フォルクスワーゲン ティグアンの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

フォルクスワーゲン ティグアンの新型情報・試乗記・画像

ティグアンの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ティグアンのモデル一覧

ティグアンのレビュー・評価

(85件)

ティグアン 2017年モデルの満足度

4.11

(カテゴリ平均:4.29)

    ティグアン 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • ティグアン 2017年モデル TSI Elegance 本国より約1年弱遅れての日本導入となったVWティグアンのマイナーチェンジモデルに試乗しました。

      2021年5月導入時には後述する特別仕様車を含めた4グレード構成でしたが、その後、最もハイパフォーマンスの「ティグアンR」を投入しています。試乗は快適装備等をバランス良く搭載した「TSIエレガント」。導入時は483万9000円でしたが、この原稿執筆時では491万1000円に価格改定されています。

      ボディカラーに関しても導入時に新設定された3色のうち、試乗車は「キングズレッドメタリック」となっています。

      ティグアン自体はフォルクスワーゲンのSUVビジネスのコアとなるモデルです。日本法
      続きを読む 人の発表によればグローバルにおける人気は高く、参考ですが2019年の生産台数は91万926台と毎年増え続けているそうです。

      今回のマイナーチェンジではエクステリアの造形変更や最先端のADASの搭載など細かなアップデートが行われていますが、その中で一番驚いたのはこれまで販売の牽引車的モデルであった2L直4ディーゼルターボが廃止され、ガソリンエンジンのみ、但し1.4L直4ターボから1.5L直4ターボに一本化されたことです。搭載する1.5L直4ターボエンジンは1497cc、110kW(150ps)/5000-6000rpmの最高出力と250Nm(25.5kg-m)/1500-3500rpmのスペックを持ち、ACT(気筒休止システム)を搭載します。型式は異なりますが、ポロのR-Lineにも搭載されており、スペックも同じです。

      VWのファンでなくても、ディーゼル特有の低速域から発生するトルクの太さは重量のあるSUVにはピッタリのパワートレーンだったはずです。技術適合も含め、今回導入は見送られましたが、これに変わるのが1.5Lエンジン(のみ)と聞くとやはり「非力なのでは」と多くの人が感じることでしょう。もちろん私も同じ気持ちで試乗車に乗り込みました。

      くどいようですが、ファイナルギア比なども異なりますが、それでもポロとの車両重量差は300kg以上あります。今回のマイナーチェンジでDSGを6から7速にアップグレードさせることでエンジンをより効率良く使えるようにするなどきめ細かなチューニングされています。

      そして公道に出た瞬間、あまりにもボディがスルスルと加速していくことに驚きます。当時、試乗ポイントは山道と高速道路を設定してありましたが、フォルクスワーゲン側もここで走らせても十分以上のパフォーマンスが体験できると自信があったのでしょう。なるほど、ワインディングでもトルクは瞬時に立ち上がり、前述したDSGとのマッチングの良さもプラスして2名+機材(ほぼ1名分)の状態でもアクセルを半分くらいの開度で余裕を持って駆け上がります。

      驚いたのはフロント部分の軽さによる回頭性の高さです。2Lディーゼルエンジンよりはもちろんフロント周辺の重量は軽くなっていますが、ステアリングをスッと切り込んだ際の応答遅れの少なさ、特にロール自体も適度に抑えられており、全体的なフットワークは軽快と言う表現がしっくりきます。

      また高速道を走行してもADAS制御がレベルアップしていることを体感できました。現在発売されている新型ゴルフ(ゴルフ[)も同様ですが、いわゆるACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を進化させた「Travel Assit (トラベル アシスト)の制御が非常に上手く、前走車への追従だけでなく、減速時の自然なGの利き方、またレーンキープ性能に関しても満足できるものです。

      インフォテインメントシステムに関しても搭載される「Discover Pro」は徐々に日本の市場に向いた設計になってきました。正直、ルート設定などの操作上の階層などの作り方はそこに「文化の違い」を見ることもありますが、通信モジュールを搭載したことで、スマホ側からドアの解錠や施錠なども含めた「We Connect」が使えるようになった点も利便性を高めています。

      もしこのナビが気に入らなくてもAppleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」にも対応していますので、それらも用途に応じて使いこなせば良いでしょう。

      インテリアに関しても新型ゴルフ[にも採用されている,パネルにタッチ&スライドするように操作するエアコンパネルも最初は慣れない部分もありましたが、コツはすぐに掴めますし、操作に対する反応も十分と言えるでしょう。

      後席に関しても足元&頭上周りも余裕があり、ラゲージの収納力も満足できるものです。

      グレードに関しては導入時に設定されていた「TSIファーストエディション」が約40万円高いながらもそれ以上の装備を搭載していました。一部のディーラーではまだ購入できるようです。

      ただ、そうは言っても乗り出しで550万円以上のSUVですから、なるべくコスパも重視したいところです。その点ではこの「TSIエレガント」はレザーシートこそオプションですが、前席パワーシートや前後席全てにシートヒーターを内装するなどバランスが取れています。もしオプションの「ハーマンカードン製」のプレミアムオーディオや電動パノラマスライディングルーフが欲しいのであれば、ひとつ上の「R-Line」一択になりますが、その分、乗り出しも600万円前後になりますので、その辺は予算との相談になります。

      しかし、今回のティグアンのマイナーチェンジで、「T-Cross」「T-Roc」とセグメントごとの商品が明確になり、よりユーザーニーズにマッチしたことは間違いないでしょう。
      参考になった 11人
      2021年10月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 4
    • 【きっかけ】
      ヴァンガードの希少車3,500tの350Sからの乗換えで、
      スバルレガシィと迷った結果、営業マンの熱意に負けて購入しました。

      【エクステリア】
      丸みを帯びており、ゴルフを上手にSUVにしたような感じです。
      リアはL字に光るLEDが新鮮でした。

      【インテリア】
      非常にシンプルです。
      余計な物が全く無く、助手席の位置調整とかは手動でした。
      ブラウン色の内装は、お洒落で落ち着きがありました。

      【エンジン性能】
      2,000tターボの(179馬力・トルクが28.6kgf・m)ですが、個体差があるのか
      アリスト(280馬力・466kgf・m)乗りの知人が『
      続きを読む アリストより良いカモ』って
      毎回褒めちぎってました。
      確かに、3,500tの前車からの乗換えでも、全く不満はありませんでした。

      【走行性能】
      四駆はハルデックスのパッケージングでしたが、何ら不満無く
      雨や雪の日でも、困ったことはありませんでした。
      ブレーキも良く効きました。
      トヨタのSUV乗りの知人は『走る・曲がる・止まるが凄く素晴らしい』と
      更に『自分の車とは天と地の差がある』と褒めちぎってました。

      【乗り心地】
      角が取れた締まり方とでも言いますか、心地良い締まり方で快適でした。

      【燃費】
      高速道路4割・都市部の一般道6割の使用環境下で
      『11』ぐらいだったと思います。

      【価格】
      相応だったと記憶します。ナビなどはオプション扱いでしたので、
      車の性能と価格のバランスは良かったんではないかと思います。

      【総評】
      スペックからは想定できない走りで満足してたのと、最高速も高かったです。
      大雨の高速道路でも安心して踏んで行けました。
      『流石ゴルフベースのSUVだ』と感心しました。
    • 2.0TSI Leistung 4MOTION(2015年後期)

      【エクステリア】
      シンプルなデザインで個人的には格好いい顔だと思います。樹脂パーツが入ることで、SUVらしい雰囲気もより強く感じますし、足回りは多少汚れていても寧ろ絵になるワイルドさを演出できていると思います。VWの中でもGolfではなく上位のPassat系統のフロントデザインも控えめな上品さがあります。2リッター4MOTIONは走りとのギャップがあるくらい大人しい顔に感じます。

      【インテリア】
      Leistung 4MOTIONは 4MOTIONとしては廉価版となるため、パドルシフト等がついていませんが、そうした
      続きを読む 細かな部分が違うだけで、寧ろシンプルな内装が好きな人はこちらで十分だと思います。また、社内には収納がとても多く、アウトドアなどで様々なものを忍ばせる上で使い勝手が良いです。
      荷物も同クラスの中ではまぁまぁ乗る方だと思いますし、使い勝手の悪さは感じません。
      【エンジン性能】
      このモデルはグループ傘下の先代のAUDI Q3と同一型番のエンジン、しかも、このサイズ以下のAUDIのクワトロシステムと同等ですので、乗り味もGolfやPassatなどよりもAUDIのクワトロシステムに近い感覚の走りです。これは、2リッター4Motionモデルじゃないと味わえません。また、7速DSGですが、比較的故障が多い乾式ではなく、こちらは湿式であるため、安心感がありますし、エンジンとトランスミッションの相性が非常に優秀です。少なくとも、日本国内の道路事情、法律の下では十分なもので、逆に加減しないとスピードが一気に上るため注意が必要です。これに慣れると1.4リッターモデルとかでややもたつきを感じます。現行モデルにも負けていないと思います。

      【走行性能】
      直線の加速性能はかなり良好で、2リッターエンジンとしては低回転からトルクの効いた走りができます。雨天時などもしっかりと路面を掴む感じが4MOTIONならではかと思います。ただし、やはりSUVですので、重心が高めなので、急ハンドル時には特有の跳ね返り感がありますが、よほどスピードを出さなければ非常に安定した直進性能、イメージのライン通りにきっちり走ってくれて、ドイツ車らしい安定性を感じることができます。また、ブレーキもよく効くため、安心感があります。(参考までにタイヤはミシュランのPREMACY4を履いてます)

      【乗り心地】
      SUVですので、セダンやクーペと比べるとサスが硬めで突き上げ感を感じることもありますが、これは未舗装道路や大きな段差を越したりするときのみで、通常の道路はいい意味でSUVらしからぬ乗り心地です。運転する分には、シート位置が高く、目線が歩行時に近いため、距離感がつかみやすく、運転がしやすい部類になります。長距離ドライブも疲れにくいです。
      【燃費】
      2リッター四駆モデルなので、決して燃費は良くはないですが、ゆっくり走れば大体10キロ前後、高速だともっと伸びます。(カタログ値11.5リットル)
      【価格】
      Leistung 4MOTIONはコスパが非常に良いと思います。AUDI Q3と迷ったのですが、価格が安く、且つ仕事でも悪目立ちしないため、こちらにしましたが、この価格でクワトロの味わいが楽しめるのは非常にお得です。
      【総評】
      Tiguanは幾つかのモデルが出ていますが、個人的には、四輪駆動じゃないSUVはSUVじゃないと思っています。大半のモデルはそういう意味では、なんちゃってSUVですが、本モデルはSUVとして必要な走行能力を安価で再現できている非常にお得感のあるモデルだと思います。VW社自信があまり四駆モデルを強くは売りにしておらず、四駆といえば、グループ内でAUDIに大きく差をつけられているように見えます。しかし、AUDIもA4以上は自社の四駆モデルですが、A3以下はVWの4MOTIONをそのまま移植しているものなので、裏を返せばこのサイズの四駆モデルはAUDIもVWも大差がないと言えます。
      また、仕事で使用したりする場合に、ベンツ、BMWほどではないにしてもAUDIもまぁまぁ目立ちますが、VWであれば、普及率も高いため悪目立ちせずに使用できると言った点も大きいです。
      2016年型以降はエンジンパワーが下がっていますが、四駆モデルであれば、中古でも程度の良いこのモデルのほうが、走破性が高く満足の行く走りをしてくれると思います。羊の皮を被った狼のような車、とまでは言いませんが、それに近い走行性能です。
    • 【エクステリア】
      フロントはよりパサートに近い形になり、個人的にはマイナー前よりも好みな形で満足。
      メッキが多く、マイナーチェンジ前よりも高級感がアップしています。
      X1と比較して高さがある分、大きく感じます。
      【インテリア】
      X1、NX(現行)と比べると高級感は劣るが、デジタルコクピットやオンライン連携は上。
      ナビの行き先設定はオンライン経由で検索しているのか候補が出るまでに3、4秒かかる。
      検索後のルート候補が3つ程度しか出ず、かつ有料道路有無別での候補は出ない(有料道路利用なしを選択して、再検索が必要)ため、使い勝手はあまり良くない。改善してほしいところ。
      シートは程よい
      続きを読む 硬さで疲れにくく、長距離も安心。後部座席は広く、運転席をよほど下げなければ、身長170cm程度で足も組めます。
      レーザーシートオプションは付けていないため、シートセッティングは手動です。
      テレビはディーラーOPで対応できるそうです。(後付予定)
      【エンジン性能】
      X1ディーゼルモデルと比較すると加速は劣るが、踏めばグイグイ加速していくので、高速道路の合流・追抜きはスムーズにできます。
      4気筒から2気筒への切り替りは運転していて分かりません。インパネ上、ecoの文字が出て初めて気づく感じです。
      【走行性能】
      Travel Assistは非常に便利。高速道路走行、渋滞走行の負担が格段に軽減した。車線変更後も引き続き機能が維持される。
      DSGの変速は滑らか。低速時はまれにギクシャクするが許容範囲。
      ハンドリングは軽めだが、設定をスポーティにすれば少し重くなり好みな感じになりました。
      パドルシフトがついており、エンジンブレーキの利用頻度が増えました。
      背が高い割に重心は低いらしく、少々のスピードを出して曲がっても安定しています。
      IQ.LIGHTは前方車両を認識するとヘッドライトを下げたり、高速走行中は眩しくならないよう車両へのハイビームのみを避けて周囲のみハイビームにしたりと賢いです。
      【乗り心地】
      突き上げもそれほどなく快適。遮音性も高いです。
      【燃費】
      市街地:10.0km/L程度
      高速道路:16.0km/L程度(距離50km走行)
      ※エアコンは23℃オートモード
      高速はより長距離走るとさらに伸びると思います。
      なお、アイドリングストップをオフにすると、0.5km/L程度燃費が落ちます。
      【価格】
      値引きを頑張ってもらえたので満足だが、このクラスの車種は全般的に500万程度するところは致し方ないのかなと。
      ※ディラーとのお付き合いもあるので、値引き額は非開示とさせて頂きます。
      【総評】
      強い特徴はないが、総合的に安定しているところが良かった。
      運転も疲れにくく、スポーティに走ってくれるため、運転するのが楽しい車。
      各アシスト機能のおかげで長距離ドライブの負担も減りました。

    ティグアンのクチコミ

    (1394件 / 167スレッド)

    クチコミ募集中

    ティグアンのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    ティグアン 2017年モデル

    ティグアン 2017年モデル

    ティグアン 2017年モデルのクチコミを書く
    ティグアン 2008年モデル

    ティグアン 2008年モデル

    ティグアン 2008年モデルのクチコミを書く
    ティグアン

    ティグアン

    ティグアンのクチコミを書く

    閉じる

    ティグアンのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    ティグアン 2017年モデル

    ティグアン 2017年モデル

    ティグアン 2017年モデルのクチコミを書く
    ティグアン 2008年モデル

    ティグアン 2008年モデル

    ティグアン 2008年モデルのクチコミを書く
    ティグアン

    ティグアン

    ティグアンのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ61
      • 返信数28
      • 2022年6月28日 更新
      6月末頃には納車ができそうとの事でやっとティグアンに乗れるのかと楽しみにしてましたが又、納車遅延の連絡がありました。
      ウクライナ情勢、半導体、部品製造の遅れ等致し方ない事ですが流石に嫌気がさして来ました。
      発注してから2度の値上げ、度重なる納車遅延、トヨタ、ランクルなどは中東などへの供給優先で日本向けは10%程度との事、ワーゲンもTクロス、Tロック等の商品群以外は軒並み入っ
      続きを読むて来てない様です。
      国産メーカーでさえ日本重視してないのですからVWが日本市場を軽視し海外諸国納車優先しても不思議ではないかと。
      納車待ちの皆様、状況は如何でしょうか?
      ティグアン発注以後、魅力的なSUV
      が国産、外車共に発表されています。(納期はかかるでしょうが)
      納車待ち1年までを期限とし、この度はキャンセル、現車の車検を取り、各メーカー納期が正常に戻った時点で再検討する事としました。
      非常に残念ですが苦渋の決断です。
      • ナイスクチコミ19
      • 返信数7
      • 2022年3月28日 更新
      当方ティグアンRを9月契約いたしましたが、現在納期未定の状況です。
      ウクライナ侵攻の影響もありドイツの工場が止まるという話も聞きましたが、現在何月頃までに発注かけた方まで納車されたのか気になります。
      納車された方、納車予定の方ご教示いただけますでしょうか。
      • ナイスクチコミ9
      • 返信数10
      • 2022年2月22日 更新
      I'm in the process of buying a second-hand Tiguan TDI 4motion R-line (2020 registration) with about 21000km. The condition seems good however there are big scratches on the wheel and around 続きを読むwheel cover (plastic area).

      I don't know if there can be a chance of price bargain/discount because of that?

      Please help to guide if someone has ever bought a used car and had some experience in price bargain.

      [please excuse any mistakes this is my first post here]
      Thank you.

    ティグアンの中古車

    ティグアンの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    ティグアンとよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止