アウディ Q3の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

アウディ Q3の新型情報・試乗記・画像

Q3の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

Q3のモデル一覧

Q3のレビュー・評価

(23件)

Q3 2012年モデルの満足度

3.94

(カテゴリ平均:4.31)

    Q3 2012年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • Q3 2012年モデル 2.0 TFSI quattro 211PS S-line 日本仕様のアウディQ3は、2L直列4気筒直噴ターボエンジンと7速デュアルクラッチ・トランスミッション、クワトロの名称でおなじみの4WDの組み合わせに限られますが、エンジンは170ps仕様と211ps仕様があります。ただし170ps仕様は今年秋の発売ということなので、今回は211ps仕様にSラインと呼ばれるパッケージオプションを装着した広報車両をお借りしました。

      エクステリアは同じアウディSUVでひとクラス上のQ5に似ていますが、それよりもボンネットが短いことに気付きます。ボディサイズを比べると、Q5が4650×1910×1660mm、Q3が4395×1830×1595o(いずれもSライン
      続きを読む )と、特に長さ方向が大幅に縮小しています。Q5がアウディ伝統の縦置きエンジンなのに対し、Q3はA3やA1と同じ横置きエンジンのためです。

      エンジンを横置きとしたおかげで、室内の広さはQ5と同等です。デザインや仕上げ、装備も上級車種にひけを取らず、ナビやデュアルエアコンは標準装備、4つのモードからドライブフィールを選べるアウディドライブセレクトも選択可能です。前席は同クラスのハッチバックと変わらぬ高さで、Sラインなのでサイドの張り出しは大きめですが、座り心地は固すぎず快適です。

      後席の広さもQ5並みで、身長170cmの僕が座ると、ひざの前には15cmぐらいの空間が残り、頭上も余裕があります。シートの高さや傾きも絶妙です。荷室はQ5の540Lに対して460Lで、奥行は少し短くなりますが、これだけスペースがあれば不満を述べる人はいないでしょう。

      車両重量は1610kgと、Q5より250kg以上軽くなっています。よって同じ2Lターボエンジンによる加速は俊敏そのものです。Sラインのスポーツサスペンションは、標準車より車高を20mmローダウンしていますが、試乗車にはアウディドライブセレクトが装備されており、コンフォートやオートを選べば、乗り心地はゴツゴツ感がなく快適でした。

      逆にダイナミックモードを選べば、SUVらしからぬシャープなステアリングレスポンスが堪能できます。ただしその後のフィーリングはQ5とは微妙に違います。フロントアクスルを前に出して前後重量配分の適正化を図ったQ5に比べると、前が重く感じるのです。一般的な横置きエンジンの4WDという感触です。

      このクラスにはドライビングの楽しさをアピールするBMW X1や、斬新なデザインのランドローバー・イヴォークといった強敵がいます。しかも試乗した211ps仕様で言えば、100万円ほどプラスすればQ5に手が届きます。そういった状況を考えると、70万円安い409万円で手に入る170ps仕様を待ったほうがいいのではないかという気がしました。
      参考になった 11人
      2012年7月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 3
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 3
    • 【エクステリア】
      379万の1.4TFSIグレードにおいては、このクラスのプレミアムカー?ならば当然のLEDヘッドライトがオプションです。まずは基本機能がオプションではダメですね。

      しかも、リヤビューはそれほど際立った印象はないのに、スポーティさをもとめてなのか?なだらかに傾斜したバックドアはリヤトランクの使い勝手を大きくスポイルさせています。アウディではQ3に限ったことではありませんが、実用性軽視したデザイン優先が伝統的ともいえます。いかに実用性を極めつつスタイルを追求していく、本物のデザインからは遠いですね。

      これではエクステリアは星二つです。

      【インテリア】
      オート
      続きを読む エアコン、クルーズコントロール、オートライト、レインセンサーワイパー、プライバシーガラスがなんとオプションです。
      ナビやバックモニターももちろんオプションです。
      これではAUDI Q3の標準装備内容では、無い無い尽くしで、まるで軽自動車やコンパクトカーのスタンダードグレードのごとき装備内容ですね。

      もちろん室内は大人4人がしっかり座れる空間は用意されていますが、問題なのは荷室です。

      荷室についてカタログ値は460Lとなっていますが、実際の実用寸法はトノカバー下でおよそ高さ45cm、幅100cm、奥行き80cmでしかもバックドアがかなり傾斜しているため、上部は40cmくらいしかなく、さすがにここまで狭いとトノカバー上まで入れても、どこまで測って460Lなのか?ナゾです。この寸法から実容量を計算すると一般的にはトノカバー下の270L程度と表記すべきなように見えますね。

      実際のトランクの広さは、クラス下のポロクラスのハッチバックと大差なく、本来のライバル車のBMW X1は勿論、コンパクトなミニクロスオーバーにもトランクスペースで大幅に負けており、ここでも見た目だけのAUDIの本質が見えてきます。 

      これでは星2つですね。

      【エンジン性能】
      パワーは十分にありますが、エンジンの遮音性も5000回転くらいから煩いです。

      勿論、そこまで回さなくとも十分にパワーはありますが、それ以前に煩くてそこまで回す気になれません。もしも、エンジン音を愉しませるなら、もっと快音でなければ単に煩いだけです。

      プレミアムカーならば、プレミアムカーなりのエンジン音の伝え方があるはずですが・・・・BMWのX1やベンツのGLAまたはレクサスNXあたりはプレミアムカーと呼ぶにふさわしい静粛性なのでアクセルを踏み込んで体感して、Q3と比べてみることをオススメします。

      価格の割には遮音がよくないので星2つですね。

      【走行性能】
      ロードノイズがこのクラスとしては酷いですね。

      試乗車はお得意のクワトロではありませんでしたが、ロードホールディングも特別ではないし、それなりの走行性能でした。


      【乗り心地】
      硬めですが、悪くはないのではと感じます。

      【燃費】
      DSGのため、トルコンATのライバルより燃費はよさそうですが、小さめエンジンは燃費は期待できないかもしれませんし、ディーゼルの選べるライバルとは燃費では勝ち目はありません。

      【安全装備】
      2011年登場と設計が古く、自動ブレーキ、前車追従クルーズコントロール、車線逸脱対応など、例えば新しいQ2なら全て装備されるシステムが、オプションにも設定がありません。

      先進安全装備内容としてはQ3の場合は、完全に過去の仕様となります。

      【価格】
      基本グレードの価格は379万円ですが、オプションとなるオートエアコンがオプション、クルーズコントロール、オートライト、レインセンサーワイパー、バックモニター、LEDライト、プライバシーガラスを追加すると、余計な装備も付きますが、457万円となってしまいました。

      これにオプションのナビ24万もつけると、なんと481万円です。100万以上高くなりますが、これはアウディでは常識的なことですね。

      【総評】
      この車は価格設定以前に、そもそも基本性能が同クラスのクルマBMW X1あたりと比較してしまうとかなり残念な点が目立ちます。

      ハンドリング、静粛性、居住性、トランクスペース、基本装備内容、価格設定、リセールバリュー・・・・外観は好みがありますが。
      このクルマを検討される方は、ライバル車のBMW X1かメルセデスのGLAまたはレクサスのNXあたりはチェックしてからがよいでしょう。

      それにしても、プレミアムカー?のはずのAUDIがオートエアコンすらオプションです。
      その他、100万円台の後半のデミオでさえすべて標準で揃うようなクルーズコントロール等もすべてオプションです。

      軽自動車の低グレード並みの標準装備内容は、驚くほかありませんが、もっと驚くのは2017年にマイナーチェンジしたようなのに、自動ブレーキや前車追従クルーズコントロールなどの先進安全装備が何一つないのは驚愕の事実です。

      Q3に、このクラスの車に必要な装備を揃えると、379万円の見せかけの価格は、なんと481万円となります。
      たとえばレクサスNXは最初から必要なものはほぼフル装備で出してきますから、結局はレクサスNXのほうが安価で安心で安全装備も揃います。またリセールバリューについてはレクサスNXに逆立ちしても勝てません。

      AUDIもVWの子会社であり排ガス不正メーカーのクルマでそもそもオススメできかねますが....
      それに・・・・もはやAUDIブランドにプレミアム性が存在するかも、はなはだ疑問ではあります。
      これみよがしのベンツやBMWに対して、知性的なAUDIという図式は残念な行為により崩れ去りました。

      先進安全装備が未搭載など、明らかに時代遅れのクルマとやり、購入すれば最低でも数年は乗るのがクルマですから、これでは到底オススメできませんね。

      それにしても、せめて見せかけだけの低価格設定はいい加減に止めませんか?
    • 【エクステリア】
      ヘッドランプは少し前のタイプなので新型に比べると精悍さに欠ける。LEDがカッコいいので期待していたのだが、1.4ではLEDはオプション。変更するのはSPORTSよりも高い設定だったので、かなり電気系統をいじる模様。SUVとしては申し分の無い高さ。
      【インテリア】
      A3に比べると少しチープに感じました。コアコンはアナログチックで、ナビも蓋を手動で開けて画面が出てくる仕組みですが、電動で出てくる物に比べると、部品が少ない分故障も少ないかも。A3は四角いシフトレバーやパドルシフトがありましたが、パドルシフトは無く、シフトレバーも丸くちょっと拍子抜け。
      【エンジン性能】
      続きを読む イドルストップ機能は他のドイツ車に比べるとかなり滑らか。アイドルストップ機能をoffにしても違いが分かりにくい。少しの振動と音を感じる程度なので、音楽を聞いていたり、おしゃべりしていたら気づかなかったかもしれません。街中しか走りませんでしたが、加速も高速での走りもまずまず。マニュアルモードにしましたが、制動も急激なダウンも感じられず滑らかに変わる感じでした。
      【走行性能】
      凸凹道は走りませんでしたが、固い感じ。でも、これが腰にはいいようで長く走っても疲れは感じません。加速も減速も快適に走れました。悪く言えばおとなしいかも。
      【乗り心地】
      後部座席は狭くも無く広くも無く普通。助手席もあぐらが欠ける程度に広く居心地はいい感じ。長旅でSA等で車内でも寛げる感じ。
      【燃費】
      【価格】
      発売年数が古いので、かなり価格ダウンは見込めそう。価格交渉しましたが、かなり引いてくれました。キャンペーン中が狙い目。
      【総評】
      クルーズコントロールなどの快適に運転できる機能はオプションで付けられますし、ナビもオプションですが今ならキャンペーン価格で無料でした。ただ、自動ブレーキなどの安全性能が選択できないのはちょっと残念。快適性を重視するなら買いだと思いますが、安全性能を考えると、少し待った方がいいかもしれません。
    • 【エクステリア】
      いわゆる“目ヤニ”顔のQ3が出た時は全く魅力を感じなかったのですが、個人的な印象ではブラックではいいアクセントになりますし、ホワイト、シルバーではあまり目立たずさりげなくて悪くなく思うようになりました(なのでブラックを選択しました)。在庫車から条件に合うものを選んで出して頂いたんで、LEDオプションがなかったことを、契約後に少々後悔しましたが、バイキセノンでも悪くないです。むしろ最近はこっちの方がいいとも思っています。愛着ですね。私のようにAudiのデザインのなんとも言えないコンサバティブな品格(があるように思えること)を好んでいると、目ヤニ×非LEDでも十分惚れ惚れします
      続きを読む 。X1やNXのようなアグレッシブ(?)なエクステリアが好きという人もいらっしゃると思いますが、その好みに従った車選びが楽しいものです。

      【インテリア】
      FFとはいえA4から乗り換えると少々ランクダウン感があります。機能としてもそもそも使いづらいMMI(ナビ)に加えてエアコン温度調整のひねるツマミは好めません。それでも、ゴージャスではないものの清潔感のあるインパネの質感やデザインは嫌いではありません。
      広さについてはここで述べるのが適切か分かりませんが、書いておきます。我が家の構成(親2人+中3+小6)では通常の使用では問題ありません。ただ、A4からの乗り換えだと、横幅はあまり変化ないですが、やはり短いので後席に人が乗る場合は少々前にイスを出す必要があります。あと、細かいことですが、後席真ん中にフロアマットのアーチ部分がない純正は残念でした(フロアマットのグレードにもよるのかな)。

      【エンジン性能】
      FFのA4を選択された多くの方が多少は感じるクアトロへの劣等感(ない方は申し訳ありません)。「Audiなのにクワトロじゃないんだぁ」みたいな(おぎやはぎの愛車遍歴温水洋一さんの回を見た方はよく分かると思います)。今回は3にグレードを落としながらもクアトロを選択しました。発車時のクアトロシステムとのマッチングは素人ながら「ん?」という感じも時々しますが、やはり加速感と高速のカーブでの安定感は感じます。3本スポークやグリルの小さなquattroマークも合わせ、ちょっと嬉しく感じています。

      【走行性能】
      エンジン性能で述べさせて頂いたように、申し分ないと感じます。1.4や2.0(220ps)との比較はできませんが、180psで気持ちよいドライブができます。

      【乗り心地】
      個人的にはロードノイズも感じませんし、悪いと思ったことはありません。感受性の問題だったり、これまでの愛車遍歴によるのかもしれません。Audi A4 FFに劣ると思う点はないと思うのですが。

      【燃費】
      quattroなのでA4 FFより落ちますよ、とディーラーさんに言われていたのですが、むしろちょっと良くなったように感じています。街乗り8km、高速11〜12kmくらいでしょうか。

      【価格】
      ナビ、バックモニター、バックドアオートクロージャーがパッケージングされた在庫でしたので、付けたのはスモークくらいでしたが、いやはや高いです。気にいった車に乗るというプライスレスな(?)欲を満たすためなので致し方ありませんが
      懐にはきついですね。同程度の国産車なら100万円以上の差で買えるかもしれません。新型A4がFFで500オーバーという信じられない設定になったんで手も足も出ず、出せてもここまでかな、という感じです。

      【総評】
      評価が分かれることが頷ける車だと感じます。高いので、コスパは悪いですし、Qシリーズの中でもコンパクトなので高級車感も薄いです。おそらく近々登場の新型ティグアンなんかの方が人気が出るように思いますし、LEXUS NXなんかも“新しい感”があって、国産でもハリアーなんかは人気があるの分かります。比較して、別の車と迷うような方はQ3は向かないかもです。Audi を好きな人が、ライバルメーカーの“競合モデル”と比較することなく、Audiのラインナップの中で、予算、ライフスタイル等に合わせて選び、その結果Q3になる。そんな方に向いているかもです。メルセデスファンはメルセデスを、BMWファンはBMWを乗り続ける傾向にあるのと同様、Q3はAudiファンに与えられた新しいラインナップのひとつという感じがします。東京のようなゴミゴミした街でも取り回しの良さが光って、週末遊ぼうと思えばスキーにも行ける。アイポイントが高くて運転も楽。Audi指名買いの人間にとっては、嬉しい存在です。個人的にはAudi一択だったので、なかなか面白い存在の車に乗れて満足です。

    Q3のクチコミ

    (120件 / 24スレッド)

    クチコミ募集中

    Q3のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    Q3 2012年モデル

    Q3 2012年モデル

    Q3 2012年モデルのクチコミを書く
    Q3

    Q3

    Q3のクチコミを書く

    閉じる

    Q3のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    Q3 2012年モデル

    Q3 2012年モデル

    Q3 2012年モデルのクチコミを書く
    Q3

    Q3

    Q3のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ16
      • 返信数3
      • 2017年3月13日 更新
      【ショップ名】
      Audi杉並

      【価格】
      10周年DM特価で、Q3 1.4 TFSI sport 4,440,000円(オートマチックテールゲート、MINIナビゲーション、コンビニエンスパッケージ付き)が3,930,00円で売り出されています。

      軽く見積もってもらったら、
      ・ETCセットアップ
      ・AJS COATING N-SHINE
      ・ウィンドウフィルム
      続きを読む
      ・フロアマット
      ・カーライフプラス
      付きで、5,150,340円での販売が、値引き約65万円で、4,500,000円で提示されました。

      さらに、シートヒーター+本皮のシートオプション約30万円も要相談で付けれるか
      上司に掛け合ってみますとのこと。まさかの総額約95万円の値引きでQ3を提示されました。

      限定台数30台で残り2台。私は結局買いませんでした。

      【確認日時】
      3/12日 お昼
      • ナイスクチコミ11
      • 返信数2
      • 2016年9月14日 更新
      エンジン掛かってる状態で、
      運転席側のドア開けると、
      バッテリー放電の警告出て、
      一回エンジン切って、
      ブレーキ踏みながらもう一回エンジン掛けなきゃいけない仕様、
      なんとかならないのかな。

      コンビニ寄るときとか、
      道路の脇に停めて運転替わるときとか、
      マジめんどくさいんだけど。
      • ナイスクチコミ17
      • 返信数2
      • 2016年1月29日 更新
      ほとんど雪の降らない地域で街中・高速走行がメインのカーライフで、
      まれに雪が降った時は自分が注意しても巻き添え事故や立ち往生を避けるため、基本的には乗らないようにしています。

      Q3を選ぶにあたって今はFFモデルもありますが、「Audiと言えばクワトロ」のイメージがあります。
      FFとクワトロで比べた場合、クワトロにする価値、
      逆にクワトロのデメリット、四駆を必要としな
      続きを読むいならFFがお勧めなどのありますでしょうか。

      一般常識的に燃費が悪くなるのは判るのですが、
      FFと比べて燃料費以外の維持費が予想外に掛かる、故障が多い、重くなるのでスタートストップにストレスを感じる、とか、
      逆に運転が楽しいなど、
      オーナー様のご意見を教えていただけるとありがたいです。

    Q3の中古車

    Q3の中古車相場表を見る

    Q3とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止