トヨタ シエンタの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ シエンタの新型情報・試乗記・画像

シエンタの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

シエンタのモデル一覧

シエンタのレビュー・評価

(198件)

シエンタ 2015年モデルの満足度

3.96

(カテゴリ平均:4.3)

    シエンタ 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • シエンタ 2015年モデル G (7人乗り) コンパクトミニバンのシエンタが好調な売れ行きを続けている。小さなクルマ、3列シート、スライドドア、ハイブリッドなど、売れるクルマの要素をいろいろと兼ね備えているからだ。しかも、今回のモデルはトヨタの全ディーラーで販売するようになった。カローラ店だけで販売していた従来のモデルに対し、大きく販売を伸ばすのは当然でもある。

      シエンタにはトヨタ自動車がアニヴェセル豊洲の駐車場をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。またトヨタ自動車が大磯ロングビーチ駐車場をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会のときにも試乗している。なお、シエンタハイブリッドは別に
      続きを読む レポートしているので参照されたい。

      シエンタの価値は全長が4235mmというコンパクトなボディの中にしっかり座れる3列シートを成立させている点にある。低床のフラットフロアをベースに、パッケージング効率をしっかり煮詰めることで、3列目のシートにも何とか大人が座れる空間が確保されている。

      しかもその3列目シートは左右50:50で分割してダイブダウンさせると、2列目シートの下に潜り込む形になり、ふだんはフラットなラゲッジスペースとして使い、いざというときに3列目シートを使って多人数乗車を実現する、そんな使い方が可能である。

      外観デザインはかなり特徴的だ。歌舞伎の隈取りを連想させるデザインを最初に見たときにはどきっとしたが、クルマのデザインはほかのどのクルマにも似ていないことが重要。“隈取り”に相当する部分がボディカラーと異なる設定になることなども新しいアイデアである。ちなみにこのデザインイメージは歌舞伎の隈取りではなく、トレッキングシューズから得たものだという。

      かく言う私もちょっとどぎつい感じだなと思ったが、若いユーザーからは案外好感を持って迎えられているらしい。今はデザインを消費する時間がどんどん短縮されているので、最初にどぎついと思ったデザインもすぐに見慣れたものになっていく。

      インテリアはコンパクトクラスのクルマらしいシンプルなデザインながら、奥行きのある立体的な造形を採用するとともに、ハンドルの中から見るのではなく上から見るタイプのワイドなメーターパネルを採用して新鮮なイメージに仕上げている。操作性や機能性に優れるのはトヨタ車のインテリアデザインに共通する長所である。

      ガソリン車はFFと4WDで搭載エンジンが異なり、FF車には燃焼効率を向上させた新世代エンジンの2NR-FKE型エンジンが搭載されている。パワー&トルクは80kW/136N・mの数値を得ている。この数値は1500cc級のエンジンとして特に優れたものではないし、シエンタは背の高いミニバンタイプのクルマなので、車両重量がちょっと重くて1300kgに達しているのだが、シエンタのガソリン車を一般道で走らせて不満を感じるシーンはなかった。

      元気良く走らせるためには絶対的な動力性能がもっと高いほうが良いかも知れないが、ファミリーユースのミニバンという性格を考えたら、この性能で十分である。

      動力性能と同時に大きく向上したのが燃費性能だ。FF車全車にアイドリングストップ機構を装着することなどによって、車両重量の重いミニバンなのに20.2km/Lを達成している。ハッチバックタイプのコンパクトカーのようなわけにはいかないが、20km/Lを超える燃費は納得モノである。

      アイドリングストップ機構はブレーキを踏んでいないと継続されないほか、ブレーキを踏み込むとエンジンが再始動するというトヨタ独特の設定になっているが、再始動時の振動や騒音も比較的良く抑えられている。ただ、ブレーキペダルから足を離した瞬間にアクセルを踏み込むような動作をすると、少しギクシャクした動きを見せることがあった。落ち着いてペダルを踏み変えたい。

      足回りがしっかりした印象を与えたのも評価できるポイントである。とかくミニバンは、背の高いパッケージングに加え、乗員の快適性を重視して柔らかめの足回り設定になりがちなもの。結果としてコーナーでの挙動が落ち着かないものになったりしがちだが、シエンタはそれが意外なくらいにしっかりしていた。

      走りの基本となる高いボディ剛性を確保した上で、前後のサスペンションを不快な振動や揺れを抑えたフラット感のあるものとしてチューニングした結果である。

      試乗したシエンタG(7人乗り)の本体価格は198万円。これにディーラーオプションのカーナビを始め、LEDランプパッケージ、自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCなど、いろいろなオプションが装着されて255万円ほどの仕様になっていた。Xグレードを選び、LEDパッケージを省略すれば30万円くらい安くなるので、それがリーズナブルな選択だと思う。トヨタセーフティセンスCやサイドSRSエアバッグなどの安全装備は外したくない。

      ガソリン車はハイブリッド車に比べると30万円以上安い。距離を走るユーザーならハイブリッド車の燃費で価格差を取り戻せる可能性もあるが、ほとんどのユーザーは取り戻せない。ハイブリッド車のほうが良く売れているが、ガソリン車を選ぶのは現実的な選択である。

      参考になった 220人
      2015年12月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 4
      価格 3
    • GBフリード乗りのちょっと乱暴なレポートを見たので、購入4か月となる現在までのインプレを投稿します。
      元車は2014年度のGB3フリードガソリン車Gリミテッド。オプションは純正カーナビとETCカード(喋る)のみ
      買い替えたのは7人乗りのガソリン車G、パノラマビューモニターと純正カーナビ、ETCカード(喋らないヤツ)

      元フリード乗りにとってシエンタが走らないように感じるのは理由が二つある。1つはエンジンがあったまるまで通常時ちょいと元気がない、トルクが細い。触媒でも温まった頃だと思われるエンジン掛けた5分後ぐらいから段々粘りが出てきてそこそこ粘ってくれる。燃費表示を見ると最初の5分はど
      続きを読む んなに頑張ってもリッター10kmで、その後とかなり違う。初期暖気の「魔の」5分を乗り切ると段々こなれてきて、アクセル丁寧に扱えば瞬間燃費で20km/L越えを連発。5分ごとのスプリットでも17〜20Km/Lぐらいまでは伸びてくる。
      もうひとつはCVTの特性がフリードと違う。フリードは1500〜2000rpmぐらいに壁があって、アクセル踏み込み続けても壁となった回転そのままで前に出てくれたのだが、シエンタはゼロ発進時だけアクセルの踏み込みと回転が感覚的にそのまま付いてきて、アクセル開度に合った回転数で止まってから、そこから回転数が一定、CVTの減速比が変わって加速を続けていく感じ。このため、乗ってる側としてはスタート直後はエンジン回転が上がって回転数が止まると半クラのような滑った感覚ありで加速していくので踏み込んだ割に加速した気がしない。車速が30km/hぐらいまで乗るとCVTの減速比が安定してくるのでアクセルの踏み込みと加速が感覚的に合ってきて「繋がってる」気がしてくる。繋がってきてからの感覚はフリードとそんなに変わらない。どっちが気分的にいいかは微妙だが、特にエンジンの冷間時には回転数の割に進まないことから、回転数を2000rpmぐらいに抑えて回転数が上昇が止まってからアクセル踏み増すようにするとそこそこ燃費よくまーまーの加速できるみたい。
      逆に減速比が安定してからのエンジンは結構頑張り屋で、低回転域、特に1000rpm辺りのトルクはかなり太い。走行中はどの速度域でも最低回転数が1000rpmなので、そこからそーっとアクセル踏むと「コロコロコロ…」とエンジンが頑張ってる振動が伝わる。ここだけAT車なのになぜかMT車な感覚。
      また、アクセルオフの時の減速しにくさはフリードより良くて、とっても止まりにくい。特に定値走行はとっても燃費がいい。

      そのため、都内を下駄替わりにチョイ乗り、信号多めで目的地まで10分ぐらいなんて運転をすると燃費は最悪で、5〜7km/Lなんてこともままありそう。現在私が住んでるところが地方の政令指定都市なので、コロナ対応で空いた通勤路を信号引っかからずにチョコ停少な目な現状だと燃費も15km/Lぐらいで安定してます。

      【エクステリア】
      タッチで開くスライドドアは子供に好評。スライドドア閉まる前にロック予約ができるのは他社に乗り換えられなくなるかもと思うくらい便利。ちなみにドアミラーも連動で畳まれてマル。
      今までフリードでは2列目がキャプテンシートだったのでリクライニングはかなり倒れたのだが、G7人乗りはあんまり倒れてくれなくて意外とオッとだった。ただ、子供たちは横に占有して眠っちゃうので以外と子供たちからの反発や影響がなかった。
      2列目の中央ヘッドレストが邪魔以外の何物でもない。車検時以外は常時外している。

      【インテリア】
      ドアポケットが微妙にフリードより狭い。1Lのペットボトルがドアのサイドポケットに入らないとか、センターコンソールにモノが置けないとか(助手席側サイドにスマホ程度が置けるポケットあり)色々細かい不満はある。ただ、2個のUSBコンセントはとにかく便利。

      【エンジン性能】
      エンジン単品としては低速に割り切ったエコ設定。どーせこの車で150km/h超では走らないし、まぁ許せる。ちなみに高速走行もそこそこ安定はしてくれてはいるが、エンジン的に高回転域はどんどん燃費が悪くなる傾向なのであんまり気分が良くない。ストレスないのは第2東名の120km/h走行ぐらいまでですな。

      【走行性能】
      基本はワインディング攻める車じゃないし普通に市街地走る分には合格。意外と最初に舵角固定してやるとすんなりその方向に向きを変えてくれる。

      【乗り心地】
      それなり。可もなく不可もなく。3列目はキツそうな気もするが自分が運転席以外に乗ったことないので感想がない。
      なお、エコタイヤなのでどれぐらい走るとどれぐらい減るのか予想つかない。空気圧は2.4Kg/cm2が規定値でフリードの2.2より高め。納車時から2.65だったので、常時規定の1割増しで走ってる計算。あんまりごつごつ感はない。

      【燃費】
      車のナビゲーションシステムの燃費表示によると現在納車後の積算で16.4km/L。満タン給油法での計測で15.1Km/LなのでSBフリードより3km/Lぐらいいい。

      【カーナビ】
      ホンダのギャザスのほうが優秀。というか、Internaviは賢かった。ネットワークにはつながったものの回避コースの提案やルート指示がトヨタのはまだまだだなぁ。3年後の更新停止後はSmartLink経由が正解なのかなぁ?スマホから行き先登録出来たりなどの使い勝手は引き分けなだけにちょっと惜しい。
      ちなみにインターネットはスマホのテザリングだが、時々接続に失敗する。IoTって難しいね(笑)

      【価格】
      新車価格よりも乗り出し価格が安かった。営業さん頑張ってくれました。

      【総評】
      フリードが中古オークションで意外といい値段で売れたため、いい点悪い点どちらもあるものの、燃費もよくなったしひとまず満足度は高め、満点ではないものの85点は上げられると思ってます。
    • 市街地ぐるっと試乗した感想です。
      個体はH30年式、約2万キロのシェアカー
      GBフリードとの忌憚ない比較レビューなので所有者の方は閲覧しない方が良いかも

      【エクステリア】
      トレキッングシューズがモチーフになったデザインはスポーティに見えるのは、ウェストラインから上のキャビンが小さいため。
      フリードを横に並べると全高が低く、上方が絞り込まれてるのが分かります。
      カールおじさんみたいなヒゲヅラモールで個性強めですが、全体的にプリウスよりは受け入れ易いかと。

      【インテリア】
      乗り込んでみるとフリードより頭上周りの空間が明らかに狭く感じます。フロント視界にパノラマ感はなく。目の
      続きを読む 前にハードプラ丸出しの上の黒合皮と下部ベージュのツートンインテリアで視覚からオシャレチックを醸し出してますが、両側のドリンクホルダー口が手前に傾斜ついたデザインで気になります。
      ブラウンの生地にクッション性ない平面的なフロント、カクカクした平板形状でクッション厚ない、アームレストない座りの悪いリアシート。
      ハードプラ丸出しの無意味なデザインで使いづらい形状の派手なオレンジの内装のアッパーボックス
      、狭いアンダーボックス。
      扁平メーターフードに合わせアナログメーターも扁平で真ん中のインフォメーションディスプレイも小さく、ごちゃごちゃ表示され視認性悪し。
      トヨタで珍しい右側に配置されエンジンスタートボタン前に端っこにあり屈まないと指が届かない。
      F Fなのにフロントだけ存在してるセンタートンネル、後席との大きな段差あり。
      【エンジン性能】
      かもなく不可もなく存在感なし黒子に徹してます。
      Sモードで無くてもCVTで引っ張り、アクセルちょい踏むだけで不自然に加速しスポーティー感を演出。

      【走行性能】
      上屋が軽いので、手ごたえ薄い軽めのハンドルで、コンパクトカーみたいにキビキビ走れますが、裏を返せば落ち着きがない操舵感でフリードのしっとした手応えが心地良いハンドリングとは対照的
      クルコン無し、レーンキープでパーチャーアラートという警告音で知らせるだけ。

      【乗り心地】
      ショックがへたったような揺れの収束が遅く、直進時は乗り心地良く感じるがコーナーはオットっと状態。フリードのよう腰のあるどっしり乗り心地、旋回時のガッチリ路面を四輪でトレースしていくような剛性感はなし。
      ロードノイズ多目、遮音性は軽自動車なみ

      【燃費】
      1人乗車、気温20度の中、マニュアルエアコンは最低温度、流れよい市街地17.6kmを45分ノンストップ、時折アクセル踏込んだ走行で12.6km/lは悪し、今乗ってるガソリンフリード15km以上は行ける条件

      【価格】出来、装備考えると割高かんあり。値引きは25万以上狙いましょう。

      【総評】
      フリードのライバルとして興味深々の試乗でしたが、フリードはフィットベースとは思えないほど、シャーシの補強、内装のしつらえ、上質な乗り心地等Mクラスからのアプローチで仕上げてますが、シエンタはアクアの外見をミニバン風に仕上げ、ちょい乗り心地が良さげな感じですが、安普請仕上げ。この後のマイチェンで内外装の化粧直しと装備を少し充実させてるようですが、安全支援装置も少なく、ミニバンとして快適性はなく外観だけの何ちゃって仕上げでした。



    • <納車3週間再レビュー>

      【燃費について】
      満タン時に走行可能距離570km以上の数字が表示されるのですが、
      実際はどんどん目減りしていき、500kmいくかいかないかで落ち着きます。
      インフォメーションにエコな走りをしているかどうかリアルタイムで表示されるのですが、
      エコな運転をするには大分気を使います。
      そしてエコな運転をすると60km/hに加速するまでは、前の車に置いて行かれます。

      実燃費は満タン法で13.6km/l でした。
      走行環境 毎日の通勤で、片道12.2km 幹線道路ですが朝は後半が渋滞です。
           夜は渋滞なくたまにある信号のみ。
           休日
      続きを読む に街乗り走行(2日間)
           1回だけ高速道路走行

      ------------------以下前回レビュー-----------------------

      【エクステリア】
      見た目が個性的で尖っているのがよい。
      また、樹脂部分が比較的多いためか色で雰囲気が全く変わるので、買うときはよく考えた方がよいです。
      センシュアルレッドマイカ&ブラックマイカを買いましたが、正解でした。

      【インテリア】
      H19年式マツダアクセラ 20S からの乗り換えですが、全長がアクセラより10cmくらい短いのに室内が広々としていて、家族4人なら十分です。
      質感はあんまり変わらない気がします。

      以下、良い点、気になる点など個別に。

      ・標準の運転席アームレストが細いという気がしたのですが、乗ってみると意外と十分でした。

      ・3列目シートを2列目の下部に収納できるのですが、そうすると、大きな窪みができてしまい、そこに荷物が落ち込む可能性があります。DPでラゲッジボードというものを付けて、その窪みににふたをしています。

      ・燃費計などのインフォメーションパネルのステアリングスイッチは標準でついているのですが、ナビ操作用のオーディオスイッチはパノラミックビューなどのオプションをつけないと装着されていないので注意が必要です。
      私は注文5日後くらいにそれに気づき、ディーラーに相談したところなんとか注文を変えてもらいました。

      【エンジン性能】
      ミニバンでファミリーカーということを踏まえれば、エンジン性能は十分です。
      他の方の評価では、パワーが足りないとか伸びが悪いとかいろいろ書かれており、納車まで心配だったのですが十分と思いました。
      ただ、60km/hで走れる道路で、前ががら空きの時に60km/hまで加速させようとすると、若干もさっと感じます。

      【走行性能】
      足回りが結構しっかりしており、運転しやすいです。
      気になる点として、もう一台使用しているH25年式ワゴンRスティングレイと比較すると、アイドリングストップ状態からブレーキを離してエンジンが再始動するまでがワンテンポ遅い気がします。信号が青になってから走り出すまでちょっとストレスです。
      操作の慣れの問題かもしれませんが。

      【乗り心地】
      道路の凹凸に対して、充分に衝撃を吸収してくれるので、ハンドルも取られず乗り心地は抜群です。


      【燃費】
      燃費計で5分間燃費を見てますが乗り方によって全く変わります。当たり前ですが静かに乗るのが良いです。
      うまく乗ると10km台後半が出ます。まだ給油をしていないので、実燃費が測れていないのですが、どう出るか楽しみです。
      あと、燃料タンクが小さい気がしましたが、満タン時の航続距離は580km以上を指していたので、意外と長く走れるなあと思いました。

      【価格】
      競合のフリードに比べて、安くてお得だと思います。いろいろOPも付けましたが、フリードで同じくらいの装備をするともう40万円くらい高いイメージ。

      【総評】
      この前衛的なデザインとこのサイズでミニバンなのか? という気がしていたのですが、乗ってみたら正しくミニバンでした。
      もともとセレナやステップワゴンを検討していたのですが、自宅の駐車スペースが狭く、ミニバンは無理かと思っていた時にシエンタを友人から勧められ購入に至りました。
      ファミリーカーとしてうってつけで、買ってよかったと思います。

    シエンタのクチコミ

    (13563件 / 1295スレッド)

    クチコミ募集中

    シエンタのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    シエンタ 2015年モデル

    シエンタ 2015年モデル

    シエンタ 2015年モデルのクチコミを書く
    シエンタ 2003年モデル

    シエンタ 2003年モデル

    シエンタ 2003年モデルのクチコミを書く
    シエンタ

    シエンタ

    シエンタのクチコミを書く

    閉じる

    シエンタのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    シエンタ 2015年モデル

    シエンタ 2015年モデル

    シエンタ 2015年モデルのクチコミを書く
    シエンタ 2003年モデル

    シエンタ 2003年モデル

    シエンタ 2003年モデルのクチコミを書く
    シエンタ

    シエンタ

    シエンタのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ31
      • 返信数18
      • 2020年7月9日 更新
      諸事情でまだ納車から6か月(2020・1月登録)5000kしか乗ってないGクロエ2DW(ガソリン)を購入しないかとお話をいただき悩んでます
      新車価格+OP(50万相当)で乗り出し290万相当のお車なんですが買取店にもまだ行ってないらしく200万ではどうかというお話しなんですが当方相場とかよくわからないですが200万円は妥当な金額でしょうか?
      すぐ査定を出してみた人など参考に
      続きを読む教えてほしいです。よろしくお願いします
      • ナイスクチコミ27
      • 返信数10
      • 2020年7月4日 更新
      シエンタNSP170G  Gクエロ7人乗り 1ヶ月が経ちました。
      燃費がかなり悪いです。
      街中でリッター9.4Kになります。
      過去2回の給油は8K未満でした。ナビなどの取り付け作業がありました。
      近日中、高速使用の長距離でどのくらい走るか不安です。
      以前はスバルエクシーガ2.0ターボでリッター8.5Kでした。エクシーガが良すぎたのかな?
      シエンタの燃費は良いほうです
      続きを読むか?
      • ナイスクチコミ37
      • 返信数23
      • 2020年7月2日 更新
      シエンタ 2015年〜現行型

      2019/11/29現在
      価格.comでは…

      ガソリン車
      ランキング 40位(ミニバン10位)
      レビュー 3.99(94件)
      クチコミ 7747件

      ハイブリッド
      ランキング 117位(ミニバン20位)
      レビュー 4.21(40件)
      クチコミ 1203件

      といずれの数字もガソリン車が圧倒しています。
      という事は
      続きを読むシエンタの2015年〜現行型に限ってはハイブリッドよりもガソリン車の方が優秀という事でしょうか?
      皆様のご意見をお聞かせください。

    シエンタの中古車

    シエンタの中古車相場表を見る

    シエンタとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止