フィアット フィアット 500Cの価格・新型情報・グレード諸元

<
>
フィアット フィアット 500C 2009年モデル 新車画像
  • フィアット 500C 2009年モデル
  • エクステリア1 - フィアット 500C 2009年モデル
  • エクステリア2 - フィアット 500C 2009年モデル
このページの先頭へ

フィアット フィアット 500Cの新型情報・試乗記・画像

フィアット 500Cの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

フィアット 500Cのモデル一覧

フィアット 500Cのレビュー・評価

(3件)

フィアット 500C 2009年モデルの満足度

3.67

(カテゴリ平均:4.31)

    フィアット 500C 2009年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 【エクステリア】
      これはもう最高!
      可愛いしお洒落でペットみたいな感覚。

      愛着湧きそうな感じです。


      【インテリア】
      見た目はお洒落なんだけど星が一つ足りないのは収納がちょっと使いにくい。

      あと、パネルとパネルに隙間が空いてると言うか、品質は日本の最近の軽自動車の方が高いと思った。

      普段は何とも思わなかったけど日本車って軽とは言え品質は高いんだなと改めて思わされた。


      【エンジン性能】
      スペック的には軽ターボに毛が生えた位だけど車体が1t超えてるので軽ターボと同じくらいかな?と思いきや、体感的に回さないと最近のCVTの軽ターボよりパワー不足は感じたが、
      続きを読む 街乗りなら十分実用に耐えると思った。

      特に出足が遅いから、車線規制で隣車線に割り込む時などは頭の中で色々と考えながら走ったりしましたが、それも逆に面白いかもしれないと思った。

      大パワーのアクセル踏めば余裕の加速をする車ならそんな事考える必要も無いですしね。


      【走行性能】
      イタリア車はどうなのかな?と正直不安だったが期待が裏切られた。

      日本車のマーチ辺りの性能かと思いきや、車の可愛らしさからは想像出来ないくらいビシッとしてました。

      ただVWのup!には一歩及ばずと言った感じ。


      【乗り心地】
      硬いと聞いていたが全然許容範囲だった。

      現行の初期型デミオディーゼルくらいの感じだった。

      ただ、揺れの収まりはかなり良くてフラットで感激した。
      最近の軽自動車よりホイールベースが短いのに。


      シートに関しても見た目は丸っこいし、怠くなるシートかと思いきや結構硬めのシートで疲れにくい感じ。

      ヘッドレストも最近の日本車みたいに妙に前のめりになってないから首も楽だった。

      VWのup!もそうだったが、シートの出来栄えは日本車ってダメなんだなと改めて感じた。


      【燃費】
      下道オンリーで実燃費で18走ってたのでまぁ満足。
      ハイオクですが。。。

      まぁ外車でこれだけ走れば個人的には満足でした。


      【価格】
      高いと思うけど外車なのとデザイン料だと思えば案外妥当なのかも?


      【総評】
      実際に乗った感じ、狭い狭いと言われてるリアシートも普通に座れて長時間じゃなければ十分実用に耐えうると思った(最近の軽自動車が異常にリアシートが広過ぎるだけ)
      トランクもお尻が深くて案外奥行きがあるし、車の見た目から想像してた以上に実用性はあるのかな?と思った。(一家にこれ1台は流石に厳しいけど)


      コペンやS660に乗ってオープンにハマってしまいましたが、この車もなかなか良くて気に入りました。

      特に低速なら走行したまま開け閉め出来るし、サンルーフみたいにちょびっとだけ開けたり調整も出来る。

      コペンの電動ルーフが良いと思ってたがチンクに乗るとコペンはいちいちアクションが大きいし停車してないと開け閉め出来ず、チンクはサイドはボディだからか屋根を開け閉めする度にサイドウインドウも下がらないし、本当に気楽に開け閉め出来る感じがとても良かった。

      ちょっと近場乗るだけでも屋根を開けようと言う気になりますね。

      サンルーフモードだと風の巻き込み殆ど無くて暖房も良く効いて、尚且つ車内に日の光が入って明るくなる事で運転手の気分も不思議と明るくなりました。


      オートマについても、オートマモードでもup!程ギクシャクしないし十分に自分は耐え得ると思いました。

      まぁ9割はMTモードで自分でギアチェンジしてましたが。。。
      平坦路なら2速発進で十分ですね。
      1→2速時がもっともショックが大きくなりやすかったのですが2発進だとスムーズでした。

      本物のMT車みたいに2→4→5みたいにギアを飛ばさないのが残念ですが
      交差点で左折する時に自分でギアを2速に下げて曲がってからまたシフトアップとか本当にMTモードは楽しかったです。

      上り坂発進でもクラッチが無いので左足ブレーキからの発進で全く問題無かったです。


      とにかく楽しい車で、次買い換えたらこの車も有りかな?と本気で思いました(普段は、基本1人たまに2人乗りなので)


      デメリットとしては車幅灯が無くてオフか前照灯しか無い事ですね。
      右折したい対向車に前照灯から車幅灯へ切り替えて、どうぞ!と言うアピールもまず出来ません。

      それからフォグランプがフロントとリアが一体なのも不満でしたね。

      本来は霧灯ですが、雨の日には路面が見やすくなるので点けたかったのですがリアフォグも同時に点灯してしまうので不満に思いました。

      あとはエアコンの風量の2と3の音量が違います。
      風量3からとても煩くなって音楽が聞こえにくくなり、最大風量の4は正直うるさ過ぎます。

      マニュアルエアコンの操作感もカチッとした感じじゃ無くて、質感は軽のマニュアルエアコンの方が上ですね。


      しかし、これらの不満箇所が有りつつも欲しくなる車でした。

      ミニやビートルは巨大になり過ぎてるので、この500の丁度良いサイズ感も高ポイントでした。

      細い道でのスレ違いもとても楽でした。
    • 【エクステリア】
       この車の魅力のほとんどがこれでしょう。日本車にはないデザインに魅了されたら多少の難は目をつぶる。ルーフを開けた時の解放感は何とも言えません。
      【インテリア】
       見た目はとてもセンス良いです。他人受けも良いです。でも,所詮外国の方がデザイン重視で作っているので,至れり尽くせりの日本車に慣れた人間には,収納やカップホルダーに至るまで,「なんじゃこりゃ」のオンパレードです。
      【エンジン性能】
       実は,購入理由の一番がこれです。2気筒ターボ。試乗した時は,独特の振動がスバル水平対向の「ドコドコ」の様で,今時珍しくエンジンを感じさせる車です。でも,私の購入したラウンジは16
      続きを読む インチホイールに45扁平のタイヤのせいか試乗時の振動が感じられませんでした。冬用スタッドレスを65扁平にしたら試乗時と同じになり,とても楽しくなりました。低回転のトルクは細いですが,回すと楽しいエンジンです。
      【走行性能】
       問題はこれ!まず,アイドリングストップの出来が悪すぎです。私は常時OFFにしています。加えて低速走行時のデュアロジック(AMT)1から2足の変速がスムーズさに欠け,ギクシャクします。街中の低速走行は辛抱たまりません。この辺りは改善をしてほしいと切に願うところです。
      【乗り心地】
       これは好みの問題でしょう。私としては,ユルユルのボディとオーバーサイズのタイヤに躾のなっていない足回りの三重苦で「こらアカンでしょう」と買って数か月でタワーバーやらダウンサスやらと手を入れてみましたが,未だに納得できない状態です。路面が悪いと車全体がポンポンと跳ね,ハンドルが効かなくなることもあり,怖い思いをします。最後はショックの検討でしょうか。
      【燃費】
       この車,エコモードスイッチが付いております。アイドリングストップもします。使えば街乗りでもリッター15〜17キロくらいは走ります。が,ストレスが溜まります。私は辛抱できず,使ってません。
      【価格】
       試乗して気に入って購入したはずなのですが,これまで数か月乗ってみて冷静に考えると,この車にこの価格はいかがなものかと思わずにはいられないのですが・・・でも,今時のエコカーに魅力を感じないのも事実ですし。
      【総評】
       いろいろ書きましたが,基本的には気に入っております。オープンにしてもサイドが残るため目立たないのがいい。問題点を改善し,自分なりの車になっていくと愛着もわきます。後は足回りさえ良くなれば長く乗りたいと思える車です。今のところ壊れないし。けど,錆がではじめてるんですよねぇ。
    • 【エクステリア】
      好きな人には最高な形かなと思います。自分も、嫁さんも、大変 気に入りました。細かなところまでデザインされていると思います。ミニ辺りがライバルになるかと思いますが、洗練度では、500が上かなと感じます。元祖500のデザインエッセンスを、巧くまとめていて、素晴らしいと思います。帆の開閉も、スムーズで、帆の質感と、ボディのマッチングは魅力ありますね。
      【インテリア】
      メーターは、もう少し見やすい方が良いかなと思いますが、この車は、購入者がデザインにお金を出す、といった側面もあるかと思いますので、許せる範囲と感じます。前席は、思ったより快適。運転姿勢は、比較的自然ですし、そこそ
      続きを読む こ広さも確保されています。シートサイズ意外は、長距離もこなせるのでは?と思わせる品質の高さがあります。後席は、小学生くらいのお子さんなら、2人は大丈夫かな。屋根を開けた時の開放感は良いです。ロードスター等の、フルオープンとは違った快適性と開放感を両立していると思います。外気の巻き込みも上手く抑えているかと思います。デザイン、質感、夫婦共に満足。荷物を積みたい方は、他の車へ。と言っても、2日くらいの夫婦旅行には充分です。
      【エンジン性能】
      滑らかです。アイドリングストップもスムーズに働きます。国産車と遜色ないです。
      【走行性能】
      ボディの剛性感は高いです。ブレーキタッチも、効き具合も安心感あります。ハンドリングも、キビキビ感もショートボディなのでありますが、ドッシリとした安定感もあり、高速走行も安定していると思われます。セミオートマは、過去所有車で経験ありましたので、普通に扱いましたが、多少は慣れが必要な方も居るかも知れません。(特に発進時と、加速シフトアップ時)
      【乗り心地】
      ゴツゴツ感が、少し強いですが、不快なレベルではありません。騒音もそれなりに入ってきますが、車のキャラのせいか、気にはならないです。少なくとも、下手な国産小型車より、安心感も高く、走行性能と巧く折り合いをつけていると感じました。
      【燃費】

      【価格】
      もう20万円ほど安いと、買いやすいのですが(笑)高くはないと思います。
      【総評】
      500良さはデザイン性だけでなく安全性。これは国産車でも見習ってほしい点です。エアバックの数だけに限らず、人に優しい(安全性の面で)車です。運転して楽しく、人を乗せて楽しく、見て楽しい。燃費も悪くない。価格、積載性さえ許せれば、素晴らしい車と思います。

    フィアット 500Cの中古車

    フィアット 500Cの中古車相場表を見る

    フィアット 500Cとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止