ホンダ N-ONEの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ホンダ N-ONEの新型情報・試乗記・画像

N-ONEの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

新車発売中のグレードはありません

N-ONEのモデル一覧

N-ONEのレビュー・評価

(164件)

N-ONE 2012年モデルの満足度

4.31

(カテゴリ平均:4.3)

    N-ONE 2012年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • N-ONE 2012年モデル Premium Tourer Lowdown 軽自動車市場における大きな波として2011年に登場したホンダの「Nシリーズ」。その中でも往年の名車であるN360を彷彿させる愛嬌のある丸目ヘッドライトや上質な仕上がりと走りを提案したのがN-ONEです。
      N-ONE自体は2012年11月に発売されましたが、2015年7月のマイナーモデルチェンジ時に追加されたのが「LOWDOWN」モデルです。今回ターボを搭載する「プレミアム ツアラー ローダウン」を一般道、高速道それぞれ約230kmづつ、トータルで470km強を試乗してみました。
      元々N-ONEは他のNシリーズ同様、全高は1550mmを超えています。それまでのN-ONEプレミアム ツアラー(
      続きを読む FF)でも1610mmなので都市部やマンションなどに多く設置させている上限1550mmの立体駐車場への入庫はできません。
      これがこのモデル誕生の最大の理由というわけではありませんが、市場からの要望があったのは事実です。このLOWDOWNモデルは専用のルーフを新規に作ることで55mm、専用サスペンションにより最低地上高を10mm下げることで、1545mmの全高を達成、ワンメイクレースでも活躍するN-ONEの走りの良さと同時に利便性の高さもアピールすることで、新たなユーザーを獲得しようとしています。
      エクステリアは大型のリアスポイラーや専用デザインの15インチアルミホイール&ローダウンサスペンション、ラジオ受信用のマイクロアンテナはフロント運転席上部のルーフに移設されているのでひと目でローダウンモデルだとわかります。また試乗車の「ブリリアントスポーティブルー・メタリック&メタリックブラック(ルーフ部)」のボディカラーは現在29色取材時のカタログより)と豊富なカラーバリエーションを持つN-ONEの中ではローダウン専用となりますので、その部分でも差別化が図れています。
      インテリアの造形は基本同じですが、ブラック内装と専用のコンビシートは触れた際の上質感と同時にスポーティな雰囲気をうまく演出しています。リアシートは5:5の分割下倒&チップアップ機構を持っていますが、他のNシリーズのようなスライド機構は持っていません。それでも後席の足元には余裕があり十分満足できるものです。一方、このグレードにはメーカーオプションの「ディスプレイオーディオ」は設定はありませんのでカーナビ等が欲しい場合はディーラーオプションまたは市販モデルを購入する必要があります。
      クルマに乗り込むとこれまでのN-ONEとの印象の違いはありません。専用ルーフにより55mmも全高は下がっていますが、前席の室内高は25mmしか下がっていません。頭上にもこぶしが入るほど余裕があり、外観上の窮屈さは感じません。コンセプト自体を否定するわけではありませんが、N-ONEは本来このサイズ(全高)が良かったのではないか、と思わせるほどです。
      エンジンスペックに大きな変更はありませんが、すでにNシリーズ全体で年次改良の度に細かい制御の見直しを行っていることもあり、初期のモデルに比べるとかなり印象が良くなりました。
      まず、乗り心地に関しては初期のモデルは高速道路などのギャップを乗り越えた際、どうしても「ガツン」という突き上げ感があり、その入力を分散する速度、つまり不快な感じが持続する印象でした。しかしタイヤの銘柄の違いやサスペンションのセッティングもあるでしょうが、今回これらがかなり緩和された印象を受けました。一方ロール感に関しては重心高が下がったとはいえ、それほど大きな変化は感じません。私が鈍感なのかもしれませんが、ステアリングの操作に対し、スーッとロールしながらボディが動いていく一連の流れるような動きは軽自動車の中でN-ONEはかなり高いレベルだと思っています。この良さは活かしつつ、乗り心地を改善させています。
      もうひとつ高く評価したいのは燃費性能です。試乗車のJC08モード燃費は23.6km/Lですが、今回の試乗では19.51km/Lとカタログ数値に対し、約82%と優れた結果でした。N-ONEは元々CVTですが、試乗車にはパドルシフトが付いています。このパドルシフトをうまく活用すると一種のコースティング(惰性走行)的(あくまでも“的”です)な走りが可能です。クルマによってはスムーズに減速させるために勝手にシフトダウンしてしまうものもありますが、N-ONEのCVTはシーンによっては回転数を落としたまま走ることができ静粛性の面でもメリットがあります。もちろん積極的に操作することでターボの美味しい部分を使ってスポーティな走りが楽しめます。
      安全装備に関してはそろそろ上位車種に展開している「ホンダセンシング」が欲しくなります。他社と比較してもホンダのターボ付き軽自動車にはクルーズコントロールが標準装備されているケースが多く、これとうまく協調することでより高い安全性はもちろん、商品力も向上できます。
      ローダウン化したことで残念ながら4WDモデルの設定はありませんが、静粛性や乗り心地、さらに燃費性能も優れたN-ONEのこのモデル、プレミアムツアラー(FF)より4万7000円高くなりますが、高さ制限のある立体駐車場を使っており、高速道に乗る機会も多く、登録車からのダウンサイジングを考えている人にはオススメのモデルと言えます。
      参考になった 28人
      2016年2月29日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 3
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 3
    •  2014(平成26)年式のプレミアムツアラー(走行距離55,000キロ)を昨年12月に中古で購入、そこから約半年6,000キロ乗ってのインプレッションです。【エクステリア】
       サイズ的にはハイトワゴンのジャンルに入るクルマ(日産デイズの旧モデルと全高は1センチしか違わない)だけど、リアハッチに傾斜がついており実際よりも小さく見えてしまって、普通車からは小バカにされること多々あり。
       名車N360をモチーフにしたデザインは、老若男女から可愛いと思ってもらえるような秀逸なデザイン。これをクラシックに決めるもよし、スポーティに決めるもよし。丸目は飽きがこないし、ボディカラーは何色でも似合うと思
      続きを読む う。

      【インテリア】
       インパネも安っぽさは感じないし、メーターもステアリングの中に納まるタイプ(センターメーターやステアリング上にあるメーターは個人的に超大嫌い)で視認性もまずまず。6年前の型ゆえシートはオールファブリックだけど座り心地もふんわりとして良く、1日乗っても疲れない。ただ、リアシートのピローのすぐ後ろにはリアガラスが迫っており、後部座席に人を乗せて追突事故に巻き込まれたらダメージは大きいと思う。リアシートの足元の広さも十分だけに、それが前後にスライドすればリアシートをもう少し前にするんだけど出来ない。

      【エンジン性能】
       S660にも搭載される「S07A型」エンジンはターボ付き!ECONモードでもパワー感は十分。ひとたびそのボタンを解除すると軽四とは思えないような加速感を味わうことが出来る。平地のドライブではアクセルに足を置いているだけの感じ。ただしエアコン作動時のファンの音は大きめである。

      【走行性能】
       設計年次は古いけど、軽四の中では一番のロングホイールベースを誇り、街乗りでこのクルマに
      乗っていたら普通車は要らないと感じる。一方、高速道に入ると車重も軽いのでちょっと跳ねるようで落ち着きがない感じがするものの、トラックの列に埋もれることなく、いつでも追い越し車線に出て素早くパスできるだけの脚力は持っており、110キロ巡行は余裕!だけど高速道での燃費はリッター20は切る模様(だいたい110〜120で走るため)。
       それと、パドルシフトが付いており、エンジンブレーキが欲しい場面では多用しており自分にとっては有難い装備のひとつである。

      【乗り心地】
       ホンダ車はゴツゴツした乗り心地かと当初予想していたけど、思っていたより良い。前オーナーが装着していたタイヤがグッドイヤーのオールシーズンタイヤというのもあるかもしれない。
       また5年落ちともなれば並みの軽四ならスカスカした乗り味になるところだろうけど、これがどっこいシッカリしており、さすがホンダのNシリーズだと思う。

      【燃費】
       メーター読みで市街地のチョイノリならリッター14〜17程度だけど、郊外を淡々と走るような乗り方なら22〜24程度は軽く行く。でも高速をガンガン走ったら多分20は切るんじゃないかと思う。また、特筆すべきはガソリンタンク容量が35リットルなので航続距離も長く、高速道の長距離ドライブでない限りは一日中無給油で遊べる。

      【価格】
       車検が約1年残って距離が5万5千キロ、店頭渡し価格が80万円だった。元々がそれほど安い車でなく、しかもタマ数もそう多くないんであまり安くはないだろうというのが私の感触。でもホンダの軽四の中古車価格が総じて高いのは、それ相応のクオリティを維持しているからだと思う。

      【総評】
       私のレビューは中古での購入を検討中の方々に見て頂ければ幸甚だけど、その際にご注意いただきたいのはナビ付きかどうかという点。実は私が購入したクルマはディスプレイオーディオ付きであり、どうしてもナビが欲しかったので、ネットでいろいろと調べてお隣の広島県内の自動車屋さんでナビに乗せ換えてもらった。費用的にナビ本体と取り付け費用、部品代を合わせて16万5千円かかった(スタッフの方2人がかりで6〜7時間も掛かった大手術。だから金額的には安かったとも思っている。)。
       ちなみにナビへの交換を近所のディーラーに相談したけど「物理的に無理です!」と、けんもほろろだったため、ディスプレイオーディオからナビに交換するのは無理と考えた方が良い。そのため、ナビが欲しければ予めナビが付いた車、ないしはオーディオレス車を選んでおかないと後悔することとなるんでくれぐれもご注意を。
       
       これからも可愛いN−ONEとのカーライフを末永く楽しんでいきたい!

      (再レビューでは誤字等を訂正したのと、高速道インプレッションを書き換えました。)

    • 【エクステリア】
      プレミアムNA、赤黒ツートンカラーを買いました。横と後ろはカッコイイと思いますが、前のタヌキ顔で減点です。夜のライト点灯時は4点です。
      【インテリア】
      シートの座り心地、本革巻きのハンドル共に良いです。スマホ置きなど小物を置く場所も工夫されていると思います。
      【エンジン性能】
      軽自動車のNAとしては素晴らしい、前車のekスポーツ(ターボ)よりもパワーあります。試乗でNワンターボも乗りましたが、低回転ではパワーありますが、高回転の伸びや自然なレスポンスでNAに軍配が挙がります。
      【走行性能】
      軽自動車なので限界はありますが、その範疇の中で良いと思います。軽快な走り
      続きを読む が楽しめます。妻が同じホンダのフリードに乗っておりますが、そちらはNワンと比べるともっさりしています。
      【乗り心地】
      軽自動車としては素晴らしいと思います。車体剛性が高く、足回りもきっちりコストをかけている所以だと思います。これも前車のekスポーツや会社のミラとは雲泥の差があります。これまでの軽自動車にありがちな安っぽい振動や騒音がありません。試乗で乗ったターボのローダウン仕様は乗り心地が固く、NAの方が良いです。
      【燃費】
      夏場は20km/l、冬場は19km/l(満タン法で)です。前車ekスポーツが12〜13km/lだったので十分です。Nワンを選んだ最大の理由は満タンで35l入り、1回給油当たりの走行距離が軽自動車の中では最高クラスだということです。最近の軽はタンク容量を減らす傾向にあるので燃費は良くても1回給油当たりの走行距離で比べるとそうでもないことが多い。1回の給油で570〜600km走れます。(郊外6割、市街地4割)
      【価格】
      中古車屋で新車を買いましたので安かったです。カーセンサーネットの検索で出てきます。細かいサービスが必要でしたらディーラーを利用したら良いと思います。オイル交換と車検はオートバックスを利用して安上がりにしてます。スタビライザーの付くNAがプレミアムのみなのでオプションに柔軟性があれば良いと思います。
      【総評】
      軽自動車として非常に完成度が高いと思います。大学生の時にシビックフェリオに乗っていましたがそれに比べるとエンジン、足回り、車体剛性など全てで進化しております。ここまで軽自動車が良くなると普通車を買う必然性が低くなり、家族や荷物が多い人はミニバン、高級感を求める人は外車、若者はクロカン、その他は軽自動車というような住み分けになるのでしょう。メーカー側はどこで利益を上げるのか難しい時代になると思います。
    • 12年間で14万キロを走破したスバル R1がトランスミッションからのオイル滲みと、
      13年目以降からの増税とで買い換えを検討。今回赤白ツートンのRSに乗り換えました。

      R1は恰好は悪いが走りは軽快そのもので、軽では貴重な4気筒エンジンを搭載し、レッドゾーン手前まで一気に吹け上げる、運転していてとても楽しい車でした。

      一方のN-ONEは、動力性能では上回っているものの、走りの軽快さでは(車重が軽く、低重心の)R1に軍配が上がると予想していました。

      ところが、いざ走り出してみると、N-ONEのとても軽快な走りに驚かされ、
      更にしなやかな乗り心地、室内の静粛性に、いい意味で裏切
      続きを読む られました。
      まだほんの少ししか走行していませんが、簡単にレビューしたいと思います。

      【エクステリア】
      マンションの立駐なので車高は1.55m以下からの選択となりましたが、その中でN-ONE(Low Down仕様)は秀逸。また大型のテールゲートスポイラーは後方からの精悍さを際立たせていて、とても好印象。結果的に現存する軽自動車の中では一番ではないかと気に入っています。最近の軽自動車は広さを競い合って腰高となり、後ろは断崖絶壁。見るからに安定感に欠けるデザインになってしまい、私的にはNGでした。立駐にも入りませんし。

      【インテリア】
      旅行好きで、行く先々で軽自動車を借りますが、一般的なそれとは明らかに違う高級感が漂っています。所詮軽ですが、少なくともR1のようなプラスチッキーな感じはなく、質感は雲泥の差。

      【エンジン性能】
      まだ高回転域は試していませんが、低回転でのトルクはかなり太いと感じました。どうしてもR1との比較になりますが、低速域での取り扱いはN-ONEの圧勝です。

      【走行性能】
      高速域でコーナーに入ってもロールが少なく、しっかりと踏ん張り、よく曲がります。RSというグレードも影響しているのか、特に不満はありません。最初はオプションでモデューロXのサスペンションを取り付ける予定でしたが、予算オーバーとなり断念。ただノーマルでも全然満足です。

      【乗り心地】
      一般的に固いと言われていますが、もともと固い車に乗り続けているので、何とも感じませんし、むしろもう少し固くても良い位です。助手席に乗った奥さんも結構いい感じだと言っていました。

      【燃費】
      一回目の満タンからまだ数百キロしか走行していませんので何とも言えませんが、これについてはR1には遠く及ばない感じです。私の車選びは燃費優先ではないので、特に気にはなりませんが、リッター16km走れば御の字だと思っています。果たして結果はどうか。

      【価格】
      RSというグレードだけで言うと高いです。若干のオプションを付けただけですが、200万を少しだけオーバーしてしまいました。

      【その他】
      往復65kmの通勤が主な使い道なので、コペンやS660も候補に上がりましたが、
      R1が2 DOORだったので次は4 DOORにしたかったのと、たまに奥さんが買い物に使うので、ツーシーターではちょっと不便。

      その中で車高1.55m以下からの選択という事でN-ONEになりましたが、
      そもそも日本の軽自動車の売れ筋がスーパーハイトワゴンなので、
      背の低い軽自動車の選択肢が少ない事は、非常に残念に思いました。

      今回R1からの乗り換えという事で、かなりの部分が好評価でしたが、残念な点も幾つかありました。

      @ センタータンクレイアウトは居住性の向上に貢献している一方で、前席下に物が入らず、私の場合サブウーファーが入らずトランクに置くしかなかった。
      A パドルシフトレバーで減速する際、「ガツン」とやや大きめのショックがたまに出る。
      B 運転席、助手席のDOORに比べて後部席のDOORの閉まる音がチープすぎる。
      C ライセンスライトを交換するのにリアゲートの内張りを剥がす必要がある。
      D トリップメーターがシングル
      E メーター照度コントロールができない
      F バニティミラーの照明がオプション設定
      など

      ホンダのNシリーズが次々モデルチェンジする中で、N-ONEは2012年のデビュー以来マイナーチェンジは重ねるものの、まだ一度もフルモデルチェンジしておらず、設計自体も古い特殊な車ですが、所有している充実感は、実はメインの車(SJGフォレスター最終型)より上だったりします。

      このまま廃番になるかも知れないとの噂もありますが、ホンダセンシングなどを装備してフルモデルチェンジしたら、また人気が出るのではないでしょうか。

    N-ONEのクチコミ

    (5849件 / 426スレッド)

    クチコミ募集中

    N-ONEのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    N-ONE 2012年モデル

    N-ONE 2012年モデル

    N-ONE 2012年モデルのクチコミを書く
    N-ONE

    N-ONE

    N-ONEのクチコミを書く

    閉じる

    N-ONEのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    N-ONE 2012年モデル

    N-ONE 2012年モデル

    N-ONE 2012年モデルのクチコミを書く
    N-ONE

    N-ONE

    N-ONEのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ31
      • 返信数7
      • 2020年4月19日 更新
      新型が出るみたいです。
      ホームページが更新されました。
      https://www.honda.co.jp/N-ONE/?from=RSS
      • ナイスクチコミ105
      • 返信数26
      • 2020年3月30日 更新
      一部記事で、秋頃フルモデルチェンジの新型が出ると言われていますが、マイチェンでなく、本当にフルモデルチェンジして出ると思われますか?
      https://bestcarweb.jp/tokyo-autosalon/119291
      • ナイスクチコミ57
      • 返信数20
      • 2020年2月1日 更新
      ついに、秋にフルチェン確定
      オートサロンで発表されました。

    N-ONEの中古車

    N-ONEの中古車相場表を見る

    N-ONEとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止