ホンダ N-ONEの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ホンダ N-ONEの新型情報・試乗記・画像

N-ONEの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

N-ONEのモデル一覧

N-ONEのレビュー・評価

(158件)

N-ONE 2012年モデルの満足度

4.30

(カテゴリ平均:4.31)

    N-ONE 2012年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • N-ONE 2012年モデル Premium Tourer Lowdown 軽自動車市場における大きな波として2011年に登場したホンダの「Nシリーズ」。その中でも往年の名車であるN360を彷彿させる愛嬌のある丸目ヘッドライトや上質な仕上がりと走りを提案したのがN-ONEです。
      N-ONE自体は2012年11月に発売されましたが、2015年7月のマイナーモデルチェンジ時に追加されたのが「LOWDOWN」モデルです。今回ターボを搭載する「プレミアム ツアラー ローダウン」を一般道、高速道それぞれ約230kmづつ、トータルで470km強を試乗してみました。
      元々N-ONEは他のNシリーズ同様、全高は1550mmを超えています。それまでのN-ONEプレミアム ツアラー(
      続きを読む FF)でも1610mmなので都市部やマンションなどに多く設置させている上限1550mmの立体駐車場への入庫はできません。
      これがこのモデル誕生の最大の理由というわけではありませんが、市場からの要望があったのは事実です。このLOWDOWNモデルは専用のルーフを新規に作ることで55mm、専用サスペンションにより最低地上高を10mm下げることで、1545mmの全高を達成、ワンメイクレースでも活躍するN-ONEの走りの良さと同時に利便性の高さもアピールすることで、新たなユーザーを獲得しようとしています。
      エクステリアは大型のリアスポイラーや専用デザインの15インチアルミホイール&ローダウンサスペンション、ラジオ受信用のマイクロアンテナはフロント運転席上部のルーフに移設されているのでひと目でローダウンモデルだとわかります。また試乗車の「ブリリアントスポーティブルー・メタリック&メタリックブラック(ルーフ部)」のボディカラーは現在29色取材時のカタログより)と豊富なカラーバリエーションを持つN-ONEの中ではローダウン専用となりますので、その部分でも差別化が図れています。
      インテリアの造形は基本同じですが、ブラック内装と専用のコンビシートは触れた際の上質感と同時にスポーティな雰囲気をうまく演出しています。リアシートは5:5の分割下倒&チップアップ機構を持っていますが、他のNシリーズのようなスライド機構は持っていません。それでも後席の足元には余裕があり十分満足できるものです。一方、このグレードにはメーカーオプションの「ディスプレイオーディオ」は設定はありませんのでカーナビ等が欲しい場合はディーラーオプションまたは市販モデルを購入する必要があります。
      クルマに乗り込むとこれまでのN-ONEとの印象の違いはありません。専用ルーフにより55mmも全高は下がっていますが、前席の室内高は25mmしか下がっていません。頭上にもこぶしが入るほど余裕があり、外観上の窮屈さは感じません。コンセプト自体を否定するわけではありませんが、N-ONEは本来このサイズ(全高)が良かったのではないか、と思わせるほどです。
      エンジンスペックに大きな変更はありませんが、すでにNシリーズ全体で年次改良の度に細かい制御の見直しを行っていることもあり、初期のモデルに比べるとかなり印象が良くなりました。
      まず、乗り心地に関しては初期のモデルは高速道路などのギャップを乗り越えた際、どうしても「ガツン」という突き上げ感があり、その入力を分散する速度、つまり不快な感じが持続する印象でした。しかしタイヤの銘柄の違いやサスペンションのセッティングもあるでしょうが、今回これらがかなり緩和された印象を受けました。一方ロール感に関しては重心高が下がったとはいえ、それほど大きな変化は感じません。私が鈍感なのかもしれませんが、ステアリングの操作に対し、スーッとロールしながらボディが動いていく一連の流れるような動きは軽自動車の中でN-ONEはかなり高いレベルだと思っています。この良さは活かしつつ、乗り心地を改善させています。
      もうひとつ高く評価したいのは燃費性能です。試乗車のJC08モード燃費は23.6km/Lですが、今回の試乗では19.51km/Lとカタログ数値に対し、約82%と優れた結果でした。N-ONEは元々CVTですが、試乗車にはパドルシフトが付いています。このパドルシフトをうまく活用すると一種のコースティング(惰性走行)的(あくまでも“的”です)な走りが可能です。クルマによってはスムーズに減速させるために勝手にシフトダウンしてしまうものもありますが、N-ONEのCVTはシーンによっては回転数を落としたまま走ることができ静粛性の面でもメリットがあります。もちろん積極的に操作することでターボの美味しい部分を使ってスポーティな走りが楽しめます。
      安全装備に関してはそろそろ上位車種に展開している「ホンダセンシング」が欲しくなります。他社と比較してもホンダのターボ付き軽自動車にはクルーズコントロールが標準装備されているケースが多く、これとうまく協調することでより高い安全性はもちろん、商品力も向上できます。
      ローダウン化したことで残念ながら4WDモデルの設定はありませんが、静粛性や乗り心地、さらに燃費性能も優れたN-ONEのこのモデル、プレミアムツアラー(FF)より4万7000円高くなりますが、高さ制限のある立体駐車場を使っており、高速道に乗る機会も多く、登録車からのダウンサイジングを考えている人にはオススメのモデルと言えます。
      参考になった 25人
      2016年2月29日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 3
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 3
    • 最も安いGグレードを買いましたが、今の車に、付いていそうな装備は、ほぼ付いていますし、変なコストダウンの感じもしない。
      企業の利益優先ではなく、乗る人の感情を優先させていると思わせる設計です。
      ただ、惜しむらくは、オプションをつけると、ガンガン総額が上がること。
      このホンダの商法に、付き合わないためには、必要最小限のオプションだけ付けて、それで充分と思うことかな。
      たぶん、乗りはじめたら、それで充分、と思えるはずです。
      トヨタとは、ベースグレードへの考え方が相当、違うな、と感じました。
      アンド燃費。
      先日、長距離ドライブを敢行した時の燃費をご報告しておきます。
      高速で、80キロ
      続きを読む くらいが、ちょうど、燃費の面ではイイようで、リッター25.5くらい。
      100キロ走行だと、22.5くらい。
      街乗りだと、19から20くらい。
      あと、そこまで、静かではありません。
      いろいろな意味で、10年くらい前のリッターカーを彷彿とさせます。
      ただし、その頃の車より、燃費はイイですよ。
      アンド塗装。
      ホワイトにしましたが、どうも、弱いようです。
      意外と、直線の角が多いため、下手に、ボディカバーをかけると、角に色移りしてしまいます。
      最初にガラスコーティングは業者にだしましたが、今にして思えば、最初から、市販のガラスコーティング剤を使って、丹念に自分ですれば、よかったかな、と。
      そして、露天駐車やむなし、です。
      余計なことはしないほうが、結局、ボディにはいいのかも。
      あと、雨の後の黒い筋が、結構、何本も出ます。
      まぁ、トータルでは、いい車の部類に入るのかな。
      アンドまかせチャオ。
      先日、車検込みのパックに入った状態で、車検を終えましたので、別途かかった費用をご報告しておきます。
      税金等の法定費用はもちろん別途。
      他に、検査代行手数料が1万チョット。
      さらに、名称は忘れましたが、技術料なるものが、一万五千円ほど。
      他、当然、交換した部品代。
      他は、見積もりの段階で私は外しましたが、車内の消臭や、車の下の洗浄などを提案してきます。
      ホンダも一企業。
      儲けに走るのは、止むなしというところでしょう。
      車検に関しては、お得感は無かったですね。
    • 2017年末のマイナーチェンジを機に新車に乗り換えてから半年ほどすると、走行時に僅かな段差でもナビの周囲がカタカタと音を立てるようになり、本日12ヶ月点検の際にディーラーで無料補修をしてもらい、とりあえず音はしなくなりました。
      一度ナビをとりはずし、緩衝材を取り付けて元に戻したようです。5年前くらいからこの異常は報告されているのにもかかわらず、その後何らの対策も取られていないのには少し驚きました。ナビのビス止めが一箇所だけで本体をはめ込んであり、振動を支え切れていないのが原因のようです。ただ、個体差があり、以前に乗っていた初代N-ONEでは問題ありませんでした。ご参考に。

      初代のN-O
      続きを読む NEに5年間乗車していましたが、今回のマイナーチェンジを機に思い切って買い換えてみました。
      安全装置のホンダセンシングが残念ながら搭載されない形であるため賛否両論もあると思いますが、コンパクトカーの本質である、近場を中心に動き回るという生活様式から考えれば特に不便も不満もありません。
      今回、遮音機能付のフロントウインドウや車体に遮音パーツが付加されたことで、初代のN-ONEに比べて非常に車内の静音性が保たれ、乗り心地が抜群に良くなりました。
      また、すべての窓で360度UV・IRカット対応のため室内の温度上昇も軽減されており、エアコンもプラズマクラスター搭載になっています。
      そして、うるさかった猫ワイパーも改善され、ストレスもなく非常に静かで軽自動車とは思えない快適性を保持しています。
      アイドリングストップタイプのエンジンに変更もされているため、初代N-ONEよりも燃費も向上しています。
      Tourerタイプであるため、上り坂もスイスイとストレスなく加速します。
      ナビやカーオーディオもこの5年で進化し、特にオーディオの音の良さも初代とは雲泥の差があります。車内の静音性向上との相乗効果もあってなお一層そう感じるのかもしれません。
      そして、サイドミラーもオートリトラミラーになっていますので、降車時にロックをかけるとサイドミラーは自動で格納されます。
      新たに搭載された充電用USBジャックや内装のシートの上質アップ、グリルまわりの細かな質感アップも加わり、5年経って非常に完成度の高い車に仕上がったという感想です。
      ただ、1点だけ不満があるとすれば、初代のTourerではアルミホイールが標準装備だったのがスチールホイールであること。
      安全装置の搭載されていない車としては価格的にはトータルで若干高めに感じますが、内装のグレードアップの分や機能的な付加価値が上がった分で仕方ないのかもしれません。

    • 【エクステリア】
      個性的で好みが分かれるかなぁと思います。

      【インテリア】
      スズキのインテリアに比べたらかなり質感は高いと思う。使いやすいところに収納があります。

      【エンジン性能】
      思ったよりトルクがあり使いやすかったです。

      【走行性能】
      家族4名で1泊旅行に行きましたが無理な追い越しをしなければ十分かと。最後までCVTには慣れませんでした。
      【乗り心地】
      結構跳ねる感じもありましたがコーナーの安定性を考えると悪くなかったと思います。
      【燃費】
      奥さんの買い物街乗りで13km/L程度。ターボはこんなもんですかね。
      【価格】
      出た当初はプレミアム感のある軽自
      続きを読む 動車といった感じで売り出してたのでロールーフ軽にしては高額かなとは思います。
      【総評】
      発売してすぐ購入したので納車まで半年待ちました。
      約2年乗って2回ほどぶつけられる事故にあい軽自動車の潰れ具合が怖くなったと(リアに原付が突っ込んできてフレーム修正を1回、フロントにフィットがかする様に突っ込んできてバンパーまわりを交換、ディーラー曰く潰れやすくできてるとの事)奥さんが乗り換えたいとこのことで売却しました。もう軽自動車は買わないと言ってます。

    N-ONEのクチコミ

    (5656件 / 411スレッド)

    クチコミ募集中

    N-ONEのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    N-ONE 2012年モデル

    N-ONE 2012年モデル

    N-ONE 2012年モデルのクチコミを書く
    N-ONE

    N-ONE

    N-ONEのクチコミを書く

    閉じる

    N-ONEのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    N-ONE 2012年モデル

    N-ONE 2012年モデル

    N-ONE 2012年モデルのクチコミを書く
    N-ONE

    N-ONE

    N-ONEのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ10
      • 返信数9
      • 2019年2月9日 更新
      こんにちは。
      我が家のN-ONEのバッテリーがつい先日ご臨終になり、一度はずして充電してみましたが、またすぐだめになり交換しました。専用バッテリーM42Rは高いですね、手痛い出費でした。去年初回車検だったので3年程度でダメになるのは意外でした。
      やはりアイドリングストップ車はBTの負担がでかい?そういう仕様?片道5キロ程度の通勤距離のせい?板金修理から帰ってきてすぐあがった
      続きを読むのでそれもちょっと疑ってはいるのですが、はっきりしません。
      みなさんバッテリーは交換されましたか?ちなみにFBのBTがついていたので同じFBのウルトラバッテリーにしました。
      • ナイスクチコミ26
      • 返信数8
      • 2018年11月18日 更新
      教えて下さい
      N-ONE RSの新車をローン購入で検討しています
      安く買う方法を教えて下さい

      1)他社と競合させる
        競合車種はどんなものがありますか?

      2)ディーラー間での競合
        Honda Carsでも、法人が異なれば競合はメリットありますか?

      3)ローンは金利の安いところで買うのが良いと思っていますが、0.1%程度の差なら、ディーラーローンに
      続きを読むすべきですか?

      4)他に安く買うコツを教えて下さい

      5)目標値引きはいくらくらいでしょうか?
        (20万円を目標にするつもりですが、やりすぎですか?)

      よろしくお願いします
      • ナイスクチコミ14
      • 返信数3
      • 2018年11月8日 更新
      当方、N-ONEプレミアムカスタムは、15インチ純正アルミでしたが、最近、ミニライトに変えました。
      そんな時、ダイハツ、ムーヴコンテ(カスタムではない)に乗っている友人から、スタッドレスタイヤを履かせて、使いたい旨の要望がありました。
      ホンダ純正アルミは、専用ナットですが、取り付ける事は可能ですか?

    N-ONEの中古車

    N-ONEの中古車相場表を見る

    N-ONEとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止