テスラ モデル3 2019年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

テスラ モデル3 2019年モデルの新型情報・試乗記・画像

モデル3 2019年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
スタンダードレンジ プラス2020年12月8日/マイナーチェンジ

511万円

-

  RWD 5人     1,625kg 306ps
ディアルモーターAWD ロングレンジ2020年12月8日/マイナーチェンジ

655万円

-

  4WD 5人     1,844kg 476ps
ディアルモーターAWD パフォーマンス2020年12月8日/マイナーチェンジ

717万円

-

  4WD 5人     1,844kg 490ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
スタンダードレンジ プラス2020年10月13日/マイナーチェンジ

511万円

-

  RWD 5人     1,610kg 306ps
スタンダードレンジ プラス2019年10月25日/マイナーチェンジ

511万円

-

  RWD 5人     1,610kg 306ps
スタンダードレンジ プラス2019年8月5日/マイナーチェンジ

511万円

-

  RWD 5人     1,611kg 306ps
スタンダードレンジ プラス2019年7月17日/マイナーチェンジ

511万円

-

  RWD 5人     1,611kg 271ps
スタンダードレンジ プラス2019年5月31日/ニューモデル

511万円

-

  RWD 5人     1,611kg 271ps
ディアルモーターAWD パフォーマンス2020年10月13日/マイナーチェンジ

717万円

-

  4WD 5人     1,860kg 490ps
ディアルモーターAWD パフォーマンス2019年10月25日/マイナーチェンジ

717万円

-

  4WD 5人     1,860kg 490ps
ディアルモーターAWD パフォーマンス2019年8月5日/マイナーチェンジ

703万円

-

  4WD 5人     1,860kg 490ps
ディアルモーターAWD パフォーマンス2019年7月17日/マイナーチェンジ

703万円

-

  4WD 5人     1,860kg 450ps
ディアルモーターAWD パフォーマンス2019年5月31日/ニューモデル

655万円

-

  4WD 5人     1,860kg 450ps
ディアルモーターAWD ロングレンジ2020年10月13日/マイナーチェンジ

655万円

-

  4WD 5人     1,860kg 476ps
ディアルモーターAWD ロングレンジ2019年10月25日/マイナーチェンジ

655万円

-

  4WD 5人     1,860kg 476ps
ディアルモーターAWD ロングレンジ2019年8月5日/マイナーチェンジ

655万円

-

  4WD 5人     1,847kg 476ps
ディアルモーターAWD ロングレンジ2019年7月17日/マイナーチェンジ

655万円

-

  4WD 5人     1,847kg 476ps

モデル3 2019年モデルのレビュー・評価

(11件)

モデル3 2019年モデルの満足度

4.43

(カテゴリ平均:4.29)

    モデル3 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 半年かつ19900km乗りましたので、レビュー。
      (タイヤは、ロングレンジの18インチを履いてます)

      【エクステリア】
      落ち着いたデザインでめちゃくちゃ好き。めちゃくちゃ見られる。
      ただ、全体的に外装の作りが荒い。特に塗装。マツダの方が塗装はいい。個体差激しい気がします。

      【インテリア】
      悪く言えば殺風景。
      もちろんドイツ御三家の方がインパネは高級感ある。ただ、真ん中のインフォテインメントシステムは、圧巻。機能美の方向性が違うので比べる方がナンセンスかもです。

      【エンジン性能】
      最高すぎる。
      0〜100km 3.4sec.
      中級セダンのなかではまぁ早い。変速が
      続きを読む ないから、リニア。ベタ踏みすれば、首が持っていかれるので、同乗者はひとたまりも無い。妻には不評です。

      【走行性能】
      これも、goodです!
      重いバッテリーが下にあるせいか、ワインディングでも、かなり吸い付くように走る。ただ、ハンドルの重さを調節出来るけど、一番軽い「コンフォート」は本当に要注意。キレすぎ、危なすぎます。

      【乗り心地】
      国産より、ドイツ車寄りの乗り味。なので高速の方が安定する。風切り音は全くしないです。

      運転席、助手席について
      シートポジションが、スポーツカークーペのようになっていて、足を下に伸ばすというより、前に出すという感覚。(助手席も)バッテリーが下にあるから、そうなるんでしょうね。

      後部座席について
      膝の角度がキツくなります。一緒に乗る機会の多い人は、必ず現車の後部座席に乗った方がいいです。
      モデルSになると、かなりゆったりします。
      長距離

      【燃費】
      燃料費はハイオクの1/3。家充電だけで足ります。遠いところはスーパーチャージャーですね。
      充電計画は必須。
      走行可能距離が500kmぐらいですが、安心して走れるのは300kmぐらいです。そのあとは、ちょっとずつ充電が気になりはじめます。

      【価格】
      オートパイロット(当時75万ぐらいで、今は87万)
      つけて、750万円。
      補助金もろもろで70万円振り込まれました。
      この性能でこの価格は、破格。

      【総評】
      モデル3を検討している方に届いたらいいなと思いますが...
      運転するのが面倒な人や、いつも車の鍵持って行くの忘れて、玄関に戻る人におすすめです。これ、車乗ってたら当たり前のことなんだけど、もう面倒なんですよね。それすらも。

      乗る時、
      車の鍵は勝手に空いて、
      出発時間にはエアコン、シートヒーターは全てついているから、これからの時期でも寒がる必要なし。
      乗り込んでブレーキ踏んだらいつでも走り出せる状態。

      運転中
      ほとんどブレーキペダル踏まない。(3日に1回踏むぐらい)
      オートパイロットで幹線道路、高速道路走っている時は、本当にすることない。
      好きな音楽に集中したり、ハンズフリーで電話したり、友達と会話したり。。。
      降りる時
      パーキングは勝手にかかるし
      ドアは勝手に施錠される
      万が一窓を閉め忘れても、勝手に閉めておいてくれる。
      全てが楽。車に乗るのに、運転した気分にあんまりならない。
      だけど、運転したい時は、
      最高のレスポンス

      日本の道路事情では、モデル3がピッタリですね。

      注意
      モデル3は高級車ではなく、高額車です。(多分バッテリーの値段)
      価格はメルセデスCクラス。
      でも、同じぐらいの内装、外装も求めないで下さい。

      そこ気にしなくてもいいと言うなら、ぜひお勧めします。

      私は全く買う気ない冷やかしで試乗して、1時間後にルンルンで契約してましたから、、、
    • 【エクステリア】
      グリルレスな先進的なエクステリアになっていると思います。
      空力を考えるとフロントは流麗を突き詰めた方が良いのは自明の理ですから、EVとしての新しいデザインだと思います。
      他メーカーのEVは未だにグリルのような装飾などがあり、デザインが既存すぎます。

      もちろんスポーツ走行を付加するとすれば、スポイラーなどが必要になってくるので、その辺りは許容できますが、一般的使用なら全体的に流麗な形はカッコいいと思いました。

      【インテリア】
      新しい試みだとは思いますが、操作が全てモニターに集約されているのは若干使いにくいです。
      慣れたらスマホ感覚ですが、それでも音声操作な
      続きを読む どがないので運転中の操作などが難しいです。

      あと個人的にはシートの座り心地は国産コンパクトカーと変わりありません。
      運転席と助手席はマシですが、後部座席は膝が上がりますし、シートが短く感じます。
      それとノブやスイッチ類がなさ過ぎてドアの開閉が最初は分からないと思います。
      装備の使い勝手という部分においてはあまり良いとは言えないですね。

      【エンジン性能】
      これはもうピカ一ですし、この価格帯の車の中ではトップクラスでしょう。
      まぁ内燃機関が一般使用において電気モーターに勝てることはもうありません。
      200q/h以上の加速とかバカ高いハイパーカーのエンジンとかでないと電気モーターには勝てません。

      そうすると性能に関しては文句はありませんし、エンジン音がほぼ無いので室内はとても静かですし、微震も感じられなくて心地いいです。

      【走行性能】
      値段相応という感じではありますが、バッテリーのおかげで低重心のため全体的にどっしりと走れます。
      限界のスポーツ走行でもしない限りは全く問題ないですし、サスも優秀でした。

      ハンドリングも軽快でかなり良かったです。

      ただ、それなりの大きさがあるので国内で使うには多少を気をつかいますし、最小回転半径からすると小回りもあまり効きません。Uターンは大通りじゃないと厳しいレベルです。
      それによりバック駐車も狭い駐車場ではかなりやり難いです。慣れればなんてことは無いですけどね。ちなみに遠隔操作などはほぼ使わないですw

      【乗り心地】
      EVなので静粛性があるため、かなり静かに運転できますし、遮音性が高いため、音楽も外に漏れる音がかなり少ないです。
      そのため音楽をゆったり聴きながら運転できますし、ちょっとの段差程度ならサスがしっかりと吸収してくれます。
      ただ、それなりの段差の場合は結構突き上げを食らうので(特に高速)、そこはまぁ値段相応でしたね。

      【燃費】
      電費ですが、公表値ぐらいはほぼほぼ出ます。
      馬鹿みたいに加速で遊んだりしない限りは気にする必要はありませんが、長距離を走行する際は注意は当然に必要です。

      【価格】
      パフォーマンスで考えるとむしろ安いぐらいです。
      ただ、全体的な品質を考えると国産の軽自動車よりも塗装やパネルのチリが酷すぎます。
      塗装に塗料の塊が付いているのなんて初めて見ましたし、明らかな色ムラが随所にみられます。
      恐らく塗膜はかなり薄いと思われます。
      パネルのチリは明らかに左右で開きがあり、リアはかなり酷かったですね。

      日本の国産車に慣れている人からしたら、最悪レベルの品質に思う人もいるでしょう。
      それで国産車のそれなりの高いのが買える値段なのですから、納得がいかない人が多いと思います。

      【総評】
      性能面やデザインで言えば、新しい技術が盛りだくさんで楽しい車と言えるでしょう。
      EVの中では現状ではトップと言って過言ではないコスパがあります。
      さらに性能はネットを通じてアップグレードされていくので、買ったままの性能では無く進化する性能というのも面白いです。

      一方で品質面は個人的には全くダメです。
      車の肌といえる塗装があまりにも酷すぎますし、パネルのチリのズレがエクステリアを台無しにしています。
      本当にここは勿体ないです。

      また、実店舗がほぼ無いので、故障などが起きた時は提携の車屋が対応しますが、そちらもテスラの修理は慣れていないためかなり時間がかかりますし、まだまだ修理に対応できる車屋の数が少ないため多くのテスラ車が集まってしまい捌けないようです。
      そのため、重大な故障だと数か月とか軽微な故障でも数週間程度の時間がかかることが多々あります。
      そういった覚悟は必要になります。
      さらに塗装やパネルのチリのズレはかなり強く言わないと対応してくれません。他のディーラーだとまずありない対応がなされているので、日本の市場においてはテスラ社はまだまだ認識が甘いと思います。

      更にスーパーチャージャーなどは日本だと極僅かです。
      テスラ専用の充電設備はほぼ使えないと思うか、近くにあること前提で購入を検討する必要があります。
      テスラの充電インフラはかなり貧弱だと思った方が良いです。

      ご購入される方は性能重視で買わないと痛い目を見ることになると思います。
    • 少し前に試乗させていただき、僭越ながら記入させていただきます。
      モデルはAWDのパフォーマンスで、町中を巡回しただけです。
      しかし時代はEVに向かっていることを実感しました。

      【エクステリア】
      ドアノブ、カードエントリーなど、細部は先進的で凝った作りですが、全体的にデザインがのっぺりしすぎて好みに合いませんでした。(特にフロント)  マツダ車のような美しい曲面系?ですが、何かメリハリがなく残念です。 

      【インテリア】
      すっぱり切り捨てて、シンプルなオフィースみたいですが、車はオフィースではないので最低限の情報表示機能が欲しいです。  スピードメーターがドライバー正面に無いの
      続きを読む は論外では?  ヘッドアップディスプレー(フロントガラスに投影される表示機能)があればいいのにと思いますが、オプションにない。   大き目のタブレットに表示されますが、視線を動かさずに確認したいし、ダイレクトに操作したい機能は案外多いのでは?  コストダウンもいき過ぎると困りものです。  
      他の、シート、内装、ガラスルーフなどはとてもよいです。  後席は広くゆったりしています。  14スピーカーのオーディオは素晴しいです。  比較的静かな室内で聴くと、オーディオルーム並みです。  特に低域がたっぷり出ていて、包まれ感があり、Cクラスの500円スピーカー?とは対極にあります^^;

      【モーター性能】
      これは文句なしにすごいのひとこと。 アクセルにちょっと足を乗せるだけでダイレクトに加速します。  トルコン介してやんわり加速に慣れているので驚きます。(スポーツモード)  低回転ほどトルクが大きいモーターの特性が実感できます。 

      【走行性能】
      市街地のみでしたので、高速域は不明です。  ほぼ無音なのに強烈に加速しますので、同乗者は悲鳴を上げていました。  ハンドリングは素直でしたが、カーブでは車がやや重く感じられました。  信号でのスタートダッシュがくせになりそうな車で、従来車は誰もついてこれないでしょう。

      【乗り心地】
      重く低重心なので、乗り心地はフラットで外乱に強いです。  ボディもしっかりしており安心して飛ばせそうです。 ガラスルーフは先進的で、開放感があります。  ドライバーにとって強烈な加速感は快感ですが、同乗者は首を痛めそうといっていました。  車酔いしたとも。

      【価格】
      EVスポーツセダンと思えばお値打ち、エコカーと思うと元が取れない。  約三桁の減税措置を含めるとお買い得かも。

      【まとめ】
      試乗して車はEVに向かうであろうことを実感しました。  シンプルに作られた車ながら動力性能はスーパーカー並みで、静穏を保ったままというのはかつてない体験でした。  価格面は減税を含めると非常に魅力的です。  ただ残念なところもあり、それが満たされれば購入対象です。
       Liイオン電池ですが、趣味で使っていることもあり危険性や、寿命のことも承知しています。  よくできたものは10年近く性能を保ちます。  テスラの場合、充放電や気温に伴う温度管理を行っているということなので比較的安心できるかと思います。

      スーパーチャージャーが県内に2か所のみで残念です。(中部地区)  EVは事前の充電と、出先で可能か不安が付きまといます。  実質300kmの航続ですと、都会で短距離使用には合っていますが、それ以外ですと購入に踏み切れないのが本音です。  従来車のように5分で給油という訳にはいかないので、インフラが整うまでもう少し待ちます。

    モデル3 2019年モデルのクチコミ

    (83件 / 7スレッド)
      • ナイスクチコミ13
      • 返信数11
      • 2020年12月1日 更新
      現在モデル3を検討しています。

      マイナーチェンジで、トランクが自動になったり、雨水が流れ込んでくる対策もされているようですね。

      自分的にはV2Hに対応していれば災害時にも役立つのでとてもいいな、と考えていたのですが、対応していないようで残念です。

      そこで、お聞きしたいのですが、車から電源を取るにはシガーソケットからインバーターで100Vに変換、する方法しかない
      続きを読むのでしょうか?

      直接バッテリーの端子につなげて大容量のインバーターを使うのは避けたほうが良いのでしょうか?

      よろしくお願いいたします。
      • ナイスクチコミ42
      • 返信数3
      • 2020年9月23日 更新
      いろいろな車の加速、減速、高速走行、ダブルレーンチェンジ、ウェット旋回ブレーキといった、限界領域における挙動を見ることで安全性能を確かめる、DST(Dynamic Safety Test)で、テスラ モデル3と、ジャガー I-PACEのテストが行われました。

      各項目5ポイントの合計25ポイントで、モデル3は24ポイント、I-PACEは21.5ポイントでした。

      テスラ
      続きを読む モデル3は、車の基本性能である、走る・曲がる・止まるが非常に高いレベルであることが分かります。


      【DST】TESLA Model3 Performance vs Jaguar I-PACE FIRST EDITION (加速)【DST♯132-01】
      https://youtu.be/QIHEzHLTzvY

      【DST】TESLA Model3 Performance vs Jaguar I-PACE FIRST EDITION (減速)【DST♯132-02】
      https://youtu.be/oRqZL-h9TcE

      【DST】TESLA Model3 Performance vs Jaguar I-PACE FIRST EDITION (ハイスピードライディング)【DST♯132-03】
      https://youtu.be/WH-l2Revh7M

      【DST】TESLA Model3 Performance vs Jaguar I-PACE FIRST EDITION (ダブルレーンチェンジ)【DST♯132-04】
      https://youtu.be/WWZ7DlbqZLg

      【DST】TESLA Model3 Performance vs Jaguar I-PACE FIRST EDITION (ウェット旋回ブレーキ)【DST♯132-05】
      https://youtu.be/csy7V35p3IY
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数1
      • 2020年8月2日 更新
      音声操作は出来ないのでしょうか?

    モデル3の中古車

    モデル3の中古車相場表を見る

    モデル3とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止