日産 スカイラインの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

日産 スカイラインの新型情報・試乗記・画像

スカイラインの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

スカイラインのモデル一覧

スカイラインのレビュー・評価

(45件)

スカイライン 2014年モデルの満足度

3.86

(カテゴリ平均:4.29)

    スカイライン 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 【エクステリア】
      R32から、いつかはスカイラインに戻ると決めてました。ようやく綺麗な丸目が復活したので購入にいたりました。
      【インテリア】
      全体的に黒基調なのでシートを白色にして良かったと思います。
      【エンジン性能】
      低速時からの吹き上がりは最高です。中高速時も全く無理なく、再加速できとても気に入っています。
      【走行性能】
      操舵性はとても良く、どんなカーブでも減速しなくても曲がれるように感じます。危険ですからもちろん減速はしていますが。
      【乗り心地】
      シートポジションを細かく調整できるので、自分に合った形に出来ると思います。
      【燃費】
      納車1ヶ月で2000キロで、リッタ
      続きを読む ー9.4Km。ハイブリッドでもなく、エンジンストップ機能がないにしては上出来だと思います。
      【価格】
      安くはないけど良い買い物だったと思います。
      【総評】
      通勤で使っているわけではないので、毎日乗れていませんが土日が来るのがとても楽しみになっています。コロナの影響で長距離運転が出来ていないので、はやくコロナ明けがくるのが待ち遠しいと感じています。
      当初、スマホはアンドロイドだっのですが、iPhoneに替えると日産コネクトやドラレコとの相性がとても良くなりました。
    • 【エクステリア】
      丸目テールが復活したのは良いと思います。
      フロントのVモーショングリルは好みが分かれる所です。
      【インテリア】
      シートに皮を使ったりと、下のクラスとの違いが表れていますが…ナビだけは一世代前ですね。時代を感じます。
      【エンジン性能】
      400Rに搭載されたエンジンは日本発登場だそうですが、これは気持ちいいです。ターボラグをあまり感じません。アクセルを踏んだ分だけ反応してレスポンスが良いです。個人的には某ドイツ車メーカーの直6より好きです。
      【走行性能】
      エンジンは抜群に良いのですが、
      シャーシは少し古く感じました。
      【乗り心地】
      柔らかく感じました。
      続きを読む スペンションの味付けは中高年の方々が好む様な、”落ち着いた柔らかさ”です。
      【燃費】
      3,000ccですから目を瞑りましょう。
      リッターおよそ7キロでした。
      【価格】
      エンジンスペックを考えると破格だと思います。
      【総評】
      上級モデルでナビの古さやプロパイロット2.0の不搭載など、”何故?”と感じる程に省いている機能がありますね。シャーシも一世代前、足回りも柔らかいです。強力なエンジンで武装して古さをカバーしている感じです。しかし乗ってみると、細かい事がどうでも良くなるぐらい良いエンジンだと思います。乗り心地も良く、家族には好評です(飛ばすには柔らかい)。完璧じゃない所が何故か可愛く思えてきます(笑)
    • 試乗記後、乗り換えたので追記

      【エクステリア】
      見た目は少し慣れてきた。前作よりスポーティーイメージになったため、400Rならまあ許してもいいかな、と言う感じ。
      ハイブリッドだったら断然、前作の方がいい。イメージにマッチしてるし仕事用でも違和感少ない。
      グリル中央の日産マーク裏にはレーダーがあるようで前作のバンパーや市販のグリルに交換は難しいと思われる。前作はここでなくグリル下のナンバープレートの横あたりにレーダーがあった。

      【インテリア】
      よく見れば合皮の割合は前作と変わってなかった。
      ダッシュボードのステッチは正直我慢ならない。革でも合皮でもない部分にステッチを入れて
      続きを読む しまう なんちゃって度合い はどうかと思う。こういうことをするのは日本車くらいか。
      レクサスにもこれやってる車種がある。そのなんちゃって手法をパクったと思われる。
      以前トヨタ車ではステッチを成型で表現してた車もあったが・・・

      【オーディオ】
      今回はBOSEを付けなかったが初代のBOSEより全然クリアで聴きやすい。比べて低音の量感が足りないくらいだがどっちにしろボワボワしてるだけのBOSEよりいい。
      BOSEは3ウェイで中音域用スピーカーがドアだけでなくダッシュボードにもあるくせに中音がよく聞き取れない。特にTVのニュースを聞いてるときは音楽に比べてかなり音量を上げないとならなかったが今回の標準オーディオではその必要もほぼない。
      今回のBOSEがどうなのかはわからないが、どちらにしてもオーディオに拘る人には選択肢から外れる車種になるだろう。
      標準オーディオの調整項目は低音、中音、高音、バスブースト、バランス、フェーダーくらい。初代BOSEに中音の調整項目はなかった。
      ちなみに取説にはスピーカー交換、デッドニングはしないよう書かれている。

      本体に音楽を保存するミュージックサーバーは今回、曲数重視モードと音質重視モードがあるが大差無さそう。曲数に大きな差がないから。
      保存では曲間が途切れる仕様になってしまった。また、前モデル同様に「録音順に再生」の項目はあるがどういうわけかそのように再生できない。表示すら録音順にならない。
      保存した曲を全て自動で再生させるには全てごった煮の状態のあいうえお順っぽい曲名の並びで再生させるしかない。アルバム順や録音順だと次のアルバムに進まない。さらにボリュームつまみの左側のボタンでアルバム飛ばしが出来なくなってる。右側の曲飛ばしのボタンと同じ挙動しかしない。
      乗り換えた人は皆、不具合と思って日産にクレーム言うと思う。
      USBで再生なら前モデルに近い感じで再生できると思われる。アルバム飛ばし、というかフォルダ飛ばしは可能。曲間は途切れるが。

      【ナビ及びシステム】
      自車位置、地図の動きがシームレスに近い感じになったのは良い点。
      納車された直後は下画面下中央のメニューボタンの左側のエアコンスイッチと右側のオーディオスイッチが効かず、これが噂の不具合レベルなのかと驚愕したが30分ほど経過したらスイッチが効くようになった。
      また、調整項目も最初は出てこない部分があったが次第に表示されてきた。電子機器のくせに馴染みが必要という摩訶不思議な現象。しかし、いまだに設定が戻ってしまう項目もあり、初代と似た雰囲気の不具合がある。
      ちなみに発売からすでに数回のリプロがあったらしい。

      モデルチェンジで最も嬉しい追加機能?レインセンサーは精度がちょっと悪い感じがする。感度レベルがあるからあまり問題ないが。センサーが1個しかないように思える。
      今回もミラーに被せるタイプのレー探を付けたがルームミラー付け根付近にそのレインセンサーなどが付いたことでギリギリだった。かなり座高が高い人やシートをかなり前にして乗る人は注意が必要、レー探被せるとミラーを上に向ける方向と右に向ける方向に限度がある。

      ヘッドライトはオフの位置がまだある。オートでの感度調整が画面での操作で設定可能になった。最も低くすると昼間トンネル入ってしばらく点灯されない場合が多い。感度中がいい感じ。

      ドアロックが速度等で自動的にされなくなった、など見た目の違いがほぼ無い割には意外と変わってる部分、省略された機能がある。

      Wifi接続ができるようになったが感度、というか接続がかなり悪い感じ。
      地図更新は日産コネクトの契約が必要ということだが今はそれなしでも可能。ただし、Wifiでの更新はかなり時間がかかる上にその最中はナビが使えない。さらに更新中はエンジン切らないよう表示されてた気がする。地方ごとに更新になるが1地方で1時間以上はかかってた気がする。
      PCでダウンロードしてUSBで更新もできるはずだが上手くいかなかった。こっちなら日本全国一括更新可能らしいが。

      【走行性能】
      車検切れに納車が間に合わなかったため、2週間ほど他のガソリン車に乗っていたせいか、試乗時に感じたハンドルの軽さや足の柔らかさの違いはよくわからなくなってた。
      しかしハイブリッドのアクセル踏んですぐ前に出る感覚はやはり忘れられない。ハイブリッドの方が加速の調整がしやすく、普通に乗る分には機敏で自在に走らせやすい。
      ちなみに自分は走り屋でもないんでコーナリングなどの限界特性や細かい部分は良く分からない。

      排気音はこれも車内スピーカーからも作って出してるようで外で聴く音はわからないが 若干、高音側に振ってる。回した際のフィーリングはハイブリッドよりこちらが明らかに良い。

      【総評】
      ハイブリッドの値上がり度合いが大きいこととピストンキャリパーが付かないこと、400Rの黒い天井とピラーの内装を求めた結果、こちらを選んだわけだがまあ納得はしている。
      本当はこの見た目と装備とエンジンでハイブリッドにしたものが欲しいけど。
      あとシートヒーターでなく冷やす方のやつが欲しい。この車の皮シートはほんとに暑い。
      ちなみに5年で10万km乗った初代ハイブリッドは最後まで何の劣化も感じない車だった。

    スカイラインのクチコミ

    (4106件 / 363スレッド)

    クチコミ募集中

    スカイラインのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    スカイライン 2014年モデル

    スカイライン 2014年モデル

    スカイライン 2014年モデルのクチコミを書く
    スカイライン 2006年モデル

    スカイライン 2006年モデル

    スカイライン 2006年モデルのクチコミを書く
    スカイライン 2001年モデル

    スカイライン 2001年モデル

    スカイライン 2001年モデルのクチコミを書く
    スカイライン

    スカイライン

    スカイラインのクチコミを書く

    閉じる

    スカイラインのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    スカイライン 2014年モデル

    スカイライン 2014年モデル

    スカイライン 2014年モデルのクチコミを書く
    スカイライン 2006年モデル

    スカイライン 2006年モデル

    スカイライン 2006年モデルのクチコミを書く
    スカイライン 2001年モデル

    スカイライン 2001年モデル

    スカイライン 2001年モデルのクチコミを書く
    スカイライン

    スカイライン

    スカイラインのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ16
      • 返信数21
      • 2021年7月26日 更新
      現在乗っている車が車検を迎える前に乗り換えを検討しています。
      車種としては現行スカイライン(ハイブリッドタイプSP)、または現行プジョー508セダン(ディーゼル)で迷っており、どちらかというとスカイラインに気持ちが寄っているためこちらで質問させていただきます。

      購入先はどちらも中古で、街乗り7割の年間5,000-7,500km走行想定でお答えいただけると幸いです。
      続きを読むた、年式の年より8-10年は乗りたいと考えております。
      各車種スペックは一通り確認しているのですが、維持費について分からない部分が多いためご教示いただきたく。
      両車種について下記の認識でいるのですが、間違い等あれば訂正お願いします。

      [スカイライン]
      ・大排気量のため税金が高い
      ・ハイオク
      ・バッテリー交換になった際は高額(30-40万円?)
      ・国産車ゆえ壊れにくいが、準高級車なため故障時の部品代は外車ほどではないが比較的高め?
      ◎毎年かかるのが分かっている税金が高いため、急な大出費はない。やや高いが長期間安定した出費。

      [プジョー508]
      ・軽油
      ・外車ゆえ国産車比壊れやすい。ジャーマン3程ではないが、部品代高め。
      ・アドブルーやオイル(頻度や品種)による出費が大きい
      ・税金は国産車並み
      ◎壊れなければスカイライン比安く済む。ただ長期間乗るならだんだん高額出費が増えていく。故障等による急な出費が発生する可能性が高い。

      簡単にまとめると、スカイラインは維持費が安定しているがやや高め、508は何もなければ維持費安いが故障等により維持費安定しない。
      短期で乗るなら508、長期で乗るならスカイラインといったイメージです。

      維持費についての回答が一番嬉しいですが、スペックやインテリア・エクステリア含めた比較評価でも構いません。
      自分ならこっち乗るなど、回答の形式は問いませんので、お気軽に回答いただけると幸いです。
      ご意見よろしくお願い致します。
      • ナイスクチコミ35
      • 返信数7
      • 2021年6月19日 更新
      スカイラインの開発中止のニュースを聞いて、一昨日V37スカイラインを注文してきました。親父の代からスカイラインを乗り継いできて、ヨンメリ240K→ジャパン→R32GTSTYPES→R32GTS25TYPESと経て、LR50テラノ→V93Wパジェロ中期→V93Wパジェロ最終型と横道にそれましたが、25年ぶりにスカイラインに戻ってきました。残念ながら400Rは手が届かなかったし、オ続きを読むーディオもBOSEに出来ませんでしたが、なんとかVR30DDTTに届きました。人生初のターボ車です。年齢的にこんな高級車が買えるのは最後だと思います。R32は最高でしたが、さて今度はどうでしょう。一応純正オーディオのスピーカーを変えて、シートをレカロにするつもりです。納車まで二か月かかるらしいので、今から待ち遠しいです。
      • ナイスクチコミ24
      • 返信数7
      • 2021年6月17日 更新
      オーラの発表会にて、星野副社長からスカイラインの開発は継続とのだそうです
      このブランドネームは守って欲しいですね
      でもセダンは無くなるのかも
      https://s.response.jp/article/2021/06/15/346741.html?gp=1_email_20210616

    スカイラインの中古車

    スカイラインの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    スカイラインとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止