BMW i3の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

BMW i3の新型情報・試乗記・画像

i3の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

i3のモデル一覧

i3のレビュー・評価

(16件)

i3 2014年モデルの満足度

4.23

(カテゴリ平均:4.31)

    i3 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • i3 2014年モデル i3 レンジ・エクステンダー BMW「i3 レンジ・エクステンダー」を試乗してきました。(日本輸入車組合試乗会にて)VWの「e-up!」には散々乗りましたが、こちらは電気自動車でもまったく違った性格を持っていました。

      エクステリアは子供のころ見たSF映画に登場するクルマのようなスタイリングを持ち、サイドウィンドウの奇妙な造形、ブルーに縁取られたキドニーグリル、全面がガラスに覆われて黒く鈍い光が印象的なリアスタイルは灯火類を点灯させると切れの良い発光のLEDが浮かび上がってくる。ターンシグナルもLEDを採用し、上部と下部に合計4個装備されているのも実に奇抜です。

      インテリアもこれまでの自動車では味わったことがない
      続きを読む 未来感に驚かされます。ステアリングホイールの造形は何者にも似ていませんし、ダッシュボードに2個配されたモニターもコンセプトモデルをそのまま踏襲されました。

      試乗コースは市街地とハイウェイです。
      コクピットに座りキーを回すクルマが減る中、どうにかコクピットドリルを受けずに発進することができるのが、内燃機関ですが、電気自動車ということで始動スイッチとなるDレンジを広報マンに伺うと、ステアリングコラム右側にあるボタンを押し、小さなレバーでDにシフトできた。無論、この時点では何の音もせず、セルモーターやエンジン音が皆無のEVが実に洗練された乗り物に思え、内燃機関が野暮ったく感じるほどでした。

      【市街地】

      VW「e-up!」の長期試乗で電気モーターの大トルクは、学習していたので、このクルマで市街地に出てもアクセルを触るだけにしていた。ほとんど無音のまま、滑るように速度を上げ、アクセルから足を浮かすと回生ブレーキがじんわり効き、うまく走ると、ブレーキは最後の停止にしか使わなくても大丈夫でした。回生ブレーキには、VW「e-up!」のような効きの調整はできない。

      【高速道路&総評】

      高速道路の合流地点からアクセルを踏み込むと、「キューン」というモーターの軽やかな唸りと共にステアリングだけが先に行ってしまいそうな加速Gが掛かり、デジタルメーターは目では追えないほどの勢いで速度を上昇させます。先行車が速度を落としても、ブレーキを踏む必要はほとんどなく、アクセルから足を浮かせば強力な回生ブレーキが利き速やかに速度を落としてくれます。
      再び前方が開け、アクセルを踏むとリニアモータカーのようにどこまでも加速していくような。エンジンというものが、いかに古臭い機関かこのクルマにのれば感じずにはいられません。

      ワインディングを短時間走行しましたが、モーターのトルクは凄まじいもので、急勾配も物ともせず、平坦路と変わらない勢いで加速をさせます。後方に付けていたスポーツサルーンを置き去りにできる加速といえばそのパワーが理解いただけると思います。コーナーも常識の範囲では、無音のまま左へ右へほとんどロールを感じることのないまま駆け抜けてくれました。

      気になる走行可能距離ですが、高速道路を流している限りでは、アクセルから足を浮かすと、回生ブレーキが効率よく充電をしてくれるため、正面のモニターを確認しながら走れば意外にも電費は優れる。しかし、ワインディングをフルパワーで走ったりすると、当初、表示された走行可能距離の3分の1しか走らない。

      電気モーターの効率の素晴らしさを改めて実感した一台でありますが、問題は電費。楽しんで走ると巡航距離がみるみる減り、肝を冷やすことになります。今後のバッテリー性能向上に期待したいところです。








      参考になった 5人
      2015年3月31日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 無評価
      価格 4
    • 【エクステリア】
      このクルマのデザインは15年くらい先をいっていると感じます。
      街での注目度はかなり高く、最初は見られるのを気にしていましたが、すぐに慣れました。
      ソーラーオレンジのカラーも注目されましたが、最近は他車もオレンジが多くなってきました。

      【インテリア】
      白を基調に再生材をたくさん使ったインテリアもこれまた15年くらい先のデザイン性を感じさせます。
      シートは某日本メーカーのものですが、ホールド感や座り心地などは他のFR BMWに軍配が上がります。この価格帯では他にはないカーボンフレームが、ドアの開閉時に見えるのもオーナーの満足感を満たしてくれます。
      シフト操作が右
      続きを読む 手というのもすぐに慣れますし、慣れれば車に乗り込んでから走り出すまでの動作が少なく、効率的とさえ感じるようになりました。
      観音開きのドアは前席が開いてないと後席が開かない仕様ですが、ほぼ人を乗せることもないので、不便を感じたことはありません。

      【エンジン性能】
      モーター性能は、100回転から250N.m.の最大トルクが垂直に立ち上がる為、アクセルの踏み込みに対するレスポンスは右に出る車はほぼいません。またEVゆえ、高回転時でも内燃機関のようながんばって回っている感がない為、全開走行は心のリミッターが外れやすく、自制心がないとすぐに反則金を払うことになります。世の中がEVで溢れると、モラルを車側で制限しないと事故が増えそうです。

      【走行性能】
      カーボンやアルミを多用しており軽量なこと、バッテリーが床面に敷き詰めらており低重心な車であること、RRの駆動方式ゆえに駆動輪にしっかりトラクションがかかることなどから独特の速さがあります。また私の車は発電用エンジンを搭載しない完全EVの為、車重がレンジエクステンダー車の1390kgより130kg軽い1260kgです。レンジエクステンダーの場合、大人二人が常に後席に乗っているのと同じなので、走りもわかるくらい違います。未体験の方は、一度PureEVに乗ってみることをおすすめします。

      【乗り心地】
      日本仕様は立体駐車場に対応する為、車高調が標準でついており、ゴツゴツします。またカーボンボディの剛性が良すぎるのか、脚も硬い、ボディも硬いということで、車が結構揺れます。細いタイヤも相まって残念ながら、安定感はないです。もちろん普通の街乗りでは問題ありませんが。

      【燃費】
      電費はガソリン換算した場合、夜間電力使用前提で100km/Lくらいです。スーパーカブ並です。

      【価格】
      これだけ新しい技術を惜しみなく奢りながら、当時499万円のスタートプライスはBMWはさぞ赤字を被ったことと思います。2度とこんな技術てんこ盛りの車がこんな価格では出て来ないと思います。また中古車が2016年時点では、かなり安かったです。その後EVの価値が認知され、2018年現在は球数も減っており、かなり中古車相場は上昇しました。また中古車の場合、保証等あると思いますが、レンジエクステンダーは発電用エンジンを普段は回さない為、それに起因するエラーの類がよく出るようです。新車の方は保証対象かと思いますが、中古車で買われる場合は、センサー交換等で余分な出費になる可能性も考えられます。


      【総評】
      初めてのEVで週5日通勤で乗っています。普段1〜2年で車を変える自分が、次の車を見つけられないくらい魅力ある、ずっと乗っていたいと感じる車です。充電や航続距離がネックで躊躇している方は、間違いなく購入に踏み切るべきです。少しの不便もありますが、たくさんの満足が得られる車です。
    • 先日、左の後ろのタイヤの空気圧が低いとの、センサーが反応しました。全く気付きませんでした。タイヤの溝も減っており、ホチキスの太めのものが刺さっており、パンク状態でした。早くにセンサーで教えてくれたのです。走りはさすがに影響もありましたが、ホイルまで、傷が付くことかありませんでした。空気が抜けているところの応急処置のみしましたが、センサーはついたままです。確認すると、リセットが必要とのことでした。リセットしたら、また、センサーが、リスタートしました。
      もちろん、現在は、新しいタイヤで、快走です。さらに静粛性アップですね!安全面でも、その様な機能があり、さすが、BMW!
    • 【エクステリア】
      ぶさかわ? 何とも言えない外観です。
      扉は観音開きなので前を開けないと後は開かない。

      【インテリア】
      プラスチック感丸出しで安っぽい。
      シフトもステアリングの右上に有るので違和感半端無いです。
      バックするたびに左手がシフトを探してしまいます。
      フロントガラスへの写り混みも酷い。
      それ以外の操作系は馴染みのBMWなので使いやすい。

      【エンジン性能】
      なかなかのパワー感。
      扱いやすいし もう内燃機には戻れないかも? と思わすくらい良い出来。
      170ps 25.5kは伊達じゃ無い。

      【走行性能】
      街乗りレベルでは速すぎるくらいスマートダッシュ
      続きを読む 凄いです。
      カーボンフレームですか? 軽快なボディにレスポンス抜群のモーターの組み合わせはカートのようなスポーティー。
      基本、ブレーキ要らずのワンペダル運転はラジコンを思い出させる。
      MRレイアウトなので相当楽しく0-100加速は7.2秒。

      【乗り心地】
      ヒラヒラと軽い感じで落ち着きは無い。
      悪いとは言わないけど普通のコンパクトカー。

      【燃費】
      フル充電で100キロチョイの表示が出てました。
      でも走行中アクセル緩めると回生充電が働き走行距離が復活。実際どれくらいなんでしょ?
      予備のガソリンエンジン着いてましたがそちらも100キロチョイ走れるみたい。


      【価格】
      新しい技術代ですね。
      質感、乗り心地、走行フィールだけで考えると400万未満の車と思います。

      【総評】
      内装の質を向上させ価格そのままなら欲しくなる。
      でもそうすると重量増大するかな?
      運転は凄く楽しい車なので電気自動車の未来が楽しみです。

    i3のクチコミ

    (314件 / 30スレッド)

    クチコミ募集中

    i3のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    i3 2014年モデル

    i3 2014年モデル

    i3 2014年モデルのクチコミを書く
    i3

    i3

    i3のクチコミを書く

    閉じる

    i3のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    i3 2014年モデル

    i3 2014年モデル

    i3 2014年モデルのクチコミを書く
    i3

    i3

    i3のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ6
      • 返信数0
      • 2019年2月9日 更新
      33kwhのBEVに乗っています。
      購入から一年が経ち、13,000kmほど走行しました。
      現在のところ、バッテリーの劣化は見られません。バッテリーの使用可能容量、つまり100%表示の値は、購入直後で、29.7kwh、現在は29.6kwhです。この値は継ぎ足ししているとある程度変動し、私の個体の場合、29.7〜29.2kwhくらいの間のようです。たまに100%にしてやると、
      続きを読むリスケーリングされている様な気がします。スケール外の余裕代で減少しているのかもしれませんが、少なくとも一年後の使用可能容量は減りませんでした。とても良く考えられている車の様で、安心して乗っています。
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数7
      • 2019年1月12日 更新
      四国在住のi3rexに乗っている者です。
      昨年12月31日にて冬山へ登山に出かけた際、1シーズン目のスタッドレス装着していましたが、アイスバーンの登坂を走破することが出来ませんでした。
      自身の車両は登りきれなかったのですが、頂上の目的地に徒歩で到着するとスタッドレスのみFF車両、AWD車両のみでタイヤチェーン装着車両はありませんでした。
      そこでタイヤチェーンの購入を検討し
      続きを読むている次第です。
      実際使用しているユーザーの方おられましたら使用感(登坂能力、走破性)教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数5
      • 2018年11月15日 更新
      はじめまして。
      i 3エクステンダーの中古を検討しているのですが
      どこかで読んだブログでは新車で購入したにもかかわらず
      故障が物凄く多くて大変だったとか・・・

      エクステンダー乗りのみなさんのエクステンダー特有の故障など
      (または費用など)実体験をお聞きかせいただけないでしょうか?

    i3の中古車

    i3の中古車相場表を見る

    i3とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止