BMW X1の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

BMW X1の新型情報・試乗記・画像

X1の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

X1のモデル一覧

X1のレビュー・評価

(83件)

X1 2015年モデルの満足度

4.27

(カテゴリ平均:4.3)

    X1 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • X1 2015年モデル BMWのコンパクトSUVであるX1が全面的に新しくなって登場した。初代モデルは3シリーズツーリングをベースにしたFRベースのクルマだったが、今回の2代目モデルはFFベースのクルマに変わるなど、大きな変更を受けている。

      X1には、BMWがマツダターンパイク箱根で開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはX1 xDrive 20i XラインとxDrive 25i Xラインの2台だ。

      新型X1のボディは心持ち大きくなった。全長だけは30mm短くなっているし、全幅と全高も極端に大きくなったわけではないが、全幅は日本ではひとつの限界ともいえる180
      続きを読む 0mmを踏み越えて1820mmになり、従来は一般的なタワーパーキングにも入庫可能だった全高が1610mmになってタワーパーキングには駐車できなくなるなど、使い勝手に大きく影響を与えるサイズ変更が行われた。

      もちろんボディが大きくなることと、エンジンを横置きに搭載するFFベースのクルマになったことで、室内空間が広がって快適性が増し、使い勝手が良くなった面もあるが、快適性や使い勝手、積載性などは、クルマを大きくすることなく実現して欲しいものだ。

      インテリア回りのデザインはほかのBMW各車と共通のイメージでまとめられている。インストの中央部分がやや運転席側に向けられたドライバーオリエンテッドのデザインとするとともに、その上部にワイドなカーナビの液晶画面が配置され、コンソールにはダイヤル式のコマンドコントローラーが設置されるなど、見るからにBMWといった感じのクルマである。

      搭載エンジンはいずれも直噴ターボ仕様で、18i用の3気筒1.5Lのほか、2.0i用と2.5i用には直列4気筒2.0Lが異なるチューニングで搭載されている。20iに搭載されるエンジンは141kW/280N・mの動力性能を発生する。

      X1はSUVのボディである上に20iと25iは4WD(18iだけがFF)なので、車両重量は1660kgとちょっと重いのだが、それでも20iの動力性能があればボディの重さを苦にするようなことはない。旧型モデルのX1に比べたら、車両重量は30kgほど軽くなってエンジンの動力性能がわずかに向上しているのだから、走りに不満を感じるようなことがないのは当然といえば当然である。

      25i用のエンジンは動力性能が170kW/350N・mになり、一段と力強い走りを可能とする。馬力に換算すれば231psのパワーと、3.5Lに相当するトルクを持つのだから、ボディに対して十分な余裕のある走りである。日常的な使い方を考えたら、これほどの動力性能は必要ないので、合理的なクルマ選びを考えたら25iではなく20iで十分だと思う。

      フットワークは軽快そのものだ。BMWの走りの軽快さはFR駆動と前後均等の重量配分によるところが大きいのだが、FFベースの4WDであるX1をマツダターンパイク箱根で走らせるとBMWらしい軽快さを発揮してくれた。FF系モデルであるため重量配分はフロント側がかなり重いのに、すっきりしたステアリングフィールは旧型X1などFR系のBMW車に近い感覚だった。

      足回りはちょっと硬めの引き締まった印象だ。タイヤは20iが225/50R18で、25iが225/45R19だったから、25iのほうがより硬めの印象だった。ランフラットとタイヤであることも含めて全体に硬めの乗り心地である。

      装備は全体に充実度が高い。カーナビなどの快適装備や最新の運転支援システムなども装備されているので満足した仕様で乗ることができる。

      価格は20i xラインの本体価格が492万円で、試乗車にはオプションが装着されて573万円ほどになっていた。また25i xラインは本体価格が569万円である。旧型モデルのX1が3シリーズのツーリングをベースにしながらも、ざっと100万円くらい安い価格設定になっていたのに比べると、今回のX1はグンと高くなった印象だ。装備の充実化や仕様の向上があるにしても、やや手の届きにくいクルマになったように思う。

      参考になった 13人
      2016年6月18日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 5
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 3
      価格 2
    • 【エクステリア】 他メーカーと比べても遜色ない 良いデザインだと思う

      【インテリア】 このクラス標準の出来 別にチープとも思わないしそれなり

      【エンジン性能】 これが大問題 出来の悪いディーゼル並みの仕上がり BMの
               
               3気筒初めて乗ってみたが最悪のフィーリング 停車時の振動
               
               や高回転時のがさつな音
               
               薄いトルクなどBMとして乗ったらガッカリする事間違いない
               
               以前乗っていた2.0ガソリンとは雲泥の差 

      【走行性能】
      続きを読む    特に問題はない 以前はXdriveだったので若干操舵感は異なる

               が街乗りでは問題ない

      【乗り心地】   17インチタイヤだったので、街乗りで特に違和感はないが

               RFT感はある

      【燃費】     代車で借りているので気にしてないが、BC上では9.8Km/l

               なので決して良いとは言えない

      【価格】     Auto A/Cすら付いてないのに高すぎ Accもない 

               国産ならこの価格だせばフル装備でしょう

      【総評】     メーカーでも本気で売る気は無いグレードだと思うが、

               間違ってもこのグレードは買ってはいけない 

               最低、Xline以上です
    • 【エクステリア】
      兄貴分のX3などと同じ意匠を与えてもらい、遥かにかっこよくなりました。
      ま、外観は好みの問題ですので先代の方がかっこよかったという方もいらっしゃるとは思いますが。


      【インテリア】
      目隠しされて乗り込んでも目を開けた瞬間にすぐ「はい、BMW」と分かるデザインにはアイデンティティを貫くプライドを感じます。
      デザイン重視で必要最小限のスイッチしか表に出さないポリシーも相変わらずで、シンプルかつシャープ。
      硬質でとてもかっこいいですが、BMW慣れしていない人には非常に使いずらいのも相変わらず(汗)


      【エンジン性能】
      1.5Lターボです。
      3気筒だし、
      続きを読む 大丈夫かな?と思って走り出したらちょっとビックリ。
      やや大きめの唸り声を上げながらあっという間に80km到達。
      決して小さくはないボディですが、不足は感じませんでした。
      定速巡航時は遮音性も充分で静かです。(ロードノイズの方が気になるくらい)


      【走行性能】
      満足度が★2つなのはここが原因です。
      MC前、このモデルは6ATだったはず。
      絶対6ATのままにしておくべきでした。
      BMWがいくら頑張ってもやはりDCTはDCT。
      スムーズさがまったく不足しています。

      個体差もあるとは思いますが、信号待ちからの発進時や急加速する時など、変速ショックが大きくてとても500万円するクルマとは思えません。
      一番心配していた部分でしたが見事に悪い予感は的中してしまいました。
      BMWもそんなことは分かっていて、下位モデルならではの割り切りなのだと思います。
      その証拠にX3以上にはちゃんとお金のかかるATを採用していますから。


      【乗り心地】
      やや硬いですが、余程の段差でも踏まない限り概ね良好。
      個人的にはふわふわ好きですのでもっともっと柔らかくして欲しいですが、それはBMWの流儀にそぐわないでしょうから望めません。
      しかし、ランフラットなのにここまで上手くまとめるとはさすがBMWとランフラットの付き合いの長さを感じました。
      それにしてもBMWらしい剛性感です。
      Xシリーズの最下位モデルなのにこの高い剛性感。さすがです。
      走行中、非常に硬い箱の中に居るのをずっと感じることが出来ますが、これまたBMWならでは。


      【総評】
      F48型になってからsDrive18iを試乗したくてウズウズしていましたが、ウズウズしているうちにミッションが7DCT化されてしまいました(笑)
      ちなみに営業マンがあまりにも「ディーゼルにも乗ってみてくれ!」というので一応乗ってみましたが、DCTと同じく、BMWがどう頑張ったところでディーゼルはディーゼル。
      車内でも信号待ちしていれば遠くから「ガラガラガラガラ・・・」、車外へ出ようものなら威勢よく「ガラガラガラガラ!」(汗)
      私はトラックに乗りたいのではなく、BMWに乗りたいのです。
      ということで、即却下。
      やはり「ディーゼル」と「DCT」は受け入れられませんでした・・・
      もしF48を買うのなら初期型の6ATか2.0Lの8ATを中古で探すことにします。
    • マイナーチェンジ後のXLine18dに試乗してきました。先のレビュー(ガソリンエンジンの魅力)でガソリン車のサウンドの魅力の要因の一つが二本出しマフラーと書きました。ところがNew X1ではディーゼルの18dも二本出しになったことを知り、早速エキゾーストノートの変化調査をメインに試乗及びM とXLineの展示車見てきました。
      今回も、のべ1週間借りた2018前期もしくは2017イヤーモデルの(シフトがバイワイヤーか否か、ディスプレイがタッチ対応かで判断) 18d 及び愛車の2019イヤーモデルのXLine 20i との比較です。

      【エクステリア】
      フロントは大きく変り、最新のBMWの
      続きを読む デザインシリーズの一員になりました。なかなか良いですね。
      キドニーグリルは大きくなり左右が繋がり存在感増しました。ただNew 3シリーズの出た時も思ったのですが、近くで見ると連結部の材質が少し安ぽっく見え樹脂に見えます。(もちろん本当の材質は樹脂ですが^_^ ただ前期モデルの独立タイプは金属感が出ていたのですが。)
      ヘッドライトもより精悍になり、ターンシグナルがLED のラインタイプになってカッコイイです。
      1番変化大きいのはフロントバンパー下部。エアインテーク形状がLED化されたフォグランプと共にスタイリッシュになりました。これが一番羨ましいですね。
      以上によりより幅方向がワイドに見える反面高さ方向は低く見える様で、classicなSUVスタイルでなくなり、すれ違いざまにX シリーズと気が付かない場合もあります。悪い意味では無く、車高の少し高いセダンの様にスポーティに見えます。
      その辺M sport は巨大なエアインテークとなり、classicなSUVスタイルも維持し大変魅力的になったと思います。
      もし今から買うなら機能装備でよりスポーティでルックスが大変良くなったMに間違いなくします。

      【インテリア】
      モニターの大型化は歓迎ですが、あえて難癖つけるなら外からフロントガラス越しにモニターの裏面を見るとステイが巨大でスマート差に欠けます。
      ステッチがより多く使われるようになりましたが目立つ程では無く、正直それほど高級感の向上は感じられませんでした。
      XLine の木目トリムが触るとと立体感のある北米タイプに変更されたということで、前期の光沢の強いものがあまり好みでなかったので期待していたのですが、非光沢の黒で墨の様な感じなので材料の木の表情に左右され好みの分かれるところです。ちなみに前期の光沢タイプもも本物の薄くカットした木を樹脂コーティングしたものだそうです。
      BMW のアンビエントライトはセンス良く気に入ってますが、2色から6色になったのは羨ましいですね。他はステアリング、シート含め変更点は有りません。

      【エンジン性能】
      さて本題のエキゾーストパイプの二本出しですが、これによりエキゾーストノートが変わることはありませんでした。
      先のレビューで書いたように2リットルのガソリン車は、エンジン始動時からブォーンと目覚めます。けっして迫力の重低音ではありませんが、低速、中速走行時でもはっきり主張してきて中々の快音です。エンジン音自体も勿論官能的というところまではいきませんが、高回転まで回せば十二分に刺激的です。
      今回も18dをスポーツモードにしたりアクセルを床まで踏み込みいろいろ試しましたが、マイナーチェンジ前の18dと同じ様にサウンドについては体感できませんでした。
      特にエキゾーストノートは一般的にもディーゼルはあまり期待できないようで、最近のクリーンディーゼルは顕著だそうです。
      それでも2本出しにしたのは日本のディーゼルのユーザーの要望が多いかららしく見栄えのためという事でしょうが、このツインのテールパイプはライバルのように片方ダミーということはありませんでした。さすがBMW。
      フィニッシャーのサイズが大きくなり迫力が増し見栄えがさらに良くなりました。ただエキゾーストパイプの径自体は変わらないようなのでサウンド等の変化は無いと思われます。

      【走行性能】
      BMW のディーゼルは5000回転以上まわりライバルを寄せつけない性能ですが、高速の入口からのフルスロットルの様なシーンでは、ガソリンの刺激的な快音と共に瞬時に高回転まで回り次々とシフトアップしていくような快感は得られませんでした。
      これが自分にとってディーゼルの最大の不満です。
      ディーゼルエンジンは3000くらいがトルクピークで高回転まで回しても意味ないので、むしろハーフスロットルで加速するのが良いようです。アクセル踏み込まずとも大きなトルクで交通をリードでき、益々燃費に貢献することでしょう。
      また走行モードによる変化もあまり大きく有りません。
      ガソリン車20iはコンフォートでは右足とリニアに、ジェントルかつ力強く快いサウンドを伴い加速し実に気持ちいいです。エコプロでは惰性走行出来る代わりにスタートダッシュでは他車に遅れを取るくらいです。そしてスポーツモードだとレスポンスが向上し刺激的なサウンドとともに後ろから押されるような力強い加速をします。

      【乗り心地】
      ほぼ新車という車としてはサスペンションに硬さを感じず非常に乗り心地が良かったです。成熟が進んだのかもしれません。

      【総評】
      マイナーチェンジとしては、フロントマスク以外大きな変化は無いというのが正直なところ。
      前期ユーザーとしては、ホットする内容とも言えないことないですが、ライバルに劣っている安全装備も変化無いのは残念です。(ACCは画像処理のソフトが急速に進歩しているので、年次改良で大きく進歩しているとは思います)
      最後に先のレヴューと同じこと言いますが、ランニングコストに優れトルクフルで誰にも運転しやすい18dがX1のベストチョイスで間違いありません。
      それに対して20iはBMW としては普通のエンジンの2リットルガソリンエンジンですがフィールもサウンドも気持ちいいです。低速から高速までワクワクさせてくれます。もし普通のファミリーカーにも僅かな官能を求めるなら是非選択肢に入れてみては如何でしょうか?駆け抜ける歓びをより実感できると思います。

    X1のクチコミ

    (2378件 / 263スレッド)

    クチコミ募集中

    X1のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    X1 2015年モデル

    X1 2015年モデル

    X1 2015年モデルのクチコミを書く
    X1 2010年モデル

    X1 2010年モデル

    X1 2010年モデルのクチコミを書く
    X1

    X1

    X1のクチコミを書く

    閉じる

    X1のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    X1 2015年モデル

    X1 2015年モデル

    X1 2015年モデルのクチコミを書く
    X1 2010年モデル

    X1 2010年モデル

    X1 2010年モデルのクチコミを書く
    X1

    X1

    X1のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ13
      • 返信数1
      • 2020年4月2日 更新
      X1 F48 2017 4月から2019 12月モデルに乗り換え、
      オートライトが明るくなって10秒くらいで消えるようになってます。
      いつからでしょうか?
      段差での突き上げ感が柔らかくなったと感じます。
      ブレーキのカックン感なくなりました。
      パッドが変わったと思います。
      ブレーキダストも気になりません。
      以上、報告でした。
      • ナイスクチコミ42
      • 返信数19
      • 2020年4月1日 更新
      タイヤ交換をし、移動した際に助手席側の足回りあたりから異音がしました。何か分かりますか?

      @サイドブレーキをかけ、1ヶ所ずつジャッキアップをしタイヤ交換

      A全てのタイヤを交換後に、サイドブレーキを解除し
      車両を動かした。

      B動き始めは違和感無く動いたが、その後ハンドルを切った際に、「ガキガキガキ」と助手席側の足回りあたりから異音

      Cその後、車体を確認す
      続きを読むるも何も無く運転を再開

      D今のところ、異音も無く問題は有りません。

      2シーズン目のタイヤ交換で、タイヤ等の干渉は有りませんし、今回初めて起きた現象です。
      Bの異音は何ですか?
      車に詳しい方がいましたら教えて下さい。
      宜しくお願い致します。
      • ナイスクチコミ9
      • 返信数3
      • 2020年3月16日 更新
      2020年最初のナビデータ更新来ましたね。明日のドライブ中に更新終わらせたいと思います^^。

    X1の中古車

    X1の中古車相場表を見る

    X1とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止