日産 スカイラインの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

日産 スカイラインの新型情報・試乗記・画像

スカイラインの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

スカイラインのモデル一覧

スカイラインのレビュー・評価

(43件)

スカイライン 2014年モデルの満足度

3.78

(カテゴリ平均:4.3)

    スカイライン 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • スカイライン 2014年モデル 200GT-t Type SP ハイブリッド車に続いて登場した新型スカイラインのガソリン車は、メルセデス・ベンツが設計した2L直列4気筒ターボエンジンと7速ATを積んだことが話題となっています。4WDも選べるハイブリッド車に対し、ガソリン車は後輪駆動のみで、3グレードを用意します。その中から最上級グレードの200GT-tタイプSPに、箱根で行われた試乗会で乗りました。

      ボディはハイブリッド車と基本的に共通です。旧型よりも明確にダイナミックかつエモーショナルになったエクステリア、クオリティが高くスペースは十分のインテリアなど、同じクラスの輸入プレミアムセダンと比べても引けを取らない内容です。唯一異なるのは、ハイブリッド用
      続きを読む バッテリーがなくなったトランクで、このクラスのセダンにふさわしい空間を獲得しました。

      スカイラインとしてはR30系以来となる2L4気筒ターボは、発進時にスッと出るしぐさ、巡航時は静かなのに加速時は野太い音作りなど、予想以上に日産車らしい調教がなされていました。開発担当者に聞くと、自社エンジンに比べて制約は多かったものの、そのまま載せるのではなく日産らしさにこだわったとのことで、その成果を感じました。

      最高出力は211ps、最大トルクは35.7kgmなので、加速そのものにも不満は抱きません。しかもダウンサイジングターボの回転を問わずに力を取り出せる柔軟性や、踏まなければ燃費が伸びる環境性能は、車名に掲げるグランドツーリングで生きるでしょう。いまさらですが国産のこのクラスでそれを実現したことは評価したいと思います。

      気になったのは、試乗したタイプSPに標準装備となる19インチホイール/タイヤとシャシーとの相性です。ランフラットタイヤ特有の突き上げは、大きく重いフルスティールボディも功を奏して目立たないのですが、ハイブリッド車に装備されるステアbyワイヤではなく、一般的な電動油圧式パワーアシストを用いたステアリングは、切りはじめのフリクションに違和感を抱きました。

      先出の担当者に聞いたところ、開発の基準は17インチとのことなので、そちらに乗ってから最終判断を下すべきかもしれません。またステアbyワイヤは遅れて導入予定とのことで、あのシステムであれば違和感から解放される可能性が高く、そちらが本命になるかもしれません。

      もうひとつ改善してほしいのは、輸入車を含めたライバルの中では大柄とはいえ、2Lセダンとしては重めの1.7t近い車両重量です。その影響か、国産車が得意なはずのモード燃費は13km/Lと、ドイツ車勢に先を越されています。次期型で改善してほしい部分です。

      試乗したタイプSPの価格は450万円以上と、同クラスのドイツ車に匹敵し、ハイブリッド車に迫ります。ホイール/タイヤサイズを考えても、これ以外のグレードを選んだほうが、バランスの良い走りを味わえるのではないかと思います。
      参考になった 15人
      2014年8月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 3
    • 【エクステリア】サイドの造形が美しい、ボンネットも低く、車高も低い。精悍な感じです。

      【インテリア】前車が20年前のプラドだったので、素晴らしく感じます。シートもバケットシートに似た感じで座りやすくホールド感が良いです。

      【エンジン性能】文句なし、思い通りに加速します。ただし発熱がすごいので悪影響が無いのか心配です。

      【走行性能】普段はノーマルモードで十分、スポーツモードにするとハンドルが重くなり足回りも固く変化します。ハンドル操作もし易く、ブレーキも良く効くし、サイズも大き過ぎないので運転しやすいです。

      【乗り心地】ノーマルモードでは固さは感じず、かといってロールもせ
      続きを読む ず、乗りやすく感じます。スポーツモードでは少し固くなりますが安定性が増します。

      【燃費】街乗りで6KM/L前後

      【価格】400馬力で込み込み600数万なら妥当だと思います。

      【総評】若い頃からトヨタ車が好きで還暦過ぎてから初めての日産車です。クラウンRSと比較しましたが、クラウンは「社内が狭くてサイドガラスに頭が当たる・シートの座面が短くて座りにくい・狭い割りに全長が長い・室内のプラスチック感丸出しの部品が気になる」等が嫌でスカイラインに決めました。速いけど乗り易い車です、気になる点はタイヤの価格が高い事とプラドのつもりで走ると段差で車体の下部をぶつける事位です。
    • 前車は2016年式スカイライン・ハイブリッドtypeSPの4WDでした。十分気に入っていたのですが、ビッグマイナーチェンジで400Rが登場したので買い換えました。

      【エクステリア】
      スタイリングは前車から引き続き素晴らしいと思います。カラーはホワイト、美しい(前車のブラックも良かったが)。賛否両論あるフロント顔はインフィニティ顔ではなくなりましたが、結構気に入っています。リアもスカイラインらしくなっていいですね。レッドのブレーキキャリパーがとてもかっこいいです。

      【インテリア】
      400R特有のレッドステッチとキルティングシートによって、1ランク車格が上がったように感じます。シー
      続きを読む トのホールド感は前車とは雲泥の差です。また、ナビの反応が速くなったことは良い点です。上画面がアイフォンと連動出来るようになったのも素晴らしいです。BOSEも良いです。

      【エンジン性能】
      これは3500ハイブリッドとは全く性質が違いますね。出だしは3500ハイブリッドの方がやや速いですが、踏み込むと50q/hくらいからは400Rが圧倒的に速いですね。0-100q/h加速では3500ハイブリッドと同等と言われていますが、実車の感覚では400Rが1ランク速く感じます。最高のエンジンだと思います。

      【走行性能】
      これは3500ハイブリットよりも2ランクくらい上がっているように感じます。インテリジェントダイナミックサスペンションの威力でしょう。運転するのが楽しい車です。

      【乗り心地】
      これも3500ハイブリットより良くなっていますね。

      【燃費】
      納車されて3日で500q走行しました。郊外路と高速道を半々くらいでしたが、やや荒い運転でリッター10qを切るくらいですから十分良いです。高速のみだと12qくらいでしょうか。大人しい運転をすればさらに伸びるはずです。

      【価格】
      オプションはムーンルーフとBOSEを付けて総額630万円。前者よりも少し高くなりましたが、輸入車でこの性能を求めると1000万円オーバーですから大満足です。

      【総評】
      スカイラインとして生まれ変わりましたが、スポーツセダンとしての走りは国産最高レベルではないでしょうか。メルセデスAMG、BMWMシリーズに対抗出来ると思います。今のところ不満はないです。
    • 先日、12回目の12か月点検を終えました。
      走行距離 10万キロオーバー…
      この12年間、細かいトラブルが無かったと言うと嘘になりますが、高額の請求が来るようなメンテナンスは一切なく、今回の点検も全く問題なし…
      ま、これからどうなるかは解りませんが、とりあえず今までの間、ノートラブルに近い状態で乗れたのは非常に満足です。
      「無事、これ名馬なり」
      まさしくこの言葉がぴったりで、非常にお買い得な車となった。
      いつまで乗るか決めていないですが、今のところ欲しいと思える車が無いので、もう少しこの車に乗り続けたいと思います。

    スカイラインのクチコミ

    (3872件 / 341スレッド)

    クチコミ募集中

    スカイラインのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    スカイライン 2014年モデル

    スカイライン 2014年モデル

    スカイライン 2014年モデルのクチコミを書く
    スカイライン 2006年モデル

    スカイライン 2006年モデル

    スカイライン 2006年モデルのクチコミを書く
    スカイライン 2001年モデル

    スカイライン 2001年モデル

    スカイライン 2001年モデルのクチコミを書く
    スカイライン

    スカイライン

    スカイラインのクチコミを書く

    閉じる

    スカイラインのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    スカイライン 2014年モデル

    スカイライン 2014年モデル

    スカイライン 2014年モデルのクチコミを書く
    スカイライン 2006年モデル

    スカイライン 2006年モデル

    スカイライン 2006年モデルのクチコミを書く
    スカイライン 2001年モデル

    スカイライン 2001年モデル

    スカイライン 2001年モデルのクチコミを書く
    スカイライン

    スカイライン

    スカイラインのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ33
      • 返信数25
      • 2020年7月9日 更新
      新型RV37スカイラインのオーディオナビゲーション不具合について情報提供をお願いいたします。

      ■車両:RV37 3Lツインターボ
      ■2020年2月納車
      ■ユニット・ナビバージョン:最新バージョンです

      <不具合症状>納車後、約2か月経過後より毎回不具合が発生

      @昼なのに(午後2時前後)オーディオナビ画面が突然2画面共夜モードになる。

      A走行中、突然2画
      続きを読む面共ブラックアウトし再起動する。

      B車両設定画面でステアリング設定3項目しか表示されない。

      CETC挿入後、ナビ画面には「ETCを確認しました」の表示は出るが「ETC」アイコンが表示されない。

      Dハンズフリー携帯のBluetoothが接続できる時もあるができない時もある。

      Eオーディオの音量調整が突然できなくなる(オーディオパネル本体、ステアリングスイッチ共に操作不能)

      Fオーディオ、前回USBまたはミュージックBOXで終了してもラジオから始まる時がある。

      G車両設定項目で「オン/オフ」のタッチ操作を受け付けなくなる。

      Hナビ自車位置が狂う
      *不具合が出た場合再始動で正常になる場合もあるが、数十回の再始動を行っても解消されない場合もある。

      現在まで上記の不具合が毎回発生している状況です。
      販売店、メーカーお客様相談センターには報告済みですが解決策がないまま現在に至ります。

      私は頻繁に高速を利用するため、CのETCが認識されない症状が非常に困ります。
      実際、音声では認識しているが画面にアイコンが出ないので、ETCレーン直前でハザードを出しカード差し直し
      またはエンジン停止、再始動を繰り返したことが二度あります。
      幸い後続車が居なかったので大事には至りませんでしたが、最悪のことを考えると非常に危険です。


      そこで調べてみると、「みんカラ」でも同様の症状がでておりユニット交換した方、プログラム更新で様子見の方様々なようです。

      https://minkara.carview.co.jp/userid/3215804/car/2881626/5727888/note.aspx

      https://minkara.carview.co.jp/userid/2783772/car/2888506/5869887/note.aspx

      https://minkara.carview.co.jp/userid/3238414/car/2914120/5747109/note.aspx


      販売店の話として、メーカーより
      「ユニット本体の問題ではなく、ソフトウエアの問題」なので修正プログラムの作成をしていると思うと説明を受けていますが
      いつ頃までに修正プログラムの配布になるのかはメーカーの回答が無いので分からないそうです。

      先に申した通り、ETCにしてもその他の突然の不具合についてもオーディオパネルを見ての操作になるため
      その間、前方を見ていない状況となり毎回非常に危険な思いをしています。

      そこで、同車に乗っている方で同じような症状があった方、どのような修理を行ったのか、またはそのような症状は出ていない方
      もしユニット全交換された方がおりましたら、その後は不具合が解消しているのか情報提供していただけると幸いです。






      • ナイスクチコミ63
      • 返信数13
      • 2020年7月9日 更新
      車に乗るたびにストレス。走りは良いがオーディオ、ナビはまったくダメ!
      乗り換え健闘中!
      • ナイスクチコミ20
      • 返信数9
      • 2020年6月21日 更新
      3Lターボ(ハイブリッドじゃないやつ)に試乗してみました。すごく良かったです。シャシは強固で安定感があるし、サスペンションも高級で、路面の感覚をしっかり伝えて、道路に吸い付いている感じです。(路面の感じは伝えるけど、シャシがしっかりしているので、不快な突き上げはない)。エンジンは官能的で、低速からトルクフルで有り余るパワーを感じるし、気持ちよく吹き上がって、さらなるパワーが沸き続きを読む上がります。内装は豪華で、広々感はわざとなくして、みっちり詰まったような高級感があります。外観もかっこいい。試乗した国産車の中で唯一欲しくなりました。レクサスISにも試乗しましたが、スカイラインがあるのにレクサスISを選ぶ理由はないな、と思いました。もっとも、レクサスを選ぶ人はレクサスだから買うので、ほかの車とは比較しないでしょうが。(比べたら買えない)。
       ただ、ハンドリングは変です。交差点を曲がっても、シャシやサスはいいので、安定して路面もしっかりとらえて、腰から下は気持ちよく曲がるんですが、ハンドルにダイレクト感がなく、くるくる回っているだけ。腕に感覚が伝わらない。なんでラックピニオンにしなかったのか。こんなにいい車なのに。自動車評論家の試乗記などを見ると、電動パワステが向上して違和感を感じなくなった、というような表現をよく見ますが、いい加減だと思いました。はっきり変だというべきなのでは。
       ハンドリングが変でも、他の所が素晴らしいので、やっぱりすごくいい車、国産車の中で最高ではないか、と思います。(ちょっと高いし大きいので買えない)。

    スカイラインの中古車

    スカイラインの中古車相場表を見る

    スカイラインとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止