フィアット フィアット 500の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

フィアット フィアット 500の新型情報・試乗記・画像

フィアット 500の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

フィアット 500のモデル一覧

フィアット 500のレビュー・評価

(41件)

フィアット 500 2008年モデルの満足度

4.35

(カテゴリ平均:4.31)

    フィアット 500 2008年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • フィアット 500 2008年モデル 500 TwinAir LOUNGE フィアット500がかつてのチンクェチェントにインスパイアされたレトロ感覚の外観デザインをまとって登場したのは2008年3月。その後、バリエーションを拡充してきたが、2011年3月には新開発の直列2気筒で875ccのターボ仕様エンジンを搭載したツインエアを追加してきた。

      レトロ感覚でありながら、現代にも通用するように仕上げられた外観デザインは今回も変わらない。インテリアについても共通だ。ただ、試乗車に装着されていたカーナビはごく普通の現代風デザインで、レトロ調の内装デザインにマッチしているとはいえない。カーナビも含めてレトロ調のデザインでまとめて欲しいと思った。

      後席の広さやラゲッジ
      続きを読む スペースについては、日本には優れたパッケージングの軽自動車がたくさんあるため、それらに比べるとやや見劣りする。ただ、登録車のサイズで軽自動車と同じ4人乗りだから、横方向については多少の余裕がある。いずれにしても後席の居住性については割り切って考えるしかないだろう。

      新搭載の2気筒エンジンは900cc足らずの排気量ながら、インタークーラー付きターボの装着で63kW/145N・mの動力性能を発揮する。これは1000kgをちょっと超える程度の重量しかない500のボディに対しては十分な実力といっていい。タウンユースから高速クルージングまで不満を感じさせない実力だ。

      デュアロジックと呼ぶ5速ATモード付きのシーケンシャルトランスミッションは、いわゆるAMTで変速時のトルク抜けというクセを持つ。スマート・フォーツークーペなど、ヨーロッパのコンパクトカーの中にはこのタイプのトランスミッションを搭載する例がたくさんあるが、このトルク抜けに慣れることが必要。乗り慣れない最初のうちは違和感の塊のような感じだが、乗っているうちに慣れてきて、変速に合わせてアクセルを緩めることでそれなりにスムーズで楽しい走りを体感できるようになる。

      騒音と振動については、う〜ん、と思わせるレベル。2気筒エンジンのもたらすネガティブな部分は十分には解消されていない。このエンジンにはスタート&ストップ機構(アイドリングストップ機構)も装着されていて、信号待ちなどのときにエンジンが停止するが、そこから再始動するときの振動もそれなりに大きめだ。

      これが普通のクルマだったら大きなネガになってしまうところだが、フィアット500だとまあいいかと許せてしまう気分になるのが面白いところ。ご愛嬌といった感じになる。

      ベースグレードのPOPで215万円、試乗したラウンジでは245万円の価格が設定されている。ヨーロッパのコンパクトカーの激戦区となる価格帯にあり、横滑り防止装置などの安全装備を全車に標準装備している。特に割安とはいえないが、これもまあ納得すべきレベルか。
      参考になった 15人
      2011年6月30日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 3
      乗り心地 3
      燃費 4
      価格 3
    • 【エクステリア】
      流行りに乗らないデザインなので10年経っても色褪せません

      【インテリア】
      おもちゃみたいなアナログ感でよい感じ。
      メーターやモニターの中身はハイテクですね。

      【エンジン性能】
      ドアをあけるとウィンウィン音がして、走るぞ!って気になります。
      コトコトエンジン音も楽しいです。
      信号待ちは驚くほど静かです。

      【乗り心地】
      路面の突き上げはガッチリ拾います。

      【燃費】
      良くもなく、悪くもなく
      ハイブリッドと比較しちゃいけませんw

      【価格】
      高い!オプもアクセもみんな高い!

      【総評】
      ツインエアpopは既に生産終了だそうです。
      続きを読む
      在庫のみなのでみんな急げ!


    • 【エクステリア】
      外観へのこだわりはなかったのですが、流行りに関係しない外観ですね。

      【インテリア】
      単眼メーターは、針の常用域が速度、タコともメーター左半分に重なっているので、慣れると一緒に見ることができ意外と合理的。
      スイッチ類も自然と手の届く範囲にあって、人の感覚に沿って設計されていることを感じさせます。
      シートは、サイズ、クッションともしっかりして長時間OK。シートポジションは、ハンドルとペダル位置との関係でしばらく迷いましたが、決まると馴染んでくる感があります。
      荷室は、想像より載ります。後部ハッチが大きく開き、後部座席を倒し、助手席を前に倒し寄せるとロードバイクも前
      続きを読む 輪だけ外した状態でちょうど載せることができます。(写真)

      【エンジン性能】
      有り余るようなパワーや凄まじい加速はないけど、アクセルを踏めば力強くモリモリっと加速し、追越しや登坂車線などでもギアとアクセル踏み込んだ分に応えて思うように追い越しをかけることができます。
      エンジンパワーを使いこなして日常域の加速を小気味よく楽しめる感じの程良さが500の雰囲気に合っていると思います。のんびりトコトコ走るのもよし、ブンブン回してもよしです。

      【走行性能】
      操作した分、車が動いてくれる感じで、背伸びをしない過不足のない操作感や加速感は、「等身大」に操る感覚を楽しめる車だと思います。
      ラフな運転をしても車がフォローしてくれるような優秀さや優等生的な走りを期待するとイマイチさを感じる車に思うかもしれません。

      【乗り心地】
      凸凹を拾う場面はありますが、国産車みたく綺麗な路面では快適でも、ギャップでいきなりイヤな突き上げや揺れが突然来る…というのはないです。
      ミニのゴーカート的な演出?強いとか(最新モデルは分かりませんが)、VWポロ(7代目)の高速域は素晴らしいですが舗装の良くない道だと50キロ以下ではちょっと…なんてことを考えると、500はいい意味で中庸的と思う。

      【燃費】
      エコモードは使わず平均17、8km/Lくらい。街中やちょい乗りが多いと15、6 km/L、高速や流れの良い時にエコを意識すれば20 km/Lオーバー。
      楽しい車なので、エコ運転に徹してないですが、そんなに悪いと感じたことはないです。

      【価格】
      新車だとちょっとひるみますが、中古車なら、大型バイクを所有することを考えると、趣味性とちょっとした実用性を両立できるし、お試し的でもありなんじゃないでしょうか。

      【総評】
      外観やギア、エンジンの独特さが目につきますが、操る人の感覚に寄り添ったナチュラル?な車だと思います。
      低速トルクが細いとか、2気筒の音と振動とか、この車でネガに取られているところは、昔の車のちょっと気難しい所あったよね…というのをわざと残しリファインしつつ、新しい技術で現代走行のポテンシャルを持たせて楽しんでいるような気がします。
      (やろうとすれば、普通に快適に乗れる車にもできたハズ)
      スペックを手に入れて走るというより、車と対話しながら乗る車だと思います。
      今の進化している車の尺度には乗っかっていない感じがして、減点法や、不満点を気にして評価してしまう人は、アバルト500やデミオMTとかを選んだ方がいいかもです。
      最近の車は優等生すぎてなにか物足りない、運転していても何か忘れ物をしているような感覚を持っている方には、操る感覚、楽しみが蘇るような心の琴線に触れるかも。

      【その他】
      故障やトラブルはないです。
      マイナーチェンジでエンジンフィールの違いの指摘もありますが、最初に乗ったインパクトが強いのは確か。鮮烈な第一印象に、何度か乗ると、あれ?と感じる所はあるかも。
      むしろ運転者の体調なのか、車の調子なのか、今日はドコドコ音が良く聞こえるな…とか、その日のごきげん的なものを感じます。
      走行距離が少ないうちは、運転していても何か奥歯に挟まったようなシックリこないところがありましたが、走行距離13000km位を超えてからだんだんと、エンジンやミッション、足回りなど各部に馴染みができたのか操作・駆動感に一体感と、トルクにも粘りが出てきて、違う車になってきた印象あります。
      もっと乗って、くたびれるくらいの距離や年数になった方が、500らしさが味わえるのかも。


    • 前回のレビュー後、タービンのウェストゲートバルブが逝きました。
      部品代、交換工賃で、約4万でした。

      アイドリングも、以前より不安定になってきて
      エアコンを使用中は、たまに車体が大きく震えます。

      夏の終わりに、クラッチに着手するため、約15万かかります。

      休みに、ドライブを楽しむだけなら
      本当に楽しい車です。

      ただ、毎日通勤で使われる、過走行になりがちな方は
      7万、8万キロの時点で、心とお金の準備を。
      以前のイタリア車ほどではありませんが、国産車より
      維持費がかかるので、早めに準備をした方が賢明です。

    フィアット 500のクチコミ

    (484件 / 71スレッド)

    クチコミ募集中

    フィアット 500のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    フィアット 500 2008年モデル

    フィアット 500 2008年モデル

    フィアット 500 2008年モデルのクチコミを書く
    フィアット 500

    フィアット 500

    フィアット 500のクチコミを書く

    閉じる

    フィアット 500のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    フィアット 500 2008年モデル

    フィアット 500 2008年モデル

    フィアット 500 2008年モデルのクチコミを書く
    フィアット 500

    フィアット 500

    フィアット 500のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ17
      • 返信数3
      • 2019年1月8日 更新
      これまでBMW3シリーズに乗っていたのですが、個人的な事情でコンパクトな車に乗り換えることになり、フィアット500の購入を検討しています。
      ツインエア搭載・フルMT・外見の好みでほぼ500Sに決めていたのですが、ユーザーの口コミを読ませて頂いた中で「同じフルMTの1.2スポーツは自然な操作感で満足度が高い車だったが、期待して500Sに乗り換えたところ、ツインエアは不自然な感触
      続きを読むが気になり、1.2スポーツほどしっくりこないフィーリングで、運転を楽しむという点ではいまひとつ期待外れだった。1.2スポーツの方が自分には合っていたので乗り換えなければ良かった」という意見があり、今どちらを選ぶか激しく悩んでいます。
      ツインエアモデルだけに乗っている方の2気筒エンジンへの好意的なレビューは承知しておりますが、その上でフラットな目線の比較意見をお聞きしたいです。
      やはり最終的にはどちらのモデルも実際に試乗して決めるつもりではありますが、1.2スポーツは台数も少なく、必ずしも比較試乗できるとは限りませんので、参考までにどちらの車も運転された経験のある方、ご助言を頂けると幸いです。
      • ナイスクチコミ3
      • 返信数2
      • 2018年2月24日 更新
      ポジションランプのLED化する時の抵抗は何Ωあれば警告灯が消えますでしょうか?
      また、LEDバルブはT20ダブルではなくシングルでは使えないでしょうか?

      HIDヘッドライトとの色差が気になって交換したいと思っています。
      球切れてないのに間違えて買ったプリウス30系のバックランプ(寒冷地仕様で片方バックフォグでした笑)の
      T20シングルが流用できれば…と考えています。
      続きを読む

      2011年式 Twinair Pop
      5WのLEDを使用予定です。
      • ナイスクチコミ18
      • 返信数5
      • 2018年2月21日 更新
      テールゲートロックがきかない状態になり、ディーラーに連絡するも、代車がなく直ぐに来ていただいても対応できないと言われた。半開きで運転!?なんてできないから、ヒモで座席に固定して走行。一か八か近くのイタ車のカーショップに行くと、快く対応していただき、どうにか半開きは、解消。不安な気持ちが解消。しかし、なぜ、ディーラーが直ぐに対応してくれないのか!!と不信感が増すばかり。カーショッ続きを読むプには、たくさんのフィアットが。ディーラーにはない、アットホームと優しさを感じた。

    フィアット 500の中古車

    フィアット 500の中古車相場表を見る

    フィアット 500とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止