ホンダ アクティ トラック 2009年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

アクティ トラック 2009年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
STD2015年3月19日/マイナーチェンジ

79万円

-

  MR 2人 18.4km/L 656cc 770kg 45ps
SDX (MT)2015年3月19日/マイナーチェンジ

83万円

39〜87万円   MR 2人 18.4km/L 656cc 780kg 45ps
SDX2015年3月19日/マイナーチェンジ

90万円

29〜459万円   MR 2人 16.2km/L 656cc 790kg 45ps
SDX 4WD2015年3月19日/マイナーチェンジ

95万円

84.5万円   4WD 2人 18.2km/L 656cc 820kg 45ps
ATTACK2015年3月19日/マイナーチェンジ

99万円

-

  4WD 2人 18.2km/L 656cc 830kg 45ps
TOWN (MT)2015年3月19日/マイナーチェンジ

105万円

-

  MR 2人 18.4km/L 656cc 780kg 45ps
TOWN2015年3月19日/マイナーチェンジ

112万円

74〜87万円   MR 2人 16.2km/L 656cc 790kg 45ps
TOWN 4WD2015年3月19日/マイナーチェンジ

117万円

-

  4WD 2人 18.2km/L 656cc 820kg 45ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
SDX2012年6月22日/マイナーチェンジ

89万円

29〜459万円     2人 15.4km/L 656cc 790kg 45ps
SDX (MT)2012年6月22日/マイナーチェンジ

82万円

39〜87万円     2人 17.2km/L 656cc 770kg 45ps
SDX 4WD (MT)2012年6月22日/マイナーチェンジ

95万円

54〜112万円   4WD 2人 16.8km/L 656cc 810kg 45ps
STD (MT)2012年6月22日/マイナーチェンジ

78万円

-

  FF 2人 17.2km/L 656cc 760kg 45ps
ATTACK 4WD (MT)2012年6月22日/マイナーチェンジ

98万円

59〜104万円   4WD 2人 16.8km/L 656cc 820kg 45ps
TOWN2012年6月22日/マイナーチェンジ

110万円

74〜87万円     2人 15.4km/L 656cc 790kg 45ps
TOWN (MT)2012年6月22日/マイナーチェンジ

103万円

-

    2人 17.2km/L 656cc 780kg 45ps
TOWN 4WD (MT)2012年6月22日/マイナーチェンジ

116万円

66〜123万円   4WD 2人 16.8km/L 656cc 820kg 45ps

アクティ トラック 2009年モデルのレビュー・評価

(1件)

アクティ トラック 2009年モデルの満足度

4.00

(カテゴリ平均:4.31)

  • 20年乗り継いだHA4(SDX)から乗り換えました。乗り換え前の車両は、同車種ながら年式が古いため、適切な比較が出来ない部分もありますが、素直にレビューを書きたいと思いますので、購入を検討されている方の参考になれば幸いです。
    【エクステリア】
    テールランプは、HA4と大きな変更点はありませんが、フェイスは大幅に変更されました。ボンネットが設けられた事により、正面衝突の際に生存空間を確保することに一役買っていると思います。
    一点だけ残念だったのは、Attackでホワイトとブルーのボディカラーしか選択肢が無いこと。個人的には、シルバーがほしかったのです。ボディカラーのバリエーションは、正直他
    続きを読む 社に負けています。
    【インテリア】
    HA4と比較すると、信じられない程広くなっています。運転席は、一番後ろにスライドするとアクセルペダルが遠いと感じます。天井もある程度の高さを確保できているので、圧迫感がありません。
    HA4は、カップホルダーやセンターコンソールなど収納と呼べるスペースは皆無でした。乗用車では当然の装備ですが、軽トラを日常の足として使う場合は不便でした。HA9になってからはとても快適です。
    オーディオスペースが2DINになり、インパネ上部に位置が変更された部分も高評価。オーディオの拡張性が格段に良くなりました。
    【エンジン性能】
    エンジン性能がアクティを選ぶ際のポイントの一つでした。まず、他社の軽トラと比較すると出力はやや劣りますが、良く回るエンジンです。ピボットのタコメーターを装着していますが、最高出力を発生する5,500prmまで気持ちよく回ります。
    MRなので、高回転時でも室内は驚くほど静かに保たれます。
    【走行性能】
    低速トルクも十分あり、未舗装の山道や深雪でもグイグイ進んでくれます。Attackを選んだのは、このような場所を走るため、デフロックが必須だったからです。車体の腹が着かない限り、悪路において高い走破性を発揮しています。
    また、自動車専用道路を走ることがしばしばありますが、高速走行でも非常に安定しています。HA4は、90kmあたりからハンドルが小刻みにブレて怖い思いをしていましたが、HA9は全くないです。
    積雪地域なので、雪道を走る機会が多いです。某メーカーの軽トラを借りて運転した時は、荷台が軽く4WDなのにリアが滑り運転しにくかった記憶があります。アクティはMRなので、常時リアにトラクションがかかっているため、リアが滑った経験があまりありません。雪道に強い軽トラとして定評があり、事実周りの農家でもアクティを所有している方が多いです。
    【乗り心地】
    貨物車両なので、乗り心地は期待しないことにしています。指定空気圧が前後とも高めなので、空荷の時は跳ねます。155/70R14ラジアルを履くことにより、若干乗り心地が改善しました。(当然ですが、車検は通りません)空荷と積載時で空気圧を変更することで、乗り心地を調整しています。
    【燃費】
    夏場の実燃費は、約16km/lです。4WDなので、ある程度の燃費悪化は覚悟していましたが、この数値は許容範囲内です。HA4はもっと悪い記憶がありますので、乗り換えに満足しています。通常は2WD走行、滑ったときだけ4WDのリアルタイム4WDシステムの恩恵かなと考えています。
    【価格】
    本体価格は、妥当だと考えていますが、オプション品が高いです。軽トラなのでそのままで十分なのですが、あれもこれもと追加すると、とてつもない金額になってしまいます。DIYが得意な方は、ディーラーやネットで用品を取り寄せて自分で取り付けを行い、工賃を浮かせることをお勧めします。当方も、メーカーオプション以外は同様の方法で取り付けを行いました。
    【総評】
    セミキャブの軽トラックは、悪路の走行性能低下や足元が狭くなるのであまり好きではありませんでした。HA9アクティはフルキャブに戻りこれはチャンスと思い購入を決断。買い替えを見送って良かったと思っています。バワステも装備されていますので、狭い場所の切り返しも楽になりました。軽トラは、一度購入すると壊れるまで乗り続けるので、選択も慎重に行いました。積雪路面を走行し、普段使いで燃費も気にする方は、選択肢の一つにしても良い車種だと思います。
    用途が限られ、ユーザーも高齢者が多いのでなかなかレビューを見ることが出来ないので、当方の情報がお役に立てれば幸いです。またしばらく乗ったら再レビューしたいと思います。
    満足度 4
    エクステリア 4
    インテリア 5
    エンジン 5
    走行性能 5
    乗り心地 4
    燃費 4
    価格 4

アクティ トラック 2009年モデルのクチコミ

(15件 / 1スレッド)
    • ナイスクチコミ29
    • 返信数14
    • 2017年6月28日 更新
    私の父はクルマ好きですが、軽トラックで我慢しています。

    今は新タマネギやそら豆、イチゴを栽培し孫達に食べてもらい喜ぶ笑顔が観たくて毎日草取りに精を出しております。

    そういう父になりたいと思います。

    祖父は軽トラックには乗っていましたが、
    遥か昔、トラクターの所有前は水牛を飼ってました。

    水牛を湖に連れていき、水牛の体を洗ってあげると雄叫びって感じで水牛
    続きを読むは喜んでいたそうです。

    その水牛にも子牛が産まれ、やがて母性本能で母牛は農作業をしたがらなくなったそうです。

    子供の頃、祖父との昔話はとても愉しく興味深かったです。

    祖父と夕方にホームセンターに行くのも愉しみの1つでした。
    祖父は若い頃は自転車にエンジンを付けて通勤していたそうです。
    Gorillaやmonkeyが登場する20年前だと思います。

    祖父は大工と農作業。
    父も大工と農作業。

    私は家族に支えられて現在があります。

    クルマになるまでに
    水牛、エンジン付き自転車、Gorilla、monkey、
    軽トラック、そしてスバル360………。

    と歴史を歩みながら……。現在があります。

    私は貧乏の家に生まれましたが
    貧乏で良かったと思います。

    今後も軽トラックを大切にしていきたいと
    思います(^o^)!!!

アクティ トラックの中古車

アクティ トラックの中古車相場表を見る

アクティ トラックとよく比較される車種

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止