日産 スカイライン ハイブリッドの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

日産 スカイライン ハイブリッドの新型情報・試乗記・画像

スカイライン ハイブリッドの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

スカイライン ハイブリッドのモデル一覧

スカイライン ハイブリッドのレビュー・評価

(49件)

スカイライン ハイブリッド 2014年モデルの満足度

4.32

(カテゴリ平均:4.29)

    スカイライン ハイブリッド 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • カムリ(DAA-AXVH70) WSレザーパッケージから
      スカイライン(5AA-HNV37) ハイブリッド GT タイプSP 4wd へ乗り換えです。
      その他候補は以下の2車種でした。
      クラウン(6AA-AZSH21) G Four
      レクサスES(6AA-AXZH11) versionL
      主にスカイラインについて、可能であれば他と比べた感想を書きます。

      【エクステリア】
      ・見た目
        好みだとは思いますが・・・あえて好きな順番を挙げると
        フロント:ES>カムリ>スカイライン>クラウン
        サイド:ES>スカイライン>クラウン>カムリ
        リア:ES>カムリ>スカイ
      続きを読む ライン>クラウン
      ・機能性
       @スカイラインは最低地上高が120mmと非常に低いことに注意です。
        雪の降る地域だと、轍以外のわずかな盛り上がりですら擦ることがあります。
       Aスカイラインは自動ワイパーの検知が甘いようです。
        ウォッシャー液がきれいに広がるよう霧吹き状で噴射されるのは〇でした。
       Bドアは任意の位置で開きっぱなし固定できません。
        狭い駐車場などでは注意しないとドアパンチしそうです。

      【インテリア】
      ・ボタン配置
        スカイラインのボタン配置はおおよそがかなり良いです。
        物理キーが多いのも〇です。
        プッシュスタートボタンがステアリング左にあるのは少し不便を感じます。
        欲を言えばステアリングに曲一時停止ボタンが欲しかったです。
      ・メーター
        スカイラインのものが最も好みでした。
        速度メーターとタコメーターがアナログで、
        さらにハイブリッドインジケーターもあり完璧です。
      ・本革シート
        質感高くてよいです。
        トヨタ系車の本革よりしっかりしているように感じます。
        逆に言えば、柔らかい革を求める場合はトヨタ車のほうがいいと思います。
      ・ステアリングヒーター
        スカイラインにはなぜかありませんでした。ちょっと乗りの時に冷たい・・・
      ・ナビ
        スカイラインとクラウンはナビサイズが小さいです。
        ESは非常に大きく分割も可能、かつ非常に綺麗でした。
        スカイラインはナビ操作時の動作に若干のラグ・重さがあります。
      ・収納
        めちゃくちゃ少ない・あっても小さいです。
        試乗して確認すべきです。
      ・室内灯
        ちょっと暗いです。
      ・BOSEスピーカー
        低音の利きはかなり良いです。
        クリアさはイマイチです。カムリのJBLが最もクリアに感じました。
        大人しくスピーカー交換しましょう。

      【エンジン性能、走行性能】
      ・加速時
        最高。
        少なくとも現行の自分が購入できるトヨタ系車では味わえない加速です。
        たまにリヤが振れるため少し怖いです。
      ・高速走行時
        最高。
        80km/hでもEV走行可能で極めて静かです。
        エンジン走行の場合でも回転数は1.5krpm程度に抑えられて静かです。
      ・低速走行時
        いまいち。
       @ATやハイブリッドの切り替え時にショックがあります。
        トヨタ系のハイブリッドではCVTでスムースな切り替えでした。
       A信号発進などの加速が必要な場面では、
        モーターのトルク不足のためEV走行はなかなか難しいです。
        徹底すると後続車を待たせる羽目になります。
       Bエンジンを動かしたがる制御になっているようで、
        モーターを使わせるよう気を使わないと
        常にバッテリー容量最大になりもったいないです。

      【乗り心地】
      ・静粛性
        ESが圧倒的に静かでした。
        クラウンやカムリよりはスカイラインの方が静かでした。
      ・高速走行時
        最高。
      ・低速走行時
        いまいち。
       @ATやハイブリッドの切り替え時にショックがあります。
       A小さい振動がよく伝わってきます。
        路面を感じたい人には良いかも・・・
       B大きい振動があると酔いそうなくらいグワングワンします。
        ESは@〜Bの欠点が全てありませんでした。
        カムリはAのみありました。

      【燃費】
       ・市街地 夏 気を使って15km/L
             気を使わないと10km/L
       ・市街地 冬 気を使って11km/L
             気を使わないと8km/L
       ・高速道路 17km/L

      【価格】
       ・このエンジン、内装で600万円台はお買い得だと思います。
        新車で買うならほかの選択肢はなさそう。  

      【総評】
       ・内装の良さ、加速の良さを重視するならこれで決まり。
       ・乗り心地、静粛性を重視するなら他をあたるべき。
    • 【エクステリア】
      現状は満足。3年後に飽きが来ないデザインかと尋ねられたらわからない。
      昔の車のように普遍的なデザインではないと思う。だが個人的には気に入っている。
      【インテリア】
      必要十分。高級すぎて傷などを気にするというレベルではない。一方コンパクトカーやファミリーカーのような安っぽさはなくロングドライブを快適に演出してくれる。
      【エンジン性能】
      3.5Lで都内通勤リッター16は大変優秀だと思う。高速だと20は行く。
      しかし、ATのマニュアルモード時のラグと、モーターとエンジンの切り替わるタイミングでのショックはいただけない。
      欠点はあるが3.5L NAの吹き上がりの良さ、
      続きを読む 燃費の良さ、などを鑑みれば不満はない。
      【走行性能】
      車高が低いからコンビニの段差や急な坂道が気になる時が多い。
      高速でのクルーズは最高。ダイレクトステアリング?(正式名称忘れた)の恩恵もあり本当に疲れない。一日1000q程度のドライブは睡魔さえクリアできれば肉体的な問題はなかった。
      【乗り心地】
      初期モデルは噂にたがわず固い。今はレグノをはかせています。まぁまぁ満足のいく乗り心地です。
      【燃費】
      前述の通り、都内街乗りで16q程。高速巡行になると20は超える
      【価格】
      中古車として購入のため無評価。
      【総評】
      国産セダンとしてとても優秀。
      よく大柄すぎて日本には合わない車格などといわれるが、結局は運転技術の問題。ヤマト運輸などの4tトラックが通れる道ならどこでも行ける。
      新宿、銀座などでも大手百貨店や劇場などの駐車場でサイズ的に入庫拒否を受けることは全くない。

      NAで高排気量のセダンとなると現状スカイラインしか選択肢がない。消去法でたどり着いた人間からすれば想像以上に熟成が進んだこの車に驚かされるだろう(私自身がそうだった)。
      メルセデス、BMWを筆頭にダウンサイジングターボを採用しセダンの排気量がコンパクトカー程度になっている昨今、こういう馬鹿馬鹿しい車は最高に楽しい。
    • ※一日レンタカーとして利用してみました
      ワインディング、一般道、高速道路全てでテストして観ました
      以下※のところ追記します

      短時間の試乗と展示車を見ての感想です
      点検待ちの間に試乗させていただきました
      全て独断と偏見なのでご了承を

      【エクステリア】
      全体的に好きなフォルムです
      theセダン という雰囲気
      リアがお気に入りです
      ※レンタカーは白でしたが、白が似合うスタイルだと思います

      【インテリア】
      流石に古さを隠しきれないインパネとナビ周り
      FRなので後席の広さはそれなりですが狭くはないですね
      ※小さな子供がいるファミリーには使い勝手悪いですね

      続きを読む エンジン性能】
      吹けるエンジン
      大排気量NAは魅力的です
      ハイブリッドなので静かなのも好印象
      ※遮音が効いていて、特にエンジン音が相当抑えられてます かなり静かな故に高速道路ではロードノイズが気になります


      【走行性能】
      短時間の試乗では把握しきれません
      DASに少し違和感ありました
      ※セレナと比べるとハンドルがよく切れます
      街中よりは郊外や高速道路に合わせたチューニングのように感じます
      意外にロールします

      すべてが手の内に収まるような運転のしやすさには感動しました

      【乗り心地】
      コツコツコツコツ振動きますね
      ランフラットタイヤと硬めのサス
      そして重い車体 この辺が悪さしてるのでしょうか
      シートは硬めで小柄な私にはちょうど良かったです
      ※グレードが試乗車より低いせいかシートが柔らかく 乗り心地はマシでした
      低速でのコツコツはやや気になりますが高速道路は安定感あります
      シートの形状が合わず腰が痛くなりました


      【燃費】
      試乗なのでわかりません
      ただ気にする車ではない
      ※リッター10超えました ビックリです

      【価格】
      技術にコストがかかり、内装まで回らず
      不満を覚える人が多そう
      マイナーチェンジなのて仕方ないかもしれませんが
      ※高いですね たまにレンタカーで走るのが楽しくていいかもしれません

      【総評】
      あくまで試乗なので偉そうなこと言えませんが
      「運転しやすいクルマ」これだけは断言できます
      普段がセレナだからでしょうか、無理のない運転姿勢と見切りの良さに「セダンいいな」と実感しました
      コツコツする部分は気になります
      400R試してみたいですね

      ※走行距離1000`の下ろしたてにしては中速域のロールが大きいなと感じます
      高速域になると安定します
      “GT”と名が体を表すということでしょう
      プロパイロットも含めて高速移動の多い人にピッタリかもしれません

    スカイライン ハイブリッドのクチコミ

    (1201件 / 129スレッド)

    クチコミ募集中

    スカイライン ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    スカイライン ハイブリッド 2014年モデル

    スカイライン ハイブリッド 2014年モデル

    スカイライン ハイブリッド 2014年モデルのクチコミを書く
    スカイライン ハイブリッド

    スカイライン ハイブリッド

    スカイライン ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

    スカイライン ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    スカイライン ハイブリッド 2014年モデル

    スカイライン ハイブリッド 2014年モデル

    スカイライン ハイブリッド 2014年モデルのクチコミを書く
    スカイライン ハイブリッド

    スカイライン ハイブリッド

    スカイライン ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ0
      • 返信数19
      • 2021年2月7日 更新
      V37後期型のスカイラインハイブリッドtype SPのインチダウンについて教えてください。
      V37後期型のハイブリッドtype SPの純正ホイールは19インチ8.5Jインセット50ですが、例えばtype Pの純正(18インチ 7.5Jインセット45)を装着することは可能でしょうか。
      というのも前期型はビッグキャリパーが付いていて、ホイール選択が難しくなっていたかと思うのです
      続きを読むが、後期になってから主要諸元を見る限りは、ビッグキャリパーではなくなっているように思うのですが。
      質問する理由としては、スタッドレス購入に伴いインチダウンを検討しております。
      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ92
      • 返信数25
      • 2021年2月6日 更新
      日産、「プロパイロット 2.0」搭載で大幅改良した新型「スカイライン」。405PS/475NmのV6ツインターボ搭載「400R」も
      https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1195510.html

      目玉はプロパイロット2.0だと思いますが、まさか現行において2.0ターボを無くして3.0に上げるという思い切った手を
      打ってくる
      続きを読むとは思っていなかったので驚きました(2.0廃止のうわさはありましたがハイブリッド一本化かと)。


      さらに自分もレビューで書いてますが前時代的なフットサイドは電動に。
      ナビ周りも強化されているよう(UIを見る限り同じメーカーなのでしょうけど)なので、V37は2014年リリースですが、
      ここまで変えて1〜2年でV38を出すとはちょっと思えなくなってきましたね。

      デザイン周りも丸目復活など、ずいぶんと手を入れているようです。
      個人的にインフィニティマークは好きなのでこれをNISSANマークにしたことは不満ですが。

      販売のテコ入れになるかは正直疑問ですが、日産渾身の安全性能機能を盛り込んだというのはバリューですね。
      前車追従時のブレーキングのスムーズさなど、細かいところはアイサイト3.5(3.0と比較しても)より劣っていると思いますので、
      このあたりがプロパイロット2.0の導入に際して強化されていれば本当に細かい不満が払しょくされてそうです。

      現在2016年式に乗っていますが、まだ見ぬV38の状況によっては2019年以降年式の
      V37にもう一度乗り換えたいかもです。



      • ナイスクチコミ13
      • 返信数5
      • 2021年1月24日 更新
      納車時に変えてから時間が経って来たため交換したいんですが、オススメのワイパーゴムはありますでしょうか?

    スカイライン ハイブリッドの中古車

    スカイライン ハイブリッドの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    スカイライン ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止