フィアット アバルト 124 スパイダー 2016年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

アバルト 124 スパイダー 2016年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
Make Your Spider (MT)2019年8月1日/特別仕様車

406万円

-

  FR 2人 13.8km/L 1,368cc 1,130kg 170ps
Make Your Spider2019年8月1日/特別仕様車

416万円

428.0万円   FR 2人 12.0km/L 1,368cc 1,150kg 170ps
ベースグレード (MT)2016年10月8日/ニューモデル

406万円

275〜499万円   FR 2人 13.8km/L 1,368cc 1,130kg 170ps
ベースグレード2016年10月8日/ニューモデル

416万円

-

  FR 2人 12.0km/L 1,368cc 1,150kg 170ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
1 Year Anniversary2017年9月9日/特別仕様車

437万円

-

  FR 2人 12.0km/L 1,368cc 1,150kg 170ps
1 Year Anniversary (MT)2017年9月9日/特別仕様車

426万円

-

  FR 2人 13.8km/L 1,368cc 1,130kg 170ps
2 Year Anniversary2018年7月28日/特別仕様車

427万円

-

  FR 2人 13.8km/L 1,368cc 1,130kg 170ps

アバルト 124 スパイダー 2016年モデルのレビュー・評価

(20件)

アバルト 124 スパイダー 2016年モデルの満足度

4.06

(カテゴリ平均:4.3)

    アバルト 124 スパイダー 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • アバルト 124 スパイダー 2016年モデル ベースグレード “広島生まれのイタリア車”と称されるクルマが、アバルト「124 スパイダー」で
      す。

      基本的に輸入車執筆の仕事を専門とする筆者ですが、ベースとなるマツダ「ロード
      スター」は、本当にアラフィフおやじには最高に試しめるクルマで、決して速くはない
      ものの、快感を覚えるシフトフィールや、何の変哲もない片押しシングルキャリパー
      ながら、まるで「ポルシェ」のブレーキ?と思わせる剛性感のあるフィーリングは、
      欲しくなる一台でもあります。

      では、最新の「ロードスター」をベースにアバルトが仕上げたアバルト「124 スパイ
      ダー」は一体どれほどのものなのか、メーカーの広報車両を借りて試乗を
      続きを読む 敢行して
      きました。

      エクステリアでは、黙っていればマツダ「ロードスター」がベースであることが、分
      からないほどオリジナリティ豊かなであり、前後に長いボンネットを採用し、オー
      バーハングを切り詰めることでアジリティを強調するデザインとしています。アバル
      トのよって、デザインされた大型エアインテークやリアディフューザー、リアスポイ
      ラー、ウィンドウスクリーンは風洞実験をイタリアで行ったといいますから、製造が
      日本というだけで、細部にわたりイタリアンデザインを楽しむことができます。ボ
      ディサイズは4060×1740×1240mm(全長×全幅×全高)。ベースとなったマツダ
      「ロードスター」と比べますと145mm長く、5mm広く、5mm高いサイズです。

      オリジナリティ溢れるエクステリアと比べてしまうと、インテリアは、マツダ「ロー
      ドスター」と大きな差は少なく、「アバルト」のエンブレムが貼られた専用ステアリ
      ング、レッドの盤面を持つレブカウンター、そして、270Km/hまで刻まれたスピード
      メーター、「アバルト」の刺繍が施されたバケットシートなどが専用品です。

      6MT仕様には、デビュー時に試乗しましたが、今回はあえて6速AT仕様を選びまし
      た。

      着座位置の低い専用シートに腰を下ろし、眺める景色はマツダ「ロードスター」を払
      拭することはできませんでしたが、エンジンを始動した瞬間、世界が一転。4本出し
      のエキゾーストエンドからは、周囲の空気を震わすような野太いサウンドが響き、
      「アバルト」のアツイ走りを予感させるものです。

      試乗車は6速ATで1150kgの車体重量。直列4気筒1.4リッターマルチエアターボ
      エンジン「3268」ユニットは、最高出力170PS/5500rpm、最大トルク250Nm
      (25.5kgm)/2500rpmを発生することから、数字を見る限りでは、十分すぎるものと
      いえます。

      野太いサウンドを奏でるこのエンジンは、走り出すと低速域からトルクに溢れ、後方
      からグイグイと押し出してくる。6ATのシフトフィールは非常に優秀でドライブレン
      ジに放り込んでおけば、シフトショックもほとんどないままややドッカンターボのト
      ルクに身を任せグイグイ加速していきます。

      MTモードに切り替えればステアリングに装備されたパドルシフトで積極的なシフト
      チェンジを楽しめレブリミットの6600rpmまで使い切ることができます。

      乗り心地は、かなりハードな設定で、乗り心地のよい「ロードスター」とは一線を画
      します。また、路面の轍にも敏感にステアリングが反応し、いくらAT仕様とはいっ
      て「アバルト」チューンの血統を強く感じるものでした。

      ワインディングでは、170PSのパワーと軽さが武器になってくれます。ブリヂストン
      「POTENZA RE050A」(205/45 R17)との相性もよく、普通に流す程度では、タイヤ
      のスキール音も聞こえる事なく、ヒラリヒラリとミズスマシのようにコーナーをクリ
      ア。脱出の立ち上がりも迅速で、刺激的なエキゾーストノートを響かせ実に爽快。レ
      ブリミットまで引っ張り、MTモードのパドルシフトを2速にシフトすると一瞬ホイー
      ルスピンを起こすほどじゃじゃ馬ぶりを発揮してくれます。

      サスペンションはビルシュタイン製で、フロントにダブルウィッシュボーン式、リア
      に5アームのマルチリンク式を採用。このステアリングに伝わる安定性、車両挙動
      などは、相当開発に時間をかけたことが容易に判断できました。
      縦置きエンジンがフロントミッドシップに搭載され、50:50の重量配分のよさも、実
      際に走ってみれば、なるほど納得!と思わずニンマリしてしまうものです。

      また、フロントには「ブレンボ製」の4ピストンブレーキキャリパーが装備されま
      す。マツダ「ロードスター」のブレーキも冒頭に述べたとおり非常にカッチリした
      タッチで国産車の中では軍を抜いたフィーリングを味わえますが、少々、ワイン
      ディングを走り込んだりしますと、やはり、「ブレンボ」製の4ピストンキャリパーの
      本領が発揮され、常に変わらないガチッとした踏力が、安心感を与えてくれます。
      サーキットなどに持ち込んだ際にはその差は歴然と出ることでしょう。

      0-100km/h加速6.8秒、パワーウェイトレシオはクラストップの6.2kg/HPは伊達では
      なく、トヨタ「86」以上の動力性能を有しております。

      “広島産でイタリア車”という例のないアバルト「124 スパイダー」は、やはり「ア
      バルト」。イタリア色、濃厚で、マツダ「ロードスター」にはない、大胆なクルマで
      した。




      参考になった 9人
      2017年5月14日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • 【エクステリア】
      個人の好みだけど、個性的で好き。
      正面も大好きだけど、サイド、リアビューもステキ、のびやかだよね。
      NDロードスターやRFと部品が共用できるのでミラーカバー(ガーニッシュ)とかアレンジできて楽しい。

      【インテリア】
      NDとほぼ一緒。タコメーターの赤い背景が、夜間照明で普通に黒背景、白文字になるんだけど、そちらの方が雰囲気が好き。出来ればこのタコメーターの一部にデジタルスピードメーター表示されると嬉しかった…もうモデルチェンジないけど(笑)
      今時ルームミラーが自動防眩でないなんて…そこでけちることないのに(笑)ロードスターは自動防眩だよ( ;∀;)

      【エン
      続きを読む ジン性能】
      低速トルクがないなんて言う人は、下手。確かに気を抜くと軽ーくエンストする(笑)でもそこも個性。6速40km/hでもアクセルワークきっちりしたら、エンストせず走る柔軟性がある。
      私は、ほとんどノーマルモードで走るけど、たまのご褒美のスポーツモードは、刺激的(笑)
      ただしエンジンの吹けはがさつかなぁ…しゅるーんて感じじゃぁない。でもブリッピングしてシフトダウン後のブースト効いた時の弾ける加速は魅力的。
      オプションのレコルドモンッアは、正直うるさい…でもその気にさせるのが悩ましい(笑)
      エキゾーストばかり話題の車だけど、吸気音も「スコーっ!」とワイディングを攻めている時に盛大に聞こえてきて刺激的。音でやる気にさせるエンジン(笑)

      【走行性能】
      おきまりのワイディングを攻めると、クルクルコーナリングして楽しい。
      トルクフルだけに3速でほとんどカバーしてしまい、その分、パワーを使い切って走る的フィーリングが薄くアクセルワークだけでぐいぐい急坂でも登り切るのは…いいのか悪いのか(笑)
      ブレーキは、よく効く。ダストが盛大に出るのは、欧州車の考え方だからこまめに洗車するしかない(笑)
      ソフトトップなんか乗ったことがなかったので色々と心配したけど、ハードトップと大差ない…静粛性は劣るけど、エアコンの効きとか問題ない。
      オープンにする作業は、本当に簡単でNDロードスターの偉大さを感じる、感謝。

      【乗り心地】
      最初は、ワイディングの爽快感と引き換えに街中でのゴツゴツや跳ねに耐えてたけど、古典的すぎるかなぁ…分かりやすいけど(笑)
      でもできれば、もう少ししなやかであって欲しい。
      標準装備のポテンザRE050の特性があるのかもしれない、ここをもう少し柔らかめのタイヤにするのもいいかもしれない。

      【燃費】
      これは変わりなく、流せば15km/L以上でワイディング攻めて12km/Lくらいかな。
      思ったより燃費いい(^^)

      【故障】
      特にトラブルはないけど、これだけは言いたい「塗装が弱い」軽い飛び石か何かですぐに金属の地肌がでる…これはアバルトが悪いのではなくて、マツダが悪い。マツダの塗装品質は本当に改善して欲しい。124には設定ないけど、ソウルレッドなんかタッチペンで補修は不可能…タッチペンは下地の錆どめ程度でしかない…ボンネットに点々と補修跡のある寂しさ、がっかり感ときたら(+_+)
      「プレミアムブランドになる」なんてマツダさん言うけど、購入前・購入直後のワクワクがどんどん「ガッカリ」になるのをなんとかしないとプレミアムブランドなんかほど遠い「しょせんマツダだから…」なんてエクスキューズされてしまうよ。

      【価格】
      正直高いけど、ロードスターRF RSなんかと比較すると見積りは、とんとんの乗り出し470万円。
      後はメンテナンス費用がお店によって違う…オイル交換なんてほぼ倍半分だったりする。
      エンジンはタイミングチェーンじゃぁなくてタイミングベルトなんで長く乗るには交換必至…ああ、費用を考えるとぞっとする(笑)

      【総評】
      楽しい車ですよ、個性的で。でも初心者には向かない…中級者以上かなあ。
      今年で生産終了なんで、あまり増えないのでかぶることも少なく、その点はいいかな。
      「どうせNDロードスターと大差ないだろう?100kg以上重いし、重いのだめだよ」「2.0LのロードスターRFの方が馬力が上だよ」とカタログデータで判断する人には向かない。確かにNDロードスターより100kg重いけど「はっ?それが何か問題あるの?」と言いたい乗れば分かる、でも好き嫌いがはっきりするかな…ある意味、分かりやすすぎて飽きも早いかも(+_+)

      でも素材が同じでも味付けする人次第でがらりと味が変わるもんだな的マシーンです(笑)
    • 【エクステリア】
      四方から眺めても欠点が無い良くできたデザイン。
      個人的にはリアからの眺めが好き。

      【インテリア】
      内装はシンプルなのでオプションで各所にアルカンターラを配置すると差別化出来る
      アルカンターラのコンソールのサソリマークが遊び心があって良い。
      インパネやコンソール付近のスイッチもシンプルで必要最低限の機能に絞られてるのでスッキリしててスタイリッシュ。運転中の操作もしやすい。
      モニターもタッチパネルじゃ無いので慣れれば楽。

      【エンジン性能】
      低速は苦手。燃費を気にして街乗り2.000回転程で走ると、この車の良さは引き出せず変に疲れる。

      【走行性能】
      続きを読む
      ステアリングが軽く、安定したコーナリングを実現。
      3.000回転〜4.000回転で走るのが楽しい。
      低速は非力だが、オプションのレコードモンツァを装着すると低速でのトルクが増すのを実感できるので是非お薦めしたい。

      【乗り心地】
      良いと思う。長距離でも疲れない。

      【燃費】
      街乗りで燃費気にして走って1liter辺り11〜12km
      法廷速度で吹かさないで走って5kmの時があるが本当か目を疑う。

      【価格】
      もっと高くても良いのでインテリアにもっと遊び心が欲しかった。

      【総評】
      満足度の高い車。
      レコードモンツァは低速からでも良い音を奏でてくれる。そして変速時のエキゾーストノートはバイクの様。この車にレコモンを装着しなきゃもったいない。
      メインカーにしてしまうとストレスを感じると思うので、セカンドカー的存在にしとくのが長く所有する秘訣かも。
      これからの季節、オープンエアーでエキゾーストノートを感じながらツーリング出来るなんて、車好きには最高の贅沢。仕事への意欲が湧いてくる至福の時間を与えてくれる車です。
    • 【エクステリア】:ロードスターベースだが、
       ほとんど感じさせないオリジナルデザイン

      【インテリア】:黒で落ち着いた車内

      【エンジン性能】:3000rpmから鋭い加給が始まり、
               たまらない加速感が味わえる。
               近年無い味付けのターボ車。
               マニアックで好きです。

      【走行性能】:ビルシュタインは固いが、
             しっかりした感じで良く踏ん張ります。
             流れ始めがわかりやすいので、
             コントロールしやすい。

      【乗り心地】:悪いですが、私は好きです。

      【燃費】:14〜15は走り
      続きを読む ます。

      【価格】:お高いですが、お買い得感はあります。

      【総評】:好きな人は好き、嫌いな人は絶対に乗らない
      車です。イタリア人がマツダの車に個性を付けて、
      イタリア風の味付けをした車です。
      Record Monza(レコードモンツァ)
      エキゾーストシステムは、低回転の音は低くて心地良い。
      また、3000以上の高音はたまりません。
      追加です。
      クルーズコントロールの速度制限解除できます。
      おまけにスピードリミッタも解除されてしまうようです。
      イタリア仕様ですね!
      エンジンのECUプログラミング設定です。
      高速道路の速度制限が上がったので、
      良いですね!

    アバルト 124 スパイダー 2016年モデルのクチコミ

    (148件 / 12スレッド)
      • ナイスクチコミ135
      • 返信数27
      • 2020年3月6日 更新
      早く走ってる姿を見たいな^^
      • ナイスクチコミ18
      • 返信数12
      • 2020年2月5日 更新
      僅かなキズ(目を凝らしてなんとか見える程度)が多数あり12万強でガラスコーティングを施工して頂きました。
      見違えるほどに輝き新車納車時よりもピカピカで大満足です♪
      この車は完全な遊び車な訳ですが乗り降りのしづらさからか妻が助手席に乗ってくれません。
      室内ガレージ保管なのですが部屋から眺める事すら無くまったく興味ないようです。
      いつの日か助手席に女性を乗せてオープンエアで
      続きを読むツーリングしてみたい。夢です。
      • ナイスクチコミ3
      • 返信数2
      • 2019年3月31日 更新
      今日気付いたのですが、3000回転付近で内装からビビり音がします。
      これって個体差でしょうか?
      同じようにビビり音がするよって方いらっしゃいますか?

    アバルト 124 スパイダーの中古車

    アバルト 124 スパイダーの中古車相場表を見る

    アバルト 124 スパイダーとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止