります。

      【燃費】
      街乗りで9キロ前後、高速で14キロ前後です。

      【価格】
      乗り出しで520万でしたが、マイチェン前のモデルとしては高いなという印象です。
      個人的には450万程度の車かと思います。

      【総評】
      結論としては「安かろう、悪かろう」を体現する車でした。

      充実した電子制御、AMGパッケージとカタログスペックと写真写りはとても良いです。
      が、運転すればするほど不満が募る、良い点があまり挙げられない完成度の低い車でした。

      インターネット上では専門家が高評価をしてらっしゃいますが、信じてはいけないんだなということを痛感しました。
       
      具体的には
      ・ダッシュボードのビビリ音
      ・オートマの変速ショック
      ・ディスタンスパイロットのギクシャクした下手くそな制御
      ・カーナビの案内がおバカ
      ・ステアリングスイッチが使いづらい
      等々。
       
      結局、納車がちょうど1年で手放すをことを決断しました。
      BMWに乗り換えることにしました。
      下取りは270万です。
      ちなみに購入したディーラーでは250は出せないと言われました。
      高い勉強代でしたが、安易に安い車(と言っても、500万超えですので、私にとっては高級車。)に手を出してしまった自分の落ち度だと言い聞かせています。

      他のグレードは分かりませんが、C180だけはオススメしません。
      クルマ好きならガッカリ間違いなしです。
    • 初めての試乗レビューになります。

      ゴルフ7ハイライン(2015年6月購入)の乗り換えとしてネットや雑誌で高評価だったマイチェンでマイルドハイブリットを搭載し更なるダウンサイジングされた1500ccのC200、そして雪国なので4MATICを当初の本命として試乗しました。

      定年前最後に輸入プレミアムセダンに乗ってみたいと2回目の車検(2020年)までに乗り換えを検討していました。
      ディーラーとの顔つなぎ目的で昨年11月末にモデルチェンジ直後のAクラスを見に嫁さんを連れて行きました。
      Cクラスのドア開閉の軽さを含め内装や外観を気に入ってくれて「どうせ買う気で連れてきたのでしょ。」と意
      続きを読む 外な程あっさり嫁さんのお許しをいただき1年以上早い乗り換えに着手しました。

      Cクラスのドアの開閉音の重厚感と反して開閉が軽かったことがお許しをいただいた最大のポイントでした。
      ゴルフ所有の3年半、嫁さんから毎回「ドアが重い」と言われ続けていました。

      昨年中は、購入資金計画を立てながら一介のサラリーマンとして定年まで維持(任意保険料等)できるかも考慮しました。
      現役最後の高額お買い物になるので年明けから比較対象車種としてBMW323d(1時間)、523d(1時間)、メルセデス・ベンツC200 4MATIC AVANTGARDE (1.5日)、E220d(1時間)、C220d(1時間)、VWアルティオン(3日間)を試乗して見積もりを取りました。【( )内は、試乗時間】
      523dやE220dなどクラスの違う車種を検討したのは、時期も良かったのか新車でもお買い得な条件を提示されたからです。
      数ヶ月落ちの認定新古車なら5年保証も付けてもっとロープライスで購入できることも知りましたが、現役中は、新車購入に拘りました。
      次回、定年後の60代なら新古車も有りだろうと思いました。

      試乗した結果、本命のC200 4MATICからC220dで契約しました。
      ネットや雑誌の評価が良すぎてガソリンマイルドハイブリッドの期待度が大き過ぎました。

      値引額で523dやE220dも前向きに考えましたが、全長が490cmを超えると職場の駐車場は、柵をしなければならないので入りません。
      実際に試したアルティオンがギリギリのサイズだったことにより断念しました。
      それ以上大きい車体は、自宅の置物になってしまいます。

      以下1日半試乗したC200 4MATICの項目別の評価です。
      C220d AVANTGARDEに決めた経緯も含みます。

      【エクステリア】
      現行Cクラスは、発売当初から魅力的な外観だと思っていました。
      普段あまり車に興味を示さない嫁さんもAクラスと比較して好評でした。
      ボディサイズも全長が470cmを切り、全幅もゴルフより1cm広いだけで取り回しも通勤にも良好です。

      【インテリア】
      ドアを閉めた瞬間、ドアの軽さと反した重厚感ある音に嫁さん感動され、ゴルフと比べて高級感が有り「買っても良い」と言ってくれました。
      ゴルフのシンプルな内装デザインは、好きでしたが自分もゴルフと比べてドアの軽さに驚きました。

      【エンジン性能】
      自動車評論家達が絶賛していた1500ccのマイルドハイブリッドに期待度が高すぎました。
      市街地では、不満はありませんでしたが、郊外の幹線道路や高速道路の追越加速などで非力さと高回転のエンジン音のショボさにガッカリしました。
      営業の方の私用車であったC220dを1時間試乗してディーゼルの追越加速の音に不満もなく低速トルクの太さに大変魅力を感じました。

      【走行性能】
      走行性能は、文句無しなので省きますが、Cクラスの先進安全(自動)運転技術は、国内で私でも現状購入可能な最高の技術ではないでしょうか。
      高速道路で、ウインカー作動で自動レーンチェンジを体験したときは、感動しました。
      追越車線の後方に車がいる時は、自動レーンチェンジが制限されることも確認しました。
      先進安全(自動)運転技術は、車を操る楽しみが無くなると否定的な意見があるのも承知していますが、技術を過信するわけでなく、これから老いによる反射神経や判断力の鈍化を思えばサポート的な技術は、重要な要素と考えています。
      523dが一番の値引き額で購入可能でしたが、メルセデスを選んだ最大の理由が「先進安全(自動)運転技術」の差でありました。

      【乗り心地】
      AMGライン装着車だったのでエアサス設定も試して変化を体感することができました。
      セダンの剛性感も実感し、ゴルフより乗り心地は、良かったです。
      静粛性もガソリンエンジンは、明らかにゴルフより静かです。
      ディーゼルは、ゴルフ並みのアイドリング音で、走ってしまえば静粛性に不満はありませんでした。

      【燃費】
      試乗前後、セルフスタンドで給油した満タン方式での計測です。
      200km余り(高速80km、市街地10km、残りが郊外幹線道路)走行して実燃費10km/L弱でした。
      車重が重いので仕方ないのかもしれませんが、1500ccのガソリン車として燃費が悪いと感じました。
      ゴルフのハイラインは、満タンで1000km走ったこともあるので、一介のサラリーマンとして燃費は、気になります。

      【価格】
      値引額として3番目だったC220dの契約条件で考えても定価が100万円は、高いと感じました。
      先進安全(自動)運転技術など装備や技術面を考慮しても軽四が新車で買える値引条件だったベンツ、BMWは、定価が高いです。
      輸入車と国産車の違いを改めて勉強させていただきました。

      【総評】
      昔は、排気量が大きい自然吸気ガソリンエンジンほど高級車と考えていましたが、現代の小排気量ターボのプレミアムセダンは、魅力的です。
      試乗の結果、多少アイドリング時の静粛性を犠牲にしてもディーゼルのトルク感に魅力を感じたため本命だったC200 4MATICからC220dに決めました。

      【追記】
      画像は、試乗車を馴染みのショップでリフトアップしたところを撮影しました。
      ゴルフで履いていたOZの17インチホイールをスタッドレス用に転用できるか確認しました。
      このレビューを作成した1週間後が、C220dの納車になります。
      後日改めて自分のC220dをレビューしたいと思っています。

    Cクラス セダンのクチコミ

    (4322件 / 448スレッド)

    クチコミ募集中

    Cクラス セダンのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    Cクラス セダン 2014年モデル

    Cクラス セダン 2014年モデル

    Cクラス セダン 2014年モデルのクチコミを書く
    Cクラス セダン 2007年モデル

    Cクラス セダン 2007年モデル

    Cクラス セダン 2007年モデルのクチコミを書く
    Cクラス セダン 2000年モデル

    Cクラス セダン 2000年モデル

    Cクラス セダン 2000年モデルのクチコミを書く
    Cクラス セダン

    Cクラス セダン

    Cクラス セダンのクチコミを書く

    閉じる

    Cクラス セダンのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    Cクラス セダン 2014年モデル

    Cクラス セダン 2014年モデル

    Cクラス セダン 2014年モデルのクチコミを書く
    Cクラス セダン 2007年モデル

    Cクラス セダン 2007年モデル

    Cクラス セダン 2007年モデルのクチコミを書く
    Cクラス セダン 2000年モデル

    Cクラス セダン 2000年モデル

    Cクラス セダン 2000年モデルのクチコミを書く
    Cクラス セダン

    Cクラス セダン

    Cクラス セダンのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ13
      • 返信数8
      • 2019年3月16日 更新
      コマンドシステムのDVDビデオ再生について、詳しい方、既に解決された方、ご教授をお願い致します。
      市販品のDVDビデオは再生出来ますが、DVDフリックでMPEGからPCで焼いたDVDビデオの読み込みがエラーとなります。CPRMは掛かっていない動画です。今までイクリプスやAV機器、PCなどでは再生出来ていたDVDビデオですが、コマンドシステムでは読み込みで長いロードの後にエラー
      続きを読むとなります。実験のためリッピングしてコピーしたDVDビデオは再生出来るため、焼き込みやディスクの問題では無いと思われます。他のツールでも良いのですが、Windows10でMPEGからDVDビデオを作成してコマンドシステムで再生出来ている方がいらしたら、どのようにしたら良いか、ご教授をお願い致します。
      • ナイスクチコミ25
      • 返信数8
      • 2019年3月16日 更新
      最近、Cクラスを買った方がいらっしゃいましたら、値引きはどのくらいなのか参考に教えてください。後、買うのはメーカーから販売促進金がでる決算期の3月がよいのでしょうか。
      • ナイスクチコミ15
      • 返信数15
      • 2019年3月13日 更新
      現車を見ずにW205を購入しました。

      北海道のメルセデスベンツ正規ディーラからの購入で、陸送に2日かかりました。
      平成30年式で走行は数十キロの車で、今のところ快調に走っています。
      エアサスの突き上げやドア各部からのカサカサ異音も無く、静かで乗り心地も良くなっています。

      しかし少し??があって、詳しい方々、どうすれば良いのでしょうか。


      1.整備点検につ
      続きを読むいて

       4月登録ですので、2か月後に近隣ディーラで1年点検を受けようと思っていましたら、
      陸送時の車両本体には既に実施済みの法定一年点検のシールが貼られていました。

       照会すると「納車時の点検は一年点検で行いました」と言います。
      購入時に検査点検等費用として49,200円計上されており不思議です。

       中古車について、メルセデス日本やヤナセでは100か所ほどの点検を行うとありますが、
      北海道のシュテルン営業担当は、点検は整備部門に任しているのでと言い、
      法定一年点検用紙にチェック印の入った紙があるだけです。しかもB5です。

       自己点検するとエアコンフィルター上のバッテリーカバーはロックされておらず、
      タイヤも全て外し確認すると、一本のタイヤが取付ボルト全てが規定トルクで締め付けられておらず
      手で回せば外せる状態でした。

       スライディングルーフ(整備手帳に1年点検時には清掃と給油とあるが)の溝は
      茶色の埃だらけで自分で綺麗になるまで拭きました。

      北海道は寒いので車内の清掃はしないのでしょうか。
      窓やルーフのガラスがくもるので、拭き掃除をすると、タオルが直ぐ汚れました。
      ヤナセでは点検や整備に出すと、必ず窓ガラスまできれいにしてくれました。

      メルケア中にお金を払ってでも改めて点検を受けたほうが良いのでしょうか。


      2.メルケアー等について

       陸送業者から現車確認時に「自賠責保険証書が無いことを聞いていますか」と言われ、調べると整備手帳もありません。
      直ぐに北海道のディーラに照会すると、「添付の取説等ホルダーにメルケアの紙(一枚物のペーパーが添付されていた)が
      あるのでメルケアは受けられる」と言います。
      北海道のシュテルンにはメルケア継承費用として21,600円が購入費に計上されていましたが、
      それだけで本当にメルケアは受けられるのでしょうか。

      数日後に再度督促を行うと、10日後に整備手帳が送ってきました。
      整備手帳には、納車時の確認から整備欄には何の記載もありません。

      保証書が付いていることを他から聞いていましたが、
      整備手帳には「保証書が無い状態で取得した場合はメーカー保証はしない」とあり、
      車輛取扱説明書には「メルセデスケアーを受けるには車検証と整備手帳の提示が必要」と記載されています。

      送ったと言う自賠責保険証書は送付が無く、再度督促すると「担当部署に聞きます」とのメールが半日後に返ってきました。
      購入時の自賠責保険料未経過相当分は32,098円と契約書にあります。

      通信販売は不思議でいっぱいです、

    Cクラス セダンの中古車

    Cクラス セダンの中古車相場表を見る

    Cクラス セダンとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止