ホンダ S660の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ホンダ S660の新型情報・試乗記・画像

S660の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

S660のモデル一覧

S660のレビュー・評価

(89件)

S660 2015年モデルの満足度

4.25

(カテゴリ平均:4.31)

    S660 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • S660 2015年モデル S660はホンダが徹底したクルマ作りに基づいて開発した軽自動車のオープンスポーツカーだ。ホンダは1990年代にビートを生産していたが、久々に軽スポーツを復活させることになった。

      S660には、袖ヶ浦フォレストレースウェイでのプロトタイプ車の試乗を始め、高知県での試乗会や北海道鷹栖のテストコースでの試乗など、折に触れて繰り返し試乗した。試乗車はαもβも6速MT車もCVT車もあった。設定される全仕様に試乗している。

      エンジンを運転席の後ろに搭載するミッドシップ(MR)のレイアウトなので、基本プラットホームをから専用のものが新設された。販売台数の限られる軽自動車のスポーツカーでプラットホ
      続きを読む ームを一から作るのは、コスト的にも相当に厳しいものがあるが、あえてそれにチャレンジしたことを評価したい。当然ながらサスペンションも専用設計だし、エンジンも型式はNシリーズのものながら、さまざまな専用チューンがなされている。

      外観デザインはLEDヘッドランプがシャープな眼光を放ち、そこから後部に向けてボディサイドを切り上がっていくシャープなプレスラインが、スポーティな雰囲気を強調するかのようにウェッジを効かせている。

      後部はエンジンルームの上が左右に盛り上がった形状をしているが、このカウル部分は飾りではなく、その中はエアクリーナーやインタークーラーなどの補器類が収められているのだという。後ろから見るとちょっとぶ厚い感じだが、それもまた個性的である。

      インテリアに座ると、ややタイトなバケットシートがしっかりと体をホールドしてくれる。ホンダ車で最小径となる直径350mmのステアリングホイールや、ホンダの軽自動車で初のデジタルメーターなどもS660に専用の仕様である。CVT車にはスポーツモードが設定されていて、スポーツモードを選ぶとメーターに赤いリングが表示されてスポーツ心を高める設定だ。

      軽自動車でMRレイアウトなので、居住空間はごく限定的な広さになるが、パッケージング的にはドライバーのアイポイントとフロントウインドーとの距離を、ビートに比べると格段に延長してS2000と同等以上にまで広げている。これによって圧迫感のない運転が可能だ。

      室内は狭いので手荷物などを置くスペースは全く用意されていない。一人で乗るなら助手席に置けば良いということになるが、二人で乗ると荷物の置き場に困る。これはかつてのビートも同様で、基本的に一人で運転を楽しむクルマと考えるべきである。

      搭載エンジンは直列3気筒のDOHCターボ仕様で、47kW/6000rpm、104N・m/2600rpmのパワー&トルクを発生する。軽自動車自主規制で動力性能が抑えられているので、数値的にNシリーズのものと変わらない。ホンダのことだから、自主規制枠を破るのではないかという期待もあったが、それはかなわなかった。

      サーキットやテストコースなど、速度制限の制約を受けないシーンで走らせると、47kW(64ps)のパワーでは不足し、もっとパワーを、と感じられるシーンも多かったが、一般道での試乗ではそこまでを求めることはまずなかった。

      エンジンはパワフル過ぎて扱いにくく感じるより、手の内に入るパワーでそれを使い切れるようなクルマのほうが絶対に楽しい。パワーだけを求めるのは考えものである。

      運転席の助手席の間の後方には、上下にスライドできる小窓が備えられていて、これを開けるとエンジン音や排気音などが大きく入ってくる。特にアクセルから足を離したときにブローオフバルブが発生するプシュという音が聞こえる。走っている実感が高まってのがなかなか良いアイデアだ。

      トランスミッションは6速MT、7速マニュアルモード付きCVTともに良かった。6速MTは前述のように短いストロークのシフト操作できびきびと決まる感じで、1速から5速までのギア比がクロスしていて、シフトアップもシフトダウンもスムーズで楽しい。このシフトフィールはぜひとも実際に味わって欲しい。

      CVTは7速のマニュアルモード付きでパドルシフトで操作できる。これまたとても具合が良い。しかも標準モードのほかにスポーツモードが設定されていて、スポーツモードで車速に対して高めの回転数を維持し、アクセルワークに対してスロットルの開度を大きくしている。パドルシフトの操作時の変速時間も短く設定されている。なので、CVT車でもけっこう楽しい走りが得られるのだ。

      S660が真価を発揮するのはコーナリング時だ。エンジンを後部の中心に近い位置に搭載するMRの駆動方式のため、コーナーでの挙動は素直で回頭性に優れている。ロックトゥロックが2.6回転ほどのステアリングを操作すると、それに合わせてごく自然な感覚で向きが変わり、同時にしっかり路面をとらえながら安定した姿勢でコーナーを抜けていく。この軽快感はなかなか得がたいものだ。

      コーナーでは内側のタイヤにブレーキを効かせるアジャイルハンドリングシステムと呼ぶ機構が働いている。これは全車に標準装備されるもので、コーナーでの安定性を高めるものだ。でも口惜しいことにそれが効いているのを全く実感できない。ごく自然に介入しているので、単に自分の運転がうまくなったかのように思えるだけなのだ。かなり硬めにセッティングされた足回りも、それなりにストロークするサスペンションによって、不快な乗り心地にはなっていない。

      S660は走りを楽しみたい人に最適な1台といえる。専用の生産ラインで作られていて、1日の生産台数が40台から48台に引き上げられたにしても、生産上の制約が大きく、今の時点で注文してもまだまだ長い納車待ちが発生することになりそうだ。

      価格は相当に高い。上級グレードのαには218万円の価格が設定されている。いくつかのオプションを装着したら購入予算は軽く250万円を超える。値打ちモノのクルマであるのは確かだが、軽自動車を買う予算としては相当に大きなものになるのも確かである。


      参考になった 17人
      2015年10月21日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 3
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 3
      燃費 3
      価格 2
    • S660(6MT)を半年間納期待ちで愛車にしてから、早3年が経とうとしています。3年弱の感想を一つ・・・。

      この車は“屋根付バイク”と思えば、搭載性が絶望的であろうと我慢出来るということですね。メインカーには厳しいですけれど。それとSの冠を持つ車でありながら専用エンジンでは無い(ターボチャージャー、オイルパンを除く)というところもマイナスポイントではありましたが、その代り燃費が異常に良いというメリットが生まれていました。国産最高峰グリップのネオバを履きながら、信号の少ない郊外路の40Km程度の区間燃費では、30〜35km/lを叩き出すというハイブリッド並みの燃費を可能にしています。
      続きを読む なみに峠道や真夏を含む平均では、25.5Km/lとなっています。無論、峠道以外はエコランを心掛けています。
      また、コレはオーナーになって1万km以上走ってみないと判らないことですが、1万kmを超える辺りからエンジンの回転が滑らかになります。つまり、慣らしに1万km掛かる!?ということであり、買ってエンジンのガサツさに絶望してすぐ売っぱらうのは待った方が良いですね。

      現在私の車は2万kmを少し超えていますが、乗れば乗るほど調子が良くなっている気がします。
      パワーに関しては、64馬力規制の弊害が確かにありますが、全開にすれば周りの車を置いてきぼりにすることも可能なので、サーキットに持ち込まない限り、それほどパワーには不満は無いですね。NAのような盛り上がりが無いのが残念ではありますが。

      コーナーリングに関しては一般道では無敵ですね。本気を出すと速すぎて目が追い付かないぐらいです。またタイヤのグリップも良く乗り心地もスポーツカーとしては悪くありません。長距離では疲れますけどね。
      但し、スポーツカーとして峠道の走りの楽しさをスポイルする重要ポイントがあります。それは、高すぎるギヤ比です。平坦な道や峠道の下りは問題が無いのですが、登りでは2速と3速を多用しますが、2速ではギヤ比が低過ぎてレッドゾーンに入りそうになって、失速!、3速ではギヤ比が高過ぎてパワーバンドを外して、これまた失速!という笑えないシチュエーションがよくあるのです。
      峠道の登りでは適切なギヤを選択してパワーバンドを外さずにエンジンに鞭を入れて駆け上がるのが快感な訳ですが、登りのコーナーでは、なかなか難しいのがこの車です。単なる私が下手くそということかもしれませんが・・・。
      如何にハイギヤなのかは6速で端的に現れており、平坦な道路では60km以下は失速して使い物になりません。かと言って本領発揮のハズの高速では幌がバタバタしてうるさいので100Km/h以上は出したくありません。
      解決するにはエンジンのパワーをもっと上げるか、ギヤ比を下げる必要性を感じます。その点、最近納車したN-VAN(6MT)の方はギヤ比が低めでクロスしているので、絶対パワーは小さいけれど峠道では逆に調子が良いんですけどね(笑)
      サーキットは走ったことが無いのですが、具合はどうなんでしょうかね。

      その他、乗降性が悪い、塗装が弱い、視界が悪い
      等ありますが、もう慣れてしまいました(笑)
      しかし、総合的には良い車ですよ。値段は高いのですが、走りが好き方は買って損は無いでしょう。
      ※一部修正追記しました。
    • 【エクステリア】
      サイドからの眺めは一目でミッドシップとわかるかっこ良さですがフロントは少しおとなしいかな。乗降性は太いサイドシルのため慣れるまできついかな。屋根ほろ脱着は慣れればいいが、やはりロードスターのワンタッチにして欲しかった
      【インテリア】
      20年以上前にカプチーノに乗っていて着座位置の低さ、フロントピラーの角度、同じタルガトップになりますが、エンジン音が後ろから聞こえるのは良いのですが、音が軽トラですね、カプチーノの方が静かでターボ音も走りを駆り立てていたと思います、また軽の規格からかシートを優先する為中央にカップホルダも2個取れないとは。また後ろ
      続きを読む の視界はスタイル優先したためゼロに近くリアカメラは必項でしょう。
      【走行性能】
      前後重量はリアよりの為カートなみの回頭性、慣れればタイトコーナーも軽快に運転の楽しさが味わえます。ターボですが7千回転まで回りシフトも気持ちよく入りいいですね。トルクがあるので坂道も力不足を感じません、もう少しエンジン音にこだわって欲しかった、あとオープン時風の巻込みがもう壮絶で本当に風対策をしたのか疑問です。恐らく2人乗車時会話は出来ないのでは!
      【乗り心地】
      固くもなくいいのですが、やはりAピラーが舗装のわだちでぶるぶると揺れさすがにカプチーノと同じで軽オープンの限界を感じました。
      【燃費】
      レンタカーのため街中4、山道6ですが、15km/Lを軽く越え、娘のN-ONEターボ同様立派です
      【価格】
      これだけの高性能ミッドシップ車を考えればバーゲンプライスだと思います
      【総評】
      もう1台と購買欲をかき立てる車と思い1日借りましたが、結果はレンタカーで楽しむことにしました。カプチーノも良かったな・・・・。
    • 前車は現行アルトワークスに乗っていました。
      約200万程チューニング代に使用。
      ほとんど足回り強化しており自己満足の足に仕上げたつもりでした。

      ある日、s660を試乗する機会があり乗ったところ、その操作性、応答性、制動力に驚愕しました。「ノーマルでこれかよ!」と。

      以前からアルトワークスの制動力に不満を持っていた事もあり、s660を即買いしました。

      s660は正直早くありません。が、トータルバランスはノーマルとして良く出来ています。

      今思えばノーマルが1番ベストなのかも知れません。

      s660をイジリ出すと止まりません(汗)
      どんどん走りに磨きが増し、楽しくて
      続きを読む 止まりません(笑)

      ただs660は怖い面もあります。
      タイヤの選択を誤ると危ない?車になります。

      純正タイヤはネオバを履いていますが、他のタイヤに代えてしまうとMRの特性がモロでます。つまりリアが流れやすくなります。ある意味ネオバに守られている事を忘れてはいけません。

      s660はパワー不足だとコメを観る事もありますが、この狭い日本道路を楽しむのには充分だと思います。パワーあっても一般道路で使い切れませんし。

      正直、実用性無い車ですがとても満足しています。

    S660のクチコミ

    (3216件 / 222スレッド)

    クチコミ募集中

    S660のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    S660 2015年モデル

    S660 2015年モデル

    S660 2015年モデルのクチコミを書く
    S660

    S660

    S660のクチコミを書く

    閉じる

    S660のクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    S660 2015年モデル

    S660 2015年モデル

    S660 2015年モデルのクチコミを書く
    S660

    S660

    S660のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ40
      • 返信数13
      • 2019年4月18日 更新
      androido携帯端末(携帯電話)を使用してセンターディスプレイでHondaのインターナビポケット(ナビアプリ)を使用している者です。
      2016年の2月に新車で購入、同時にHonda HPにて動作確認の取れている「京セラTORQU G01」に機種変更しました。

      購入当時からUSBで車体とスマートフォンを接続したときの接続不良に悩んでおりました。

      <症状>
      @コ
      続きを読むネクトした際、かなりの頻度でスマートフォン側は車体に接続中の表示が出るが、センターディスプレイ側には反応が無い。
      A何度かUSBケーブルを抜き差しするとセンターディスプレイ側にもスマートフォンと同じ表示が現れ接続が成り立つ。
      B繋がらない時は、10回を超える回数の抜き差しが必要になる時もあり、5分以上放置すると上手くいく等とても使用に耐えない。

      以上の事柄を「Hondaお客様相談センター」とディーラーに同種事例が有るかを含めて3年間に渡り相談しておりました。
      「Hondaお客様相談センター」は一貫して症状を関連セクションに挙げると言いつつ、同種事例の有無については答える部門では無いとの回答。


      • ナイスクチコミ9
      • 返信数5
      • 2019年4月18日 更新
      2017年購入時には設定になかった純正ナビが昨年から出たようなので、ディーラーにて後付けをしてもらった。

      https://www.honda.co.jp/navi/s660/

      価格は工賃込みで229446円

      以前はセンターディスプレイだけで楽しんでいた。
      ナビにするとディスプレイは一回り大きい7インチ。
      ナビ自体の性能はいたって普通。Gメーターのデザインが
      続きを読む変わった。燃費計もディスプレイに表示できる。

      音楽は以前よりiPodで聴いていたので早速接続してみた。
      ところが、明らかに音質が落ちている。まるで一昔前の安物のカーラジオのようなチープな音であろ。
      これには大ショック!

      以前は、標準装備のスピーカーでも十分に良い音で鳴ってくれていたので、今回のナビ装着でもスピーカーはそのまましておいた。
      なのに、明らかな音質低下。

      音質調整はあるが高音と低音の調整しかない。低音を目一杯上げたがやはり物足りない。

      なぜだろう?
      今度、ディーラーで尋ねてみる。
      • ナイスクチコミ33
      • 返信数10
      • 2019年4月11日 更新
      バッテリーの充電を行いたいのですが、通常ならフロントボンネットを開けて、ユーティリティボックス外して、バッテリー端子からの充電ですが、ホンダのHPにジャンプスタートの記事を見つけ、リアフードをあけてヒューズボックス内の+端子と、同じくリアエンジンのスタッドボルトに−端子のコードをつないでジャンプスタートの要領でバッテリーの充電はできますでしょうか。ちなみにMTです。https:続きを読む//www.honda.co.jp/ownersmanual/webom/jpn/s660/2015/details/13697090-13760.html

    S660の中古車

    S660の中古車相場表を見る

    S660とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止