フィアット アバルト 595の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

フィアット アバルト 595の新型情報・試乗記・画像

アバルト 595の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

アバルト 595のモデル一覧

アバルト 595のレビュー・評価

(12件)

アバルト 595 2013年モデルの満足度

4.41

(カテゴリ平均:4.31)

    アバルト 595 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • アバルト 595 2013年モデル 595 COMPETIZIONE 世界で最も小さなスペシャリティカーとでも呼びたい「500アバルト」シリーズ。今回は、メーカーの広報車を借用し、一般道を走ってみました。

      同車には、「アバルト500」、「アバルト595ツーリズモ/595Cツーリズモ」、「アバルト595コンペティツィオーネ」が用意されますが、試乗車両は、「アバルト595コンペティツィオーネ」です。最もベーシックな「アバルト500」の最高出力135psから160psへ高められ、トランスミッションは、シングルクラッチのパドルシフト付き「MTA」のみとなります。


      タイトなインテリアに身体を収め、イタリア「サベルト」社製のレーシーなバケットシートに腰を下ろ
      続きを読む すと、3m少々の小さなクルマにも関わらず独自の色気にやられてしまう。さすが、このあたりはイタリア車にしか真似のできない領域である。

      エンジンを始動させると、4本出しの可変背圧エキゾーストシステム「レコード・モンツァ」から野太い排気音が響き、只者ではない事がすぐに理解できる。
      パドルシフトを1速に入れ走り出すと、エクステリアやインテリアから想像するレーシーな感じとは違い、良い意味で裏切られた。それは、とても乗り心地が良いことだ。
      オランダに本社を置く「KONI社」製の減衰力可変ショックアブソーバー「FSD」ダンパーは、確かに硬いが、当初想像していた跳ねるようなものではなく、ストロークもしっかり確保されている。そのため街乗りでも、不快感は皆無といえる。

      タイトコーナーが連続するようなワインディングでは、痛快マシーンとなる。オーバースピードでコーナーに飛び込んでも、挙動変化は最小限。水を得た魚のようにコーナーを周回していく様は時の経つのを忘れ、ドライヴィングに専念してしまう。
      「TTC」(電子制御式ディファレンシャルロック)や「ESP」(エレクトリック スタビリティ プログラム)などに代表される電子制御システムのチューニングも実に素晴らしく、これら電子デバイスはすぐには顔を出さず、最大源ドライバーを楽しませ、本当にヤバイ時にだけ力を貸してくれるというもの。

      1.4リッターの直列4気筒DOHC16バルブ+ターボの「T-Jet」ユニットは最大出力160PS、最大トルクは23.5kgmを発生。0-100km/h加速は7.4秒と十分な速さを誇る。
      高速道路に出て、フルスロットルをくれると、可変背圧エキゾーストシステム「レコード・モンツァ」は、往年のアルファV6やスモールフェラーリーのV8エンジンを思わす甘美なサウンドを響かせ、7000rpmあたりまでストレスなくアバルトミュージックを聞かせてくれる。

      また、ドッカンターボと思いきや、小径タービンが過給を幅広い回転域で効かせ、どこからアクセルを踏んでもレスポンシヴに加速をしていく。そのため、高速道路の巡航でも安楽にハイスピードクルージングを行う事ができた。途中このクルマを明らかに意識したフォルクスワーゲン「ゴルフX GT」が追走してきたが、ダイレクトなフィーリングのパドルシフトを3速までシフトダウンをし、甘美なサウンドを響かせると、ミラーの中に映る姿がみるみる小さくなっていった。

      2007年のアバルトブランド復活以来、成功を収めてきている同ブランド。2014年はアバルトが51年目を迎えるが、わが国では、減少してきているクルマ趣味人のために、ドライビングの楽しさ、痛快さを改めて教えてくれるブランドとして、ますますの成長を期待したいところである。



      参考になった 15人
      2014年1月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 3
    • 【エクステリア】
      かっこいいの一言に尽きます!家族からはかわいい車と言われてますが。白い車はかつて乗ったことがないのですが、アバルトのホワイトは別物!
      【インテリア】
      やはりチープ感はあるものの、イタリア的にまとめられたセンスあるインテリア。ステアリングを握ればレバーなどのチープ感などどうでもよくなります。
      【エンジン性能】
      ノーマルモードではジェントルな加速と適度なアバルトサウンド、ある種の高級感を感じられ非常に楽しい。スポーツモードは超過激に激変!手の内に収まるパワーではありますが長時間はしんどいかも…。私はノーマルモードで乗ります。
      【走行性能】
      走る、曲がる、止まる、3拍
      続きを読む 子揃ってどれも文句のつけようがないですね。ただ、曲がる、に関しては少々まったり感があり、好みが分かれるかもしれないですね
      【乗り心地】
      これがアバルト595ベースグレードのいいところ。硬いセッティングだがあたりが非常に柔らかく、乗り心地が悪いとは全く感じないですね。同乗者からも全く文句は出ません。
      【燃費】
      エアコン使用、高速中心で17キロくらい、街中(田舎町ですが…)15キロくらいでしょうか。この走りを考えると素晴らしく良いと言わざるを得ません。
      【価格】
      好きな車ですから…、ノーコメント。
      【総評】
      ツーリズモ、コンペティツォーネは何度か試乗してたのですが、ベースグレードは試乗せず購入。ベースグレードで大正解でした。乗り味が大変素晴らしい。500のボディにアバルトチューン、剛性感の高さを感じ本当に絶妙なセッティングに仕上がっており、非常に満足度の高い車です。ランチアイプシロンとは全く違った世界で、じゃじゃ馬でも小さな高級車を演出できる。ほんと、いい車です!
    • 【エクステリア】
      最高です。これがダメならどれならいいの。
      【インテリア】
      安っぽい内装ですが、気にもなりません。
      【エンジン性能】
      本日納車でまだ慣らし中のため、正しい評価ではありませんが、ノーマルモードでも不満なし。
      【走行性能】
      多分文句無し。
      【乗り心地】
      さすがベースグレード。しなやかな足回りで文句なし。
      【燃費】
      納車で高速を250km 走行しましたが、14km/Lでした。慣らしが終わったら再度評価します。
      【価格】
      ちょっと高いなぁ。
      【総評】
      17年ぶりのMTです。案外運転できますね。自分で操作している感満載で楽しくてしょうがない。
      はじめは中古
      続きを読む 車を購入しようと思いましたが、妻の許可が下りて新車となりました。レコモン、
      アルミシフトノブへ交換して気持ちいい。595サイコー。
    • 【エクステリア】
      このどの車よりも小さいのにイカついスポーティーなフォルムが最高です。

      【インテリア】
      さすがイタリア車、オシャレです。ドイツ車の堅実でシンプルな作りとは違います。
      遊び心があってワクワクします。
      最近の装備は備わっていませんが、そういう車ではないので。
      このグレードはシートの高さ変えられません。
      シート調整も狭いのでドアを開けないとできません。
      足元がものすごく狭いので、アクセル、ブレーキを間違えそうになります。
      ですが、乗った印象は見た目ほど狭く感じませんでした。

      【エンジン性能】
      一番パワーのある、1.4L.180psに乗りましたが、パワフル
      続きを読む で楽しいの一言です。かといってパワーがあり過ぎるほどでもないので街中でもブンブン回せてちょうどいいです。
      マフラー音も3000RPMから4本排気に変わるようです音も大きく変わります。

      【走行性能】
      外見はものすごく小さくてどの車よりも飛び抜けてキビキビしてるのかと予想していましたが、意外とミニの方がキビキビ感はあるように感じました。
      意外と小回りが利きません。
      山道は楽しそうです。
      高速はきつそうな気がしますが、、

      【乗り心地】
      一番スポーティーなモデルでしたが、ミニJCWの方がサスは固かったように思います。
      モード変更で調整もできます。
      一人で楽しむには程よい硬さで楽しめそうです。

      【価格】
      乗り出しで420万程。価値は分かりますが、それでもさすがに少し高いかな??
      これなら新型のJCWも狙える範囲なので、個人的にはそちらの方が良さそうです。

      【総評】
      可愛楽しさ所有感満足感に浸れる究極の自己満カーです。
      いわゆるスポーツカーがあまり好みでない私にはそそられるホットハッチのうちの一台です。
      個人的にはJCWと争う一台になりました。

    アバルト 595のクチコミ

    (46件 / 6スレッド)

    クチコミ募集中

    アバルト 595のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    アバルト 595 2013年モデル

    アバルト 595 2013年モデル

    アバルト 595 2013年モデルのクチコミを書く
    アバルト 595

    アバルト 595

    アバルト 595のクチコミを書く

    閉じる

    アバルト 595のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    アバルト 595 2013年モデル

    アバルト 595 2013年モデル

    アバルト 595 2013年モデルのクチコミを書く
    アバルト 595

    アバルト 595

    アバルト 595のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ31
      • 返信数0
      • 2018年6月15日 更新
      御年64歳の爺です。
      迷いに迷い、コンペ左ハンドルMTを買っちゃいました。
      もち、かみさんの同意を得るにはかなりの時間を要しましたが。
      今では、大いにかみさんも喜んでパッセンジャーシートに乗ってますよ。
      MT車は30数年ぶりかな?
      あと何年車に乗れるかわかりませんが、最後はやはりマニュアルに乗りたいね。
      コンペオートマはあり得ない。
      また、右ハンドルもあり得ない。
      続きを読む
      ポジションが何かへん!
      きたろうのオヤジの目玉風のブースとメーター?がじゃまっ。
      フットレストが足の三分の一位しかないっ!
      坂道発進アシストもあるし問題はほとんどありませんよ。
      MTに乗りましょう。後悔しないように…!
      • ナイスクチコミ53
      • 返信数23
      • 2018年5月29日 更新
      「595 Competizione」について、ATかMTか迷っています。
      もういい年なのでクラッチ踏むのがおっくうになってきた今日この頃です。
      パドルで手軽なのがいいか、やっぱり操作感が楽しいMTか、両方のご意見を伺えたらと思っております。
      (余談ですが、外車の右ハンドルは初めてなのですが、ウインカーは左右どちらでしょうか?)
      • ナイスクチコミ32
      • 返信数9
      • 2017年10月13日 更新
      595コンペティツォーネのパフォーマンスパッケージの在庫を発見して、限定販売の誘惑に迷っています。今、現在行われている”MAKE YOUR SCORPION”も迷いどころです。
      パフォーマンスパッケージは限定販売なだけ在庫があるだけ奇跡的で、ほぼ値引きは無理そうです。好きな色やシートを選べるプランを重視すべきか、パフォーマンスパッケージの高性能を選ぶべきか・・・ ご
      続きを読む指導、ご鞭撻宜しくお願いします。

    アバルト 595の中古車

    アバルト 595の中古車相場表を見る

    アバルト 595とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止