ランドローバー レンジローバーの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ランドローバー レンジローバーの新型情報・試乗記・画像

レンジローバーの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

レンジローバーのモデル一覧

レンジローバーのレビュー・評価

(6件)

レンジローバー 2013年モデルの満足度

4.67

(カテゴリ平均:4.31)

    レンジローバー 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • レンジローバー 2013年モデル レンジローバーがフルモデルチェンジを受け、SUV初のオールアルミ製のモノコックボディを採用した新型車が登場した。アルミ化によって400kgくらいの軽量化を実施して燃費も向上させたとのことだが、それでもスーパーチャージャー仕様車の車両重量は2500kgを超えている。超重量級のクルマであるのは変わらない。

      新型レンジローバーには、ジャガー・ランドローバー・ジャパンが開催した試乗会に出席して最上級グレードのオートバイオグラフィーに試乗したほか、別の機会に自然吸気仕様のエンジンを搭載したヴォーグにも試乗した。

      ボディはひと回り大きくなり、全長が5mを超え、全幅は2mに近く、全高だけはやや低
      続きを読む くなったものの、存在感があるというか威圧感さえ感じるようなデザインである。

      アプローチアングルが34.5度、デパーチャーアングルが29.5度、最低地上高は296mm、渡河水深が900mm、高度4500mの高地での走行も可能とするなど、さまざまなシーンでの走破性のスペックも高水準にある。

      外観デザインなどクルマ作りの基本的な方向性は、変化ではなく進化を目指したものとしてキープコンセプトで作られている。見るからに堂々とした感じの四角いボディは、近寄りがたく感じられるほどだ。

      運転席に乗り込むと、自然素材など厳選された素材を採用することでラグジュアリーなインテリア空間が作られている。高めの着座位置と低いベルトラインによって開けた視界が確保されることや、見やすく分かりやすい配置で操作性に優れたスイッチ類なども従来のモデルから継承されているものだ。

      本格派のオフロード4WDなので床面が高くて乗降性はあまり良くないのだが、車高調整機能が付いているので、乗降時にこれを利用すれば小柄な女性でも容易に乗り降りができる。

      搭載エンジンはV型8気筒5.0Lの自然吸気仕様とスーパーチャージャーの2機種。これは従来と変わらないが、トランスミッションは8速ATに変わった。またテレインレスポンスが進化型になったほか、快適装備、安全装備は一段と充実したものが用意されている。

      スーパーチャージャー仕様エンジンの搭載車に乗ってラフにアクセルを開くと、背中を押されるようなというか、蹴飛ばされるくらいに感じる猛烈な加速感だ。搭載エンジンは従来と変わらないが、ボディのアルミ化によって大幅な軽量化が図られたことが、加速の鋭さにつながっているのだろう。

      そんな走り方をしたとき以外は、とても静かで力強い走りが可能だ。市街地走行が静かなのは当然として、高速クルージングでの風きり音やロードノイズも良く抑えられていて、高級車のような静粛性が感じられる。そればかりか乗り心地もとても快適なので、無骨なオフロード4WDを走らせている気分ではない。

      新型レンジローバーはSクラスや7シリーズなどのライバル車とも競合するクルマという説明があったが、正にそのようなクルマに思えた。余裕があるなら、ふだんはジャガーXJに乗り、週末に郊外に出かけるときにレンジローバーというのが理想なのだろうが、レンジローバーを買えば1台で両方のカーライフをカバーできる。

      今回はオンロードでの試乗だったので、テレインレスポンスを試すことはできなかったが、これも進化した仕様になっているとのことなので、オフロードを走る機会があるのを楽しみに待ちたい。

      ベースグレードで1230万円からという高額車だが、V型6気筒3.0Lのスーパーチャージャー仕様エンジンを搭載したモデルが2013年2月に本国で発表された。そう遠くない時期に、もう少し手に入れやすいクルマになりそうだ。

      参考になった 2人
      2013年3月22日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 5
      燃費 2
      価格 1
    • 【エクステリア】
      流石のバランスと高級感です。
      クロスカントリー感を残しつつもラグジュアリーな見た目は唯一無二ですね
      【インテリア】
      素晴らしいの一言です。
      18モデルから一気に高級感が増しましたね^ ^
      【エンジン性能】
      ディーゼルに試乗しましたが、全く問題なし。
      若干のパワー不足を覚悟しましたが必要十分でした。高速で乗ってないので100kmオーバーからの加速感はわかりません。
      【走行性能】
      安全装備も増え、テレインレスポンスで十分かと思います。
      【乗り心地】
      流石のエアサスです。
      適度な硬さと吸収性で乗り心地はピカイチでした
      【燃費】
      流石ディーゼル良いですね
      続きを読む ^ ^
      【価格】
      まぁ1,500万オーバーは決して安くありませんね
      【総評】
      消して安い車ではないですが、上を見たらキリがありません。
      カイエン、G550と比較しましたが、総合的に1番我が家の乗り方には合ってました。
    • レンジローバー・オートバイオグラフィーの評価です。購入時は同V6 SC、レンジスポーツオートバイオを試乗の上で決めました。

      【エクステリア】
      賛否あるようですが、私はこのエクステリアが非常に好きです。伝統を守りつつ最新のエッセンスを取り入れている。使い勝手も良いです。
      パノラミックルーフは大きく開放的で快適性に一役買います。
      テールゲートは上下に開口するので場所をとりません。逆に4つあるドアは大きく厚みがあるため、乗降スペースを考慮した駐車をする必要があります。車高から乗降が難しいイメージもありますが、乗降用に車高が下がるのと、電動ステップがあるので小柄な女性でも問題ありません。重
      続きを読む いドアはオートクロージャーで楽に閉められますが、密閉性ゆえか開けるときには力が必要です。

      【インテリア】
      革とウッド、アルミをセンスよくまとめたインテリアで高級感を感じます。シートは高級なソファーのようで長時間走行でも疲れることはありません。ドアを閉めた後の室内空間の静粛性も高い。私の車歴(ドイツ車中心)ではちょっと想像ができないレベルの高級な室内です。セミアニリンレザーは肌触りも座り心地も良いですが、汚れやすさや耐久性などはまだ未知数です。
      メーター類はデジタルですが、特に表示が変わるというものではなく、これならアナログでも良いかも?と思いました。HUDが無いのも残念です(本国ではオプションあり)
      オーディオは19スピーカーで、しっかりしたツイーターが装備されており、音質も良いです。2chと5.1ch、DolbyとDTSなどを意識して切り替え可能。音が良すぎるのか、スマホでは標準的な1曲10MB程度の圧縮mp3では満足できなくなり、CD音源そのままに近い50MB程度の音源ソースに変えるハメになりました。USBメモリーでミュージックもムービーも使えるので不便はありません。
      荷室は大まかに1m四方で、ベンツでいうとCワゴンと同程度のスペースです。荷室自体にも高級感があるので、逆にラフに使えるようにゴムマットを敷いて使ってます。
      荷室を開けるときも後部座席を倒すときも電動なので、バッテリーがあがると荷室へアクセスできなくなります。スターターやそのケーブルを置く場所には注意が必要です。(2017/1/12 後席からトノカバーを開ける方法があるため、バッテリーがあがっても少々大変ではありますが荷室へのアクセスは可能でした。訂正します)

      【エンジン性能】
      510馬力のエンジンは申し分ないというよりは過剰なものを感じますが、マイルドな設定なので普段使いで扱いづらいということはありません。アクセルオフには敏感に応答し、重量級の車体にきちんとエンジンブレーキを効かせてくれるので、峠や山道でも安定安心の運転ができます。試乗した限りではV6でも十分なのではないかと思いますが、燃費にそれほどの差が無いのと、V8のエンジン音に惚れました。

      【走行性能】
      砂地、岩、雪ほか900mmまでの水深が可能なところなど悪路走破性は高いと思われます(行かないので体感できませんが)。オンロードも高馬力エンジンとオールアルミによる軽量化でストレスが全く無い走りをします。しかしクイックレスポンスを期待してはいけない設定になっており、自然と紳士的でゆったりした走りになります。見切りが良いので運転はし易く、結構狭い道でも入って行けます。

      【乗り心地】
       乗り心地は足回りのしっかりさがとりわけ秀でています。エアサスでもふわふわしたものとは全く異なり、ソフトだけどタイト。ふわっとしたあとビシっと収まる足回りで、良く制御されています。これにより絨毯の上を走行しているような感覚があります。競合はベンツでいうとS600やS63AMGのようなMBC装着車、SLのようなABC装着車くらいの2000万円級しか思いつきません。
      振動は20インチだと段差もわからないくらいです。22インチでも大きな車体を活かした大きなストロークで吸収しますが、段差はしっかり伝わってきます。同じレンジローバーでもインチ数が異なると印象もかなり違い、乗り心地重視なら20インチが良いです(私は22インチです)
      静粛性はかなり高いです。レンジスポーツはあえて音を車内に取り入れますがレンジはそうではない。しかし車外では勇ましいサウンドが唸っており、それが聞きたくて窓を開けて走ることもあります。音を楽しみたい方はスポーツをオススメします。

      【燃費】
      街中で6km/Lくらい。遠出だと10〜13km/Lくらいになります。アクセルオフするとエンジンブレーキがしっかりかかりますので、省燃費運転のためにはアクセルワークをキッチリする必要があります(オンオフを最小限に)。EcoストップやEco表示などの機能は備わっています。

      【価格】
      SUVでこの価格はありえないと思っていたのですが、性能や快適性、高級なインテリアなどを考えるとベンツの上級車種よりはお買い得感があります。少し使い込んでヤレる頃にオフロードでも使いたいです。

      【信頼性】(2017/10/17追記)
      散々脅かされながら購入したレンジローバーですが、使ってみると全くフツーの品質です。今夏は毎週千葉から南伊豆まで往復600キロを走行しましたが不具合なし。快適ですし、むしろこれまでのベンツより信頼感高いです。エアコンの効きも問題なし。オーディオは明らかに格上です。
      7/1から10/1までの毎週の南伊豆往復走行完了で品質は合格です。来年も頑張ってほしいです。

      【総評】
      オフロードにガンガン行ったりヘビーデューティーを求めるのであれば別のクルマをお勧めします。
      このクルマは他車との比較を考えるのでは無く、レンジが提供する世界を目指すのか目を背けるのか、孤高の世界と考えて良いと思います。個人的にはこの乗り味と高級感で最上の悪路性能を探求している姿勢に感嘆しました。
    • 【エクステリア】
      このエクステリアが好きだったのもレンジを選んだ一つです。
      3rdモデルの方が、好きだったりはしますけど…。
      レンジらしいと思います。(特にリアが)

      【インテリア】
      ヴォーグなので、まずまずだと思います。
      ちょうど、1月にS550を購入したのですが、インテリアについては、S550の方が好みです。
      でも、控えめなところはとてもいいと思います。

      【エンジン性能】
      満足です。踏めばそれだけ出るような感じですね。
      思いっきり踏んだときの加速感はすごいです。

      【走行性能】
      足回りは適度に柔らかい感じです。
      20インチだととてもいいのかなと思いますが、
      続きを読む 22インチ装着してしまったので…。
      山道も楽しいです。

      【乗り心地】
      これについては、疲れない!と思います。
      あまり遠出はしていませんが、アイポイントも高くて非常に運転しやすくつかれません。
      ML350と似たような足回りかと思ったのですが、個人的には疲れない感じは、レンジの方が上でした。

      【燃費】
      500qくらい走って、7.9〜8.1qくらいなので、文句なしです。
      ランクル200にも乗っていますが、がんばって7qくらいですので。

      【価格】
      5.0SCで1250万円くらいで妥当かなと思います。

      【総評】
      suvが好きなので、レンジローバーはあこがれの車でした。
      購入した感想は、ゆったりしていていい!です。
      suvらしくゆったりのんびりした乗り心地ですが、機能面でも便利…。
      ここのバランスがとてもいいと思います。
      もっと利便性を求めるなら、ランクル。
      もっと不便でいいなら、Gクラス。
      もっとなら、70といった感じでしょうか。
      でも、一番良かったのは、疲れないところです。
      早く1000q以上走ってみたいと感じています。




    レンジローバーのクチコミ

    (190件 / 47スレッド)

    クチコミ募集中

    レンジローバーのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    レンジローバー 2013年モデル

    レンジローバー 2013年モデル

    レンジローバー 2013年モデルのクチコミを書く
    レンジローバー 2000年モデル

    レンジローバー 2000年モデル

    レンジローバー 2000年モデルのクチコミを書く
    レンジローバー

    レンジローバー

    レンジローバーのクチコミを書く

    閉じる

    レンジローバーのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    レンジローバー 2013年モデル

    レンジローバー 2013年モデル

    レンジローバー 2013年モデルのクチコミを書く
    レンジローバー 2000年モデル

    レンジローバー 2000年モデル

    レンジローバー 2000年モデルのクチコミを書く
    レンジローバー

    レンジローバー

    レンジローバーのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ10
      • 返信数4
      • 2017年8月28日 更新
      4thのオートバイオグラフィーに乗っています。これまで2年間にトラブルはありません。あと1年で保証が切れますが、今のタイミングであれば延長保証に入ることができます。延長保証は2年間で40万ちょい。入った方が良いか町のランドローバー修理屋さんとおつきあいを始めた方が良いか微妙な価格です。4thが2013年からなので、まだ5年目の車検を受けた人はいないかと思いますが、最初の車検から続きを読むその後の点検でいくらくらいかかっているのか体験されている方がいらっしゃればご教授ください。ベンツだと保証の中で車検整備もカバーしてくれましたが(規定では範囲外)、ランドローバーの場合は全額負担なのでしょうか、そんなところも初心者です。
      • ナイスクチコミ13
      • 返信数4
      • 2016年10月12日 更新
      突然の書き込みで、失礼いたします。
      現行のレンジローバーの乗り心地とは、一言で表すと、どの車種に近いのでしょうか?

      ・乗り心地が近いと思った車種名(メーカーとブランド名)
      ・静粛性や振動を含めた、乗り心地に対するあなたの評価
      ・競合車種(国産高級SUVや他の輸入SUVなど)と比較した場合の、上記乗り心地への評価

      をお教えください。

      私自身は、全くクルマを
      続きを読む買える身分ではないので、想像するしかないのが現状です(そもそも、学生なのでクルマの云々を語れるかどうかも怪しいのですが…(汗) )。

      今まで乗せてもらったことがある車種は、2000年頃のトヨタのクラウンロイヤルや、2000年代中期の日産・フーガです。

      これらの車種との比較がしやすいです。

      「SUVとセダンを比べるのがそもそも間違いだ」とのお声もあると思いますが、一度お声をおきかせ頂きたいと思います。よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数2
      • 2015年2月20日 更新
      こんにちは。
      今回、車両の入れ替えで初めてのレンジローバーとなります。(納期に時間がかかりますけど…)

      気になっているのが、故障なのですが、最近(イヴォーグ以降)は、気にしなくてもいいですよとディーラーの方は話しています。

      しかし、実際に乗ってらっしゃる方のお話も聞きたいなと思いまして、もしも、故障に関してのお話が聞けると助かります。
      (壊れないよ等)
      よろし
      続きを読むくお願いいたします。

      ちなみに、購入グレードは5.0のスーパーチャージドです。

    レンジローバーの中古車

    レンジローバーの中古車相場表を見る

    レンジローバーとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止