アウディ RS6 アバントの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

アウディ RS6 アバントの新型情報・試乗記・画像

RS6 アバントの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

RS6 アバントのモデル一覧

RS6 アバントのレビュー・評価

(4件)

RS6 アバント 2013年モデルの満足度

4.50

(カテゴリ平均:4.31)

    RS6 アバント 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • RS6 アバント 2013年モデル 手前味噌で恐縮ですが、筆者が始めて所有したクルマがアウディ「90クアトロ」。もち5MT!まあ、父が欲しくて、購入したはいいけど、違うクルマに浮気し、私のものになったわけです。今思えば、大学生の分際で、「90クアトロ」に乗っていたわけですから、実にバブリーな時代でした。

      ですので、アウディは10代からのファンでもあります。「クアトロ」と聞くだけで、ゾクゾクしてしまいます。

      そんな「クアトロ」の中でも、実用性を備えながらも、究極の性能を手に入れたのが、「RS6 Avant 」です。今回も、メーカーの広報車両を借り、高速道を中心に走ってまいりました。イヤー凄かった・・・。


      「R
      続きを読む S6 Avant」は、デビューが2002年、2代目が登場したのが2008年にデビュー、そして今回試乗した最新モデルは3代目となる。(2代目にはセダンも存在した。)
      試乗前にカタログに目を通すと、V8ツインスクロールツインターボは4L。最高出力は560ps、最大トルクは、71.4kgmもある。先代のV10エンジン搭載ですら0-100km/h加速は4.6秒でしたが、最新型では2tを越える重さながら、3.9秒!ときたもんだ。まさに“世界最速のワゴン”。

      【インプレッション】

      シフトレバーの運転席側に設けられた、アルミのエンジンスタート/ストップボタンと押すと、ゴジラが目を覚まし、巨大なキャビンが一瞬ゆれた。。。
      車外に出ると、楕円形のエキゾーストエンドからは、重厚なサウンドが、周囲の空気を振らすほどの音圧です。

      試乗コースは、数キロ街中を走り、高速道路を走った。車両の制御を可変できる「アウディ ドライブセレクト」をノーマルのまま、街中に出ると、まさか560pのパワーを積んでいるスーパーワゴンと気がつかない程、“普通”に走れます。乗り心地も、少しダンピングが利いたワゴンといったものです。これなら、沢山の荷物を積載し、家族満載で十分お買い物にもいけます。ただ、幹線道路で発進すると、周囲にクルマが居なくなっている・・・。アクセルに足を乗せているだけで、周囲の交通をはるか後方に置き去りにしていることが分かった。

      高速道路のゲートをくぐり、軽くアクセルを踏んでみると、早送りのような様で、スピードメーターが上昇する。フルスロットルをくれる場所など当初は存在せず、アクセル全開、追い越し車線で頑張る軽自動車のお尻に、しばらく付いていた。8速のティプトロニックは、8速、1500rpmで「ボーっ」と野太いサウンドを響かせ、その音量が相当大きめであるため、普通でないことは、すぐに分かる。

      サービスエリアに入り、本線が空いてきた時間を狙い、「アウディ ドライブセレクト」をダイナミックにセレクトして、アクセルを底まで踏みつけた。「quattro」システムは、トルクを4輪に配分しているタイム4WD。通常時はフロント40:リア60で走行していますが、状況によりフロント15:リア85、フロント75:リア25でトルク配分を可変させる。

      3000rpmからは、V8エンジンがウァーン!とレーシーなサウンドを響かせ、猛進していく。極めて安定している挙動とは裏腹に、ハニカム状のステッチが施されるスポーツシートに身体が抑え込まれ、もうやばい!という速度まで瞬時にでてしまう。しかし、岩のようにずっしり安定したステアリングと高い車体剛性のおかげで恐怖心は皆無。

      取材車に装備されていたセラミックブレーキを踏みつけると、これまた数秒で法定速度までクルマを引き戻す。またそのフィーリングは決してカックンブレーキではなく、踏力に見合って制動が立ち上がるもの。

      時間の都合で果敢にコーナーを攻めるチャンスはありませんでしたが、追記で報告したく思います。

      このクルマの本領を発揮できる場所はこの国にはない!のが現実ですが、ワゴンの格好をしたスーパーカーとでもいうのが「RS6 Avant」 を表現するのに最も相応しいといえます。


      参考になった 16人
      2014年7月31日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    •  未購入です。現在、30系ヴェルファイアと2015年モデルGT-Rに乗ってます。趣味車であるGTRの買換候補として実際に乗ってみました。加速感や走行性能はGTRに乗り慣れてるせいか、特に印象深さは感じられませんでしたが、車重があるせいか、560PSエンジン搭載車にしては少々とろさを感じました。スピードリミッターは250km/hで作動するようですが、カットしてもせいぜい270キロが限界でしょう。ダウンフォースが効かない構造ですので実質的には250キロが限界という所でしょうか。GTRと比べますとこの辺が結構ストレスを感じさせますね。
      但し、乗り心地は一体どういう技術を持ってすればこんな完成水準に
      続きを読む 達するのかと驚かせるほどのスムーズさと静粛性がありました。ヴェルファイアもかなり乗り心地は上級レベルと体感しておりますが、ハイパフォーマンスカーにもかかわらず、路上のでこぼこも車体にほとんど伝えず打ち消してしまう足回りは驚嘆に値します。
      2017年モデルのGTRが発表されたばかりですが、RS6の魅力も捨てがたく、たいへん難しい選択を迫られてしまったようです。
    • 【エクステリア】
      一見、普通のツーリングワゴン。
      流行らないし、トキメキもない。

      周囲もこの車を
      特別視する人はほとんど居ないし、
      そんな凄い車だと
      気付く人もなかなか居ないだろう。

      【インテリア】
      上質。上品。

      アウディらしい内装で、決して
      「凄いでしょ?カッコイイでしょ?」
      と押し付けてこない。

      が、実は凄まじいまでの一流品です。

      居住性は問題なく、
      ラゲッジも余裕で広々。

      【エンジン性能】
      知らずに乗ったら悲鳴を上げる。

      560馬力!
      0-100q/h は3.9秒!

      【走行性能】
      クアトロで4輪がガッチリ地面をつかみ
      続きを読む
      異次元の加速を見せる。

      ステアリングも気持ちよく、
      足回りもバツグン。

      【乗り心地】
      低速で走っていたら、
      何とおとなしくさりげない事か。

      回転数上げれば、
      とたんにミスファイヤが
      パパパンと後方で奏でられます。

      【燃費】
      低速走行時は4気筒になるので、
      ごく普通に走っている限りは、
      10km/Lも不可能ではありません。

      【価格】
      新車価格1,500万円。
      高いけど、パナメーラターボより
      お買い得かも知れない。

      少し年数経ったら、
      状態の良い中古が激安で買えそう。

      【総評】
      日常的に使える車としては、
      これ以上の車が本当に存在するのか?

      それぐらい凄い車でした。

      ランボルギーニのエンジンを積んだ
      スバル・アウトバックと言えば
      まあなんとなく分かってもらえる人も
      居るかも知れない。

      見た目では分からない、
      本気のスーパーカーでした。
    • アウディのRS6は、A6アバントのボディをベースにパワフルなエンジンを搭載したモデル。ステーションワゴンのボディながら、豪快な走りを楽しめるクルマだ。

      RS6には日本自動車輸入組合が大磯プリンスホテルをベースに開催した試乗会に出席し、アウディジャパンが出展していた試乗車の広報車両に試乗した。

      外観デザインはローダウンしたボディは、オーバーフェンダー化されてワイドな大径タイヤを履き、フロントのチンスポイラーやリヤのルーフエンドスポイラーなどで差別化されている。でも全体としては控えめな演出という感じ。RS6のエンブレムなどがスポーツ性を主張する。

      インテリアも専用のバケットシート
      続きを読む や専用のメーター、専用のデコラティブパネルなどが備えられるが、これもどちらかといえば、控えめな演出である。

      搭載エンジンはV型8気筒4.0Lのツインターボ仕様。過去のRS6には5.0LのV型10気筒ターボなども搭載されていたから、今どきのご時世に合わせてダウンサイジングされている。それでいながら412kWのパワーはともくか、700N・mのトルクは過去最強の実力である。

      RS6は当然ながらクワトロ4WDで、そのためもあって車両重量は2040kgに達しているが、その重量級のボディをぐいぐい引っ張っていく実力を持つ。重さを感じさせないというか、はるかに軽いクルマを運転しているような錯覚を感じさせる走りである。

      しかも4WDらしい安定性に優れ、直進安定性はもとより、ワインディングでも優れた操縦安定性を発揮する。狙った通りのラインを描いて走れる感覚のクルマである。

      こうしたパフォーマンスを備えながら、高効率なクルマに仕上げられているのもRS6の特徴だ。アイドリングストップ機構や気筒休止システムを採用することによって10.4km/Lの燃費を実現している。

      RS6に乗ると、その気持ち良さからついついアクセルを踏みすぎてしまうので、なかなか良い燃費で走るのは難しいが、余裕ある動力性能を背景に、アウディドライブセレクトをコンフォートやオートに設定し、快適なクルージングを楽しむなら、低燃費運転も可能である。

      走りの良さに加え、アバントならではの大きなラゲッジスペースという実用性も備えている。一筋縄ではいかないクルマという印象だ。

    RS6 アバントのクチコミ

    (3件 / 1スレッド)

    クチコミ募集中

    RS6 アバントのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    RS6 アバント 2013年モデル

    RS6 アバント 2013年モデル

    RS6 アバント 2013年モデルのクチコミを書く
    RS6 アバント 2008年モデル

    RS6 アバント 2008年モデル

    RS6 アバント 2008年モデルのクチコミを書く
    RS6 アバント 2003年モデル

    RS6 アバント 2003年モデル

    RS6 アバント 2003年モデルのクチコミを書く
    RS6 アバント

    RS6 アバント

    RS6 アバントのクチコミを書く

    閉じる

    RS6 アバントのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    RS6 アバント 2013年モデル

    RS6 アバント 2013年モデル

    RS6 アバント 2013年モデルのクチコミを書く
    RS6 アバント 2008年モデル

    RS6 アバント 2008年モデル

    RS6 アバント 2008年モデルのクチコミを書く
    RS6 アバント 2003年モデル

    RS6 アバント 2003年モデル

    RS6 アバント 2003年モデルのクチコミを書く
    RS6 アバント

    RS6 アバント

    RS6 アバントのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ4
      • 返信数2
      • 2017年1月11日 更新
      日本では見たことがないですが、去年の夏にフランスの地中海辺りの村でナルドグレーのRS6 Avantを見ました。
      フロントグリルがRS特有のハニカムで初めはRS3かなと思って後ろを見たらRS6とあって、ちょっと興奮しました(笑)
      観光地の駐車場でゴロゴロ系のエンジン音が轟いていました。
      見た目はワゴンですが、えらく速いんですよね、この車は。
      ゼロヨンだと思うんですが、R8
      続きを読むスパイダーをブチ抜いているRS6の動画を見たことがあります。
      大きくて重いはずなのに、凄い車です。
      ポルシェのカイエンかパナメーラがライバルでしょうかね。

    RS6 アバントの中古車

    RS6 アバントの中古車相場表を見る

    RS6 アバントとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止