マツダ ロードスターの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

マツダ ロードスターの新型情報・試乗記・画像

ロードスターの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ロードスターのモデル一覧

ロードスターのレビュー・評価

(137件)

ロードスター 2015年モデルの満足度

4.42

(カテゴリ平均:4.31)

    ロードスター 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • ロードスター 2015年モデル 4代目マツダ・ロードスターの報道関係者向け試乗会は、発売前を含め何度か行われています。その中から、発売前の横浜と発売後の伊豆、2か所で行われた試乗会の印象を交えて報告します。乗ったのはベースグレードSのMT、SスペシャルパッケージのMTとATの3車種です。

      エクステリアデザインは、初代からの流れを継承しながら、前後を大胆に絞り込み、フェンダーラインを強調するなど、鼓動デザインのエッセンスを取り入れ、前後のランプ類はモダンに仕上げてあって、2015年のロードスターとして理想に近い造形だと思いました。ウインドスクリーンを70mm後方に下げた結果、ノーズの長さも目立ちます。

      インテリアは
      続きを読む デミオなど他のマツダ車との共通性を大切にしたそうで、もう少しシンプルにしてほしかった気もしますが、低めのシート、まっすぐ前にあるステアリングやペダル、軽く手を伸ばした位置にあるシフトレバーなど運転環境は文句なしです。ソフトトップは手動ですが、前端のロック解除は中央の1か所だけで、畳んだ後は運転席に座ったまま押し込めば固定されるなど、扱いやすさが光りました。

      直列4気筒エンジンは1.5Lと歴代最小排気量です。しかし最軽量では990kgに抑えられたボディのおかげもあって、低回転から十分な力を発揮してくれます。自然吸気ならではの反応の良さ、高回転まで力が衰えずスムーズな吹け上がり、演出過剰ではない自然な音など、このクラスのスポーツカーとしては上々の仕上がりでした。

      2種類あるトランスミッションは、運転を楽しむならやはりMTが良いでしょう。ATはトルコン式なので、イージードライブには適していますが、レスポンスはMTのほうが格段に上です。シフトタッチは現行市販車では最良レベルで、ペダル配置はヒール&トゥに最適、車両重量は40s軽くなるなど、MTを選ばないともったいない作りであることも理由です。

      新型ロードスターは、スポーツカーとしてはかなりサスペンションが良く動きます。そのため乗り心地は快適ですが、ハンドリングはアクセル操作に対する挙動変化が大きく、軽量ボディのおかげでステアリングを切ると素直に向きを変えるものの、反応はそれほどダイレクトではありません。コーナー入り口でブレーキを掛けてノーズを沈め、立ち上がりではアクセルを積極的に踏んでいくとスムーズに曲がれました。

      SスペシャルパッケージとSレザーパッケージのMTは、リアスタビライザーやセンタートンネルのブレースバー、LSDなどを装備し、ダンパーも換えてあって、姿勢変化は少なく、ステアリングやアクセル操作に対する反応は少しダイレクトになります。ATもダンパーは専用だそうで、重量のためもあってハンドリングは落ち着き感が増していました。

      新型ロードスターは、2L以下のスポーツカーとしては世界的に第一級のスタイリングとハンドリングの持ち主であり、約250-300万円という価格は文句なくお買い得です。2人乗りでソフトトップという条件をクリアできるなら、スポーツカーとの生活を実践してはどうでしょうか。前述のように車種によって走りのテイストが違うので、買う際はなるべく多くの車種に試乗することをお勧めします。
      参考になった 13人
      2015年6月22日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 5
    •  だいたい題名に書いた8文字で話は終わりなんですが、ごちょごちょかきたい気もありまして失礼します。
       そもそも40代半ばになるまでこの手の車には全く縁が無かったのですが、免許はあるのにこのままマニュアル車に乗らずに終わるのもつまらないし自分が出せる予算の事情や今後の生活を考えても今が最初で最後の機会かと思い購入に踏み切った次第です。ですので自分は車の専門的な知識はないに等しい者です。が…正直なところこのクルマを買うときには運転の基礎程度の知識しかない、という人こそ喜びが大きいのではと思っております。
       と、いうのは不思議なことに一般道をまっすぐ走るだけですでに楽しいのです。クルマを発進して
      続きを読む 流れに乗せるというのは当然自分の運転の結果ではありますが、大半の車種はその過程がなんでもないこととして過ぎ去ります。しかしこのクルマは走り出して、2速3速とギアを切り替えていくその操作の感触が妙に気分の良い記憶として残ります。気温によって(?)ちょっとご機嫌が良かったり悪かったりしますが、クラッチをつなぐ足の感覚、アクセルを調整する感じ、ハンドルと共に曲がっていく車の慣性、シフトレバーを各ギアに入れる時の摩擦まで好感触です。とにかくやること全てに気分の良さ、楽しさという付加価値がついてきます。また、車に慣れれば慣れただけ、理解すれば理解しただけ新しい世界が開けていくかのようです。たとえば初めの頃は足回りについて単にがたがたと道の凹凸を拾って突き上げる感触が慣れなかったのですが、ある時これがどのような道でもタイヤが路面をつかんで車を進めたり曲げているなと思えるようになり不快感が安心感に変わるなどしています。
       つまりは基本的な運転方法だけでもすでに楽しくて、そこから先を知れば知るほど楽しみが進化していく、ある意味困ったクルマでもあります。購入時にはいろいろ悩んで最終的にRSにしてしまい、こいつは自分なんかでは宝の持ち腐れなんじゃないかとハンコ押した後でちょっと後悔したものですが、納車されて動かしてみればどんな運転でもそれに応じた楽しみを提供してくれる様子で気づけば後悔などはオープンエアーのかなたに吹き飛んでいました。
       困ったことがあるとすればどこかへ行く用事ができるたびに自分のクルマで行きたいとうずうずしてしまうところでしょうか。なお燃費は平均して1リッターあたり14〜15kmというところです。
    • 【エクステリア】

      発売当初はライトが小さ過ぎると思ったが慣れた。近年では群を抜くデザインではないか?
      ただタイヤとフェンダーの隙間は気になる。

      【インテリア】

      狭い。フロントミッドシップだからか、左の足元のフロアがせり出してきている。
      乗り降りで相当気を使ってもスカッフプレートや内張りにドア内張りに靴を当ててしまう。
      ドア内張り上部が一見、ドアパネルそのものに見えてカッコイイが実は別体プラ?
      幌だから仕方ないが後ろが見ずらい。
      あとハンドルのデザインはとてもカッコ悪いと思う。

      【エンジン性能】

      文句なし。山道では持て余し気味。よく力がないとか見るが、ケツ
      続きを読む 流す人か相当飛ばすスパルタンな人と思われる。
      凡人には十分。
      直線でそういうことを言うなら、そもそもそういう車ではない。

      【走行性能】

      山道に行きたくなる。ちょっと足が柔らかめかなと感じたが、NR-Aの足に交換したらちょうど良くなり、とにかく踏みたくなる。

      【乗り心地】

      サスが柔らかめなので良いと思う。

      【燃費】

      片道10Km程度の通勤に使っているので燃費計で14Km/L程。最近RFの17インチにしてしまったので、外径の差なのか
      本当に落ちたのか調べてはいないが13Km/L台に低下。

      【価格】

      高い。

      【総評】

      とにかくデザインが良い。
      初めはS30のパクリかと思ったがRFが出て、そのリヤビューとフェンダーのうねりからC3コルベットからもパクリ?
      それとも普通にクーペにしてしまうとあまりにもS30に寄ってしまうからか?
      どちらにしてもパクリデザインのマツダは健在。
      ここまで良いとパクリではなくオマージュと言っても良いかも知れない。

      このノーズの長さだったら直6でも積めるのでは?なのに短い4発をフロントミッドにしてエンジンルールにおけるエンジンの
      占有容積は極端に少ない。そしてその分左足側のフロアが張り出して来ている。
      ジャッキアップポイントが普通の車からするとおかしい位置にあって怖いが、重量バランス的にそうなるのだろう。
      無理にロードスターのフォーマットにデザインを合わせている気がする。

      デザインに惹かれて興味を持ったのだが、乗ってびっくり今どきの車なのに面白い、M/Tを選択せざるを得ない。
      普段使いするのには全く適さないが、いざ山道を走ったら・・・。
      キャチコピーの「だれもが、しあわせになる。」はあながち言い過ぎでもない。

    • 3年が経過。
      軽微なトラブルはあったものの快適に乗れています。購入を検討している方の参考になれば幸いです。
      【エクステリア】
      リアフェンダーの形状が素晴らしい。
      長期間所有していてもデザインに関しては素晴らしいの一言に尽きます。
      【インテリア】
      購入グレードがNRAという事で
      色々簡素化されていたため、購入時に
      革巻シフトノブを購入。
      その他にも色々追加しました。
      標準ですと内装の質感は値段の割には安っぽい作りです。

      【エンジン性能】
      使いきれるパワーと言えば聞こえは良いですが
      スリリングな加速感は皆無です。
      たまに峠道をベタ踏みで遊ぶ分には必要十分ですが
      続きを読む 気量相応のフィーリングです。

      【走行性能】
      NRAであれば足回りがビルシュタインが装備されており、標準車の大きいロールはかなり改善されています。程よい固さで好印象です。
      後から足回りを変えるつもりでなければ足回りの完成度はNRAのビルシュタインがベストかと思います。若干車高も弄れるおまけ付きです。

      【乗り心地】
      標準の足回りと異なり固さは増すものの
      ロールが抑えられており
      コーナリング時のフィーリングは素晴らしいものがあります。
      ただし防音材等簡素化されているグレードの為
      遮音性は低く荒い路面ではかなりのノイズを拾います。はっきり言ってうるさいです。

      【燃費】
      一般道12-14
      高速道路 16

      【価格】
      300万は少々高い。
      全グレードあと20万安ければ
      もっと売れる。

      【総評】
      デザインさえ気にいれば買って損はないかと思います。搭載されているエンジンは平凡ですが
      コンパクトかつ軽い車体も相まって操縦性は良好です。車両価格の割には内装の高級感はありませんが気になる部分は後から足せば問題ありません。

      ただしRS以外のグレードの足回りはスポーツカーの割にはマイルド過ぎると私は感じましたので購入時のグレード選択は十分吟味が必要かと存じます。

    ロードスターのクチコミ

    (17693件 / 627スレッド)

    クチコミ募集中

    ロードスターのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    ロードスター 2015年モデル

    ロードスター 2015年モデル

    ロードスター 2015年モデルのクチコミを書く
    ロードスター 2005年モデル

    ロードスター 2005年モデル

    ロードスター 2005年モデルのクチコミを書く
    ロードスター 1998年モデル

    ロードスター 1998年モデル

    ロードスター 1998年モデルのクチコミを書く
    ロードスター 1989年モデル

    ロードスター 1989年モデル

    ロードスター 1989年モデルのクチコミを書く
    ロードスター

    ロードスター

    ロードスターのクチコミを書く

    閉じる

    ロードスターのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    ロードスター 2015年モデル

    ロードスター 2015年モデル

    ロードスター 2015年モデルのクチコミを書く
    ロードスター 2005年モデル

    ロードスター 2005年モデル

    ロードスター 2005年モデルのクチコミを書く
    ロードスター 1998年モデル

    ロードスター 1998年モデル

    ロードスター 1998年モデルのクチコミを書く
    ロードスター 1989年モデル

    ロードスター 1989年モデル

    ロードスター 1989年モデルのクチコミを書く
    ロードスター

    ロードスター

    ロードスターのクチコミを書く

    閉じる

    ロードスターの中古車

    ロードスターの中古車相場表を見る

    ロードスターとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止