トヨタ プリウス 2015年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

プリウス 2015年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
E2018年12月17日/マイナーチェンジ

256万円

89〜228万円   FF 5人 39.0km/L 1,797cc 1,320kg 122ps
S2018年12月17日/マイナーチェンジ

261万円

86〜378万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,350kg 122ps
S ツーリングセレクション2018年12月17日/マイナーチェンジ

278万円

108〜361万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,360kg 122ps
S 4WD2018年12月17日/マイナーチェンジ

281万円

98〜286万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
S ツーリングセレクション 4WD2018年12月17日/マイナーチェンジ

298万円

148〜370万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,450kg 122ps
A2018年12月17日/マイナーチェンジ

289万円

120〜365万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,360kg 122ps
A ツーリングセレクション2018年12月17日/マイナーチェンジ

306万円

109〜385万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
A 4WD2018年12月17日/マイナーチェンジ

309万円

130〜297万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
Aプレミアム2018年12月17日/マイナーチェンジ

323万円

136〜315万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,380kg 122ps
A ツーリングセレクション 4WD2018年12月17日/マイナーチェンジ

326万円

158〜295万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,450kg 122ps
Aプレミアム ツーリングセレクション2018年12月17日/マイナーチェンジ

334万円

138〜319万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,390kg 122ps
Aプレミアム 4WD2018年12月17日/マイナーチェンジ

343万円

139〜378万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,450kg 122ps
Aプレミアム ツーリングセレクション 4WD2018年12月17日/マイナーチェンジ

354万円

178〜321万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,460kg 122ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
E2017年11月1日/マイナーチェンジ

242万円

89〜228万円   FF 5人 40.8km/L 1,797cc 1,310kg 122ps
E2015年12月9日/フルモデルチェンジ

242万円

89〜228万円   FF 5人 40.8km/L 1,797cc 1,310kg 122ps
S2017年11月1日/マイナーチェンジ

247万円

86〜378万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,360kg 122ps
S2015年12月9日/フルモデルチェンジ

247万円

86〜378万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,360kg 122ps
S 4WD2017年11月1日/マイナーチェンジ

267万円

98〜286万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,430kg 122ps
S 4WD2015年12月9日/フルモデルチェンジ

267万円

98〜286万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,430kg 122ps
S Safety Plus2017年11月1日/特別仕様車

260万円

113〜259万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
S Safety Plus2016年8月8日/特別仕様車

269万円

113〜259万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
S Safety Plus 4WD2017年11月1日/特別仕様車

280万円

125〜258万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
S Safety Plus 4WD2016年8月8日/特別仕様車

288万円

125〜258万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
S Safety Plus Two Tone2017年11月1日/特別仕様車

273万円

158〜261万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
S Safety Plus Two Tone 4WD2017年11月1日/特別仕様車

292万円

209〜249万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
S ツーリングセレクション2017年11月1日/マイナーチェンジ

262万円

108〜361万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
S ツーリングセレクション2015年12月9日/フルモデルチェンジ

262万円

108〜361万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
S ツーリングセレクション 4WD2017年11月1日/マイナーチェンジ

282万円

148〜370万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
S ツーリングセレクション 4WD2015年12月9日/フルモデルチェンジ

282万円

148〜370万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
A2017年11月1日/マイナーチェンジ

277万円

120〜365万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,360kg 122ps
A2015年12月9日/フルモデルチェンジ

277万円

120〜365万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,360kg 122ps
A 4WD2017年11月1日/マイナーチェンジ

297万円

130〜297万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
A 4WD2015年12月9日/フルモデルチェンジ

297万円

130〜297万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,440kg 122ps
A ツーリングセレクション2017年11月1日/マイナーチェンジ

292万円

109〜385万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
A ツーリングセレクション2015年12月9日/フルモデルチェンジ

292万円

109〜385万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,370kg 122ps
A ツーリングセレクション 4WD2017年11月1日/マイナーチェンジ

312万円

158〜295万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,450kg 122ps
A ツーリングセレクション 4WD2015年12月9日/フルモデルチェンジ

312万円

158〜295万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,450kg 122ps
Aプレミアム2017年11月1日/マイナーチェンジ

310万円

136〜315万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,380kg 122ps
Aプレミアム2015年12月9日/フルモデルチェンジ

310万円

136〜315万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,380kg 122ps
Aプレミアム 4WD2017年11月1日/マイナーチェンジ

330万円

139〜378万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,450kg 122ps
Aプレミアム 4WD2015年12月9日/フルモデルチェンジ

330万円

139〜378万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,450kg 122ps
Aプレミアム ツーリングセレクション2017年11月1日/マイナーチェンジ

319万円

138〜319万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,390kg 122ps
Aプレミアム ツーリングセレクション2015年12月9日/フルモデルチェンジ

319万円

138〜319万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,390kg 122ps
Aプレミアム ツーリングセレクション 20th Anniversary Limited2017年11月15日/特別仕様車

385万円

247.9万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,390kg 122ps
Aプレミアム ツーリングセレクション 20th Anniversary Limited 4WD2017年11月15日/特別仕様車

404万円

269〜295万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,460kg 122ps
Aプレミアム ツーリングセレクション 4WD2017年11月1日/マイナーチェンジ

339万円

178〜321万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,460kg 122ps
Aプレミアム ツーリングセレクション 4WD2015年12月9日/フルモデルチェンジ

339万円

178〜321万円   4WD 5人 34.0km/L 1,797cc 1,460kg 122ps

プリウス 2015年モデルのレビュー・評価

(249件)

プリウス 2015年モデルの満足度

4.12

(カテゴリ平均:4.3)

    プリウス 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • プリウス 2015年モデル プリウスはハイブリッド車の元祖であり、トヨタのハイブリッド車ラインナップをリードしてきたクルマである。今回のモデルは4代目に当たり、高い環境性能をしっかり確保すると同時に、これまでのモデルに比べて走り志向を強めてきたのが特徴だ。

      プリウスといえばまずは燃費性能だ。かねてから定評のあるハイブリッドシステムのTHS Uを進化させ、構成部品の小型軽量化を進めると同時に、システム全体の効率を高めるなどの改良を図っている。

      エンジン単体に関しては最大熱効率40%という優れた性能を達成し、その上でハイブリッド車としての効率アップにより、燃費訴求のグレードでは40.8km/Lという超低燃費が実現
      続きを読む されている。プリウスである以上、断トツの燃費性能は外せないところである。ほかのグレードでも37.2km/Lを得ていて、これが実力値ということになるのだろうが、これでも十分に良い数値である。

      4代目プリウスの走りが変わったのはクルマ作りが変わったからだ。トヨタではクルマの設計・開発システムの革新を図っていて、今回のプリウスからTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)という新しい手法を採用するようになった。

      TNGAは今後のトヨタ車の開発に順次適用されていくことになるが、これを最初に採用したのがプリウスというのは象徴的である。トヨタの主力モデルであるハイブリッド車だからこそ、TNGAを最初に採用したわけだ。

      TNGAの効果は低重心で剛性の高いボディを作れた点に端的に現れている。これが操縦安定性に優れたスポーティな走りにつながったといっても過言ではない。

      プリウスに乗り込むと低い着座位置に驚かされる。低重心化に伴ってシートの位置も大幅に低くなっているからだ。シートリフターが装着されているのでシート高は調整が可能だが、新型プリウスのシートは相当に低い。

      それでいながら、ボンネットフードの高さを低くすることなどによって、シートが標準状態の高さであっても開けた視界が得られるように工夫されている。運転席からは視界を妨げるワイパーも見えない。

      プリウスを走らせると、走り出しはスムーズそのものだ。これまでのプリウスと同様、通常の状態なら最初は電気モーターだけで静かにするすると走り出す。このEVモードの領域も拡大されている。走り出した後はアクセルの踏み具合などによってエンジンが始動し、走行条件に応じてエンジンとモーターを自在に使ったハイブリッド走行になる。

      今回のプリウスではこれまでのモデルに比べ、アクセル操作に対する反応がグンと良くなった。加速しようと思ってアクセルを踏んだとき、確実に反応してクルマが前に進んでいく感じが強くなった。

      基本が環境性能車のプリウスだから、スポーティーカーのような走りを目指したわけではないが、ドライバーの意志に確実に応える走りになっている。従来のプリウスでは、アクセルを踏んでも素直な反応が得られず、特に欧州などでは“ラバー・バンド・フィール”と言って嫌われる傾向が強かったが、それがかなり改良されている。

      乗り心地と操縦安定性のバランスも格段に向上した。特に良くなったのが操縦安定性で、低重心化に加えて後輪にキャパシティの高いダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用したことで、カーブでの挙動がとても落ち着いたものになった。

      別の機会に富士スピードウェイのショートサーキットでも試乗したが、限界に近い走りを試しても、とても安定した姿勢でコーナーをクリアしていく。横揺れも少なく、横滑り防止装置のVSCも簡単には作動しないくらいに安定性が確保されている。

      新型プリウスには4WDを含めていろいろなモデルに試乗したが、最も好感が持てたのは17インチタイヤを履いたSツーリングセレクションだった。心持ち硬めの乗り心地ながら、より高い操縦安定性を実現するのがこの仕様で、新型プリウスではこれがお勧めである。

      というか、AやAプレミアムでもなどのグレードでもツーリングセレクションがお勧めで、標準仕様のモデルは走行性能の面でやや魅力薄だ。ツーリングセレクションを選ぶと、最小回転半径が5.1mから5.4mになってやや小回りが効かなくなるが、5.5m以下なら許容範囲である。

      ブレーキを踏んだときの感覚も良かった。ハイブリッド車では油圧ブレーキと回生ブレーキが併用されていて、そのつながりの部分に違和感を感じることがあるが、新型プリウスではそれが全く感じられず、どちらのブレーキがどう働いているか分からないくらいに滑らかだった。

      今回のモデルではFFを基本に、リヤにモーターを配置した電気式4WDのE-FOURも初めて設定された。積雪地のユーザーには大いに朗報である。プリウスのE-FOURは、発進時の支援を中心に時速70kmくらいまでの領域でしか4WDにならないが、それでも4WDとして一定の効果は得られる。

      性能アップに加えてトヨタ・セーフティセンスPの採用などの仕様アップが行われた新型プリウスは、その、魅力アップに合わせて価格もざっと20万円くらい高くなったが、それでも十分に魅力的なクルマだと思う。

      参考になった 736人
      2016年7月19日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 5
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 5
      価格 4
    • 今回は日本車代表、ハイブリッドカー代表といえるプリウスに乗ってきました。国民的ハイブリッドカーの実力、いざ拝見。

      トヨタレンタカーさんでお借りしました。距離もそこそこ、トヨタレンタカーさんの車はいつも整備状況が良いですね。

      【エクステリア】
      エクステリアを一言でまとめるなら「近未来的」。流れるようなボディラインが良い意味でセクシーで、僕は嫌いではない。
      ただ、フロントのイカツいのとリヤのオジンくさくてバランスが取れてないこと。これはいただけない。せっかくの近未来的デザインに水を差してしまっている。
      でも、この形を見ればすぐにプリウスと分かるデザインは全体的に悪くないと思う。
      続きを読む

      【インテリア】
      こちらは相変わらずチープだ。至るところにプラスチックが顔を出している。このプリウスに至っては変わった形のステアリングの一部にまでプラスチックがにっこりでお出迎えだ。トヨタさん、そろそろプラスチックでごまかすのやめません…?
      シートは硬めで、骨もあってホールドも割としっかりしてるのだが、ちょっと硬過ぎるかな。長距離を走ったのだが、背中と腰が疲れた。
      さて、プリウスは3ナンバーでそれなりに大きいので、リヤの居住性はどうかだが、これはマルだ。しかし、頭上のスペースは少し寂しいので三角。近未来的デザインの代償といったところか。

      【エンジン性能】
      動力性能だが、エンジンは1.8にしてはパワー不足に感じた。感覚としては1.3ぐらい。アトキンソンサイクルエンジンは力仕事が苦手らしいが、エンジンが力仕事しないでどうする。
      一方のモーターはなかなかパワーもトルクもあり、弱気発言紛いのエンジンを上手くサポートしていた。

      【走行性能】
      走りだが、これはエコ、ノーマル、スポーツの3モードのどれを選ぶかで天と地。
      エコはかったるいの一言に尽きる。せいぜい路地裏を徐行するぐらいには使えるかな。
      正直終始ノーマルで良いような気がする。それなりにパワー、トルクともに感じられ、交通の流れに乗るのに困らないし、燃費もキープできる。上り坂でパワー不足に感じるのが唯一の欠点だろう。
      スポーツは速い。モーターどころかエンジンも全開でっせと言わんばかりのプリウス全身全霊の訴え!ただ、燃費の悪化も早い…。
      さて、モード選びの話はこの辺にしてそれ以外だが、ハンドリングはアンダー気味。車が重く感じられるのも然り、カーブではアウトに引っ張られるプッシュアンダー状態だ。
      ロールは抑えられてる印象だが、ピッチングはややある。特にブレーキをかけた時の減速Gの感じ方がモロで、止まった時にカクンとなり、首が振れる。ブレーキはもう少し優しくしてほしいな(僕のブレーキの仕方も含め。)。

      【乗り心地】
      これは至って快適だ。しかし、ここでまたも良いところに水を差すものがあらわれた。遮音性の問題だ。一般道ではそれほど気にならなかったが、高速時が問題だった。走っているとまるで窓が開いているかのようにピューピュー音が入ってくるのだ。これより格下のヴィッツでももっと静かだぞ。
      正直これが今回1番ガッカリした点だ。僕にとってのハイブリッドカーのイメージというのは、まるで音を立てていないなかの如く静かで快適な移動空間を提供してくれるものだと思っていた。そのイメージをよりにもよってハイブリッドカー代表たるプリウスに崩された点にガッカリした。
      他は良い。しかし、この遮音性の問題は大問題だ。遮音材の使い方が下手なのか、それとも手抜きなのか。それは定かではないが、今回はハイブリッドカーとしてのイメージを見事に裏切られたのが気に食わなかったので厳しく評価させていただいた。プリウスミサイルならぬレビューミサイル発射だ。

      【燃費】
      これについてはさすがに文句なしだが、この燃費は変動制だ。先述の3モードの使い方で燃費は良くもなるし悪くもなる。今回僕は全てのモードでどうなるか体験したが、僕個人としてカタログの数値がホントかウソッパチか白黒付けるのは難しい。これについてはこのレビューをご覧になっているあなた自身で是非確かめていただきたい。

      【価格】
      僕個人としては正直高い。昨今のクルマは値段が右肩上がりになっているが、プラスチックの内装とハイブリッドの実力に伴わない遮音性を体感してしまった以上、僕はこの値段で妥協することはできない。
      あくまで1日レンタカーで乗っての感想だが、購入を検討されている方も1度乗って確かめる機会を設けてほしい。

      【総評】
      ハイブリッドカーというジャンルの創始者たるプリウスのネームバリュー、そしてブランドは大いに認める。
      しかし、その傍らでそれに伴わない実力、を露呈してしまっていること、「プリウスミサイル」という異名に表された安全面における脆弱性もまた事実だ。
      プリウスという選択は大いにアリだ。5人快適に乗れて、おサイフにも優しい。ここ最近クルマを買う上で燃費というのは非常に重要なポイントになっているが、僕は今一度考え直してみるという選択もアリだと思う。
      クルマにとって本当に大事なのは、「走る・曲がる・止まる」という3つの動作がちゃんとできること。それを当たり前にできるクルマこそ本当にイイクルマだと僕は思っている。その点で見た時、このプリウスは2、3歩遅れていると感じた。
      今まで色んなクルマに試乗してきたが、今までで僕が1番イイと感じたクルマは2台。家のクルマのミニとデミオ。どちらもハイブリッドじゃない。ガソリンNAだ。しかし、この2台は「走る・曲がる・止まる」がしっかりこなせ、安心して走らせられるのだ。今回プリウスに試乗して、最終的にプリウスより小さいこの2台の偉大さに改めて気づかされる意外な結末を迎えることになった。
    • 実家が4代プリウスを乗り継いでいて帰省時によく運転します。

      【エクステリア】
      3代目で良くなり過ぎたのか、4代目は可愛げとカッコ良さが不足していると思います。

      【インテリア】
      初代からスッキリした内装を保ってます。良くはなりましたが内装にはあまりお金をかけない主義を貫いてますね。

      【エンジン性能】
      モーターとエンジンの繋ぎが上手すぎる。パワーも十分、なんの不足もありません。初代とは隔世の感があります。THSUが良すぎて他社はEVに舵を切らざるを得ないのも納得です。

      【走行性能】
      これは3代目から飛躍的に良くなりました。初代から3代目まではリアが跳ねる感じがありま
      続きを読む したが、4代目はしっかりグリップしてくれます。タイヤをコンフォート系に換えたらもっと良くなりますね。

      【乗り心地】
      これも4代目の良いところ。ボディも剛性が上がってサスが上手く凹凸をいなしてくれます。ヘッドクリアランスは相変わらずです。

      【燃費】
      文句なし。

      【価格】
      妥当だと思います。

      【総評】
      初代(実験車だけど未来を感じる)→2代目(実用車に変身)→3代目(カッコ良くなったけどHVは他の選択肢も出てきた)→4代目(燃費だけじゃなく車の総合力UP)という流れを感じます。
      5代目をどうするか難しいと思いますが、期待したいですね。
    • プリウスは10、20、30と乗り継いだが、40のデザインが好きになれずやむなく違う車を選んだ。30も購入当初はどうかな?と感じたが、日が経つにつれ、なかなか良いかもとなった。しかし40のデザインは未だに馴染めない。

    プリウス 2015年モデルのクチコミ

    (16962件 / 1056スレッド)
      • ナイスクチコミ92
      • 返信数14
      • 2020年5月15日 更新
      プリウス50後期に乗っています
      アルミホイールをデイラーで購入。新車装着トーヨータイヤに組み込んでもらいました。
      納車後、高速道路でどの位スピードが出るか試してみました。 130キロでふらつきのようなタイヤの異常を感じたのでスピードを落としました
      帰宅後 タイヤの空気圧を計ったら 前後とも220kpaでした。メーカー指定空気圧は前250kpa 後240kpaです。
      メー
      続きを読むカー指定空気圧にして問題なく過ぎました。
      この度 同じサイズのレグノGR-XU 195/65R15に入れ替えました。タイヤ専門店です。
      交換後 乗り心地の良さ 吸いつくような操縦性に感激したものです。 それで念の為帰宅後タイヤの空気圧を計りますと やはり前後共220kpaです。 メーカー指定値の前250kpa 後240kpaにして乗ってみますと 乗り心地は変わりありませんが 固い感じでデコボコの続く道にさしかかりますと 何か擦れる異音がします。少し空気圧を落とそうと思っていますが なぜタイヤのプロがプリウス50後期の空気圧を220kpaするのか疑問です。タイヤのプロに直接は聞きにくいので 教えて下さい
      • ナイスクチコミ27
      • 返信数12
      • 2020年5月9日 更新
      現在対策品のワイパーに交換しており(エアロタイプ)
      それにあう替えゴムの型番を教えて頂けますでしょうか?
      社外でも純正でも構いません

      これだけメジャー車種なのに
      ホームセンター等で見ても適合なしが多いんですが何故でしょうか?
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数3
      • 2020年4月9日 更新
      パノラミックビューモニター付ナビレディセットに付いているフロントビューカメラはブラインドコーナーモニターとと同じ役割をするのでしょうか?
      トヨタお客様相談センターの回答は「同じ映像を映しだします」。ディーラー営業マンの回答は「カメラの取り付け位置が違います。フロントビューカメラは、真正面の映像になります。」との事でした。

    プリウスの中古車

    プリウスの中古車相場表を見る

    プリウスとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止