日産 フーガの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

日産 フーガの新型情報・試乗記・画像

フーガの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

フーガのモデル一覧

フーガのレビュー・評価

(19件)

フーガ 2009年モデルの満足度

4.24

(カテゴリ平均:4.3)

    フーガ 2009年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • フーガ 2009年モデル フーガは日産のフラッグシップサルーンとして開発されたクルマ。現在はフーガをベースに作られたシーマがさらに上級のモデルとして設定されているので最上級車種ではなくなったが、日産の高級車という位置づけは変わらない。現行モデルは2009年に発売された2代目で、その後、2012年6月に装備の充実化など小幅なマイナーチェンジを実施している。

      フーガには日産自動車が報道関係者向けに用意している広報車両を個別に借り出して試乗した。試乗グレードは370GTタイプSだ。発売当初に250GTなどに乗ったときの印象も思い出しながらレポートしたい。

      外観デザインは曲面を多用してボリューム感や存在感を感じさせ
      続きを読む る。大柄なボディであるだけにやや大味を印象を与える部分もあるが、全体として高級感のあるデザインといえる。外観以上に高級感が感じられるのはインテリアだ。試乗車には銀粉木目フィニッシャーなどのプレミアムインテリアパッケージが装着されていたので、高級感ある雰囲気が強調されていた。

      搭載エンジンはV型6気筒3.7LのVQ37VHR型。3.7Lの排気量は、日本向けとしてはあまりに大きすぎる感じだが、その排気量の余裕に加え、VVEL機構の採用などによって、極めてパワフルなエンジンに仕上げられている。

      低速域で十分なトルク感を感じさせるのは排気量の余裕のなせる技であり、吹き上がりの良さやパワーフィールなどはVVEL機構などによるものだ。排気量が大きすぎることを除けば、このエンジンは相当にデキが良い。3.5Lでこれに近いような動力性能を発揮できたら良いのにと思う。

      7速ATは滑らかな変速を見せるとともに、マニュアルモード付きで積極的に走りを楽しみたいというニーズも対応する。

      足回りはやや硬め。これは試乗車が専用のスポーツサスペンションを備え、20インチタイヤを履いたタイプSだったことにもよる。さすがに245/40R20というサイズは大きすぎる感じで、乗り心地が硬めであるほか、路面の悪いところでハンドルをとられがちになるシーンもあった。

      逆にタイプSだけに装備される4WAS(4輪操舵)機構が効果を発揮して、高速道路でのレーンチェンジなどはとても落ち着いた挙動を見せる。隣のレーンに移った後で余分な修正をしなくてもすっきり落ち着くのが良い。

      価格はかなり高い。競合車と比較すると割安感を感じさせる部分もあり、考え方によっては車格や性能から見て安いともいえるのだが、本体価格ベースで500万円弱の価格に加え、試乗車にはプレミアムインテリアパッケージやBOSEサウンドシステムなどが装備されて600万円近い価格になっていた。簡単には手の届かないクルマである。

      またフーガハイブリッドは免税扱いだが、370GTなどのガソリン車はエコカー減税の対象にならないのも厳しい点だ。

      参考になった 7人
      2013年5月31日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 3
      インテリア 4
      エンジン 5
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 2
      価格 2
    • Y51後期250GT
      現在4年目 約3万km走行。昨今の情勢により、思うように次車への買い替えが進まない為、この度再レビューする事にしました。購入当時のレビューより大きく加筆修正しています。

      【エクステリア】
      2015年のビッグマイナーチェンジで外観が大きく変わり、インフィニティエンブレムが付いています。灯火類もフルLEDになり、精悍なマスクは非常に迫力があります。トヨタとは明らかに違う、アグレッシブなデザインです。筆で描いたようなうねりが特徴的で、どこかギブリやクアトロポルテのようです。ただ、スカイラインとは差別化して欲しかったです。特にフロントウインカー、フォグランプは全く同じパ
      続きを読む ーツです。

      【インテリア】
      外観同様うねりが凄く少しやりすぎな気もします。基本設計が2009年なのでメーター周りやナビ回りは非常に古臭いです。現行の車としては、このアナログ感はありえないレベルです。マイナーチェンジで内装がリファインされなかったのは、ゴーン体制の下で販売された車だからでしょうか。ただ、内装の質感そのものは高く、ソフトパッドの使い方、スイッチ類の触感、加飾等はきちんとなされています。当然シートやステアリング調整は電動で、このクラスに求められる最低限の装備はあるかと。どうしても許せないポイントはステアリングの本革(笑)です。本革(笑)と表現したのはあまりにもチープだからです。初めてこの車のステアリングを握った時にはビニールだと思いました。シートはレザーがあまり好きではないのでベージュのファブリックを選びましたが、黒のボディーカラーとマッチし、室内も明るくなります。パネルも木目調ですが雰囲気は十分です。標準オーディオは音質が悪く、ここはBOSEにすればよかったです。

      【エンジン性能】
      今となっては珍しいV6の2.5リッターNAエンジンです。車重がそれなりに(約1800kg)あるので250は遅いです。370、250どちらも高回転型のエンジンで、下のトルクが細く、街中ではうなり音が耳障りです。しかし、高回転型であるが為の回す楽しさや、VQエンジンの高回転域でのサウンドはなかなか良い物があります。高速道路でも一度速度に乗ってしまえば流れをリード出来るくらいの性能はありますし、250なら床まで踏み切れます。このクラスのセダンでレブが7500に設定されている車は他に無いでしょう。パンチを求める方は370かHYBRIDでしょう。走行モードの切り替えは、エコ、ノーマル、スポーツ、スノーの4種類ですが、スポーツモードにしても、普通のトルコンATなのでレスポンスは悪く、切り替えの必要性はあまり感じません。

      【走行性能】
      高速道路での移動が多いのですが、直進安定性は抜群です。日産のFRなので、ハンドリングも素直で、峠や山道でも不安に感じる事はないです。ステアリングのニュートラル付近の緩みや、ステアフィールの希薄さは気になりますが、それはアメリカ市場を意識したからでしょうか。いずれにせよキビキビとした走りはできません。この車の得意分野はそのロングホイールベースを活かした高速道路移動です。ブレーキも柔らかく、程よい遊びがあります。最近のドイツ車にありがちな初期制動がガツンと来るタイプでなく、じわっ〜と効いていくタイプで、制動力も全く問題なしです。

      【乗り心地】
      街乗り等の低速域だと少しバタつきますが、角は取れていて、マイルドです。高速道路では、非常にフラットな乗り心地です。クラウン的でもあり、またドイツ車的でもあります。エアサスでない、ただのバネサスとしては非常に優秀で、乗り心地はまだまだ一線級です。静粛性もロードノイズ、風切り音は良く抑えられています。純正でレグノGR-XIを履いているのも一役買っているのでしょう。しかし、エンジン性能の項目にも記述しましたが、エンジンのうなり音がかなり入ってきます。検討されている方は必ず確認すべきです。
      (余談ですが、レグノはリプレイスタイヤであり純正採用は非常に稀です。同じY51後期でも2016年モデルのみだったと記憶しています。クラックがかなり進行したので、現在はVEURO VE304を履いています。とても良いタイヤです。)

      【燃費】
      都内、高速、半々くらいで7km〜8km/Lです。可もなく不可もなくでしょう。

      【価格】
      購入の決め手です。車格、装備内容を考えると乗り出し550万円台の250GTは非常に手が出しやすいのではないでしょうか。同程度の車格、装備内容の欧州車ならプラス100万〜150万と言ったところ。リセールは悪いですが、このクラスはどれも悪いです。中古価格もだいぶ下がっており、後期の下品なVIPカー仕様が出回るのも間も無くでしょう。

      【総評】
      元々日産ディーラーに付き合いがあった事、デザインと価格に強く惹かれた事で購入しました。購入した事に後悔はありませんが、詰めの甘さ、他者種との共用パーツの露呈、使い勝手の悪さなどは所詮日産クオリティです。私が購入したのは2016年ですが、2020年にあえてこの車を新車で買うのはよほどの物好きでしょう。最近、フーガは一部安全装備の改良と共にインフィニティエンブレムから日産エンブレムへと変更されました。日産は何がしたいのでしょうか。11年もフルモデルチェンジをせずにほったらかしにして、しょうもない改良でごまかし、フーガの延命措置を図っています。Y52フーガの噂もありましたが、現在有力な情報はありません。担当に聞いたところ、Y52は白紙化でしょうとの事です。海外ではすでにINFINITI Q70、Q70L(日本名フーガ、シーマハイブリッド)はすでにカタログ落ちしています。インフィニティをレクサスのようにブランドを確立することもできず、主力セダンであったスカイラインもかなり低迷しています。今の日産はコンパクトカーとファミリカーさえ売れていれば良いのでしょうか。かつてのシーマやセドグロの様な車はもう出ないのでしょうか。日産の日本市場軽視、ユーザー無視の姿勢には怒りを通り越して呆れています。かつての日産はもうありません。今後日産に期待することも無ければ、日産の車を購入する事も2度とありません。
    • 【高速燃費】 ← ここ追加!

      オートクルーズで、100Km/hで巡行しました。

      9.20km/L !!  おおっ(嬉!


      【エクステリア】

      まぁ、いいんじゃないでしょうか。悪くないですよ。

      伸び伸びとしたデザインですよね。全長が5m近くありますから。スラントしたノーズは他にはないデザインですしね。

      一番いいのは、実は塗装なんじゃないかと思います。10年たっても色あせない塗装です。今でもキラキラ光ってます。

      日本の高級車はクラウンとフーガしか残っていないですからね。選びようがないのです。

      丸形のLEDリアランプはカッコいいです。でも、クラウンも丸
      続きを読む くなっちゃいました。オリジナルはスカイラインなんですけどね。


      【インテリア】

      もう勘弁してくれっていうくらい、日産のインパネです。

      V35スカイライン(前の前に乗ってたのはスカイラインGT−8)から全く進歩していません。しかし、使い易いのは確かです。

      シートは本革だし、ヒーター&ファンで快適です。シートはスポーティーではなく、サイドサポートは良くありませんが、高級車なのです。仕方ありません。そうそう、助手席には無意味にオットマンというふくらはぎを載せる機能もあります。
      また、運転席から助手席を倒すという、いやらしいスイッチも助手席に付いてます。ただし、動きは遅めです。

      ナビの画面は高精細ではありません。ゴルフR(7.5)に試乗したら、バックカメラが高精細で非常に見やすいのでビックリしました。そういう点では新しい車ってすごい進歩だなと思います。

      クラウンでは送風口のルーバーが自動で動くので、家のエアコンみたいでした。すごいぞクラウン。

      メーターはマイナーチェンジ後なので、青く縁どられていてカッコイイです。

      インテリアと言って良いのか、室内はとても広いです。ホイールベース 2900mm これは凄く効いてます。ゴルフRの後席に人を載せたんですが、振り向くと後席の人との顔が近すぎてビックリしました。(うぉっ!。ゴルフRはホイールベース2635mmなので、27cmもフーガが大きいんです。これも性能のうちでしょう。

      ステアリングシフトが付いてます。大きくて恰好は良いのですが、ステアリングから離れすぎです。


      【エンジン性能】

      燃費以外は良いエンジンです。

      やっぱり、NAの大排気量車は気持ちがいいです。< V8 4.5L >は他に代えようがないくらいの贅沢です。

      回さなくても、他のクルマから抜け出す力がありますし、回せばDOHCエンジンの咆哮が聞こえます。ただ、AT5速です。

      ただ、ISFと比較しちゃ辛いです。あっちは8速ATのロックアップ機能付きですし、パワーも100馬力も上です。

      変速速度は期待しちゃいけません。ステアリングシフトでシフトダウンしても、なかなか変速してくれません。ゴルフのDSGが優秀過ぎます。あの優秀だった< エクストロイドCVT >の技術力はどこに落っことしてきたんだろう?

      今のフーガには乗っていないので何とも言えませんが、思い通りに動いてくれているのかなぁ?

      とは言え、確かに、GT−Rのシフトは早かった気がします。


      【走行性能】

      ATのモードは、通常のAT、少し高回転まで引っ張るモード、マニュアルモードです。

      マニュアルモードって言ったって、ホントのマニュアルみたいにはいきません。やっぱり変速速度が遅い。

      とは言え、やはり、< V8 4.5L > は伊達じゃないんだよね。速いよ、これ。

      馬力は333馬力だけど、トルクが太い。アクセルを目いっぱい踏み込むなんてことは一般道ではできません。

      怒涛の加速を生み出します。高速安定性も抜群に安定してます。

      意外なことにキュッと曲がることも可能です。

      ここら辺は、リアステアの機能が効いているからかもしれません。太いタイヤも履いてます。

      ブレーキも良く効きます。ブレーキダストもほとんど出ません。スカイラインのGT−8は酷かったなぁ。

      2Lクラスの自動車と比べること自体が間違っています。

      と言いたいところですが、色々な事情があるよね。極端なことを言えば、東京に住んでいればクルマ、要らないもん。


      【乗り心地】

      タイプSですが、意外なことに乗り心地は良いです。さすが高級車です。

      この時代の日産の後輪駆動車はフラットライドの思想で車づくりをしていたので、その成果が現れているような気がします。

      高級車に乗っているという実感は、キシミ音が全然聞こえないことですね。新車価格600万円は伊達じゃないです。


      【燃費】

      燃費は東京23区以外で<4Km/L>と驚異的な燃費を誇ります!? どーなんだ、これ!


      【価格】

      5年前に中古で220万円でした。今なら140万円くらいで購入可能でしょうか。

      車検も、日本車ですので、交換部品が少なかった時は、ディーラーで14万円です。高かった時でも17万でした。

      確かに自動車税は76,500円ですが、2Lクラスでも39,500円です。その差が、高いか安いかは、その人の価値観で決まります。

      ちなみに、中古買い取り業者での見積もりは、10〜40万円。探している人がいるんですね、この車。普通10年落ちじゃ0円ですもん。

      ヤンキーのお兄さん方、いい車ですよ、これ。V8エンジンは、こんな値段じゃ買えないよ。


      【総評】

      直噴とか、可変バルブタイミングとか、アイドリングストップとか、燃費に効く今どきのハイテクはこの車にはありません。

      絶滅危惧種のV8エンジンですが、今どき< V8 4.5L >は、手に入りません。レクサスは別ですけどね。

      V8エンジンの圧倒的な大トルク、広い室内、色あせない塗装、贅沢な乗り心地。

      高級車は、腐っても高級車なのです。

      ゴルフR(7.5)はダウンサイジングターボで310馬力ですが、ターボはね、やっぱりナチュラルじゃないのね。

      フーガに乗り換えると、やっぱりV8エンジンは、贅沢だなぁと思います。
    • 国産スポーツカーやセダンを乗り継ぎ、快適性とスポーツ性を備えた日産屈指のスポーティセダンという事で、
      お店に見に行ったその日にノリとテンションで走行距離20,000km、マイナーチェンジ後(後期)のTypeSを購入しました。

      使用条件は 約1,500km/月、その半分以上が高速です。個人的には自分が乗った中で最悪の車でした。

      【エクステリア】
      ぱっと見はカッコイイです。私が買った時も殆ど一目惚れでした。
      しかしこう、ずーっと見てるとずんぐりむっくり。ザインの所々が無理やりな気がしてどんどんダサく感じてきます。
      ボディ格はでかいですね。道が狭いと気を使います。

      【インテ
      続きを読む リア】
      内装はかっこいいです。革の質感も上々で、見た目が高級感があります。
      しかし、シートがトヨタの同格と比べるとやや硬く、座り心地も微妙です。長時間運転だと疲れます。

      【エンジン性能】
      パワーバンドが広く扱いやすいです。この車の唯一褒められる部分だと思います。
      2.5は乗った事が無いので分かりませんが、3.7で文句が出ることは無いと思います。

      【走行性能/乗り心地】
      とにかく動きが重い。そのくせ足が柔らかいのかボディー剛性がないのか、段差の吸収やコーナリング時、重みのない、ふわふわ感が生じて何とも気持ち悪いです。
      そしてステアリングインフォメーションが全く伝わってこない。
      セダンに何言ってんだと言われそうですが、クラウンやセルシオと比べると皆無。
      走りに楽しさなんて微塵も感じませんでした。これでスポーティセダンと呼ぶには余りにひどいです。

      あとオプションのクルーズコントロールが装備されていましたが、あまり賢くないです。

      【燃費】
      この排気量では仕方がないでしょう。高速で約10km/L、そこそこ都会の一般道で約8km/Lです。
      燃費を気にする車ではないです。

      【価格】
      外観、中身とも見合ってるとは思えません。
      余程この車が気に入っている人でなければ不満が出るでしょう。

    フーガのクチコミ

    (1065件 / 169スレッド)

    クチコミ募集中

    フーガのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    フーガ 2009年モデル

    フーガ 2009年モデル

    フーガ 2009年モデルのクチコミを書く
    フーガ 2004年モデル

    フーガ 2004年モデル

    フーガ 2004年モデルのクチコミを書く
    フーガ

    フーガ

    フーガのクチコミを書く

    閉じる

    フーガのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    フーガ 2009年モデル

    フーガ 2009年モデル

    フーガ 2009年モデルのクチコミを書く
    フーガ 2004年モデル

    フーガ 2004年モデル

    フーガ 2004年モデルのクチコミを書く
    フーガ

    フーガ

    フーガのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ7
      • 返信数5
      • 2019年12月26日 更新
      自分はpy 50系フーガになっているのですがリアだけエアロ付けるのは変でしょうか?
      • ナイスクチコミ38
      • 返信数24
      • 2019年7月19日 更新
      おはようございます。
      この度実家のフーガY51 2011モデル?ハイブリッドのバッテリー交換を行いと思っています。

      適合を見ると 80D23L-MF FP85D23L がヒットし、前者のピットワーク製品しか捜せませんでした。

      普通はサイズが同じなら使えるのでしょうが、このバッテリーは特殊形状だと聞いたことがあります。ソースが不確かで申し訳ございません。

      続きを読む
      どなたか、フーガハイブリッドに適合する安い互換バッテリーをご存知の方、教えていただけないでしょうか。
      バッテリー交換は自分でできます。帰省した際に交換するつもりのため、すぐに車体が確認できずご質問させて頂きました。

      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数5
      • 2018年8月27日 更新
      左サイドカメラの
      レンズ曇り(水滴もみられる)、、、。
      ディーラーに見てもらったら
      3万から5万かかると。

      こちらは、ぶつけたとかなにもせず、
      ただ走ってるだけですし新車3年で
      この症状はひどいなぁと。
      ディーラー以外にやってもらうとしたら、
      どこかおすすめありますか?

    フーガの中古車

    フーガの中古車相場表を見る

    フーガとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止