トヨタ ヤリスの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ ヤリスの新型情報・試乗記・画像

ヤリスの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ヤリスのモデル一覧

ヤリスのレビュー・評価

(4件)

ヤリス 2020年モデルの満足度

3.25

(カテゴリ平均:4.3)

    ヤリス 2020年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 新型やリスの試乗車にMT車があったので試乗してきました。HVも試乗しましたが、3気筒化のノイズ・振動のネガで安っぽさを感じましたが、MTはそれがセールスポイントになりそうな気がしました。

      【エクステリア】 前席優先の割り切ったアクの強いデザイン。先代よりも前傾姿勢がスポーティに見えるかも。不評だったシングルワイパーは、普通の2本アームに戻りました。プライバシーガラス・カラードドアハンドルは全車標準。

      【インテリア】 これは先代同様チープ感満載。デジタルメーターも3分割されているのはいいが、それぞれが小さく正直見づらい。Zだとヘッドレスト分割式だが、それ以下は一体型ハイバックシート。
      続きを読む (GはOPでコンフォートシートが選択できる)

      【エンジン性能】 ノイズは盛大。でも、MTだとこれが気にならず、かえってクルマを運転している気にさせる。1NZのG'zの時に感じたシフトダウン時のアクセルレスポンスの遅れも極めて少なく、気持ちよくシフトダウンできるので、無意味にシフトチェンジしてしまった。

      【走行性能】 スポーツモデルでないため、基本的にソフトだが、フワついた感じはない。全車の前後スタビ標準化は英断。レンタカーが出たら、コーナリングも試したいです。

      【乗り心地】 先代より快適。ボディ骨格が変わり、まともな剛性が出たからかな?

      【燃費】 試乗なので。

      【価格】 やっと新規の骨格・エンジンを入手し、先代より全車標準装備が格段に増えたが、他メーカーと同等の価格帯。天下のTOYOTAなら、ということはなかった。このへんは、大企業ゆえクルマ離れでも利益を確保するためなのかなと。

      【総評】 試乗車は最上級グレードのZだが、MTで遊ぶなら、Xでも十分。ヘッドライトはハロゲンだが、社外品で対応できると思っている。メーターも普通の2眼タイプになり、速度・タコが指針式になる。Mazda2(MT)といい勝負できるかも。

    • 新型フィットに続いてヤリスにも乗ってみました。

      【エクステリア】
      変に大きくなく塊感のあるフォルムはいいと思った。
      ただ上から2番目のグレードにもかかわらずハロゲンヘッドライトだった。

      CMのツリ目の3連LEDヘッドライトが気に入って買いにくる人もいると思うので、ハイブリッドとうたうなら全グレードLEDにして雪国仕様でハロゲンを選べるようにすればいいのでは!?

      ちなみにオプションでLEDはあるが82500円もかかってしまう。

      【インテリア】
      安っぽい。
      上のZグレードと違ってステアリングが本革でなくシフトノブやドアノブもプラスチッキーなのがそう感じた要因だと思う
      続きを読む

      メーターも2眼ではあるがデジタルで小さい。
      個人的には針の2眼メーターの方にスポーティさを感じる。

      【広さ】
      狭い。
      天井も低く圧迫感があるので開放的ではない。
      後部座席も172cmのドライブポジションで膝が前シートに当りそうだった。

      【エンジン性能】
      ハイブリッドだけあり静か。

      ハイブリッド独特のキィーン音も少し聞こえてくるぐらいで新型フィットの時のように気にはやらなかった。
      エンジンに切り替わるのも気づかなかった。

      【走行性能】
      良い。
      ここが1番特筆できるところ。
      足回りと乗り心地がとにかく気持ちいい。
      坂道も走らせてもらったが、ターボ車のごとくグイグイ登っていった。

      ハイブリッドなのでエンジン音で走ってる感は感じられないが、足回りと乗り心地で走ってる感を十分に感じられた。
      一言で言えば、路面の凹凸を適度にかつ、しなやかにいなす感じだ。

      【オートライト】
      天気のいい16時半ぐらいの試乗だったが、すでにヘッドライトは点灯していた。
      早くつくのはいいがナビの画面も暗くなるのはどうかと思った。

      尚、走行中でもオートライトを強制的にオフにできるようになっていた。
      ちなみにワンタッチウインカーの設定はない。

      【ディスプレイオーディオ】
      8インチのディスプレイオーディオが標準で付いてたいたがカローラで反省したのか、メーカーオプションでシート下にCDとDVDデッキが付けられる。

      Aピラーにツィーター付きの6スピーカーが標準だが、音質は可もなく不可もなくって感じ。
      音質設定項目が少ないので音にこだわる人は物足りないと思うが、ディスプレイオーディオなのでハイレゾナビには変えられない。

      【燃費】
      市街地をエアコンオフ4kmぐらいの試乗で24.8km/Lだった。
      カタログの市街地燃費が36.9kmなのでもっといって欲しかった。
      ちなみにカタログ達成率は67%となる。

      【価格】
      車体価格でこそ213万だが、欲しい機能がほとんどオプションなので乗りだしで250万は超えるだろう。
      そうなれば安くはない。

      【総評】
      乗り心地と走行性能のフィールがスポーティなのでガソリンエンジン以外は論外って人でも乗ってみる価値はあると思う。
      ただ後部座席がかなり狭いので2人乗りと割りきった方がいいだろう。

      ちなみに今(2月23日現在)注文しても6月以降の納期とのことです。
    • 通りがかりったら展示車があるのでちょい覗き見した感想です。
      【エクステリア】
      前から見るとライト、グリル上部はFordフェイスタにそっくり。後ろはブリブリ星人みたいなリアフェンダーはアンバランス。テールライトは流行りの一文字
      ホイールベースはフィットより20ミリ長いのにチンチクリンに見える。

      【インテリア】
      頑張ってデザインしたみたいなインパネは、従来コンパクトカーの域を出てなくフツー。
      フロントドアノブが無駄に大きな造形している為室内にはみ出し邪魔。
      リアシートは初代Vitsの3ドア並の居住性しかなく、トランクも最低限

      【エンジン性能】
      【乗り心地】     ノーコ
      続きを読む メント
      【燃費】

      【価格】
      フィットに合わせてるようだが装備が貧弱な為割高です。


      【総評】
      LEDライトは上級Zグレードのみ標準。
      真ん中グレードは82500円のオプション
      サイドエアバッグカーテンシールドは全グレード標準でなく下位グレードは11000円のオプション。またBSMもソナー、リアクロストラフィックオートブレーキと抱き合わせで10万以上のオプション
      タイヤもZグレード以下は175の14インチ。
      カラーヘッドアップディスプレイも44000のオプション。
      なんでかんでもオプションして結局高く買わせようというトヨタ流の売り方は値引きありきですね。
      CHR、カローラツーリングの流れでリアの居住性よりデザイン優先する姿勢はどうなの?
      欧州はリアシート重視しないからと言う事か?
      車重はフィットより100キロ軽いからは走行性能は高いのかも知れないが、燃費気にする1人メインの通勤、買い物専用車ですね。
      見た目が変わって燃費が良くなっただけで特に時代の先取り感はない平凡な車でした。

    ヤリスのクチコミ

    (370件 / 18スレッド)

    クチコミ募集中

    ヤリスのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    ヤリス 2020年モデル

    ヤリス 2020年モデル

    ヤリス 2020年モデルのクチコミを書く
    ヤリス

    ヤリス

    ヤリスのクチコミを書く

    閉じる

    ヤリスのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    ヤリス 2020年モデル

    ヤリス 2020年モデル

    ヤリス 2020年モデルのクチコミを書く
    ヤリス

    ヤリス

    ヤリスのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ200
      • 返信数29
      • 2020年2月24日 更新
      今日ネッツトヨタさんにヤリスが出ていたので見に行きました。
      よーく見るとタイヤがハンコック?という名前になっており、韓国製のようでした。
      初めて見ましたし、これが新車についてくるとは・・・。
      びっくりしました。
      • ナイスクチコミ107
      • 返信数27
      • 2020年2月23日 更新
      ハイブリッド G 2WD 車両本体価格213万円でした。 Xグレードはマイナス約15万円、Zグレードはプラス約15万円。
      いろいろオプションがたくさんありすぎてちょっと戸惑いました。一番驚いたのが、ジャッキのオプション設定。全装置関係もいろいろオプションであって説明されましたが、ほぼ理解できず。
      カタログなどは20日以降にくれるみたいです。値引きは、一律車両本体から5万円で
      続きを読むデーラーオプションは10%引きと言われました。
      • ナイスクチコミ25
      • 返信数6
      • 2020年2月23日 更新
      モータージャーナリストの試乗レポートが続々出ています。

      https://ethicallifehack.blog.fc2.com/blog-entry-4364.html

      を見ると、(よいしょを差し引いても)結構楽しそう!!!

      S13シルビア以降 FRの車を乗り継いできましたが、
      FRは高額な車だけになってしまったし、
      次のマイカーとしてヤリスを検討してみ
      続きを読むたくなりました。
      (車に興味の無い息子にはフィットを勧めますが、、)

      何がいいかって!て言えば、ずばり ”軽さ” です。
      軽さで、タイヤコスト、燃費コスト が抑えられるし
      ハンドリングにも期待が持てます。
      タイヤも廉ければハンコックで十分です。

      ヤリスの難点とその対応を納得しておくと

      ・荷物スペースが狭い
       → 自転車は屋根へ
       → 釣竿はロッドフォルダで天井に

      ・後部座席が狭い
       → 足が前席下に入るので許容範囲
        (成人した子供を乗せる機会は殆ど無いし、、)

      ・3気筒エンジン
       500cc/気筒の振動(音)が許容できるか?
       → 許容ではなく心地よいと感じるみる?

      ・小さなメータパネル
       老眼世代の許容範囲か?
        → スピードさえ視認できれば良いか

      同世代の皆さん 3気筒エンジン と メータパネル 
      他を確認に試乗に行ってみませんか?








    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止