ヒョンデ アイオニック5 2022年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ヒョンデ アイオニック5 2022年モデルの新型情報・試乗記・画像

アイオニック5 2022年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
ベースグレード2022年5月2日/ニューモデル

479万円

-

  RWD 5人     1,870kg 170ps
Voyage2022年5月2日/ニューモデル

519万円

-

  RWD 5人     1,950kg 217ps
Lounge2022年5月2日/ニューモデル

549万円

-

  RWD 5人     1,990kg 217ps
Lounge AWD2022年5月2日/ニューモデル

589万円

-

  4WD 5人     2,100kg 305ps

アイオニック5 2022年モデルのレビュー・評価

(2件)

アイオニック5 2022年モデルの満足度

4.50

(カテゴリ平均:4.29)

  • パシフィコ横浜の地下駐車場に配備された事を知り、Anycaのシェアカーを3時間強、約110km程度試しました。晴天で気温35℃程度。
    2駆のベースグレードだと思います。登録から10日経ってない、走行400kmのド新車。

    (以下、日産キックスe-POWERユーザの観点でのレビューです)

    エクステリアは、まあ立派だな の第一印象。ユニークではあるがクロスオーバーなのかハッチバックなのか、どっちつかずとも感じました。
    定規で引いた線でデザインしたような感じ。私はそんなにトキメキませんでした。

    インテリアはスッキリしてて良い感じ。おしゃれ家電みたいな印象です。素材はそこそこですけ
    続きを読む ど(注:ベースグレードと推定)
    乗り降りはしやすい。
    ステアリングホイールの革?はカサカサな肌触り。耐久性を懸念します。
    インフォティメントは音声操作できるが、私の発音は聞き取れなかったようです。スクリーンにタッチして操作する際、左隅は運転席から遠くて押しづらい。

    右左折時、インパネ内にサイドミラー的画像が出ます。ついそっちを見てしまうが、安全なのかどうなのやら・・

    グローブボックスは引き出し式で、かなり手前に引き出せます。活用方法が思いついてませんが、通常の扉式とは異なる便利な使い方があるかも知れませんね。

    ドライブセレクタがウインカーレバーの下にあります。ウインカーと間違える事はなかったが、駐車場でD/R切替えにて左手が空振りしました 笑。慣れが必要かと。

    後席は多段のリクライニングができ、かゆいところに手が届いてる感じです。前席背面のポケットがネットだったりBピラーから後席へのエアコンダクトのあるところが高速鉄道の座席っぽい。

    荷室は、広いが浅い。

    駆動系は、スムーズ、爽快です。
    なんと言ってもワンペダル停止が可能。個人的にはこれが最大の美点。
    気のせいかもレベルですが、アクセルワークでの加減速フィールは日産車より少し粗いかも。e-POWERはヌメッと止まるがioniq5はギッと止まるよう感じました。

    走りはとても安定してて、コーナリングでの限界が高い印象を感じました。首都高狩場線上りのベイブリッジへの左コーナーや首都高C1にて確認。

    幅広だけど車幅感覚を掴みやすく、車格の割に小回りのきくよう感じました。

    右への車線変更時、右後方の視認時にBピラーが邪魔。

    電費は14から16kWh/100kmくらい。(6km/kWh台 相当)
    晴れて、外気温35℃でエアコン24℃設定なので、まあまあでしょうか。
    走行 約110kmでバッテリー27%減の表示。

    ADASのステアリング操作は粗削りな印象(クイクイ動く)。首都高C1ではでインに張り付いてちょっと怖い。

    EPSの操舵感に少し違和感ありました。
    直進にて左に流れる傾向でした。この車両特有なのかも知れませんが。

    この仕様で400万円台はお得感あります。個人的にワンペダル停止が嬉しい。

    一方、あちこち電気で動き、他ブランドのようなディーラー網がないので、マイナーなものを含めた故障リスクが一番の懸念かなあ・・・
    満足度 4
    エクステリア 3
    インテリア 4
    エンジン 5
    走行性能 5
    乗り心地 4
    燃費 4
    価格 5
  • 購入を検討しており、voyage、loungeグレードをそれぞれ1日ずつレンタルして乗り比べました。以下、記載のない限りはloungeグレードへのレビューです。

    【エクステリア】
    好みはあるかと思いますが、EVらしい先進性を感じさせるデザインです。SUVとステーションワゴンの中間ぐらいの雰囲気です。小さく見えますが、まぁまぁデカいです。

    【インテリア】
    voyageとloungeでかなり印象が違います。voyageは結構チープな印象です(それでも日本車の安いグレードよりは綺麗にまとまっていますが…)。loungeでもところどころ安っぽい箇所はありますが、全体に調和の取れたデザイ
    続きを読む ンだと感じました。ドイツ車のような重厚(オラオラ)な雰囲気はなく、フランス車の高級ライン的なオシャレ志向に感じました。プジョーを想起させるパノラミックルーフは抜群の解放感で、閉じることも可能です。これはピーカンでもオープン強制のテスラより有利だと思います。

    【エンジン性能】
    さすがにテスラやタイカンには負けますが、オンロード実用では必要十二分のパワーです。120km/hへも軽く加速しますし、合流もストレスなくできます。斜度18度ぐらいのところも少し走りましたが、車重を感じさせず軽く登りました。ノーマルでも十分レスポンシブですが、スポーツにするとまさにゴーカート。エコモードにすると街乗りではちょうどいい、優しい発進になります。

    【走行性能】
    サスは、すこーしだけ振動がふわふわ残る感じがありましたが、低重心で地面に張り付く感じはEVらしいですね。ハンドルも素直で緩みないです。

    【乗り心地】
    シートは細かい調整ができ、スペースも広いです。全席ヒーターに加えて、前席はベンチレーションもあります。静粛性は非常に高く、現在乗っているEクラス(ガソリン車)と同等か、それよりやや上だと感じました。ベンツでも特にエンジン音が気になることはありませんでしたが、こちらはその点、無音。静かになロードノイズが少し目立ちました。個人的には気になるほどではありませんでした。

    【燃費】(満充電での走行距離)
    高速道路を含む片道150キロ程度の遠出は特に不安なくこなせました。これ以上の長距離移動を頻繁にしてEVがいいとなると、現時点では充電インフラでテスラにアドバンテージがありますね。(車のレビューからは外れますが、チャデモ150kwhが普及すれば…せめて90kwhでも…。下道でバッテリーを気にする場面はほぼなかったのですが高速だとそれなりにグングン減りますので、高速道路、特に大都市間での充電インフラを充実させていただきたいですね。)

    【価格】
    補助金を考慮に入れて、かつ軽減税率を考えると日本、特に東京では脅威のバーゲンプライスです。


    【その他】
    純正ナビはやや不正確?でしたので主にCarPlayで、iPhone純正mapアプリでナビしました。無線接続できないのは少し残念ですが、安定性を思えば有線接続も悪くないと思います。ただ、ARディスプレイとの連動はしていないように思いました(あと何メートルで左折、みたいな表示が連動されていないっぽい。)また、Apple MusicとMapアプリによるナビ音声の調整もうまくいっておらず、ナビの声が音楽でほぼ聞こえない状態でした。この辺りは設定でできるのかもしれませんし、不具合であればソフトウェアのアップデートで解消できるはずです。

    USBポートが全てAタイプなのはややマイナスで、せっかくならUSB-Cにして欲しかったですね。

    【総評】
    今回、試乗を経て購入にかなり気持ちが傾きました。事故・炎上のニュースもあり全く心配していないと言えば嘘になりますが、通常の事故に関して言えばEuro NCAP5つ星が安心材料になりました。

    整備面は当方が都内(港区)住みでカスタマーエクスペリエンスセンターからも遠くなく、出張対応対象エリアなのがプラスに働きました。この点、地方在住であれば悩んだかと思います。

    長期的な信頼性は未知ではありますが、コンシューマーレポートやJDパワーのランキングでは極端に劣る位置付けでもなく、特に海外のオーナーレビューも多数拝見しましたがあまり心配はしていません。(なお、日本における批判はほとんどが乗っていない人による感情的なもので具体性に欠け、参考になりませんでした。)

    まだ購入確定ではありません(家族内でミニバンかこちらかで綱引き中です)が、買った場合はしばらく乗ってからまたレビューしたいと思います。
    満足度 5
    エクステリア 4
    インテリア 4
    エンジン 5
    走行性能 5
    乗り心地 5
    燃費 4
    価格 5

アイオニック5 2022年モデルのクチコミ

(109件 / 7スレッド)
    • ナイスクチコミ15
    • 返信数5
    • 2022年7月2日 更新
    https://www.youtube.com/watch?v=fLIxnXNKFRc
    アイオニック5が事故後に即発火した事が韓国で公開されてるみたいです。
    悪戯や捏造(CG)では無さそうです?
    幸い怪我人は出なかった模様です?
    詳細をご存知の方が教えてください。
    宜しくお願いします。
    • ナイスクチコミ223
    • 返信数58
    • 2022年6月29日 更新
    ヒョンデハウス原宿で試乗(ラウンジの4WD)したらかなり良かったのでAnycaでもボヤージュ2WDを借りて乗ってみました、結論から言うと同価格帯でテスラを除くと最良のBEVだと思います、気になる部分が幾つか有りましたがそれを差し引いても全体的に優れた車だと言えると思います。
    特にシートの質感はライバルを大きく超えると思いますし室内空間の作り込みはこの価格の車とは思えないレベル
    続きを読むです、私は終始ワンペダルドライブで走行していましたが走りの質感はICE車(内燃機関車)を大きく超えておりこれに慣れてしまうとペダルを踏み替える動作が本当に面倒くさく感じます、韓国の車だと思ってナメている人が多いようですがBEVとしてのコスパはとんでもなく高いです、信頼性等は今の所未知数ですが日本車絶対主義の方からするとそこ位しか文句を付けるところが無いはず、気になったり文句をつける人はまず乗ってみる事をオススメします。
    ちなみに日産アリアB6はアイオニック5のラウンジと同等の装備にすると(プロパイロット2.0が付けられるとは言え)けっこう高くなるので性能や質感がよほど優れていないと選択肢から外れる人が出てくるはず、おまけにYouTube等で急速充電性能が良く無いのではと言われているので正式に発売されたらどうなるか心配ですよね。
    • ナイスクチコミ212
    • 返信数19
    • 2022年6月19日 更新
    衝突から3秒で黒煙…現代自EVアイオニック5、火災で「熱暴走」電気自動車バッテリーは非常に張力の強い鋼板によって保護されている。自動車メーカー各社は「時速60キロ前後で衝突してもバッテリーは安全」と説明しているが、専門家は「今回の事故から分かるように100%安全とは断言できない」と指摘する。大徳大学自動車学科のイ・ホグン教授は「開発中の全固体バッテリーは熱暴走から安全だが、実際続きを読むに大量生産されるまでに数年はかかるだろう」「今の電気自動車では安全運転だけが火災から自分を守る唯一の方法だ」と説明した。 

    日本向け車両での対策はちゃんとしているのかしら?

愛車の買取査定額をオンラインで比較

複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

  • Point01
    営業電話
    メール一切なし
  • Point02
    一回の入力で複数の
    買取店に依頼
  • Point03
    査定額を
    オンラインで比較
  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止