メルセデスAMG CLS AMGの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

メルセデスAMG CLS AMGの新型情報・試乗記・画像

CLS AMGの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

CLS AMGのモデル一覧

CLS AMGのレビュー・評価

(4件)

CLS AMG 2018年モデルの満足度

3.00

(カテゴリ平均:4.3)

    CLS AMG 2018年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • CLS53のデモカーを借りました。同時に知人のE43と比較しています。

      新開発の3Lの直6エンジンにに48VのマイルドHV。通称EQブースト!
      電動スーパーチャージャーがターボラグを補いシームレスに加速する!とか

      始動すると触媒暖める為か?エキゾーストバルブが開き、結構な爆音。
      動き出しで例の如くジャダーの洗礼を受ける。ステアリングジオメトリーがパラレルだから仕方が無いが、程度が酷い。夏でこれだと冬は厳しそう。

      <43から53への +10 のアップグレードを実感しにくい、コースティング機能は無い?>
      まずはハイテク満載の直6から。
      コンフォードモードでは発進加速がE4
      続きを読む 3より悪い。
      最初からドバッと踏む必要がある様だ。SPORTにすると気にならない。
      SPORT+では減速時にアフターファイヤーを演出しバリバリ音が響くが、ATが故パドル操作でも車任せでもシフトダウンが遅れる。9段ATをチューニングしたAMG SPEEDSHIFTの名称だが、名前負け。
      中高速域では、43との違いはモーターアシストを一瞬感じるかどうか。43のV6バイターボに対し直6シングルのツインスクロール。X3の35iもツインスクロールでターボラグを感じたが、それを感じないのはモーターのおかげだろう。
      他にはV6か直6は素人には解らなかった。
      コンピューターが進歩しV6か直6か?はあまり意味が無く音くらいか?
      スープラの直6に拘りBMWと協業したは説得力が無い。今や直4基本にモジュラー単位で直3、直6を作る時代。

      3L直6ではなく、53つまりV8のCLS550後継としては微妙だ。
      4WD化で発進加速は同等でも中間加速は敵わない。価格が違うが、M850iと比較すると53の数字は?
      燃費は高速で10〜12、市街地は4〜6程度で拍子抜け。エコモードでコースティングする筈だが、他メーカーと違い中々1000rpm以下に落ちないのもE43同様。メルセデスのコースティング機能は非常に限られ、実質無いと考えた方が良さそうだ。

      溢れる提灯記事の中には「史上最高の直6」でカレラS(991.2)より遙かに速いなんてのも・・・持ち上げすぎ。
      同じ3L直6のM3/M4には異質の世界がある。991.2も然り。モーターなくても瞬時に反応するし、ニュルのタイムからしたら戯言甚だしい。
      次期M3/M4にX3 Mの500hpオーバーの直6が載っても「史上最高」を維持出来るだろうか?
      マイルドHVは、EVの雰囲気とレスポンス向上の他は燃費にも効果は限定的だ。

      <4MATICもエアサスも+に進化したが?>
      ハンドリングとブレーキはどうか?
      低速時はE43同様でキレが無く扱いにくい。4発のE250の方が鼻先軽く素直。
      中高速域では足回りをSPORTにすると低速時とは異なりレスポンスも鋭く人工的な癖も感じないが、フロントの重さは感じる。タイヤの外側、ショルダーを使ってのコーナリングもE43と同様の気がする。
      早い段階でロールを制御し切り始めのレスポンスは優れ曲がる様に感じるが、タイヤの接地面は限られ懐が浅く限界は低い。それを4WDが補っている?
      対してBMWはステアリングの遊び大きくロールも大きめだが、グリップ感、限界はより高く感じる。
      これはもう好みの問題だが、アクセルで曲げる楽しさは無い。
      4WDも43の31:69固定から50:50から0:100まで可変制御に。つまり通常は0:100のFRになったが、ラフなアクセルワーク以外でも相当な頻度でフロントに駆動がかかる。
      連続可変ダンパーも+に進化したが、コンフォートモードでも少し荒れた路面ではE43同様にリアにビシッと突き上げがくる。軽いホイール履いてる訳でもなく、独では標準18インチを日本仕様は20インチにした弊害。タイヤが仕事しない。M850iやM5は同じ場所を軽くいなす。因みにタイヤはミシュランの4S。
      エアサスはサーキットと無縁の柔らかさだが、どのモードでも絶えず周波数の高い振動を伝え騒がしく不快。縦方向のセッティングが煮詰まっていない?
      ブレーキのフィーリングもイマイチ。カックンブレーキと言われてもBMWの方が減速Gを感じ公道では乗り易い。

      <視界とシートポジションに難あり>
      この車、一番の問題は見切りの悪さ。これだけで買う気が無くなる。
      メルセデスは元来サイドインパクトビーム省略でウィンドウが小さいが、Eクラスよりも更にベルトラインが高い。独車は歩行者安全からボンネットが50ミリ上がったのも手伝い車輌感覚を掴むのに苦労する。一体モニターの影響でダッシュボードも高く圧迫感が強い。
      170センチではシートは高く調整を強いられ、メルセデスはシート位置が前寄りな事も手伝い最適なポジションは得られなかった。

      モニターのブラックアウトも気になる。
      知人によれば、E43もファームをアップデートしても発生するとか。スイッチに触れたのか?と思ったが、フリーズの様だ。
      ナビ等は相変わらず使い難く、遅いレスポンス、見難い地図、タッチパネルも地図の2画面表示も出来ず、操作は煩雑。
      返却の際に、CMの様に使えない!というAクラスユーザーに遭遇。音声認識が使えないレベルで営業マンも弱っていた。因みにAクラスからはタッチパネル可能。
      安っぽいカーボン風トリム、フロントドア周りの異音も改善されておらず、E43や前のCLS550と比べリアエアコン省略、リアセンターコンソールもなくなりコストダウンを感じる。
      日本仕様は、トリムやシートの材質、色の選択に制限があるが、趣味の悪いトリムだけでも選べる様にしてほしい。

      安全装備や半自動運転はフルOPだが、大して使えない機能はOP扱いで良いのではないか?
      左カーブなのに右カーブと案内するのは相変わらず。
      手前に左カーブがあっても、その先の右カーブや高速ではジャンクションの先の右カーブを案内する。
      自動ステアリングの精度等は進歩無く、もはやBMWの方が上。ナビ同様に演算速度が遅くスムーズさや精度で劣ると感じるのは気のせいか?
      3年前最新でも今となってという感じだ。

      この車、AMGとしては中途半端、完成度が低いパートが多く買いとは言えない。
      CLSは63が存在せず53がトップグレードで頭にMやSを付けるよりもAMGの冠は重い筈。
      演出では無いAMGモデルにしてほしいと感じました。
    • CLSクラスは、一言「美しい」。優美な曲線が弧を描き、ルーフラインからCピラーにかけて、まるでクーペのような流麗なラインが特徴的です。特に初代W219が登場したときはセンセーショナルで、未だに魅力的な一台です。
      今回は、発表当時にメーカーの広報車両より借用したAMG濃度たっぷりの「CLS63」のレビューを記します。


      取材車のインテリアは、desino(デジーノ)仕様。贅沢この上ない素材をふんだんに採用した特別なモデルです。
      シングル・ポーセントのフルレザーシートに、妖艶な輝きを放つピアノ調ウッドパネルが組み合わされた上質な空間からは、いまだにこのクルマの本当の“正体”がバレことで
      続きを読む しょう…。
      しかし、この上質な空間にやや“不釣合い”な部位を数点発見しました。まずは、ステアリングの両サイドに設けられたアルミ製のパドルシフト。通常のモデルではスイッチ状の形状で控えめに装備されているが、この「CLS63」は“フェラーリ張り”の大型なものが配されています。(左がシフトダウン、右がシフトアップ)
      さらに、速度計のスケールは320km/hまで刻まれ、センターのディスプレイには「レースタイマー」を装備。タコメーターのレブリミットは、6.3Lという大排気量エンジンの常識を超えた7200rpmからというから驚きです。

       
      エクステリアの優美さは“鑑賞領域”とも言える「CLS63」ですが、イグニションを回した瞬間、その“正体”が明らかになりました。
      デュアルツインのAMGマフラーからは、気密性の良いキャビンにも関わらず腹に響くような重低音が響き、シフトを早くリンケージするようにドライバーに訴えかけてきます。とりあえず機械任せのDレンジにシフトし、滑り出しました。重くストロークの深いアクセルは、開度され気をつければ“普通”に走ることも可能で、少し賑やかなV8サウンドを除けば、いたって快適です。

      インプレッションは高速道路中心のコースを選択しました。合流でも、Dレンジのままアクセル開度2割ほどで加速。とくに強烈な加速感が襲ってくるわけでもなく、少々、拍子抜けをしました。

      「AMG の手によって独自開発された6.3L,V8DOHCユニットは、最大出力512ps、最大トルクは、64.2kg/m」助手席に乗るアシスタントにあらためて怒涛のパワースペックを読み上げてもらいましたが、そんな大パワーとは思えないほど、安楽です。

      前方を走る一般車達が、危険なものでも避けるかのように次から次へと道を譲り、いつの間にか前方の視界が開けました。安全を確認した上、ヒタッと冷たい感触のアルミ製パドルシフトに手を掛け、アクセルを深く踏み込んだ瞬間、頭蓋骨がヘッドレストに押さえ付けられ、一瞬頭の中が真っ白になったほど…。
      これまで燃費重視で制御を行っていた2個搭載のスロットルバルブが、瞬時に吸気管長を切り替え、本性を見せた。
      「バババッ…」という大迫力のビートがキャビンを包む。この音、以前どこかで聴いたことがありました。そうだ、一度だけ乗ったことがあるスポーツカーの頂点に君臨する「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン」のそれに近い!
      320km/hまで刻まれたメーターの指針は、凄まじい勢いで上昇をはじめ、一瞬のうちに言葉には出せない速度に到達。6.3L、V8エンジンは、7000rpmを飛び越す勢いで吹け上りました。このエンジン、「SLRマクラーレン」同様、レーシングユニットのような切れ味を持っています。さすが、AMG初の独自設計ユニットであると実感。

      料金所が迫りブレーキを踏みつけると、まるで空気の壁にでもぶち当たったかのように速度を一瞬にして殺します。フロント6ポッド、リア4ポッドのコンポジットキャリパー&ドリルドディクスは、パワー以上の能力を有しています。

      アクセル開度によって普通に走ることもスーパースポーツ並みの性能を発揮することも可能な「CLS63」。
      現行型では、派手なLEDライティングとダウンサイジングされた5.5Lツインターボを搭載しますが、AMGの職人魂が詰まった初代も未だ存在感は、現行です。


    •  AMG E65 に続き 我が家にやってきましたAMG CLS63です。

       65だとおもってた 笑)

       これで3姉妹・・・・GL550 E65 CLS63 プラス プリウス (F458 spider

      997turbo F360) となったわけですが、一番かっこいいかも?です。

       内部が狭いのと、少し圧迫感が・・・・・

       でもクーペだからしかたがないかなぁ・・・・・

        

    CLS AMGのクチコミ

    (28件 / 4スレッド)

    クチコミ募集中

    CLS AMGのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    CLS AMG 2018年モデル

    CLS AMG 2018年モデル

    CLS AMG 2018年モデルのクチコミを書く
    CLS AMG 2011年モデル

    CLS AMG 2011年モデル

    CLS AMG 2011年モデルのクチコミを書く
    CLS AMG 2005年モデル

    CLS AMG 2005年モデル

    CLS AMG 2005年モデルのクチコミを書く
    CLS AMG

    CLS AMG

    CLS AMGのクチコミを書く

    閉じる

    CLS AMGのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    CLS AMG 2018年モデル

    CLS AMG 2018年モデル

    CLS AMG 2018年モデルのクチコミを書く
    CLS AMG 2011年モデル

    CLS AMG 2011年モデル

    CLS AMG 2011年モデルのクチコミを書く
    CLS AMG 2005年モデル

    CLS AMG 2005年モデル

    CLS AMG 2005年モデルのクチコミを書く
    CLS AMG

    CLS AMG

    CLS AMGのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ8
      • 返信数7
      • 2020年2月25日 更新
      納車後5,000キロらいでフロントタイヤの溝が殆ど無くなってしまいました。
      タイヤはミシュランのPS4Sです。
      仕方なくフロントだけ交換したのですが、2,000キロで既に5分山もありません。
      特にアウト側はささくれ立っており、ディーラーの話ではステアリングジオメトリーがポルシェのようにパラレルでジャダーの影響もあるので5,000キロ前後で交換して下さいと言います。
      要は
      続きを読むこういう仕様だと。
      現行型のカイエンのP6は7000キロで7分山程度です。

      こんなものでしょうか?
      • ナイスクチコミ124
      • 返信数15
      • 2019年1月29日 更新
      CLS53ようやく納車となりました。

      このモデルから明らかにAMGの方向性が変わったと感じます。
      まず排気音が野太い音から乾いた音になりました。これは何にも似ていない、
      ついにたどり着いたAMG独自の音質のように感じます。
      ギアチェンジ時のバックファイア音は子どもっぽいですが、個人的には好きです。
      オートマも滑らかです。以前のガクガク繋がるあれは何だったのでしょう
      続きを読む

      エンジンはS450で試乗したものと同じはずですが、全く違うエンジンに感じます。
      なめらかさ、トルクの出方はSクラスのほうが上質で、560が不必要と思えるほどの
      力強さを感じましたが、CLS53では普通のエンジンです。やはり今後63が出てくるのでしょうか。
      といってもモーター、スーパーチャージャー、ターボと全部乗せエンジンはすごいと思います。

      内装はアンビエントライトのギラギラ、キラキラが今のうちは楽しいです。
      ただ、シートを赤にしたので、グリーンやブルー系が似合いません。
      結局、赤系統になってしまい、せっかくの選択肢の意味がないように思います。

      総支払額ではC63sよりも約200万円安いですが、シートのランバーサポートも
      Sクラスと同じものですし、細かな装備は逆に上級クラス寄りです。
      これがレクサスLSのFスポーツと同じ価格なので、私はお買い得だと思います。
      ブレーキキャリパーとローターの大きさ、比較になりません。
      とはいえレクサスLSもまだ売ってませんが(笑)

      CLS53オススメです。私はとりあえずG63が来るまでは乗る予定です。
      いよいよ平成も残りわずか。2018年は納車予定残り1台となりました。
      さて今回はどんな反応(ディスり)がくるかな。
      • ナイスクチコミ0
      • 返信数2
      • 2006年12月28日 更新
      63が発売になるのでもう55は買えません。
      ということで、買ってしまいました。コンプレッサーの加速が楽しみです。、、、、

    CLS AMGの中古車

    CLS AMGの中古車相場表を見る

    CLS AMGとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止