トヨタ プリウスPHV 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

トヨタ プリウスPHV 2017年モデルの新型情報・試乗記・画像

プリウスPHV 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
S2021年6月3日/マイナーチェンジ

338万円

169〜309万円   FF 5人   1,797cc 1,510kg 122ps
S セーフティパッケージ2021年6月3日/マイナーチェンジ

346万円

225〜335万円   FF 5人   1,797cc 1,510kg 122ps
A2021年6月3日/マイナーチェンジ

375万円

166〜318万円   FF 5人   1,797cc 1,530kg 122ps
A プレミアム2021年6月3日/マイナーチェンジ

401万円

169〜319万円   FF 5人   1,797cc 1,530kg 122ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
S2020年7月1日/マイナーチェンジ

331万円

169〜309万円   FF 5人   1,797cc 1,510kg 122ps
S2019年5月9日/マイナーチェンジ

323万円

169〜309万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,510kg 122ps
S2017年2月15日/フルモデルチェンジ

326万円

169〜309万円   FF 4人 37.2km/L 1,797cc 1,510kg 122ps
S GR SPORT2017年9月19日/マイナーチェンジ

371万円

227〜404万円   FF 4人   1,797cc 1,550kg 98ps
S Safety Plus2018年1月8日/特別仕様車

332万円

173〜289万円   FF 4人 37.2km/L 1,797cc 1,510kg 122ps
S セーフティパッケージ2020年7月1日/マイナーチェンジ

339万円

225〜335万円   FF 5人   1,797cc 1,510kg 122ps
S セーフティパッケージ2019年5月9日/マイナーチェンジ

334万円

225〜335万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,510kg 122ps
S ナビパッケージ2020年7月1日/マイナーチェンジ

380万円

179〜425万円   FF 5人   1,797cc 1,510kg 122ps
S ナビパッケージ2019年5月9日/マイナーチェンジ

372万円

179〜425万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,510kg 122ps
S ナビパッケージ2017年2月15日/フルモデルチェンジ

366万円

179〜425万円     4人 37.2km/L 1,797cc 1,510kg 122ps
S ナビパッケージ GR SPORT2017年9月19日/マイナーチェンジ

411万円

258〜348万円   FF 4人   1,797cc 1,550kg 98ps
S ナビパッケージ Safety Plus2018年1月8日/特別仕様車

373万円

189〜264万円   FF 4人 37.2km/L 1,797cc 1,510kg 122ps
A2020年7月1日/マイナーチェンジ

361万円

166〜318万円   FF 5人   1,797cc 1,530kg 122ps
A2019年5月9日/マイナーチェンジ

356万円

166〜318万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,530kg 122ps
A2017年2月15日/フルモデルチェンジ

380万円

166〜318万円     4人 37.2km/L 1,797cc 1,530kg 122ps
A Utility Plus2018年1月8日/特別仕様車

382万円

199〜298万円   FF 4人 37.2km/L 1,797cc 1,530kg 122ps
A ナビパッケージ2020年7月1日/マイナーチェンジ

404万円

258〜396万円   FF 5人   1,797cc 1,530kg 122ps
A ナビパッケージ2019年5月9日/マイナーチェンジ

399万円

258〜396万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,530kg 122ps
A プレミアム2020年7月1日/マイナーチェンジ

393万円

169〜319万円   FF 5人   1,797cc 1,530kg 122ps
A プレミアム2019年5月9日/マイナーチェンジ

388万円

169〜319万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,530kg 122ps
A プレミアム2017年2月15日/フルモデルチェンジ

422万円

169〜319万円   FF 4人 37.2km/L 1,797cc 1,530kg 122ps
A プレミアム ナビパッケージ2020年7月1日/マイナーチェンジ

439万円

315.0万円   FF 5人   1,797cc 1,530kg 122ps
A プレミアム ナビパッケージ2019年5月9日/マイナーチェンジ

434万円

315.0万円   FF 5人 37.2km/L 1,797cc 1,530kg 122ps
A レザーパッケージ2017年2月15日/フルモデルチェンジ

406万円

219〜318万円   FF 4人 37.2km/L 1,797cc 1,530kg 122ps

プリウスPHV 2017年モデルのレビュー・評価

(75件)

プリウスPHV 2017年モデルの満足度

4.38

(カテゴリ平均:4.29)

    プリウスPHV 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 2021年式のAグレード。
      ほぼ標準仕様でオプションはソーラ充電システムと小物類。
      色はスピリテッドアクアメタリックです。

      カタログ見たら分かる話と個人的好みはさておき、
      プリウスPHVを検討している方への参考となれば・・・。

      EVモードは実際にエアコン(ECO)を使って55kmほど走ります。
      ちなみにEVモードでしか走った事がなく、今のところ
      一回もエンジン始動しておらず、ガソリンも一滴も使ってません。
      (まぁいずれ消費しないと劣化するので消費ツアーします)
      充電は自宅駐車場の100Vコンセントで普通充電。
      残り20%を切ってから充電するのがバッテリ長持ちの秘訣ら
      続きを読む しく
      EV走行距離残り10kmくらいで充電すると、
      満充電に12時間30分ほどかかります。(1時間で3.6km分くらい?)
      普通に加速している分にはエンジンはかかりません。
      ゆっくり加速し、早めに優しく長くブレーキを踏む事で走行距離は
      伸びます。 EV走行距離残りの表示より少し多く走れます。
      自宅から会社まで9kmくらいですが、7kmくらいしか減りません。

      ソーラ充電システムは知っての通り電気代の元を取れる物ではありません。
      ちょっとしたハイテク感を楽しむもの、市販車で唯一プリウスPHVにしか
      付かないから付けとかないと!っていうのと、天板はガラスの方が
      撥水メンテが楽、見た目も屋根が黒い方がすっきり絞まる、ってのが理由。
      会社の駐車場は南側に住居があって午前中は陽当り良くないですが
      午後は西日が入いる状況。
      晴れていれば5km分くらい、やや曇り気味でも3km分くらい充電されます。
      本格的に曇ったり、雨ならほとんど充電されません。

      15インチ標準タイヤ&ホイールですが、とても静かです。
      音楽をかけるのがもったいなく、静けさを楽しんでいます。
      通常HVのプリウスでも低速は静かですが、40km/h超えると段違いです。
      60km/hで走ってもタイヤの回る音しかしない、異次元の静けさです。
      ほどよく柔らかくて乗り心地も良いです。

      AとAプレミアムで迷ったのですが、基本的に違いはシートですので
      本皮シートに25万円の価値を見い出せずAグレードにしました。
      以前乗っていた30系のG-LEDエディションが本革でしたが、
      本革に比べて布シートの方がしっかりとホールドされる気がします。
      気が向いたらトヨタおすすめの革シートカバーでも装備します。

      RSA(ロードサインアシスト)に注意点。
      道路標識をカメラで読み取ってメインディスプレイや
      ヘッドアップディスプレイに表示しますが、
      常時読み取って表示するのは最高速度標識のみです。
      一時停止や進入禁止、追い越し禁止などは、サブディスプレイの
      設定を専用モードの時にのみサブディスプレイに表示されます。
      (メインディスプレイやヘッドアップディスプレイには表示されません)
      これ、取説では分かりにくい部分です。

      欠点としては荷室やグローブボックスが非常に狭いです。
      トランクルームは30系プリウスより、おそらく50系の通常プリウスより
      バッテリが大きい分嵩上げされて狭いです。
      助手席前のグローブボックスも下段のみとなり、
      中央の肘掛けの中も筆箱程度のスペース。
      (ソーラ充電システムが無ければマシみたいです)

      携帯電話にMyTOYOTAアプリを入れておけば、自車の状態が
      分かります。
      ドアロックや窓などの開閉状態、残り走行距離、充電状況や
      充電予約、エアコンの遠隔起動や、オートライトの感度調整まで
      色々できます。

      ライトと言えば、聞いてはいましたがオートライトが基本状態となり
      任意にOFFにはできなくなっています。
      停車中一時的にOFFにはできますが、走り出したらまた点灯します。
      30系プリウスのLEDライトとは比べ物にならないくらい明るくて
      白いです。
      尚、昼間など点灯しない状況でOFF側にひねるとポジションランプが
      点灯します。
      もう一回ひねると消えます。
      ここもちょっと取説では分かりにくいところ。

      ブレーキを踏んで、停止直前に時々「ジーーー」という音が鳴るのは
      30系から変わってません。何の音でしょうね?
      ステアリングは30系より軽くなりましたが、車体が重いのか
      取り回しは少しもたつく感じがあります。
      或いはステアリングが軽すぎて実際の動きとズレを感じるのかも。

      塗装はガードコスメ(ガラス系コーティング)を施工してもらいました。
      尋常じゃないくらい撥水します。
      大雨が降れば汚れごと流してしまい、ボディに汚れがほとんど付きません。
      水洗いして、付属のメンテスプレーで撥水性能をキープする感じです。
      ワックスなんかよりはるかに楽です。

      荷室が狭いのとちょっと重い感じ以外は全く不満無し。
      さすがにモデル末期型というのもあって洗練されてます。
      プリウスも一世代変わるとここまで違うか、しかもPHV半端ない、
      ってのが感想。
      あんまり町中で見かけませんし、レア感・プレミアム感・近未来感が
      すごい車です。
      予備でもう1台欲しいくらい!

      追記、勝手に購入価格375万円とか表示されてますが、違います。
      総額468万円に対し、値引きと下取りで410万円でした。
    • 【エクステリア】
      モデリスタ&TRDのエアロ装着にてスポーティな感じに仕上がりました。4連もなかなかGOODだと思います。

      【インテリア】
      車内空間は思ったほど狭くないです。ただトランクはやはり狭い。全体的に高級感はないです。

      【エンジン性能】
      何と言ってもプリウスPHV。充電での走行、ハイブリッドでの走行、電費、燃費は申し分なし。
      納車時2メモリ分のガソリンが入っていましたが、600キロ走って未だ給油なし。あと1メモリあり航続距離は185キロ表示。
      恐るべしPHV

      【走行性能】
      モーター走行時はかなりいい感じのレスポンスで気持ちよく走ります。バッテリーが無くなり
      続きを読む ハイブリッドになった途端重たいだるさを感じますが、パワーモードにするとある程度解消されます。

      【乗り心地】
      今までがミニバンだったので、まぁこんなもんかなぁという感じ

      【燃費】
      文句のつけようがありません◎。一体1回の給油で何キロ走れるのか恐ろしく未知数です。

      【価格】
      この性能を考えれば決して高くはないと思います。

      【総評】
      電気だけでなくガソリンでも走れる安心感+高燃費で航続距離で言うなら鬼に金棒です。
      次の給油はいつになることやら(笑)
      この車の特徴でもあるデカナビは賛否ありますが、つけるべきです。
      でないと、ポケットPHVが使えず、能力半減便利な機能が使えなくなります。
      出かける前にエアコンを入れることで、周りの車のフロントガラスは白いのに、自分のは綺麗な状態になってます。
      これだけでも、冬の朝は助かります。
      その他ラインと連携したり、中々遊べます。
      現状は物好き?が興味深々乗る車かもしれませんが、いずれはスタンダードになるでしょう。
      その後電気なのか水素なのか別資源なのかわかりませんが、今はPHVが最適だと思ってます。
      ただ色々な機能がありすぎて、勉強しないと乗りこなせない車ですが(笑)
      充電カード納車と同時に欲しかった・・・

      【追記】
      大事な事を忘れてました。
      充電設備についてですが、可能であれば自宅に200Vのケーブル付きで設置する事をオススメします。
      この車の魅力はどれだけ電気で走れるかだと思ってます。そうなると日々の充電は必須で、日常の行動となりますので、なるべく手間なく充電できる方法での設備設置をオススメさせて頂きます。
      ちなみに我が家は賛否ありますが、トヨタホームのケーブル付き壁かけタイプにしました。ケーブルを全て取り出す必要もなく、毎日快適に使用しています。あと5年保証も魅力でした。

      【再追記】
      2年乗り車内の狭さと、安全装備の過剰反応に嫌気がさし、補助金返納覚悟の上で手放しました。
      PHVという機能は大変気に入っているので、乗り換えた車両は530eです。
    • 約三年乗っての感想です。
       
      2年経った辺りでバッテリーの劣化を感じ、体感でも航続距離が落ちたと感じます。(7〜8割)
      ですがそれ以降は変化を感じません。
      相変わらずモーター走行時は気持ちのいい加速をしてくれます。
       
      今では他のメーカーでも近い性能を持つ車が増えました。
      私は凄く気に入っているので、乗れるうちはこれでいいやと思っていますが、
      今買うのであれば、そう言った物を選ぶのもいいのかなと思います。
       
      追記
       
      3年時でのディーラー下取り価格は140万と言われました。
      益々他メーカーでもいいなと思いました。

       

    プリウスPHV 2017年モデルのクチコミ

    (5494件 / 336スレッド)
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数7
      • 2021年7月17日 更新
      PHVを乗りはじめてもうすぐ3年になり、まもなく初めての車検になります。

      冬場の気温が一桁になる寒い時期だけなのですが、朝の通勤時など走り乗り始めのとき、ハンドルを右に切った状態の時だけ右前輪のホイールハウスから「キュイキュイ」というような異音がします。

      この症状は走り始めてから最初の3分くらいだけで、走り続けるとそれ以降、異音はなくなります。
      冬場は毎日その繰り
      続きを読む返しで、1年目の冬は異音に気づいたものの特に気にしませんでしたが、2,3年目の冬は音が顕著になりかなり気になりました。

      ディーラーに何度か相談し、考えられる原因の対処をして頂きましたが、持って行った時点では症状が出ないので改善しませんでした。

      春先以降の暖かくなるとそのような症状は一切出ないので、気温が関係していることは明らかです。


      プリウス系など、もし同じような症状を経験されている方いれば、アドバイス頂けたらと思い投稿しました。

      何か情報など頂けらた幸いですので、宜しくお願いします。
      • ナイスクチコミ0
      • 返信数4
      • 2021年7月13日 更新
      なんじゃそりゃ・・・って感じなんだけど、5末で一旦終わった経産省の補助金、7月1日から復活している模様。
      ふと思ったのが、6月の1か月間に申請した人は経産省の申請でなく、安い環境省側の申請になってしまったってこと??

      http://www.cev-pc.or.jp/hojo/r02hosei-cev.html

      〜〜上記URLより抜粋〜〜
      令和2年度補正CEV補助
      続きを読む経済産業省事業では、多くの申請をいただいており、
      5月31日(月曜日)に申請受付を終了させていただきました。
      5月31日までの申請額を精査した結果、申請額が予算額に達していないため、
      7月1日(木曜日)より追加申請を行います。
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数5
      • 2021年7月4日 更新
      【使いたい環境や用途】
      V2Hにておウチの電気を使う
      【質問内容、その他コメント】
      太陽光パネルのオプションが気になりますが、GRには設定がありませんね。

      国の補助金支給を受けて、お財布の持ち出しを少なくするつもりで検討していましたが、支給額が多い経産省は、予算額に到達で5月末早々に打ち切りだそうです

      環境省の補助金支給はまだ受付してるようですが、トヨタのph
      続きを読むv、プリウスもRAV4も納車時期的に遅めが痛いですね。

      やられた感あるあるです。

    プリウスPHVの中古車

    プリウスPHVの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較

    プリウスPHVとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止