トヨタ プリウスαの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ プリウスαの新型情報・試乗記・画像

プリウスαの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

プリウスαのモデル一覧

プリウスαのレビュー・評価

(194件)

プリウスα 2011年モデルの満足度

4.19

(カテゴリ平均:4.31)

    プリウスα 2011年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • プリウスα 2011年モデル 稀代の大ヒット車となったプリウスをベースに、その基本プラットホームやパワートレーンを使って作られた大きな室内空間を持つミニバン&ステーションワゴン。

      東日本大震災の影響で発売が2カ月近く遅れたが、その間にも予約受注を集めていたので、発売された時点で注文すると納車は1年先という状況になった。トヨタは増産態勢を作っているが、リチウムイオン電池は簡単に増産できないそうで、7人乗りについては勧めるにも勧めにくい状況だ。

      大きな室内空間は2種類の設定があり、2列シートで5人乗りのステーションワゴン感覚のモデルと、3列シートで7人乗りのミニバン感覚のモデルがある。5人乗りはラゲッジスペースの下
      続きを読む 部にニッケル水素電池を搭載し、7人乗りはセンターコンソールの下部にリチウムイオン電池を搭載するという違いもある。5人乗りと7人乗りではかなり異なるクルマに仕上げられている。

      プリウスαは、ぱっと見た感じはプリウスそのものだ。ボディサイズはプリウスよりもひと回り大きく、良く見るとプリウスとは明確異なるパッケージングと、微妙に異なるデザインなのに、見るからにプリウスの姉妹というか従姉妹というか、親戚関係にあるクルマだということが分かる。

      明確に異なるデザインにする方法もあったのだろうが、名前からしてプリウスαなのだから、プリウスらしいデザインに仕上げたのは正解だろう。参考までに書いておくと、プリウスに似てはいるが、外装パーツはそのすべてがプリウスとは異なるものが採用されている。それを似ているように見せているのだ。

      インテリアはステアリングホイールの形状やセンターメーターを採用することなどはプリウスと共通だが、センターメーターの形状自体も異なるし、ほかの部分ではプリウスとの相違点も多い。

      特にセンターコンソールの部分は、プリウスと異なるだけでなく、プリウスα同士でも5人乗りと7人乗りで異なっていて、コンソールボックスの容量の違いが大きい。

      後席の広さはまずまずというかプリウス以上の広さがある。ボディがひと回り大きくなっているだから当然といえば当然だ。3列目のシートは大人が座れないことはないが、ゆったりという感じはない。広さでいえはウィッシュのほうが広い印象である。

      ラゲッジスペースは5人乗りと7人乗りで明確な違いがある。7人乗りも大型のデッキアンダートレーを使えばそれなりの積載量が確保できる。ただ、実際には普段は3列目のシートを倒して使うことが多いのだろう。

      プリウスαに乗って走り出すると、最初はちょっと走りが鈍いかなという印象を受ける。プリウスが1350kgほどなのに対し、プリウスαは1450kgから1500kg弱と100kg以上重くなるので、その分が効いているのだろう。

      今回の試乗は5人乗りと7人乗りの両方に乗り、それぞれグレード違いにも乗って全部で5種類の仕様を試したが、そのほとんどが2〜3名乗車の状態だったので、余計に走り出しの鈍さを感じたのかも知れない。

      でも走り出してしまえば動力性能に不足は感じないし、むしろプリウスに比べて走りの質感に優れるのが印象的だった。重量の増加に対応してファイナルギアのギア比をローギアード化したことなどにより、中間加速のフィールはプリウスとほとんど変わらない。通常の状態なら電気モーターだけで走り出すのも同じだ。

      またニッケル水素電池を搭載した5人乗りとリチウムイオン電池の7人乗りで走りのフィールに違いがあるかといえば、これも全く感じられなかった。インジケーターを見ているとリチウムイオン電池を使った7人乗りのほうがエネルギーの回生がスムーズな用だが、普通に走らせていると5人乗りのか7人乗りなのかが分からなくなるほどだ。5人乗りと7人乗りで重さの違いもせいぜい20kgほどなので、これを走りのフィールの違いとして感じることはできない。

      プリウスに比べて格段に良くなった印象を受けたのは足回りだ。プリウスが17インチタイヤを履いたツーリングセレクションでないとダメという印象だったのに対し、プリウスαは16インチタイヤの仕様でもそんなに悪い印象はなかった。もちろんツーリングセレクションに好感が持てたのはプリウスαでも同じである。

      路面が悪い部分での当たりの良さなど、乗り心地の良さというか、走りの質感という点でプリウスαはプリウスよりもずっと優れている印象があった。室内の静粛性が向上していることと合わせると、プリウスとの走りの違いは相当に大きい。

      プリウスを買うならプリウスα買ったほうが良いし、プリウスαを買うなら7人乗りのツーリングセレクションがお勧めだが、これには少しばかり条件が付く。というのも7人乗りはリチウムイオン電池仕様なので生産が特に厳しく、今から注文したのでは納車が来年後半になる勢いだ。これだとエコカー減税が終わってしまうので、今の時点で勧めて良いのかどうか分からない。

      走りのフィールからはツーリングセレクションがお勧めなのだが、タイヤが17インチになってステアリングの切れ角も変わり、5.5mの最小回転半径が5.8mになってしまう。外国製の大型SUVではあるまいし、いくら何でも5.8mはないと思うのだが、このような仕様になっている。狭い車庫に出し入れするユーザーには勧められない。

      車庫ついでに書いておくと、プリウスαの全高は大半のグレードで1575mmだ。1550mmまでなら駐車できるタワーパーキングが多いのに、1575mmでは入れないところが多い。これは使い勝手に悪影響する。

      価格はプリウスに比べるとかなり高くなっていて、最上級グレードとなる7人乗りのツーリングセレクションスカイライトパッケージを選び、カーナビとプリクラッシュセーフティシステムを装着すると車両価格が400万円を超える。これもひとつの悩みどころだ。

      プリウスαは相当に魅力的なクルマだと思うが、お勧めしきれない部分もあって、もどかしさを感じさせられるクルマである。

      参考になった 101人
      2011年7月26日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 5
      燃費 5
      価格 3
    • 【エクステリア】
      モデリスタのエアロを装着してあったので、かっこよかったですし、今でもフルモデルチェンジでは無いので、古さは感じないです。
      【インテリア】
      可もなく不可もなく。プラスチック感はありますが、
      シートの色も黒でしたので、特に安っぽい印象ないです。ゴルフバックがラゲッジに4本入ります。
      【エンジン性能】
      ハイブリッド車ですので、性能は、感じられませんが普段エコモードで走っていたので、パワーモードに切り替えて走ると高速の合流なども不安なかったです。
      【走行性能】
      特に不安定な部分はなかったです。
      【乗り心地】
      シートもある程度硬めで、長距離運転していてもあまり疲れな
      続きを読む かったです。
      【燃費】
      平均して18キロでした。
      子供の送り迎えや、土日の街乗りが基本でしたので妥当だと思います。プリウスの名がついているので20キロは超えると思っていました。
      【価格】
      3年落ち2万キロのGツーリングセレクション、スタッドレスタイヤ付きで、198万円。そしてこの度4年間、4万キロ乗って90万円で、売却できました。リセールバリューも考えると非常にいいコスパでした。
      【総評】
      中古車で購入する初めての車には、凄く丁度良かったです。
    • 2014年3月に10年使用したWISHからの乗換。ホワイトパール、コーナセンサー、純正エクセレントナビ他で購入。
      ほとんどECOモードで使用し当初は信号待ち後の加速に苛立ちましたが慣れると全く問題なく、埼玉-石川間を年に5回程度往復しましたが高速でのクルーズコントロール117kmは気に入ってました。
      納車1年以内に息子が車庫出し入で失敗し前部左側を板金し、一年経過後に右後部と左後部を引っかけて板金。
      4年使い走行距離は46,000km程度、生涯燃費は車載メーターで19.3km/lです。
      社外アルミスタッドレスセット付きで売却価格は147万(税込み)となりました。
      買い替え理由は、購入
      続きを読む 直後から流行した、自動ブレーキがないことですが、日産e-powerではエンジンブレーキを足だけでできることです
    • トヨタレンタカーにて乗ってみたかったプリウスαを借りました。今回お借りしたのはグレードが最廉価のS Lセレクションの色がグレーメタリック、平成28年3月登録、走行距離5万1000km代の車です。545km走っての感想です。

      【エクステリア】
      マイナーチェンジ前のヴィッツによく似ており、なかなか派手なフロントグリルといえます。デザイン的にヴィッツに似ていて好きではありますが、やはり前期型の大人しいデザインの方が好きです。
      全体的に伸びやかなデザインでフォルム的にはトヨタのウィッシュに近いです。私はノア、ヴォクシーのような箱型ミニバンよりこのプリウスαやウィッシュのような背の低い
      続きを読む ワゴンやミニバンが好きです。

      【インテリア】
      こちらは前期型より大幅に質感が向上したと思います。今回お借りしたのは最廉価グレードですが、それでも充分な質感です。全体的に黒を基調としており、所々に柔らかい革風の素材が使われております。
      最廉価のS Lセレクションでは運転席シートの高さ調整が出来ません。
      後部座席、荷室ともにゆったりとしており長距離も楽々でした。
      プリウス系特有のシフトレバーは最初は慣れませんが、慣れると案外使いやすいです。

      【エンジン性能】
      ハイブリッドカー特有のモッサリ感があります。出足はやや強めにアクセルを踏み(メーター内の表示がPWRにならない程度)欲しい速度まで持っていき維持していくのがハイブリッドカーの乗り方のようで、実際に燃費が伸びます。ただ急坂道や渋滞、街中は苦手のようです。

      【走行性能】
      長さ、幅がありますが、慣れれば運転しやすいです。駐車は慣れですね(笑) 狭い道でのハイエースとのすれ違いは泣きそうでした(泣)
      ブレーキは回生ブレーキの効果もあり、しっかりと止まることができます。ただ加減を気を付けないとカックンブレーキになります。
      運転席と助手席の間にある収納に走行モードがあります。「EVモード」、「ECOモード」、「PWRモード」です。早朝や夜遅くに出かける又は帰って来る場合はEVモード、街乗りや平坦路はほぼECOモードで充分です、PWRモードは坂道や高速道路で使います。場面に応じて使い分けると良いと思います。場所的に走行中に切り替えにくいのが難点です。

      【乗り心地】
      かなり乗り心地はしっかりとしており、意外と綺麗に曲がれました。

      【燃費】
      燃費には本当に驚きました。今回は山道はほぼ無かったですが街中4割、高速道路2割、平坦路4割で3名乗車で走りました。満タン法燃費では、なんと25.69km/Lでした!(545km÷給油量21.21L) 燃費達成率はカタログ数値26.2km/Lに対して98.03%でした。大満足です。
      ちなみに545km走ってメーターの燃料計は半分+1目盛残っておりました。

      【価格】
      最廉価のS Lセレクションでも充分な装備でお買い得感があります。シートの高さ調整がないのが気にならなければアリです!

      【総評】
      さすがはハイブリッドカーの老舗、よくできた車でした。満タンでメーター上で1000km近く走れるようですよ(笑)

    プリウスαのクチコミ

    (13849件 / 1311スレッド)

    クチコミ募集中

    プリウスαのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    プリウスα 2011年モデル

    プリウスα 2011年モデル

    プリウスα 2011年モデルのクチコミを書く
    プリウスα

    プリウスα

    プリウスαのクチコミを書く

    閉じる

    プリウスαのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    プリウスα 2011年モデル

    プリウスα 2011年モデル

    プリウスα 2011年モデルのクチコミを書く
    プリウスα

    プリウスα

    プリウスαのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ17
      • 返信数3
      • 2019年3月21日 更新
      3年前に購入。先日3年目の車検を受けた車体です。

      いつぐらいからかハッキリ定かではないが、今年の夏ぐらいからブレーキをかけて停車寸前になるとフロントの方からカタカタと小さい音ですが異音がなってる事に気がつきました。

      スピード出てる時とか普通に走行してる際にブレーキかけた際は全く異音しないのですが、毎回停車寸前にだけカタカタと周期的になってる感じです。

      先日の車
      続きを読む検の際に、ディーラーにその旨をお伝えし、ブレーキパット、キャリパーブレーキ等の磨耗、ネジの緩み等異常がないか調べてもらいましたが、そこら辺りは全く問題はないとのこと。ただ、ディーラー側も異音は確認して頂いていて、ドライブシャフト辺りから異音がしてる可能性があると、ただし断定は出来ないが、保証で交換等は可能との事。

      ただ自分的には、本当にシャフトなのかという疑問があります。シャフトが異常の場合は、ハンドル切った際とかにも異音を感じることが多いみたいですが、そういうのは全くないのです。本当にブレーキかけて止る寸前にだけ軽くなる感じです。ディーラーの方々もいまいち頼りなくて、、、

      他の車体でも同じような現象起きてる方いますでしょうか?

      プリウスα特有の現象なら、もう諦めますが、自分の車体だけなのかを知りたいのと、もし同じような症状が起き修理された方、また考えられる原因等教えて頂けたら幸いです。

      ちなみに車体は、ノーマルのままです。

      宜しくお願い致します。
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数1
      • 2019年2月2日 更新
      初投稿です。

      宜しくお願い致しますm(_ _)m

      平成24年式Sグレード

      走行距離142000キロ

      に、のってます。

      車検が近く乗り換えるか迷っており

      最近の下取り価格など

      情報あれば宜しくお願い致しますm(_ _)m

      • ナイスクチコミ24
      • 返信数4
      • 2019年1月29日 更新
      プリウスアルファのフルモデルチェンジの情報は、あるのでしょうか。
      よろしくお願いします。

    プリウスαの中古車

    プリウスαの中古車相場表を見る

    プリウスαとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止