トヨタ C-HRの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ C-HRの新型情報・試乗記・画像

C-HRの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

ハイブリッドグレードの情報を表示
比較リストを見る

C-HRのモデル一覧

C-HRのレビュー・評価

(240件)

C-HR 2016年モデルの満足度

3.90

(カテゴリ平均:4.29)

    C-HR 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 【エクステリア】

      【インテリア】

      【エンジン性能】

      【走行性能】
      現在はずっとスポーツモードで走行していますが、90まではキビキビ走ります。
      【乗り心地】
      踏切では突き上げます。
      【燃費】
      現在の燃費は、市街地でスポーツモードで走行していますが、30から32です。アクセル踏んで加速し、少し戻すとEVモードになりますので、燃費はいいです。
      【価格】

      【総評】
      走行モードはずっとスポーツモードでよいと思います。
    • 今回は6年前に登場したC-HRと最近のトヨタSUVこと「クロス」軍団の中から大きさのあまり変わらないヤリスクロスを比較して、C-HRの個性、魅力が薄れてはいないか見てみたいと思います。

      タイムズカーシェアでお借りしました。走行距離70000km台のハイブリッドモデルでした。

      【エクステリア】
      どちらが個性的かと言われれば、少なくとも僕は即答でC-HRというだろう。登場から6年になるが、相変わらず街で見かけたら目を引くし、オシャレでカッコイイ。僕の中ではまさにシティーボーイの様なイメージだ。
      そのつくりやフォルムこそ複雑であるものの、ゴチャゴチャした印象はないし、まとまりが良い。
      続きを読む 逆にヤリスクロスはパッと見た感じは悪くないのだが、時間とともに飽きがきそうだ。

      【インテリア】
      これもC-HRの圧勝だ。ワケはカンタンだ。ドアを開けた瞬間分かるその違い。ヤリスクロスは極端な話、ヤリスのものをそっくりポン付けしただけのようなものなので、ハッキリ言って安っぽい。対してC-HRはプリウスのをポン付けではなく、オリジナルのデザインで高級感を演出しにきてる。ただ、それで左後方が太いピラーに隠されて大事な部分が死角になっているのはいただけない。
      では、開けた瞬間には高級感漂うこのインテリアは、実際は どうか。…アレッ?何か微妙だな…。今回のクルマが廉価グレードということもあるのだろうが、割とプラスチックが目立つ。もっとも今に始まったことではないが、この辺りがやはり価格の割に安っぽく見えてしまう。あとはメーターが意外にもアナログなこと。対するヤリスクロスが廉価グレードでもデジタルメーターを使ってきたこともあるので、その辺りで少し見劣りしてしまった。
      ただ、安っぽいのもそこまで酷くはない。例えばステアリングはウレタンだが、ヤリスクロスのほど触り心地はザラザラしていない。シフトノブのアルミもさりげなくスポーティーさを演出している。シートもヤリスクロスのものより全然イイ。腰のサポートが甘いだけで、その他の部分はホールドも良いし、変な縦縞を入れようなんて邪な考えをしていないのも◯だ。

      【エンジン性能】
      決してパワーがあるワケではないが、今回は街乗りだったので、あまり回す機会もなかった。街乗りでは基本的に電気が主役なので、エンジンのパワーやトルクの不足は感じない。
      そして一番違うのは、1気筒違うことによる静粛性だ。ヤリスクロスの3気筒では音にバラついた感じがあり、エンジンが駆動している時にあからさまに振動が伝わってきて安っぽく感じる。対してC-HRの4気筒は、3気筒ほど音がバラつく感じもなく振動も少ない。

      【走行性能】
      これも違う。逆にあまり差がない部分はボディだ。両車ともTNGAプラットフォームのおかげでボディ剛性は高い。それにより、路面からの情報の正確性が高い。特に今回のC-HRのドライブは雨だったのだが、4つのタイヤの接地感がきちんと伝わってきて、怖いと感じることはなかった。
      それ以外は全然違う。まずは重心だ。基本的にSUVは車高の高さからくる重心の高さがある。これが高ければ高いほど、クルマの前後左右の動きが大きくなる。
      現にヤリスクロスは、高扁平のタイヤとも相まって、発進/停止などの際の前後方向のピッチングは少ないが、カーブなどでの左右方向のロールが大きい。
      対してC-HRは、見た目にも分かる通り、普通のSUVと違って重心が低い。それはシートに座ってみれば尚更分かる。C-HRも高扁平のタイヤを履くが、低重心のおかげでピッチングもロールも少ない。
      サスペンションも違う。ヤリスクロスのは柔らかく、C-HRのは硬めだ。そして、更に言えばリヤサスが違う。ヤリスクロスが安いトーションビームなのに対し、C-HRはダブルウィッシュボーン。これらではリヤの動きは全然違う。僕なら運動性能を大事にしたいのでC-HRを選ぶが、ここは人によって好みが分かれる。もちろん乗り心地を大事にするのも選択の一つだ。さあ、あなたはどちらを選ぶ?

      【乗り心地】
      先述の通り、このクルマの低重心は運動性能に寄与していると言ったが、これにはある弊害がある。これは恐らく高速や中・長距離を走るとあり得るのだが、低重心なクルマというのは疲れるのだ。これは僕も別のクルマで過去に経験があるのだが、恐らく走行中に身体があらゆる方向から受けるG(力)の問題だろう。そしてそこに、腰のサポートの弱いシートが追い討ちをかけてしまうのだ。乗り心地も気にしたいという方は、高いかもしれないが一度レンタカーなどで長距離や高速などを走ってみる機会があった方が良いかもしれない。

      【燃費】
      今回は短距離の走行だったので値はざっくりしたものだが、17km/L台だった。ハイブリッドの割にはあまりいい値が出なかったので残念。ちなみにヤリスクロスは、進化したハイブリッドシステムのおかげで25km/Lを余裕で越えるので、この辺りは技術の進歩に負けたといったところか。

      【価格】
      今回のクルマはハイブリッド車の廉価グレードで250万円オーバーということだが、これならそんなに高いとは思わない。ヤリスクロスの場合は、安っぽいのをおめかししていくとかなりの額になるので、それならこれにドラレコとか最低限のオプションだけ付けて乗るというのもアリだと思う。

      【総評】
      今回は登場からはや6年経ったC-HRに乗ってみたが、その個性や魅力は全く薄れていなかった。販売面で「クロス」を名乗るSUVたちに負けているのは、それらが出たばかりだからの話であって、僕はあくまで一時的なものだと思っている。C-HRの今後についてはまだ分からないが、この個性溢れるクルマをつくった6年前のトヨタは偉かったし、出来るならほかのSUVたちに負けずにモデルチェンジして続けていって欲しい。
      最後に一言、最近のトヨタに言いたいのだが、何でもかんでも「クロス」と銘打ってSUVにすりゃいいってもんじゃないと思う。せめてこのC-HRみたいに個性のある名前とか考えてあげて!もしこのC-HRも「プリウスクロス」とか言ってた日には、このクルマ蹴り飛ばしてたと思うよ!
    • 特別仕様車 Mode-Nero Safety PlusUのレビューです。
      【エクステリア】
      購入の1番の決め手でした。発売当初から惚れていましたが、後期型から、さらに良いエクステリアになったと思っています。
      お気に入りは、ライト類です。フロント、リア、それぞれがユニークな発光をし、存在感を放ちます。また、この特別仕様車では、ブラックエクステンションが施されており、それが良さを際立たせています。

      【インテリア】
      前席は、非常によくまとめられています。安っぽさがなく、シンプルです。所々に施されている、ダイアモンド調の模様はいささかやりすぎな気もしましたが、エクステリアが派手な分、イン
      続きを読む テリアもこのくらいでいいのではないかと思うようになりました。
      後席はプラスチッキーさが増しますが、ほとんど使用しないため、気になりません。
      総合的に見て、良いです。

      【エンジン性能】
      爆発的な加速力はありませんが、可です。そもそもこの手の車はゆったり乗る事に向いていると、私的には思います。その観点では、十分なパワーを発揮してくれますし、不満はほとんどありません。高速道路の合流や追い越し加速も楽に行えます。
      ただし、上り坂は車重も影響しているのか、少しキツさを感じることもあります。

      【走行性能】
      良いです。高速道路の下り坂急カーブでも不安なく曲がれます。以前乗っていたコンパクトカーでは、同様の局面でフワフワ感を感じ、ヒヤリとしたこともありました。この車は、安定しています。

      【乗り心地】
      良いです。ゆったりと大船に乗ったような気分で、長時間の運転も疲れにくいです。
      段差の突き上げ等も上手くいなしてくれます。
      遮音性も高いです。エンジンの音もある程度遮音されており、EV走行時は特に静かで、滑らかです。

      【燃費】
      良いと思います。この車重でこの燃費。
      リッター20は、大体超えます。市街地でも。

      【価格】
      バーゲンプライスです。様々な装備が標準で付いていて、この価格で寧ろ良いのかとまで思います。加えて、かなり値引きもしてもらいました。SUVが乱立する中、この車は人気に陰りが出ています。それ故、比較的お買い得でした。

      【総評】
      批判は各方面からされてきている車ですが、私の使用用途では、不満はほぼありません。車に何を求めるかで、評価は変わるでしょう。
      この車にオールラウンドなことを求めるのはナンセンスです。
      私は最良の選択をしました。

    C-HRのクチコミ

    (8521件 / 607スレッド)

    クチコミ募集中

    C-HRのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    C-HR 2016年モデル

    C-HR 2016年モデル

    C-HR 2016年モデルのクチコミを書く
    C-HR

    C-HR

    C-HRのクチコミを書く

    閉じる

    C-HRのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    C-HR 2016年モデル

    C-HR 2016年モデル

    C-HR 2016年モデルのクチコミを書く
    C-HR

    C-HR

    C-HRのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ6
      • 返信数6
      • 2022年5月18日 更新
      Dラー2軒で新車を見積もってもらいましたが、上がりで350〜360。
      値引きは現在10万円程度しか下がらなかったです。
      来年モデルチェンジ予定みたいですけど、やはりこのご時世で値引きが厳しいみたいですね…汗
      (通常は販売から年数がある程度経過していると値引き額も期待できていたのに)

      ちなみに年次改良で現在はオーダーストップ。
      来月から注文受付の8月生産開始の早くて
      続きを読むも9月〜10月頃の納車予定みたいでした。
      中古車も覗いていますが、割高になっていますね。

      グーネットで検索したら茨城の「Dショップ」ってところが新車が安く販売しているようでしたね。
      この店からは買ったことないですけど、気になっています。
      • ナイスクチコミ13
      • 返信数2
      • 2022年4月25日 更新
      2018年2月登録
      ハイブリッドG LEDエディション

      走行距離約43000キロ
      寒冷地仕様
      ディーラーオプション9インチナビ

      198万円でした。
      参考までに。
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数10
      • 2022年3月25日 更新
      私は身長180センチほどあり、今まで乗ったすべての車種はシートリフターを一番下に調整していました。 しかしC―HRに関しては、シートリフターを一番下に調整するとアクセル・ブレーキを踏む右足のふくらはぎがシートから指4本分程度浮いてしまうせいか長距離の運転で疲労感があります。(シートを後方へ下げると隙間は埋まりますが、ハンドルまでの距離が遠すぎます。)
      逆にシートリフターを上
      続きを読む方向へ調整するとペダルを下に踏み込む体勢となり、ふくらはぎの隙間は埋まります。ですが天井とのクリアランスが狭くなり圧迫感が生じます。
      ハンドルの上下前後は調整済みで最も近くなる位置にセットしてあります。
      同車種をお乗りの方で身長の近い方いらっしゃいましたら調整方法等をどうぞご教示ください。

    C-HRの中古車

    C-HRの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    C-HRとよく比較される車種

    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止