マツダ MAZDA3 セダン 2019年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

MAZDA3 セダン 2019年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
15S2020年5月21日/マイナーチェンジ222万円

-

  FF 5人   1,496cc 1,330kg 111ps
15S Touring2020年5月21日/マイナーチェンジ231万円

-

  FF 5人   1,496cc 1,330kg 111ps
15S 4WD2020年5月21日/マイナーチェンジ245万円

-

  4WD 5人   1,496cc 1,390kg 111ps
15S Touring 4WD2020年5月21日/マイナーチェンジ255万円

-

  4WD 5人   1,496cc 1,390kg 111ps
15S 100周年特別記念車2020年6月12日/特別仕様車289万円

-

  FF 5人   1,496cc 1,330kg 111ps
15S 100周年特別記念車 4WD2020年6月12日/特別仕様車313万円

-

  4WD 5人   1,496cc 1,390kg 111ps
20S PROACTIVE2019年7月30日/ニューモデル251万円 199.8万円   FF 5人   1,997cc 1,350kg 156ps
20S PROACTIVE Touring Selection2019年7月30日/ニューモデル263万円 218〜237万円   FF 5人   1,997cc 1,350kg 156ps
20S L Package2019年7月30日/ニューモデル269万円 234〜278万円   FF 5人   1,997cc 1,350kg 156ps
20S PROACTIVE 4WD2020年3月12日/マイナーチェンジ275万円

-

  4WD 5人   1,997cc 1,420kg 156ps
20S PROACTIVE Touring Selection 4WD2020年3月12日/マイナーチェンジ287万円

-

  4WD 5人   1,997cc 1,420kg 156ps
20S L Package 4WD2020年3月12日/マイナーチェンジ293万円 255.9万円   4WD 5人   1,997cc 1,420kg 156ps
20S 100周年特別記念車2020年6月12日/特別仕様車302万円

-

  FF 5人   1,997cc 1,350kg 156ps
20S 100周年特別記念車 4WD2020年6月12日/特別仕様車325万円

-

  4WD 5人   1,997cc 1,420kg 156ps
XD PROACTIVE2019年5月24日/ニューモデル279万円 275.7万円   FF 5人   1,756cc 1,400kg 116ps
XD PROACTIVE Touring Selection2019年5月24日/ニューモデル291万円 223〜269万円   FF 5人   1,756cc 1,400kg 116ps
XD L Package2019年5月24日/ニューモデル297万円 215〜289万円   FF 5人   1,756cc 1,400kg 116ps
XD PROACTIVE 4WD2019年5月24日/ニューモデル302万円

-

  4WD 5人   1,756cc 1,460kg 116ps
XD PROACTIVE Touring Selection 4WD2019年5月24日/ニューモデル314万円 239〜323万円   4WD 5人   1,756cc 1,460kg 116ps
X PROACTIVE2019年12月5日/ニューモデル319万円 309.8万円   FF 5人   1,997cc 1,440kg 180ps
XD L Package 4WD2019年5月24日/ニューモデル320万円 278〜310万円   4WD 5人   1,756cc 1,460kg 116ps
XD 100周年特別記念車2020年6月12日/特別仕様車329万円 276.7万円   FF 5人   1,756cc 1,400kg 116ps
X PROACTIVE Touring Selection2019年12月5日/ニューモデル331万円 298〜328万円   FF 5人   1,997cc 1,440kg 180ps
X L Package2019年12月5日/ニューモデル338万円 290〜348万円   FF 5人   1,997cc 1,440kg 180ps
X PROACTIVE 4WD2019年12月5日/ニューモデル343万円

-

  4WD 5人   1,997cc 1,510kg 180ps
XD 100周年特別記念車 4WD2020年6月12日/特別仕様車353万円

-

  4WD 5人   1,756cc 1,460kg 116ps
X PROACTIVE Touring Selection 4WD2019年12月5日/ニューモデル355万円 319.8万円   4WD 5人   1,997cc 1,510kg 180ps
X L Package 4WD2019年12月5日/ニューモデル361万円 329〜338万円   4WD 5人   1,997cc 1,510kg 180ps
X 100周年特別記念車2020年6月12日/特別仕様車370万円

-

  FF 5人   1,997cc 1,440kg 180ps
X 100周年特別記念車 4WD2020年6月12日/特別仕様車394万円

-

  4WD 5人   1,997cc 1,510kg 180ps

MAZDA3 セダン 2019年モデルのレビュー・評価

(38件)

MAZDA3 セダン 2019年モデルの満足度

4.38

(カテゴリ平均:4.3)

    MAZDA3 セダン 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • まず結論から・・・
      すばらしいデザインのエクステリア、使い勝手のよいインテリア、上質なオーディオ、
      車としてのレベルの高い基本性能。
      これらが満たされている車が乗り出し価格350万円で手に入るのは驚愕です。
      それなりに上質なセダンをお探しの方はまず試乗してみてください。おすすめです。

      ここからは詳しく・・・
      今まで「ウィンダム→マークXジオ→BMW1シリーズ」と乗り継いできて、次は輸入車のDセグメントに乗り換える予定で車探しを始めました。
      検討対象はBMW3シリーズ、AudiA4、ジャガーXEの3車種で、それぞれ試乗と見積もりに出向きました。
      ・BMWは走行性能と先進性
      続きを読む ・Audiはデザインと居住性
      ・ジャガーはオーディオと乗り心地
      上記が試乗した際の印象でした。
      正直どれも甲乙つけがたく、また価格も650万円ほどでほぼ横並び。
      懸念は3車種共にサイズがそれなりに大きく、普段の生活において取り回しが悪いという。
      中々決めかねている中、国産の中で唯一気になっていたMAZDAを念のため試乗することに。
      DセグメントのMAZDA6は検討中3車種の魅力に勝るとも劣らず、価格は2/3という大変すばらしい車でしたが、やはりサイズが気になり対象から除外。
      そしてディーラーからのオススメでもう一車MAZDA3に試乗することに。
      これが運命の出会いでした。
      詳細は以下に記述します。

      【エクステリア】
      正直デザインは人によって好き嫌いが分かれるかと思います。
      しかし、好き嫌いはともかく、MAZDA3の美しいデザインというのは「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことにより証明されていると思います。
      余計なラインをなくし面で魅せる。
      周囲の景色が映ることもデザインの一つであり、常に表情を変えるMAZDA3は見るたびに魅力が増します。
      サイズについては1世代前のBMW3シリーズとほぼ同サイズであり、決してCセグメントだからといって見劣りしません。
      最近のDセグメントは大きくなりすぎて取り回しが悪い。
      乗車している時はエクステリアが見れないのが残念です。
      ただ、強いて言うのであれば、もう少しだけフロントノーズを短く低くし、リアを延長しなだらかなラインであれば、もっとキレイなシルエットだったのではないかと思います。

      【インテリア】
      操作対象が適切な位置にあり、押した感触が正確に伝わる。
      当然の事ですが、これを軽んじている車は多くあります。
      先進性を追求するあまり、タッチパネル操作を多用している車もよく見かけますが、操作の際どうしても見る必要がある。
      MAZDA3は、あくまでドライバーファーストであり、運転中目線を外す必要がないように物理スイッチを多用しています。
      各スイッチの操作感もよく、本当によく作り込まれているなと感心します。
      また、インテリアの質感も高く、ソフトパットやレザーを多用しており、これが本当に国産Cセグメントセダンのインテリアかと驚きました。
      乗り込むのが楽しくなります。
      残念な部分は室内の暗さ。
      夜はかなり暗いので、USBのLEDライトを取り付けています。
      アンビエントライトは欲しかったですね。

      【エンジン性能】
      2.0Lガソリンエンジンは決してパワフルではないものの、市街地など日常のシーンでは必要十分です。
      MAZDA3セダンはどちらかと言えばスポーティーというよりエレガントなキャラクターだと思うので、これでいいと思います。
      高速での合流時や追い越し時においては若干のパワー不足を感じることがあります。

      【走行性能】
      操舵性においては結構ステアリングを切る必要があります。
      制動性においては結構ブレーキを踏みこむ必要があります。
      これをどう評価するかですが、MAZDAがコンセプトとしている「人馬一体」を踏まえて考えると、運転者の意思をしっかり車に伝える必要があり、その意思を車に伝えれば思い通りの動きをしてくれる訳です。
      曲がりたい分だけステアリングをしっかり切る、止まりたい分だけブレーキをしっかり踏み込む、そうすることで思い通りに車が動いてくれるので、今では大変心地よく運転ができます。

      【乗り心地】
      ネガティブな意見が多いサスペンションについてですが、通常の路面であれば上手く衝撃をいなしてくれます。
      しかし、少し荒れた路面や段差については、結構な衝撃が伝わります。が、決して不愉快な衝撃ではありません。
      これもどう評価するかですが、同じく「人馬一体」を踏まえて考えると、運転者に対し路面の状態を正確に伝えることも運転をサポートすることだと思うこともできます。
      その衝撃はGCVとシートで不快を取り除いているため、決して足が硬いといったイメージもありません。
      また、静粛性は驚くほど高く、オプションで付けたBOSEスピーカーが高音質なこともあり、ドライブ中は楽しく音楽を聴くことができます。

      【燃費】
      これについては特記はなく、2.0Lガソリン車としては普通といったところです。
      ただ、普通なので全然不満はないです。

      【価格】
      ここまで書いた内容の車が、諸経費込み350万円以下で手に入ることは驚きです。
      オプションもモリモリ付けました。
      それでも他で検討していた輸入車の半額程度。
      ディーラーの担当者の方にも頑張っていただいたので、大変満足、言うことなしです。

      【総評】
      車選びには、人それぞれ譲れないポイントがあるかと思います。
      自身の場合は
      ・美しく飽きのこないエクステリア
      ・物理スイッチがあり、機能的で品質の高いインテリア
      ・小さすぎず大きすぎずのサイズ感
      ・高音質なカーオーディオと静粛性
      ・スポーティーすぎずコンフォートすぎない乗り心地
      がポイントだったため、MAZDA3で十分、むしろMAZDA3しか当てはまりませんでした。
      もちろん、もっとお金を出せば色々充実した車もあると思います。
      しかし、その充実したものに対し出した金額分の価値を感じるかどうか。
      300万円代でこれだけの車が手に入る時代が来たのですね。
      そして国産Cセグメントがここまで進化していたとは。
      MAZDA3は当分の間、自身の最高に相棒になると思います。
    • 大体は他の方のレビューを見ていただければお分かりになるかと。

      乗る時、中継地点や目的地で駐車する時、車庫に格納するとき、いつでもついつい眺めてしまうそのスタイリングは「美しい」を超えて「エロい」レベルだと思います。

      マツダのコピー通り、まるで自分の足で歩いているかのように、脳の神経とハンドル・アクセル・ブレーキが直結してるのではないかというくらい思った通りに動き、全ての所作を通じて感じる「滑らかさ」によって乗っていてとても自然で気持ちが良いです。毎日乗っても飽きません。
      この、常習性の強い気持ち良さは、もう「依存症レベル」と言っても良いです。ヤバいです。

      そして、「走るオー
      続きを読む ディオルーム」と言って全く過言ではない室内。まさに「ひとりだけのコンサート会場」です。(シンサレートとか静音計画とか、結構入れてるからなおさらです)

      にもかかわらず、峠などでは「かなり気持ち良い」ペースで走れてしまいます。

      こんな車に乗って通勤できる人は、幸せ以外のなにものでもありません。

      但し、WRXやCIVICが好きだというような、走りに刺激を求める人には全く向きません。ここが、選択の分かれ目と思います。(私にはWRXが全く合いませんでした)

      2リットルNAエンジンは、思ったより低速トルクがあるのが驚きです。
      ノーマル状態だと、40~50キロで走行→20キロくらいまで減速→そこからちょっと強めに再加速、といったような場面でややもたつきを感じますが、オートエグゼのインテークサクションキットを装着したらまるで別物のエンジンのように気持ちよく加速するようになりました(注:私の主観です)。

      あとは、4000回転以上の吹け上がりが、初代VTEC(B16A)を彷彿とさせるような感じに変わってめちゃ驚きました(これも私の主観です)。気のせいか、エンジン音まで変わったような・・・・・(気のせいだろうなあ)。もしSkyactiv-Xエンジンに装着したらどうなるんだろう。
      ちなみに、吸気系統はアルミテープチューニングしてますので、その影響もあるかもしれません。

      吹け上がりが気持ち良い分、アクセルを開け気味になるのでちょっと燃費が悪くなるのと、わずかですがアクセルオン時の唐突感が増したように思います。まあこれは、トレードオフなのでしかたないですね。

      あとは、一定以上の路面凹凸での突き上げが気になるので、もっとサスペンションがしっとり動いてくれればなあと思いますが、そこまでいったらDセグメントでしょうね。あと50万円から100万円払えって話です。

      燃費ですが、これもアルミテープチューニングした結果なのか、平坦な高速道路を100キロで大人しく走ると20キロ/lを超えます。
      80キロだと瞬間燃費に頻繁に30キロ/l前後の値が表示されます。(トータルで25以上行くんじゃないかな?)
      流れが良い郊外だと15〜16以上は当たり前です。
      渋滞はアルミテープチューニングは関係ないので10を下回りますね。
      あとは、冷房がかかると上記から1割くらいは燃費が落ちる印象です。

      総じて、この車がオプションつけても300万円切る(税金諸費用抜き)なんて、大バーゲン価格以外のなにものでもありません。

      ほぼ町中中心で燃費を気にする人はハイブリッドが良いと思いますが、そうでない人で、「刺激ガンガンよりは、しっとり系メインで程よくアクティブな走りが好き」な人はこの「病みつきCセグ」にぜひ乗ってみて欲しいと思います。

      最後に、たぶんマツダの人もこれを見ていると思うので書きますが、開発主査の別府さんにぜひ会って直接文句が言いたい。
      なぜにこんな素晴らしい車を開発しちゃったんですか!コロナによる自宅テレワークというのもあり、毎日夕方、Mazda3に乗ってわざわざ少し離れたところにあるスーパーまで買い物行くようになったからガソリン代がかかって仕方ないじゃないですか(笑)。

      本当に、日常のちょっとした、でもとてもとても大きな幸せをありがとう。別府さん、そしてマツダのみなさん。
    • 5/30に契約し、7/24納車となりました。
      まだ100km少々しか走ってないですが、現時点でのレビューを書かせていただきます!
      同時に検討したのはカローラ、ゴルフ、インプレッサ、シビック、フィットでした。

      【エクステリア】
      やたらカクカクしてたり尖った見た目のインパクト命な国産車が多い中、革新的なデザインです。サイドビューの景色の移ろいやデイライトの存在感が素晴らしいです。
      2017年のモーターショーで魁コンセプトを見て感動したんですが、それがそのまま飛び出してきたみたい。
      ファストバックではない理由は、街中で見たときリアがセダンの方が好みだったためです。
      16インチ仕様を
      続きを読む 選択しましたが、セダンボディのためかマシングレーのためか、見た目のインチダウンの違和感はありません。むしろブレーキローターがジャストフィットで、カチッとして見えます。

      【インテリア】
      MAZDA3を選んだ最大の理由です。
      シンプルですが高級感があります。幅広なセンターコンソールはセダンのイメージにぴったりです。昔ながらのアナログなタコメーター、燃料計、水温計も個人的には好みです。試乗は競合車の中で最後にしたんですが、シビックやカローラと同価格帯?嘘でしょ?と思いました。
      新車で400万円以下だと敵なしではないでしょうか?

      【エンジン性能】
      大阪の激混み市街地を走ることになってしまうのでディーゼルはどうかと思い、2Lガソリンを選択しました。
      山道の登り坂ではやや苦しそうにしますが、一般道では必要十分です。しかし、競合車より特筆した点があるとは感じませんでした。
      ファストバックの15Sも試乗しましたが、20Sの方がパワーに余裕があるのは当然として、最大の違いは車内に聞こえてくるエンジン音です。20Sの方が1ランクも2ランクも静かです。車内の静粛性がMAZDA3の特徴の一つなので、エンジン音を楽しむか、静かで快適なドライブを楽しむかでエンジンの選択が変わりそうです。

      【走行性能】
      GVCがいい仕事をしているのか、右左折やワインディングでもロールがほぼ感じられず快適そのものです。
      インチダウンしたことでタイヤが潰れハンドリング性能が落ちるかな?と危惧していましたが、山道をそこそこのペースで走っても思い描いたラインで曲がってくれました。
      前車がユーノスロードスターだったんですが、違和感ないくらいの走行性能です。素晴らしいです。
      静粛性の高さは、ドアを閉めた瞬間からわかります。走行中も外の音はあまり入ってきませんが、反面、ロードノイズが目立ってしまいます。今のタイヤがダメになったらレグノを履かせてみたいですね。
      なおタイヤですが、他の16インチ仕様の方と同様にブルーアースGTでした。

      【乗り心地】
      16インチを選択した理由です。
      標準の18インチ車を試乗した時、ディーラーのご厚意で20km近くバイパスを走行させていただきました。そこで道路の継ぎ目のコツコツとした突き上げがあるのが気になり、乗り続けるならストレスになるのではと感じ16インチにしました。
      納車後すぐ同じルートを走行したところ、突き上げの角が丸くなりました。サスが下ろし立ての状態でこれなので、1000kmほど走行するとさらに良くなるのではないでしょうか。

      【燃費】
      市街地で12km/L前後、渋滞にハマって10km/L。その後郊外路を走ったところ14km/L以上になりました。思ったよりかなり良いです。高速道路の走行が楽しみです。

      【価格】
      小売価格を見ると一歩引いてしまうかもしれませんが、他社ではオプションの装備も標準でついているものが多々あり、総額ではそれほど変わりませんでした。フィットで280万近い見積りが出たときは引きました……
      値引きは相当頑張っていただけました。オプション込み下取り抜きで総額300万切りました。詳細な金額は控えさせていただきます。

      【総評】
      安全装備や快適性を求めてユーノスロードスターから買い替えたんですが、結果的に期待以上の車に出会えました。音響は純正ですが、売り文句の通り非常にレベルの高いものでした。
      気になった点は、前走車なしでクルコン使用していた際、信号待ちをしている車に追い付いたんですが、前走車として認識していなかったのか減速せずヒヤッとしました。一度前走車を認識していたら停止までスムースにしてくれます。同様のシーンに気を付ければいいだけなので、個人的には特に問題にはなりません。

      車両を購入し、実際に接する時間のうち見るのは1割がエクステリア、9割がインテリアだと思います。MAZDA3はどちらも満足させてくれる素晴らしい車です。
      もう少し走ったら追記したいと思います。

    MAZDA3 セダン 2019年モデルのクチコミ

    (373件 / 21スレッド)
      • ナイスクチコミ44
      • 返信数15
      • 2020年10月10日 更新
      本日エンジンストールしエンジン異常表示でました。
      エンジン掛け直しで動きましたがディーラーにてチェックしたところインジェクションがひとつ動かなくなっていたとの事です。
      原因追求するのでまた何日かすれば回答があるかと思います。
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数3
      • 2020年9月24日 更新
      セダンの15sのテールランプは丸目2つしか点灯しないとおもうのですがファストバックの15sでプロアクティブのテールランプに取り換えて4つ点灯させている人がいました。
      セダンもできますか?
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数3
      • 2020年9月3日 更新
      マツダ3セダン15Sの購入を検討しています。

      子供が小さいのでシートカバーを検討していますが、1500ccのグレードは手動式シートになるせいか、クラッツィオを見てみると15S対応のものが無さそうでした。

      セダンには今まで手動式シートがなかったようですが、ファストバックにはあったと思います。

      【ここからが質問です】
      @ファストバックとセダンではフロントのシート
      続きを読む形状はことなるのでしょうか?同じであれば、フロントだけファストバックの手動式シート用を買うこともできるかもしれません。
      Aどこかのメーカーでマツダ3セダンの手動式シート対応のシートカバーは売ってないでしょうか?

      詳しい方よろしくお願いいたします。

    MAZDA3 セダンの中古車

    MAZDA3 セダンの中古車相場表を見る
    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止