ミニ MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドのモデル一覧

MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドのレビュー・評価

(4件)

MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド 2017年モデルの満足度

5.00

(カテゴリ平均:4.31)

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 【エクステリア】
      前モデルR60からの乗り換えですが、スタイルは前車の方が可愛くて気に入っていましたが、F60もコナレてきて気に入っています

      【インテリア】
      前車からの比較ですが、かなりグレードアップしています。

      【エンジン性能】
      1.8トン近い車体で1.5Lターボエンジンは必要最小限ですが、モーターとの併用の加速は十分すぎます(0−100q 6.8秒ですから)

      【走行性能】
      国産車とは違う足回りでシッカリ感がGOODです。前車と比較してラグジュアリー感が出ていますが、ミニ走行フィールは健在です。

      【乗り心地】
      静かで、安定しているので、ゆとりを持って走行する
      続きを読む ようになりました。
      【燃費】
      ミニ・クロスオーバーとしては街乗りは最高だと思います。長距離・高速移動は軽油仕様が良いかもしれません。
      画像に燃費記録をアップしました。走行距離にたいして、充電電気代からガソリン何リットル使用として計算しています。

      【価格】
      輸入車PHVとしてはお手頃価格と思います。頑張れば予想以上の値引きが出るかもしれません。

      【総評】
      前車R60からの乗り換えですのでミニの良さが経済的に味わえる希少車ですが、小生には最高の車です。
    • いまいち盛り上がりに欠ける車種ではありますが、
      購入から約1,500kmを走行しましたので、レビュー投稿致します。

      【エクステリア】
      丸い形状からスクエアを意識した形状になり、男らしくボディサイズに合ったデザインと思います。
      このボディサイズで丸みが際立つと、違和感があるかもしれません。
      ヘッドライト内の『MINIロゴ』等の細かなデザインやイエローを基調とした、SのマークとEとコンセントをモチーフにしたデザインは多くのMINIの中でも、よりレア感の高さを意識させてくれます。

      【インテリア】
      このインテリアを安っぽいと捉えるか、楽しいと捉えるかは個人の考えによるかもしれませ
      続きを読む ん。
      大衆車とは一線を画すデザインで、レトロさを残しつつ、ナビの標準装備やLEDを多用する事でより運転する事の楽しさを意識させてくれます。

      【エンジン性能】
      車重がある分136psでも重さを感じます。
      静音性は良いですが、それなりにエンジン音のフィールを車内で聞き取れて煩わしい騒音ではありません。
      エンジン音が聞こえないとなると、それはそれでMINIらしくないような。
      エンジンストップとスタートはON/OFFを感じさせない静かさでONのタイミングも良いです。

      気掛かりは満充電状態で走行をスタートすると、バッテリーが切れた瞬間にエンジンがそこそこの回転って事もしばしばあるので、コールドスタートと同じでエンジンを大事にしたい人には気になります。

      【走行性能】
      0-100加速が6.8秒なので、本気で加速すれば早いです。フル加速は未体験ですが、周囲の車両との加速の同調は十分です。
      低速時のステアリングは女性には重たいと感じるかも知れません。
      ステアリングは切った分曲がってくれる感覚で、扱い安いです。
      高速走行は直進安定性は高いですが、エンジンのみでの60〜80kmの加速が一番イマイチに感じます。

      【乗り心地】
      オプションの19インチのランフラットのせいかも知れませんが、少し固いくらいです。JCWに比べると固くありません。
      前後の車重バランスが良いので、加速や減速で前が浮くとか沈みこむような感覚はありません。
      電動シートはランバーサポートの調整で腰痛持ちには重宝します。

      【燃費】
      国産車のハイブリットに比べれば、はっきり言って悪いです。ハイオクですし。
      エコを希望する方にはお勧めしません。
      乗ってから思いましたが、BMWはエコのためにMINIからPHEVを発売したのではなく、MINIの楽しさを残しつつ時代の流れに合った車種を発売したのではないでしょうか。

      【価格】
      高いとは思いますが、BMWブランドのPHEVと考えるとかなり電動化への流れを意識したお得な価格かと思います。

      【総評】
      カーナビが使いにくい、MINIオリジナルのアプリが使いにくい、100V電源を取り出せない、数えれば国産車に劣っているポイントはキリがありません。

      高級感、BMWブランド、安全性(アウトバーンを走れる剛性)等、勝るポイントも沢山あります。

      充電も煩わしいですが、そういう細かい行為が苦じゃなくて、1日を計画的に過ごす(出先で充電したり)
      方には面白い車種かと思います。
    • CROSSOVER PHEV、納車後約1ヶ月、1000キロ走行段階でのレビューです。PHEVだけの特徴に絞り込んで記載します。

      エクステリア
      クロスオーバーPHEVのデザイン主張は、Sエンブレムなどの黄色の配色。なぜ他社と同じようなブルーにしないのか?それは、このモデルが単なるエコカーではない!からだと思います。

      インテリア
      PHEVは電池とモーターを後部座席と荷室下に積みます。そのため後部座席スライドとサブトランクはありません。後部シートが若干高くなってるみたいですが、クリアランスには問題ありません。角度は調節できます。電池による室内の犠牲は少ない方です。
      メーター周りでは
      続きを読む タコの代わりにパワーメーターがついてます。直感的にわかりにくいですが、電池の残量やモードに応じてエンジン始動する領域を教えてくれたりと、使いこなすと走りの参考になります。
      センターメーター周りのLEDリングライトはバッテリー残量計やタコメーターとして使うことができたりして、色々設定する面白さがあります。

      エンジン性能
      スタート時点で最大トルクを出すモーターでドカンと加速し、さらにパワーが必要な時は絶妙なタイミングでエンジンのアシストが入ります。高速巡航はエンジン中心。モーターとエンジンの一体感が素晴らしく、大排気量車に乗っているかのような感覚です。さすがBMW。
      モーター走行は極めてスムーズ。エンジン介入のショックも驚くほどありません。エンジンの遮音にこだわっているんでしょう。車内のエンジン音はかなり少なめです。
      モードを変えればエンジン介入を制限したサイレント走行も可能なので、夜中とか住宅地とかでは周りに迷惑掛けないし、田舎道では鳥のさえずりを聞きながら走れます。
      アイドリング時も空調は駆動バッテリーを使うので、いつまでもエンジンはかからず、停止時の罪悪感も皆無。

      走行性能
      敢えてテーマカラーをブルーではなくイエローにした理由は、CooperSを冠するにふさわしいホットな走りにあると思います。
      ステアリングはクイック、ブレーキのストロークは短め。サスは固めでロール少なめといったセッティング。
      車重が重いので、コーナー侵入は十分減速したほうが良いですが、モーターの鋭い加速で立ち上がりが早く、しっかりした足まわりのおかげでリズミカルな走りができます。ミニというブランドを活かした、実によく考えられた味付けだと思います。
      フロントをエンジン、リアをモーターで駆動する4WDです。駆動モード画面では、めまぐるしく前後の駆動が切り替わっている様子が見て取れますが、ドライでは全く違和感ありませんでした。いやあ、すごい技術。
      さて、雪道ではアウトランダーPHEVの神4駆にどこまで迫れるか?冬も楽しみです。

      乗り心地
      18インチホイールについてきたピレリPゼロのせいか、ロードノイズはやや大きめ。はじめはPHVのメリットである静かさをスポイルしてるなと思いましたが、ここに来て、このグリップ性能はこのモデルの味付けにマッチしていると感じるようになりました。
      固めの足ですが段差の収まりはよく、不快感はありません。車重のおかげか、高速走行時はなかなか高級感のある乗り心地です。

      燃費
      数値上の燃費はディーゼルに劣りますが、使い方次第でかなりエコになります。
      妻が買い物や送迎などに使ってますが、平日は全くガソリン使いません。エンジンは暖まるまでの燃費が悪いので、短距離中心の使い方の場合、月間ランニングコストはガソリン車より1万円以上下がります。充電1回あたりの走行距離は国産PHVに負けますが街乗りでは充分。
      ただし、200V充電設備が設置できないとこのメリットは得られません。設置コストは10万円以内で補助金でおつりがきますが、住宅環境に依存してしまうのがPHV最大の弱点。
      欧州のPHV車は急速充電に対応していませんが、急速充電スタンドはあまり使う機会がないので、なくてもいいと思います。

      価格
      PHVはまだまだ割高。燃費でコスト回収というよりは、静かさとかトルク感とか独自のメリットも含めて総合的に評価すべきです。
      とは言えミニの場合、車両本体価格はSDと同等で装備も同等、走りもCooperSを名乗るに相応しく、補助金20万円をかんがえればかなり頑張っていると思います。

      総合的に、いま日本で手に入るPHVとしては異質の、そしてトップクラスの商品力だと思います。燃費や価格で負ける面はありますが、走りや内外装といった魅力がたくさんあり、今までミニに興味がなかった方に是非乗っていただきたいです。
      ただのエコカーではありません。こんなに走りが楽しいPHV、他にはありませんよ!

      ミニ好きの方にとっても、ディーゼルの音が気になる方、街乗りが多い方、そして200V電源をつけられる方にはPHEVは最高の選択肢になるでしょう!
      クロスオーバー以外にも早く展開されるといいですね。3ドアにモーターを載せたらものすごいホットハッチになるはずです。
      BMWグループ、ここに来てPHEVに力入れてますね!プリウスだけではなく、ミニもPHV普及に貢献する事を切に願っています。

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドのクチコミ

    (7件 / 2スレッド)

    クチコミ募集中

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド 2017年モデル

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド 2017年モデル

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド 2017年モデルのクチコミを書く
    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド 2017年モデル

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド 2017年モデル

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド 2017年モデルのクチコミを書く
    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッド

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ11
      • 返信数5
      • 2018年11月15日 更新
      2シリーズアクティブツアラーでも質問したのですが
      システムが同じようなのでこちらでも質問させてください。

      前輪エンジン、後輪モーターの4WDとのことですが、
      走行中にスリップしたときの動作に関しての質問です。

      @前輪駆動時にスリップした時:後輪モーターがアシスト入る?
      A後輪駆動時にスリップした時:エンジンが掛かってからアシストが入る?

      モーターがアシス
      続きを読むトするのは瞬時だと思うのですが、
      エンジンがアシストするのは幾ばくかの時間がかかると思います。
      実際にどういった挙動をするのかご存知でしたら教えてください。
      • ナイスクチコミ9
      • 返信数0
      • 2017年6月27日 更新
      CROSSOVER COOPER SE、契約しました。
      ホントかどうかはともかく、初回船便だそうです。
      仕様は、カタログ掲載品とまったくの同一です。もともと展示予定品だったとのこと。
      アウトランダーPHEVがもらい事故で大破していまいまして。ホントは後2年くらい乗ってPHVの選択肢がもっと増えたあたりで乗り換えようと思っていたのです。今はまだPHVの選択肢少ないですが、運
      続きを読む良く早々に納車される機会を得て、きめちゃいました。値引きは車両はゼロ、オプション品でサービス少々ってとこです。
      27年前はオールドMINIにも乗ってました。昔のファンからすればニューMINIが出た当時はふざけるな!といった感覚でしたが、BMWの力で素晴らしいブランドに育ったものですね。

      当然ながら試乗車はありませんが、兄弟車225ieとCOOPERSDの試乗で見極めました。ランダーよりモーター走行距離短いですが、モーターだけでもかなりの速度まで引っ張ってくれます。トルク感はランダーと互角で厚く、静かさはランダーより上だと思います。ただし四駆としての性能はランダーには敵わないでしょう。

      PHVはご近所乗りでは、電気代の方が圧倒的に低コストになりますよ。もちろん、車庫に200Vコンセントがあればですが。

      比較したPHV候補は、そこそこ荷物を積みたいので225Ieとマイチェン後ランダー。225ieはかなりの値引きでいい車だけどやはりBMWとして乗るには走りもスタイルも納得できない。ランダーは三菱渾身の傑作だと思いますが、やはり事故のトラウマが怖くて断念、です。

      225ieの兄弟車であることを考えると割高感はありますが、このワクワク感はミニならではのプレミアムですかね。
      納車が楽しみです。

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドの中古車

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドの中古車相場表を見る

    MINI CROSSOVER (クロスオーバー) プラグインハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止