トヨタ カローラ ツーリング 2019年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

カローラ ツーリング 2019年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
G-X2019年9月17日/ニューモデル

201万円

-

  FF 5人   1,797cc 1,290kg 140ps
S2019年9月17日/ニューモデル

221万円

-

  FF 5人   1,797cc 1,310kg 140ps
W x B2019年9月17日/ニューモデル

236万円

228〜236万円   FF 5人   1,797cc 1,330kg 140ps
W x B (MT)2019年9月17日/ニューモデル

245万円

266.9万円   FF 5人   1,196cc 1,320kg 116ps
HYBRID G-X2019年9月17日/ニューモデル

248万円

-

  FF 5人 35.0km/L 1,797cc 1,350kg 122ps
HYBRID S2019年9月17日/ニューモデル

265万円

265.0万円   FF 5人 35.0km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
HYBRID G-X 4WD2019年9月17日/ニューモデル

267万円

-

  4WD 5人 31.0km/L 1,797cc 1,410kg 122ps
HYBRID W x B2019年9月17日/ニューモデル

279万円

264〜289万円   FF 5人 30.8km/L 1,797cc 1,390kg 122ps
HYBRID S 4WD2019年9月17日/ニューモデル

284万円

-

  4WD 5人 31.0km/L 1,797cc 1,430kg 122ps
HYBRID W x B 4WD2019年9月17日/ニューモデル

299万円

339.8万円   4WD 5人 28.4km/L 1,797cc 1,450kg 122ps

カローラ ツーリング 2019年モデルのレビュー・評価

(26件)

カローラ ツーリング 2019年モデルの満足度

3.85

(カテゴリ平均:4.31)

    カローラ ツーリング 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 【エクステリア】
      普通にかっこいいと思います。個人的にはマツダ3の方が色気があって好きですが、マツダ3は評価の分かれるデザイン。こっちは素人含め万人が見てカッコよく見えるデザインだと思います。

      【インテリア】
      よいと思います。特にW x Bはダッシュボードにソフトパッド使用され、ステッチもあり質感が高いと思います。レザーシートもいいです。室内カラー白を選べばオシャレ度満点です。(私は勇気無く黒にしましたが・・・)
      室内は狭いです。運転席のポジションもホイールベースの真ん中付近で、前モデルに比べて10cmも後ろになっています。
      そのうえ居住性よりもカッコいいタイトな室内を演出してい
      続きを読む ますので、確信犯的に狭いです。実用車・商用車からのイメチェンをしたいのでしょう。でも悪くないです。

      【エンジン性能】
      ハイブリッドなので省略。

      【走行性能】
      上質な乗り味なのに走行性能も高いです。低速から高速まで素晴らしい。これがトヨタ車とはビックリです。カローラなんて買う気なかったのですが、試乗してやられました(笑) トヨタもやれば出来るじゃんて感じ。設計者も自信満々のようですね。
      今まで10台くらい乗り継いできましたが、乗り心地と走行性能の両立という点では人生3台目の車、スカイラン(R34)よりバランスいいと思います。ちょっとびっくりしました。

      【乗り心地】
      45扁平のタイヤに割に乗り心地は優秀です。シャーシの合成が高く、サスペンションが設計通りにきちんと仕事をします。フロントサスも素晴らしいですが、特にダブルウィッシュボーンのリヤサスが素晴らしいです。サスがもの凄くよく動きます。マツダ3も素晴らしいですが乗り心地はこちらの方が上です。ただロードノイズが大きいので全体的に好印象なのはマツダ3です。

      【燃費】
      街乗りで20を軽く超えます。バッテリーがニッケル水素からリチウムイオンに変わった効果でしょうか。燃費は素晴らしいです。
      ただカローラスポーツとセダン・ツーリングの4WDモデルはニッケル水素です。

      【価格】
      オプション付けて値引きしてもらい、乗り出し300ですが、これだけの性能・上質さ・ハイブリッド・先進の安全性能なら妥当と思います。

      【総評】
      居住性とロードノイズ以外は素晴らしいです。開発陣は頑張ったと思います。賛否あるようですが先代カローラの購入層は60代。若返りをはかりたいんでしょう。トヨタは居住性よりもスペシャリティなカローラに舵を切ったようですね。実用車感・社用車感は減って悪くないと思います。トヨタセーフティセンスも2世代目に切り替わりました。納入メーカーもドイツの会社からデンソーに変わりましたね。素晴らしい出来だと思います。欲を言うならBSM(ブラインドスポットモニター)は標準装備にするべきと思います。これを付ければ360度センサーが見張っているので、この車をぶつけるのは余程運が悪い・・・と言えるレベルです。

      ディスプレイオーディオを標準装備にしたのも素晴らしい。完成度はイマイチですが、CDやDVDのようなオールドメディアに拘るような方は置いてけぼりを食らいます(トヨタも切り捨て覚悟でやってるのでしょう)。新しい提案かと思います。将来的にはこのディスプレイオーディオと連携したナビ機能も利用しつつ自動運転へ繋げていくのでしょう。トヨタの将来に向けた方向性が垣間見える提案です。まだまだ完成度は低いですが成長を見届けたいです。
    • 【エクステリア】
       普通にカッコいいです、彫りが深くて惚れちゃいます。これに関しては特に言うことないです。

      【インテリア】
       エアコンパネル付近は案外殺風景、ただステッチを配したりと高級感はそこそこ。
       7-8年前の欧州車の様なデザインで嫌いじゃないんですけどね。
       後部座席に乗っても、スマホを入れておける穴があるので地味に便利です。

      【エンジン性能】
       エンジンが掛かったなと如実にわかります。2009年モデルのウィッシュと同じ型のエンジンなので設計が古く、ノイズがやかましいです。あまり評価の高くないのも頷けます。
      アクアからの乗り換えですと流石に静かになっています。
      続きを読む

      【走行性能】
       マークXやらクラウンと比べれば非力ですが、そこそこスポーティーに振ってるので街中や一桁国道を走る分には全く不足を感じません。
       ただ出足がハイブリッドなのでモタつきが感じ取れます。燃費とのトレードオフということで。

      【乗り心地】
       これは秀逸。街中でゆっくり走ると、クラウンと比べれば低級な突き上げこそはあります。ただ基本的にフラット。古い舗装でもスピード乗れば船の上みたいな感じでマイルドです。

       ただワゴンなので空荷の時は後ろからのロードノイズが結構気になります。EV走行してる際には余計。ADVAN DBなどに変えれば変わるんでしょうかねぇ。

      【燃費】
       納車してから700km走りましたが、給油はまだしておりません。街乗りで25程度、豊田ー飯田の153号を通った際には28程度メーター現示。素晴らしいです。

      【価格】
       9Vナビ、コンセント、Qi充電器など色々付けて285万、乗り潰す気でいるので安いかと。

      【総評】
       正直ビミョー。
       ストリームやらプリウスαと比べれば荷物もそこまで積載できませんでしたので、リプレイス候補には...うーん。。。後ろが狭すぎる。。。
       燃費はいいです。
       ディスプレイオーディオもBluetoothで流す程度には使いますが、AppleCarPay?などを使うかと言われると。。。
       
       トヨタの新しいベーシックだそうで。ベーシックと言いながらも中途半端で、ベーシック=中途半端という解釈でよろしいのでしょうか。
      流石に先代までのチャチなカローラではありませんが。前車のマークXより低級なエンジンノイズが耳障りです。
       値段相応の所もあり、コスト削ったなってところもあり。是非試乗の上ご自身の目でご確認下さい。多分言わんとせんとしてるのが解るかと。
       
       一言でまとめると、先代よりはマシになったが、サイズ感は微妙になりました。
    • 【エクステリア】
      全体的まとまっていてスポーティなスタイルは良いです。
      ただ 注文後に知ったのがテールランプ バックドアの部分は飾りで点灯しない仕様とのこと
      カローラスポーツは点灯するのにチョット不満です。


      【車内空間・居住性】
      ここが今回一番 気になった部分
      乗り降りが思った程良くありませんでした。
      乗る時にハンドルが左足に当たったり頭がフレーム擦れたりとスムーズな乗降はできません
      ハンドルの位置を調整する範囲量が少ないのも一因と思います。

      一旦乗ってしまえば空間に狭さを感じることは無いです。
      後ろに人を乗せる時には、シートを後ろに下げ過ぎないよに配慮は必要
      続きを読む


      【スマホとの連携】
      アマホのアプリ「My TOYOTA for T-Connect」について
      セキュリティー、車の状態をスマホで確認でき便利です。
      「ドアロック・ドアの開閉状態・パワーウィンドウ・ライトの消灯・ボンネット・スマートキー・オートアラーム」
      うっかり操作忘れの通知もありまます。
      試しにドアをアンロックさせて通知後スマホからドアロック操作できます。

      マイカーログもあり
      走行毎の距離・運転時間・平均速度・平均燃費が表示されます。
      ただ現在私の車だけなのか何故か平均燃費だけが表示されないため
      トヨタのサーポートに問合せ中です。
      何か回答があれば口コミにでも報告しようと思います。

      スマホのテザリングに不備あり
      iphoneとの相性が良くないのか(IOS13)最初だけはWi-Fiで接続できなのですが
      もう二度と接続できない状態です。
      現在IOS13が良くないとは聞いていますが T-Connectナビ 毎回パスワード入力が必要に対し
      まったく接続できないのは、ディスプレイオーディオにも問題あるように思います。
      通信は、DCMで出来ていますが今後の事があるためこちらもメーカーへ問合せ中


      【走行機能】
      クルーズコントロールを使った感想
      半自動運転を体験ができました、高速でスピードセットすればレーンアシストで
      小刻みにハンドルをアシストレーンを維持して走行 でもハンドルから手を放すのは怖いのでしません。

      一般道で試すと前車が停止すれば車間を開けて停止して維持
      発進は、前車に続いてアクセルを踏んで再スタートすれば設定速度以内で追従しますがかなり前車に遅れて加速します。
      便利ですが感覚的に矢張り この機能は、一般道では使わない方が良いかもと思いました。

      停止時のホールド機能
      ブレーキを踏み続けなくて良いので助かりますがチョット足がアクセルに触れただけで解除され易いので
      前車との車間を開けて使用しないと要注意


      【安全機能】
      後部座席シートベルトモニターには、注意が必要
      基本乗っている人は、シートベルトを付けないと警句音が徐々に大きく鳴ります。
      また後部座席の人が真ん中に荷物お乗せたり手を付いたりすると人が乗っていると判断して警告
      一度検知するとシートベルトを付けるか停止してエンジンリセットするしかない様です。
      初めて経験した時は、真ん中には人が乗って居ないのに検知してアラームが鳴り
      訳が分からずも空シートベルトを付けて回避しました。


      【燃費】 9月28日契約-11月1日納車
      実燃費評価、納車から1か月走行距離1788Km/85.71L  20.86Km/lとなりました。
      慣らしも含めての走行は、 高速、市街地、郊外、通勤、買い物
      燃費に関しては、先ず先ずの成績 燃費計では、郊外走行では25.5km/l示していました。
      買い物などで街の走行では、急激に落ちて20kmを切る事もあり
      これから冬に向かって更に燃費は低下しますが概ね20〜21km/lと推測しますが
      この安定性の走りに納得しています。


      【価格】
      安全装備などを搭載しながらも価格を抑えた車でコスパは良いですがテールランプ部分など全灯化する様な
      オプションがあれば良かったと思いますがプリウスより上を超せないのでしょうか


      【総評】
      カローラフィールダーHV→アクアとHVは3台目となりました。
      本来アクアから買い替える予定は、無かったんですが安全装備が充実していて
      まだまだ車が必要な生活となるため少しで事故のリスクを下げたいと思い替えました。
      発進時の踏み間違え抑制・駐車後退時の後方通過車両検出(ブラインドスポットモニター)
      衝突防止(夜の人や・自転車まで対応)
      勿論ドライブレコーダも前後タイプの物も取り付けてます。
      ただ残念なのは、アクアにつけていたレーダーがそのまま使えないのでチョッピリ残念
      レーダの役目より車の状態表示で使っていました(高度計・外気温・タコメーター)
      どうやら車のOBD2の仕様が変わったようです。
       ↑
      訂正 、仕様大きく変わってませんでした。
      OBD2のコネクターが割れていたので買い直してレーダーが使えるようになりました。

      ディスプレイオーディオについて
      まだ出たばかりでデバイスの情報が少なく使い勝手で戸惑うなど良い印象を持てません
      音楽はパソコンに保存してあるMP3をUSBメモリーへコピーし保存

      DVDドライブが無いためDVD画像をmp4形式に変換して同じくUSBメモリーに保存して使ってます。
      しかし変換の手間が掛るので矢張りDVDドライブは欲しいと思います。

      そのUSBメモリーを刺す所ですがどう考えても位置が良くないと思いました。
      メモリーをそのまま差すだけだと助手席の足に当たりそうなため
      L型のコネクターを購入してで対処しました。


      現在、走行距離も2,200Kmを超え操作等も慣れてきて走りに楽しさを覚えながら掛けています。

    カローラ ツーリング 2019年モデルのクチコミ

    (618件 / 55スレッド)
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数5
      • 2019年12月8日 更新
      題名に書きましたアプリを使用されている方にお聞きします。

      このアプリの中にあるマイカーログ情報で走行毎に
      「走行距離・運転時間・平均速度・平均燃費」が表示される画面がありますが
      この4項目正常に表示されていますでしょうか?

      私のアプリでは、平均燃費だけが表示されません。
      (スマホは、iPhone8 IOS13)
      一応トヨタのサポートセンターに問い合わせていま
      続きを読むすが調査するのに時間が掛る様です。
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数4
      • 2019年12月8日 更新
      購入を検討しているものです。
      今もスマホのナビを使っているので、わざわざオプションのナビは買わなくていいかなと思っているのですが、スマホの容量的に、音楽は別にUSBメモリを挿して聴けるといいなと思っています。
      マニュアルを読んでみましたが、CarPlay使用時は不可としか記載がなくて、SDL接続の時は記載がありませんでした。
      SDL接続でスマホナビを使いながら、USBハブ
      続きを読むを使ってUSBメモリも接続し、ディスプレイオーディオ上で音楽も聞くという使い方は出来るのでしょうか?
      それとも全てスマホで完結させないといけないものなのでしょうか。
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数5
      • 2019年12月5日 更新
      昨日、カローラツーリングのクロスオーバーモデルとして、カローラトレックがヨーロッパで発売されたそうですが、日本導入はあるでしょうか?

      個人的な希望としては、下の要望を取り入れた形で導入して欲しいと思っています。

      1.ヨーロッパのサイズ(全長4670mm×全幅1805mm×1455mm)と、仕様(後部座席用エアコンダクト付、リヤのテールライト内側も光る)をそのまま持っ
      続きを読むてきて欲しい

      2.ただしハンドルとウィンカーは日本車と同じ右側で。

      3.最低地上高を155mmからさらに20mmほど上げて欲しい

      4.4WDの設定を追加して欲しい(4WDだけ車高を20mm上げてくれても良い)

      皆さんは、どう思われますか?

    カローラ ツーリングの中古車

    カローラ ツーリングの中古車相場表を見る
    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止