テスラの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
セダン
オープンカー
電動自動車
価格帯から探す
400〜499万円
1000万円以上
価格情報なし・販売終了
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

テスラの最近発表・発売された車種

テスラの人気・注目ランキング

テスラの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

テスラの自動車一覧

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • SUV
    セダン
    オープンカー
    電動自動車
  • 400〜499万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • サ行
    タ行
    マ行

テスラの新着レビュー

常に話題を集めるテスラモーターズのSUVであるモデルX、2018年2月に開催されたJAIA(日本自動車輸入組合)主催の試乗会で短時間ではありますがテストドライブする機会を得ることができました。 モデルXの日本における発売は2016年9月ですが、今回試乗したのは2017年10月に設定された3グレードの内、真ん中に位置する「100D」と呼ばれるモデルです。 テスラのグレード名は非常にわかりやすく、数字の部分がバッテリーの容量を意味しています。ゆえに100Dは100kWhのバッテリーを搭載しています。最新の日産リーフが40kWhですからその2倍以上の容量、それはつまりEVの不安要素と言われる航続距離の問題を解決します。 実際、試乗日は数多くのクルマが朝から夕方まで頻繁に出入りするのですが、モデルXは一度も充電することなくフルタイムに動いていたようです。他社のEVやレンジエクステンダーではこうはいきません。その点でも発想自体は非常にシンプル、航続距離に関してもカタログ数値ですが100Dは565kmという実力を持っています。 ただその分、お値段は1241万円とそうそう買えるものではありません。ただ、自分が子供の頃に想像していた「未来のクルマ」は思ったより早く、そして具現化されて目の前に登場したと言っていいでしょう。 スタイリングに関しては非常に独創的です。それでいてどんな風景にも馴染みそう。言い換えれば飽きの来ないデザインに思えます。とはいえ、ボディサイズは全長5030mm×全幅2070m×全高1680mmとかなり大きいです。それでも驚いたのが市街地での取り回しのしやすさです。実は試乗中に自分の判断ミスでかなり狭い路地に入ってしまったのですが、これが意外と言ってもいいほどすんなり抜け出ることができました。もちろん日本仕様のみに設定されている車両側面を映す専用のカメラシステムのおかげもありますが、元々高めのアイポイントも含め、視界の良さが結果として取り回し性能に利いていることは間違いないと思います。 そして何よりもデザイン上のアイコンでもあるのが後席用の「ファルコンウイングドア」でしょう。多分初めて見た人は「ガルウイングドア」と言うと思います。しかしファルコンウイングドアはルーフの中央だけでなくウインドウとの境目の部分も可動sるので構造自体が異なります。真正面から見るとまさに「翼が羽ばたくよう」に動くわけですが、結果として開閉時の張り出しは極めて少ないことがわかります。 それなりに全幅もありますから、隣の車両との干渉は当然避けたいわけですが、スライドドアを持つLクラスミニバンよりもドアを開けた際の張り出しは少ない場合もあります。何よりもこの機構によって2&3列目の乗降性は驚くほど楽チンです。 室内に関してはエクステリア同様にシンプルなデザインですが、やはりテスラと言えばコレ!と言われる位話題になった17インチのタッチスクリーンが目に飛び込んできます。 モデルSの時代から見てもこれに搭載される機能は日々アップデートしています。というか、テスラは通信回線を使って単純にナビを含めたテレマティクスだけでなく車両の機能自体もワイヤレスでアップデートするという仕組みを持っています。 わかりやすく言えばスマホに代表される携帯電話のアップデート機能です。携帯電話やPCの世界では当たり前のように行われているOTA(Over The Air)と同じ考えで、例えば夜寝ている間に自動的に機能向上が行われ、朝には“進化した車両”に乗って出発できるわけです。 通信回線もモデルSの頃に比べればLTE化されているのでネット検索などもかなり早くなりました。いずれは次世代の通信回線へのアプローチも期待したいところですが、現状でも十分。とにかくこの発想自体が国産車ではなかなか高いハードルとして実現できないのですがテスラはサラリとやってのけました。もちろん国土交通省の事前審査も受けていますし、この辺は発想の自由さやそれを実現するスピード感なども含めてテスラという企業を表しているのかもしれません。 走りに関しては前後に高出力モーターを配置することで2トンを超えるボディを余裕で加速させることができます。いや、言い換えれば速すぎ!かもしれません。そこで、というわけではありませんが前述したワイヤレスアップデートにより今回の試乗時には新しく「コンフォートモード」が追加されていました。その名の通り、モーター出力を穏やかにするモードですが、正直これで十分な加速を得ることができます。設定自体もタッチスクリーンで簡単に行えますし、内燃機関とは異なる加速フィーリングに慣れていない人にもオススメできます。 この他にも自動運転機能である「オートパイロット」の進化やエアコンの使い勝手も含めた機能向上などもアップデートしています。 冒頭に述べたようにモデルXの価格は高いですから富裕層を中心とした顧客がメインターゲットとなることは間違いないでしょう。ただ、このクルマが街を走り、そして停まった際ファルコンウイングドアが開いた世界感はやはり素敵です。例えばですが、来たるべき2020年の東京オリンピック/パラリンピックの際に「プレミアムタクシー」という位置づけで走らせてみるのも大会の盛り上げに一役買うかもしれません。

GIGA上海製モデル3SR+が3月に納車され1000km走りましたので、改めてのレビューです。 【エクステリア】 スポーティで格好良く、一見すると空気抵抗係数Cd値が0.23ときわめて小さく作られているような印象は受けない非常にデザイン性あふれるスポーティな外観です。 【インテリア】 真ん中に15インチのスクリーンがあるだけで、それ以外はハンドルとその左右についているレバーが2つあるだけ、という非常にシンプルな内装です。これは好き嫌いが分かれると思います。特に内装の質感については、パッと見た感じ綺麗で、よく見ると素材感など少し安っぽい印象も与えるのが正直なところです。 【モーター・走行性能】 これは後輪駆動のスタンダードレンジプラスでも十分な性能と言えると思います。一度これを経験するともうガソリン車には戻れないスムーズさと力強さ、ダイレクトさです。特に加減速が非常にスムーズでリニアな加速と、アクセルの強弱だけでブレーキを使わないワンペダルドライビングは非常に秀逸です。床面に重いリチウムイオンバッテリーを設置していることからか、低重心で安定感抜群、かつ強烈な加速性能なので、運転モードが「コンフォート」「ノーマル」とあるのですが、「コンフォート」で十分な加速性能を発揮します。 【乗り心地】 少し硬い印象というか、ダイレクトな乗り心地になります。EVならではの静粛性から特に音に対して敏感になりがちかと思います。音楽を止めていると静かすぎてガソリン車ではあまり気にならないロードノイズや風切り音が逆に気になるように思います。 【電費】 ガソリン車と決定的に違うのはEVの宿命とも言えますが「自然放電」してしまうことです。このテスラモデル3はだいたい一晩で1%の電力を自然放電してしまいます。ガソリン車ではそんなことはありませんよね。このあたりも経済性に勘案する必要があると思いますが、自宅充電で専用の電気メーターを付けないと、結局テスラの充電にどの程度の電力を使ったのかは正確には分かりません。ただ、実際のところ(あまり走っていないからか)電気代が高くなったという印象はありません。 【アプリ】 テスラというか最近のIT企業の製品らしく、iPhoneを持っているだけでキーの代わりになりますし、トランクの開閉、ドアロック、ホーン、ライト、ウィンドウの開閉、エアコンのオンオフなど大抵の操作が可能でこれが非常に便利です。FSD(完全自動運転)オプションを付けると「サモン」で駐車場から呼び出すことまでできます。 【価格】 直近で5万円値上げしたみたい(429万円→434万円)ですが、その前に82万円値下げしているので、そもそものコストパフォーマンスは抜群でしょう。環境省の補助金がなくなってもCEV補助金で40万円はもらえるので、この性能のEVが400万円で手に入るのは非常に安価だと思います。アメリカではまた値上げしたみたいなので「欲しい時が買い時」ですかね。 【不具合】 これまでの不具合は、ハード的には特にありません。走行中にディスプレイ表示が固まったことが1度ありましたが一旦パーキングにしたら戻りました。気づいた不具合と言えるのはこのくらいでしょうか。 【総評】 タイトルにあるように私自身は間違いなく今後ガソリン車に戻ることは無いと思います。テスラならではのオートパイロットやギミックの類を抜きにしてもEVの特性とも言える乗り物としての完成度の高さは本当に秀逸だと思います。言葉では言い表わせないので、一度試乗などで実際に運転するとすぐに分かると思います。 【その他】 補助金や、オンラインでの注文、納車の様子、アクセサリー、最新のテスラ関連ニュースなどお知りになりたい方は、以下のリンクも参考にしていただければと思います。 https://lowcarb.style/category/tesla/

3年半弱乗りました。 車はいいと思います。シュッとしたデザイン。加速も刺すような加速であっという間に遅い車を追い越せる。 自動運転も長距離の移動がとても楽になります。 車自体のイマイチなところは、以下のようなところです。 ・ナビが新しい場所や道路に対応しておらず、検索できないことがしばしばあること。 ・動作が遅くてイライラすること。 ・何が何でも最短距離を走らせようとして、車幅などを考慮しないルートを案内すること。 ・後部座席のエアコン口の数は多いが、冷房暖房共にほとんど効かないこと ・フロントガラスが広いので視界はいいが、眩しくて運転しづらいことがあること ・カタログの走行可能距離は完全にデタラメであること ・窓が開かない、閉まらないことがよくある ・窓の動作が遅い ・5人乗りだが、思ったより荷物は乗らない。特に高さのある荷物は乗らない ・基本的にナビや音楽の操作をするパネルの動作が遅い ・Bluetoothで音楽を聴く設定にしているのに、勝手にラジオに切り替わったりすることがよくある ・車幅が大きいので、停められないコインパーキングがある ・自動運転中、何もないところで突然急ブレーキがかかることがしばしばある(寝ている同乗者からブーイングを受ける) ・マニュアルは見たくても開かない 家で充電できるウォールコネクターを設置していますが、この3年間の間に2回壊れています。 どちらも3年以内は保証範囲だということで交換設置してもらえました。 と、たくさんイマイチなところもありますが、許容範囲内なので車自体は気に入っています。 しかし、最悪なのはアフターサービス、カスタマーセンターの対応です。 メールを返さない、連絡をすると言って連絡をしないなんていうのはザラです。 そのことをこちらが指摘するまで謝罪することはありません。 購入当初は日本人が電話に出てくれ、きちんと対応してくれましたが、最近は中国人が電話に出るので話が通じないことがあります。 そして先日、私としては信じられないことが起こりました。 購入当初、ファルコンウイングドアについて販売員から「ドアが開くために十分な高さがなければ開かない。もしくは途中で止まる。」と説明を受けました。 にも関わらず、先日駐車場の天井にドアがぶつかりガラスが割れるということが起きました。割れたガラスが車内に入り、娘が怪我をするところでした。 購入時に場所によってはドアがぶつかるかもしれないので注意する必要があるという説明がなかったこと、販売員が言っていたことが虚偽であること、ドアが開くために必要なスペースがわかっておきながら、その範囲をカバーするセンサーがないこと自体おかしいことを理由に、修理代をテスラ側で負担するよう求めました。 ドアの高さについて説明がなかったと言い切れるのは、運転席・助手席ドア開閉の際の注意点は説明はされており、それはずっと注意しているからです。 私は遠方のため、修理に持って行くだけでも時間、お金のコストがかかります。そこまでは求めないから、修理費用は負担してほしいと伝えました。 日中は電話に出られないので、メールで返事をしてほしいと記載しましたし、テスラの問い合わせフォームの「メールで返事を希望する」にチェックも入れました。(なお、問い合わせフォームへ入力する前にテスラのカスタマーサービスへメールしましたが、返事がありませんでした。) にも関わらず、2回電話をかけてきて、その電話に出られないとそれ以降連絡してきませんでした。 こちらがテスラのアプリから修理予約をする際に、問い合わせフォームに書いた内容をそのまま入力すると、やっとショートメールが送られてきました。 衝突した場所に写真と日時を要求されたので回答しました。修理費用についてテスラからの回答は「センサーが正常であってもぶつかる場合がある。マニュアルを見てください。テスラでは負担できません。」というものでした。 私は、そのような説明はなかったし、マニュアルを見ろというが見たくても開かない、私が修理代を全額負担しなければならないなら、100%私に責任があるということを納得できるよう説明してほしいと伝えました。 しかし、テスラの対応はまさかの"無視"でした。 まだあります。アプリから修理予約をしたのが4月21日。修理の日程が4月28日の14時から。それで、4月27日のお昼頃にテスラの豊中サービスセンターからショートメールがあり、「国内に部品の在庫がありません。海外から取り寄せ中なので取り寄せ次第連絡します。」と連絡がありました。 修理前日にならないとわからなかったことでしょうか。 ちなみに、メールで連絡してほしいと言ったのに電話してきたことに対する謝罪はこちらが求めてもされませんし、部品がないことを理由に修理日程を変更したことに対する謝罪もありません。「申し訳ありませんが」の言葉もありません。 私は完全にバカにされていると感じました。 テスラはトヨタやホンダとは違い、購入した店舗が気に入らなければ他の店舗でサービスを受けるということがしづらいです。そのため、これからテスラを購入される方は、車だけでなくアフターやカスタマーセンターのことも考慮に入れたほうがいいです。 テスラやイーロンマスクの熱狂的ファンで、どんな扱いをされても「テスラにされるなら許せる!」と感じられる方にはいいと思いますが、そうじゃないなら購入はお勧めしません。 少し調べると、海外で同様の事故が山ほど起きているようです。にも関わらず、販売員が虚偽の説明をする、そもそもぶつからないように改善しない。そういう組織です。

テスラの新着クチコミ

  • 返信数15
  • ナイスクチコミ69
  • 2021年5月3日 更新

モータージャーナリスト五味さんのモデル3動画を見てからスタンダードレンジ プラスを検討中なのですが、一般的な消耗品関係が消耗又は故障した場合は町の整備工場やオートバックス等でなんとかなるのかな?と想像しています。 それ以外のいわゆるリコールまたはリコール対象に近いような不具合の報告は現状あるのでしょうか? 今までの自動車メーカーであればそういった場合の対処は想像付くのですが、テスラの場合はどうなっているかご存じの方はいらっしゃいますか?

  • 返信数21
  • ナイスクチコミ55
  • 2021年4月29日 更新

EV全体に言えるかもしれないのですが、なぜテスラは発信加速は速いのに、速度が上がると(加速が)遅いのでしょう。 モデルS P100Dなんかは、700馬力あるのに、140km/hから上の加速は、450ps〜500psクラスの車と同程度です。 これでも十分早いですが、あくまでも比較の上です。 model S P100D 760ps 140-180km/h 4.3秒 マクラーレン 720S 720ps 140-180km/h 1.6秒 R35 GTR     550ps 140-180km/h  3.1秒 Lexus LC500 464ps 140-180km/h 4.9秒 あと、0-300km/hのタイムも公開してないですが、やはり馬力の割には300km/までの加速が遅いと知られるのをメーカーは恐れているのでしょうか。 以上、机上の話です。

  • 返信数11
  • ナイスクチコミ34
  • 2021年4月23日 更新

購入に当たっての心配はこの一点だけです。 特に当方は首都圏外に住んでますので・・・。 購入された方の情報お願いします。

サブタイトル ■テスラファンはこの記事を読まないでほしい! ■自動車メーカーというよりパソコンメーカー寄りの企業姿勢 ■テスラでなければ起きなかった事故 ■すでに海外では日本車は負けているが、国内では脅威にはならない 以上は「ベストカーWeb」4月5日付コラムの自動車評論家の重鎮 国沢光宏氏の記事です。 ご存じの様にテスラは既に世界一の電動車メーカーですが、 販売方法からして革命的・・・というか従来からの業界システムを破壊しかねない異端児ですので 特に自動車ジャーナリストとか言われてる方々からのバッシングも相当なもんですね。 興味ある方は「テスラモデル3」でググってください。 皆さんのご意見ご感想に興味津々です。

  • 返信数10
  • ナイスクチコミ15
  • 2021年4月7日 更新

AWDモデルで前のモーターOFFにできますか? パートタイム4WDのように使えるのか知りたいので。 もし使えるならロングレンジのバッテリーでRWDとして走行でき 好きな時にAWDで走行できるという、個人的には夢のクルマ となるので、オーナーの方教えていただけると助かります。

テスラの人気中古車ランキング テスラの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止