アウディ TT クーペの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

アウディ TT クーペの新型情報・試乗記・画像

TT クーペの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

TT クーペのモデル一覧

TT クーペのレビュー・評価

(11件)

TT クーペ 2015年モデルの満足度

4.29

(カテゴリ平均:4.31)

    TT クーペ 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • TT クーペ 2015年モデル 2.0 TFSI quattro アウディのスポーツモデルであるTTクーペが3代目に進化した。本格的なスポーツカーではないものの、シャープなイメージでよりスポーツ性を高めたともいえる3代目TTクーペには、アウディジャパンが葉山マリーナをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードは2.0TFSIクワトロだ。TTクーペにはほかにFFモデルも存在するが、これには試乗する機会がなかった。

      今回のモデルはフォルクスワーゲングループのMQBと呼ぶ基本プラットホームを採用する。これはゴルフと共通のものであり、ということは2代目モデルで採用していたアルミスペースフレーム(AFS)が採用さ
      続きを読む れなくなったわけ。軽量化の象徴ともされたASFでなくなったことで、車両重量が重くなったかといえばそうではなく、むしろ2代目から3代目への移行で50kgほどの軽量化が図られている。

      ボディの骨格部分には高張力鋼板と鋳造アルミを効果的に使い、またドアやボンネットフード、ルーフなどにアルミパネルを使うことで軽量化を図っている。

      ボディサイズは全長や全幅が少し小さくなってホイールベースが延長された。ボディは基本的にほぼ同じサイズと考えて良く、その中でホイールベースが延長されたことで、前後のオーバーハングが切り詰められた形である。

      外観デザインは初代モデルが丸みを強調したデザインで、2代目モデルはそれがややシャープな印象になっていたのに対し、今回の3代目モデルはエッジの効いた一段とシャープな切れ味を感じさせるようなデザインになった。よりスポーツ性を高めたモデルであることを強調するかのようなデザインである。

      インテリアではバーチャルコクピットが印象的だ。インパネの液晶画面がメーターを大きく表示したり、メーターを小さく表示してカーナビをほぼ全面に表示するなど、自在に切り換えられるものだ。切り換え操作は簡単なので、走りたいときとナビを見たいときで切り換えたら良い。

      ダッシュボードの上部からカーナビがなくなったことで、昔のクルマのデザインを思い出させるような、それでいて新鮮な感じのデザインになっている。エアアウトレットの中央に、温度、風力、吹き出し口の調整スイッチを設けたのは新しいアイデアだ。

      室内には一応は後席も用意されていて、車検証の乗車定員は4名だが、後席には大人が座れるような空間はない。荷物を置くためのスペースと割り切って考えたら良いだろう。

      搭載エンジンは直列4気筒2.0LのTSFI(直噴ターボ)仕様だ。動力性能は169kW/370N・mの実力で、パワーはともかくトルクは自然吸気のV型6気筒3.5Lエンジンを上回るような実力を持つ。クワトロモデルでも1370kgという比較的軽いボディにこのエンジンを搭載するのだから、TTクーペの走りは相当に元気の良いものになる。スポーツ性が高まったことを実感できる走りである。

      FF車ならさらに50kgくらい軽くなるから、より元気の良い走りが可能になると思うが、アウディTTクーペではやはりクワトロを中心に考えるべきだろう。

      TTクーペの走りはドライブセレクトによって自在に変更できる。オート、コンフォート、ダイナミック、エフィシェンシー(効率)、インディビジュアルなどから選択することができ、ダイナミックを選べば相当にスポーティな走りが可能となり、効率を選べば燃費の良い走りを実現する。

      クワトロの4WDシステムはエンジンを横置きに搭載するFFベースのモデル用のもの。ハルデックスカップリングを使った電子制御4WDだ。通常の走行では後輪に数%の駆動力を配分し、必要に応じて前後50:50にまで配分を変更する。前輪が空転した場合には理論的には0:100にもなるというが、これは極端な状況で実現される駆動力配分だ。逆にドライブセレクトで効率を選ぶと、走行条件にもよるが、100:0のFF状態で走って燃費を高めることになる。

      試乗した2.0TFSIクワトロの本体価格は589万円だ。試乗車には内外装が専用の仕様となるSラインパッケージの47万円とオプションカラーの8万5000円が追加されていて、644万5000円の仕様になっていた。初代TTは若いユーザーにも乗れるクルマを目指して開発され、比較的手頃な価格が設定されていたが、スポーツ性を高めた3代目は簡単には手の届かないクルマになった。

      参考になった 13人
      2016年2月28日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 3
      価格 2
    • ステアリング及び.エアコン口5個に赤リング付けました。(激安送料込1個390円位)
      スタートキーに赤リング(送料込1250円位)これまだ来てませんので写真にはありません。
      アルミステッカー内部中央に貼りました。(送料込1200円位)
      マルチメディア ボタン カバー(送料込2100円位)

      エアバルブキャップ赤アルミにしました。(送料込1000円位)
      ホイールナットキャップ赤を付けました。(送料込650円位)色がマッチしていないようなので、次黒のナットキャップに変更する予定
      ホイールキャップリング赤付けました。(送料込1800円位)
      ホイールキャップカバー黒を付けました。(送料込
      続きを読む 1200円位)

      後部デフュザーにシルバーモール付けました。(送料込900円位)
      後部ストップランプ上に赤ライン貼りました。(送料込950円位)
      アクセル、ブレーキペダルアルミペダルを付けました。(送料込み2500円位)

      失敗 元々TTはあまり売れてないのでTT専用の社外品はあまりありません。
      仕方ないので、他車種のパーツを注文しますが、、
      A3用マルチメディア ボタン カバー ダイヤル(外枠と上シール) はサイズが合いませんでした。

      最近の不満点
      スタイル重視なのかドアの形状が異常に突起していて湾曲
      ドア開けると突起部分が先にぶつかります。
      運転席側にだけモール付けようとしたが、湾曲しすぎていてカット3回しないと取り付け出来ないです。
      でも、一部が突起してるので、突起以外付けてもしょうがないような。

      ナビ 
      思ったよりバーチャルコックピットナビかなり良く見やすいです。
      グーグル衛星画像も見た感じ良いです。


      標準装備ですが音良いです。純正にしては合格点。
      でも、低音出るけど重さがなく貧弱です。
      SDカード2枚装備出来ます。SDカードの動画も見れました。

      エンジン
      静かすぎ。
      でもドライブモードをセレクトでダイナミックにすると良い感じ。
      一部アルミ素材を使用している事もあり、軽くて小さい車体で、ターボ付AT7速なので、加速はスムーズで良いです。
      アイドリングストップもあり燃費はかなり良い。

      これ以上の性能があると、燃費悪くなるし、単なる遊び車。
      タイヤが太くなるとグリップは良くなるが、
      乗り心地が悪くなり、燃費が悪くなり、消耗によるタイヤ交換時の価格が高くなる事も考慮しましょう。
      最近ガソリン価格が高いので燃費が気になります。





    • TT1.8TFSIに、Sline+マトリクスLEDヘッドライト+アシスタンスパッケージのオプション装備がついたのを中古で購入しました。
      後ろへリクライニングできる2+2シートで探し、RCZ-Rも候補でしたが、実際に乗り比べた時、先進的・実用性・満足感でTTが上回ったのでコチラを購入しました。

      【エクステリア】
      初代、先代の良いところを残しつつ、先進的な試みを感じさせるデザイン。
      ホイールアーチの反復に線形を織り交ぜ、これはこれでカッコイイと感じました。マトリクスLEDが秀逸です。
      アウディの他の型は共通デザインから箱のサイズごとに合わせている感が見て取れますが、TTはトータル的に
      続きを読む デザインしているように感じられる唯一無二な存在です。
      サイズ感が日本の道路にマッチしており、コンパクトかつワイド&ローで運転を楽しむことができます。

      【インテリア】
      Sline専用の革+アルカンターラのシートが、デザイン・実用性ともに素晴らしいです。
      インパネまわりは究極的なシンプル設計でエアコンとバーチャルコックピットが目を惹きつけます。
      ダッシュボードとドア内張りがプラ素材ですが、目を惹くアイテムとのメリハリが取れて調和されており、満足感はハンパないです。
      外から眺めて満足する車は多いですが、乗っても満足感が得られるのがこの車の特徴と言えます。それも素材で満足させるのではなくデザインで満足させてくれます。
      バーチャルコックピットは使いこなせるとすごく優秀なカーナビなんだと実感しました。
      マツダコネクトやカロッツェリアよりも断然見やすくレスポンスがいいです。音声認識と手書き文字認識も感度よくて笑いました。
      純正スピーカーが高音質すぎるので社外品に変えると逆に劣化するんじゃないかと疑うレベルです。
      ドアロックセンサ、ワイパー、ライト、積載性と細かいところでも評価できる部分はたくさんあります。

      【エンジン性能】
      2.0Lではなく、1.8Lを選びましたが、公道で乗るうえではパワー不足は感じることなく走れてます。
      7速であり、低速からトルクがあるので、街乗りの停止・加減速の切り替えはとてもスムーズです。
      力を持て余してるハイパワー感は感じられません。求めるパワーに対し適切にパワーを出してる感覚です。

      【走行性能】
      アウディ共通?のドライブセレクトで「エフィシェンシー(エコ)」「コンフォート(快適)」「ダイナミック(スポーツ)」とモードを切り替えられます。
      オートマ走行ではエンジン音に各モードの差をあまり感じられませんでしたが、「ダイナミック」でパドルシフトを使った運転をすると「ブゥゥゥゥン」「ウィィィィン」とスポーツカーを体感することができます。多分この辺は2.0クアトロやTTSのほうがより強いと思います。

      【乗り心地】
      17インチ純正ホイール+コンチネンタルタイヤですが、船に乗っている感じではなく、路面の凹凸を程よく感じられるぐらいです。
      遮音性が高いので音楽を聴いているときにロードノイズが邪魔をすることはないです。

      【燃費】
      ハイオク50Lのタンクで、街乗りダイナミック走行でもギリギリ10km/Lは切らない優秀なスポーティカーです。
      エフィシェンシーで走ってれば15km/Lくらいな感覚です。相対的に満足です。

      【価格】
      3代目ということもあって洗練に洗練を重ねたデザイン・機能・剛性で約500万円は乗ってみると納得のいく値段と感じます。
      ただ、各オプション費は割高と感じました。
      本体470万+ホワイト8万+Sline66万+マトリクスLED31万+アシスタンス29万=604万推定の1年落ちを400万で購入できたので、
      中古はお得な車種だと思います。(SUVブームの恩恵かと・・・)

      【総評】
      所有満足度は素晴らしいの一言です。
      外から見てよし、乗って眺めてもよし、走って楽しい、バーチャルコックピット(機能)を使って楽しい。。。これらをすべて兼ね備えるクルマってなかなかないのではないかと思いました。
      ご検討の方、街乗り中心で雪道があまりないのであれば、1.8TFSIで必要充分だと思います。試乗でドライブセレクトを使ってエンジン音を確認してみるのをオススメします。
      この次にほしい車は探してもポルシェ911かアルピーヌA110と高いクルマしかないので、家族ができない限りずっと乗り続けると思います。
    • 【エクステリア】
      ・アクが強い上にモデルによって見た目が異なるので
       値段と好みで選んでよいと思います
      ・他のみなさんも書かれているかと思いますが
       ドアが長く、厚みもあつく、ヒンジの工夫もないので狭い所での乗り降りは想像以上に苦労します
       出先も含めて駐車スペースに気を使います
       (裏技として窓を全開にしてから乗り降りすると少しばかり楽になります)

      【インテリア】
      (後ろ座席)
      ・確か身長150センチまでと記載があった気がします
       大人は正しい姿勢では頭が窓ガラスにあたって座れません
       背もたれも直角なので、子供でも長時間座るのは酷です
      ・ガラスが頭の真上なので真
      続きを読む 夏は地獄のジリジリ感です
      ・横のガラスも狭く、前席のシートで前が見えないので閉塞感が半端ないです
      ・椅子の形をした物置です
      (前席)
      ・車両価格の殆どを2席の為にお金をかけた感じです
      ・高級感とかは別としても、TT乗りたい方には満足度は高いと思います
      ・前の型ですがキーをシャキーン(本体からキーの部分が出ます)と出して
       キーを捻ってエンジン始動させる儀式は、なんともテンション上がります

      ・革の縫い目が痛みやすいので中古を買う時は隅々まで程度の確認必要です

      【エンジン性能】
      ・2Lターボですが駆動の凝縮感が独特です、トルクの出方の密度が濃いです
       GTーRやランエボ、アウディRSシリーズとは違う独特の感じがあります
       テンション上がります

      【走行性能】
      ・日本の法廷速度ではオンザレールです
      ・思ったより鼻先が重く、4駆も相まってタイドコーナーが続く峠は
       アンダーが出やすいです(本気で攻めた場合ですが)

      【乗り心地】
      ・高い車だけあってニンマリ感覚です
       特に前席

      【価格】
      ・現在の中古価格見ましたが(現行型ではなくて)
       この値段で、あの満足度を得られるならば安いと思います
      ・家族構成も問題なくTT欲しい人ならお買い得です

      【総評】
      ・不便なことが、てんこ盛りです
       至れり尽くせりの国産車から乗り換えたら雲泥の差です
       ですが!これを許せる、不便さが逆に満足感につながる
       そんな車です!
      ・乗って満足、周りからはオシャレなお金持ちに見られて2倍満足

      ・車のキャラクターからして車に詳しくない人が
       急発進、急カーブ、無駄にエンジン回して
       ろくにメンテされていない車が多いので中古車を買う場合は
       必ず長い時間の試乗をして状態を確認する事が必須です
       (内装よりも駆動系に問題がある車が多いです)
      ・事細かい保障内容の確認と、その内容を契約書に書いてもらっておかないと
       後々もめる事になります

       

    TT クーペのクチコミ

    (748件 / 140スレッド)

    クチコミ募集中

    TT クーペのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    TT クーペ 2015年モデル

    TT クーペ 2015年モデル

    TT クーペ 2015年モデルのクチコミを書く
    TT クーペ 2006年モデル

    TT クーペ 2006年モデル

    TT クーペ 2006年モデルのクチコミを書く
    TT クーペ 1999年モデル

    TT クーペ 1999年モデル

    TT クーペ 1999年モデルのクチコミを書く
    TT クーペ

    TT クーペ

    TT クーペのクチコミを書く

    閉じる

    TT クーペのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    TT クーペ 2015年モデル

    TT クーペ 2015年モデル

    TT クーペ 2015年モデルのクチコミを書く
    TT クーペ 2006年モデル

    TT クーペ 2006年モデル

    TT クーペ 2006年モデルのクチコミを書く
    TT クーペ 1999年モデル

    TT クーペ 1999年モデル

    TT クーペ 1999年モデルのクチコミを書く
    TT クーペ

    TT クーペ

    TT クーペのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ4
      • 返信数0
      • 2018年5月31日 更新
      先日のAudi TT cupe 2017年式 2.0 TSFI quattro
      Audi保証期間を誤って記載しておりましたので訂正させていただきます。
      新車登録は2017年でAudi認定中古車保証で2022年まで保証(AAA Premium Plus/初年度登録から5年)
      走行距離は3000km未満で新車に比べかなりお得に購入出来て
      装備はS lineパッケ−ジで外装、
      続きを読む内装共に満足してます。
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数0
      • 2018年5月31日 更新
      新車を探していて偶然にAudi デイ−ラ−で登録1年未満の認定中古車(走行距離3000キロ未満)と出会い
      早速試乗してみてエンジンの吹きあがりも良く希望のオプションもフル装備で(パワ−シ−ト、マトリックスLED、パ−クアシスト、サイド、レ−ンアシスト)ほぼ新車で車検は残り2年弱でしたがAudi正規保証が3年弱付いていて翌日契約から整備1週間後に納車。
      晴れた日に豪快なマフラ
      続きを読む−音と加速感とQuattroのコーナリングでの4輪の密着感に楽しんでます。
      • ナイスクチコミ29
      • 返信数6
      • 2018年2月22日 更新
      現行型の認定中古車がかなりの台数が出ていて気になっています。

      特に、2.0FFは走行距離1万キロ未満の2015〜2016年式で価格は300万半ばのものが多数、新車価格と比較した場合はかなりお買い得感があると思います。

      現在、中古購入を検討しているものの、この価格帯でも長期間残っていた車両も多い様子で一抹の不安を覚えます。
      思えば街中でもあまり見かけないような…(旧
      続きを読む型はたまに見ますが)。

      現行型は不人気で低走行高年式の認定中古車でも、この価格帯ではまだ割高でしょうか?
      皆様のご意見を賜りたく。

    TT クーペの中古車

    TT クーペの中古車相場表を見る

    TT クーペとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止