トヨタ タンク 2016年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

タンク 2016年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
X2018年11月1日/マイナーチェンジ

146万円

105〜178万円     5人 24.6km/L 996cc 1,070kg 69ps
X S2018年11月1日/マイナーチェンジ

152万円

95〜150万円     5人 24.6km/L 996cc 1,070kg 69ps
X 4WD2018年11月1日/マイナーチェンジ

163万円

129〜171万円   4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
X S 4WD2018年11月1日/マイナーチェンジ

170万円

111〜177万円   4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
G2018年11月1日/マイナーチェンジ

168万円

128〜226万円     5人 24.6km/L 996cc 1,070kg 69ps
G Cozy Edition2018年11月1日/特別仕様車

173万円

-

    5人 24.6km/L 996cc 1,070kg 69ps
G-T2018年11月1日/マイナーチェンジ

180万円

128〜195万円     5人 21.8km/L 996cc 1,100kg 98ps
G 4WD2018年11月1日/マイナーチェンジ

185万円

-

  4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
G Cozy Edition 4WD2018年11月1日/特別仕様車

190万円

-

  4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
カスタム G2018年11月1日/マイナーチェンジ

183万円

119〜199万円     5人 24.6km/L 996cc 1,080kg 69ps
カスタム G-T2018年11月1日/マイナーチェンジ

196万円

119〜288万円     5人 21.8km/L 996cc 1,100kg 98ps
カスタム G 4WD2018年11月1日/マイナーチェンジ

200万円

162〜186万円   4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
X2016年11月9日/ニューモデル

146万円

105〜178万円   FF 5人 24.6km/L 996cc 1,070kg 69ps
X 4WD2016年11月9日/ニューモデル

163万円

129〜171万円   4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
X S2016年11月9日/ニューモデル

152万円

95〜150万円   FF 5人 24.6km/L 996cc 1,070kg 69ps
X S 4WD2016年11月9日/ニューモデル

170万円

111〜177万円   4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
G2016年11月9日/ニューモデル

162万円

128〜226万円   FF 5人 24.6km/L 996cc 1,070kg 69ps
G 4WD2016年11月9日/ニューモデル

179万円

-

  4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
G S2016年11月9日/ニューモデル

168万円

98〜178万円   FF 5人 24.6km/L 996cc 1,070kg 69ps
G S 4WD2016年11月9日/ニューモデル

185万円

139〜184万円   4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
G-T2016年11月9日/ニューモデル

180万円

128〜195万円   FF 5人 21.8km/L 996cc 1,100kg 98ps
カスタム G2016年11月9日/ニューモデル

177万円

119〜199万円   FF 5人 24.6km/L 996cc 1,080kg 69ps
カスタム G 4WD2016年11月9日/ニューモデル

194万円

162〜186万円   4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
カスタム G S2016年11月9日/ニューモデル

183万円

109〜232万円   FF 5人 24.6km/L 996cc 1,080kg 69ps
カスタム G S 4WD2016年11月9日/ニューモデル

200万円

99〜198万円   4WD 5人 22.0km/L 996cc 1,130kg 69ps
カスタム G-T2016年11月9日/ニューモデル

196万円

119〜288万円   FF 5人 21.8km/L 996cc 1,100kg 98ps

タンク 2016年モデルのレビュー・評価

(48件)

タンク 2016年モデルの満足度

4.01

(カテゴリ平均:4.31)

    タンク 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • タンク 2016年モデル タンクはダイハツのトールと姉妹車を構成するクルマで、トヨタではトヨペット店とネッツ店を通じて販売される。ほかにルーミーという車種があってこちらはトヨタ店とカローラ店で販売されている。トール、タンク、ルーミーにスバルのジャスティも加え、4車種は基本的に同じクルマである。

      タンクには、江東区青海のメガウェブをベースにダイハツとトヨタが合同で開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。トール/タンク/ルーミーは、それぞれ2種類の外観デザインを持つほか、搭載エンジンも自然吸気仕様とターボ仕様の2種類が設定されている。3車種合わせていろいろな仕様に試乗した。

      ジャ
      続きを読む スティを含めた4車種それぞれに標準系とカスタム系があって、顔つきが違うものの、顔の種類は全部で4種類だけで、それをある車種では標準系、ある車種ではカスタム系としているだけだ。

      トールの項に書いたように、この4姉妹車はスズキ・ソリオの後追いモデルとして投入されたものだ。ソリオは先にフルモデルチェンジを受けて2代目モデルになっているから、後追いモデルといっても周回遅れのような形で投入されたことになる。

      5ナンバー枠を使い切らない狭い全幅のナローボディと、タワーパーキングに入らないような高めの全高を持つ。このパッケージングは正にソリオと同じである。開発に当たってはソリオを意識しなかったというが、そんなことはないだろう。

      ナローボディの全幅は、ソリオが1625mmにとどまるのに対し、タンクはやや広くて1670mmとなる。5ナンバー枠は1700mmまで使えるのに、それを使い切らない点ではソリオと共通だ。今後採用される側面衝突の安全基準への対応や、トレッドの拡大による操縦安定性の向上などを考えたら、全幅は無理に狭くしないで5ナンバー枠をいっぱいに使ったら良いのにと思う。

      室内空間は十分な広さがある。横方向はともかく後席に座っても前後方向はたっぷりした広さだ。軽自動車などで培ったパッケージング技術が生かされている。また後席への乗降を助けるアシストグリップが大人用と子供用という感じで用意されるなど、細かな配慮も特徴だ。

      軽自動車のハイトワゴンに比べたら、登録車のタンクでは後席に乗員を乗せる機会が多いという前提での配慮だろう。

      搭載エンジンは直列3気筒1.0Lで、自然吸気仕様とターボ仕様がある。トールで自然吸気仕様エンジン搭載車の走りについて書いたので、タンクではターボ仕様車について書きたい。

      動力性能は72kW/140N・mで、自然吸気エンジンの51kW/92N・mに比べるとグンと余裕がある。トルクについては自然吸気なら1.4Lエンジン並みの実力である。ただし、動力性能が向上するのに合わせて燃費が悪化してJC08モード燃費は21.8km/Lにとどまる。

      ターボ車の走りは自然吸気エンジン車に比べればずっと良く。自然吸気エンジンではボディに負けているような感じもあるが、ターボならそんな不満は感じない。ある程度気持ち良く走らせようと思ったら、これくらいの動力性能は必要だろう。室内騒音はターボ車もけっこううるさい。しょせんはコンパクトクラスのクルマということなのだろう。

      足回りもターボ車については後輪側にもスタビライザーが装着される。タイヤは共通だが、スタビライザーの装着によってややロールが抑えられ、操縦安定性はいくぶん好ましい方向に向かっている。

      それでも、ブーン/パッソの基本プラットホームをベースに、それよりも200mmも高い全高のクルマを作っているから、操縦安定性に優れたクルマというわけではない。

      動力性能と足回りの両方でもう少し走りの質感を高めて欲しいと思った。

      またターボ車は自然吸気エンジンの搭載車に比べて12万円強高くなる。燃費が悪くなることも含めて考えると、経済性ではさらに不利になる。このように考えると、この4姉妹車でターボ仕様車を選ぶのが良いかどうかは疑問。街乗り中心で使うなら自然吸気エンジンの搭載車で良いし、高速道路を使って距離を走る機会が多いユーザーはほかの車種を選んだほうが良い。

      なお、トールの項では自然吸気エンジンの搭載車の走りについて書いたほか、ルーミーの項では安全装備などについて書いているので、そちらも参照して欲しい。

      参考になった 56人
      2017年3月19日 投稿
      満足度 2
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 2
      走行性能 2
      乗り心地 3
      燃費 2
      価格 2
    • 【エクステリア】カスタムのバックドアのワイパー取り付けパネルが メッキなのは好みでない。

      【インテリア】ルームミラーの位置が高いのか近いのか、今までのラウム感覚で見ると、スマアシカメラの位置に目が行き、後方が真っ黒に驚く。
      スマアシカメラと一体型のルームミラーに改良して欲しい。
      低床フロアらしいが、やや高さを感じる。
      左後方を直接 目視すると見えない部分が多いので、ドアミラーとバックモニターの確認が重要。

      【エンジン性能】登坂車線で追い越しをするとき、軽々追い越せた。ラウムはきびしかった。
       アクセルペダルから足をはずしても、速度の低下が かなり少ない。

      【走行性能】
      続きを読む 右折時停止中、横を直進のトラックが通過すると風圧をうける。
      高速走行中に強風を受け横スライドした時はあせった。

      【乗り心地】堅めシートだが、問題ない、沈み込みが無い分、乗り降りがしやすい。雨音が大きい。
      石の跳ねが多く、タイヤハウス?によく当たる。

      【燃費】カタログ燃費はありえない。

      【価格】安全装備や操作スイッチの多用からすれば、妥当な価格だと思う。

      【総評】両側電動スライドドアは 外せない項目で、満足。
      後部座席から荷室までがフラットになるなど使い方の自由度があり、便利。 コンパクトながら、余裕を感じる不思議な車。
    • 平成31年1月下旬に注文、3月末に納車されました。

      カスタム G-T

      メーカーオプション

      プラムブラウン クリスタルマイカ
      SRS サイド + カーテン エアバッグ
      パノラミックビュー対応ナビレディ パッケージ
      コンフォート パッケージ
      イルミネーション パッケージ
      スペアタイヤ (応急用)

      販売店オプション

      ナビ NSZT-W68T パノラミックビュー用変換BOX付
      iPod対応USB/HDMI入力端子
      IRカットフィルム (クリア)
      サイドバイザー
      フロアマット (ベーシック)
      アームレストカバー (拡張タイプ)
      コーティング (グラスシ
      続きを読む ーラント)

      サイド + カーテンエアバッグのオプションが消費税込みで
      49,860円というのは良心的な価格設定だと思います。

      車両+オプションの合計は(値引き前の段階では)246万円です。
      下取り無し、車両本体値引き17万円、オプション値引き3万円。
      メンテナンスパック、税金、自賠責、その他、諸費用を含め、
      合計支払い額を250万円丁度にして頂きました。

      このTANK、実は自分のではなく母の車です。
      後継車種の出ないRAUMに乗り続けてきた母に、まさに打って付け。
      程良いサイズ、両側電動スライドドア、広い室内、至れり尽くせりの便利な装備。

      TANKは一般的な感覚では高級車とは認識されないでしょうが、
      MOVEに乗っている自分からすれば完全に高級車です。(^^)

      プラムブラウン クリスタルマイカという渋い色を薦めたのは、
      自分がこの車を高級車と見なしているからに他なりません。

      「プラムブラウン」は微妙に紫がかった茶色で、光によって
      見え方が随分と変わります。(添付写真が参考になれば)

      外観で自分が特に好きなのが側面のキャラクターラインです。
      フロントフェンダー上から前後ドアの把っ手を通り、
      後端にかけて跳ね上がっていくのがカッコ良い。

      この彫りの深いキャラクターラインのおかげで、日光の下では
      プラムブラウン「クリスタルマイカ」の陰影が殊(こと)に映(は)えます。
      この渋い色とイマドキなLED灯火類の組み合わせをオシャレと感じます。

      ポジションランプ(車幅灯)がLEDでライン状のいわゆるシグネチャータイプ、
      フォグランプの横にもLEDランプが付いていて、この二つが点灯することで、
      それだけでは目立たないはずの茶色の車体でも被視認性が高くなります。
      (周囲に早めに気付いてもらえれば事故防止につながるという考え)

      テールランプは万華鏡のような構造で内側に奥行きがあるように見えます。
      (これ、こちらが先ですが、レクサスLCのテールランプと同じ構造です)
      ハイマウント・ストップランプはLEDの粒粒だけが光るのではなく、
      レンズフレアで光が水平に滲みながら広がるような感じです。

      車内は、まず圧倒的に広い。
      MOVEと外寸を比べて「このぐらいだろう」と想像するより、さらに広い。
      後席を、本当にゆったりとくつろげる位置にしても、まだ充分な荷室があります。

      内装について、とにかく至れり尽くせりの便利な装備の数々が有り難い。
      一番気に入っているのは後席への乗降を助けるグリップと足元への照明です。

      後席への空調補助のため、前席下に暖気排出口が標準で装備されています。
      欲を言えば天井にサーキュレーターのオプションがあれば良かったと思います。
      もっとも、広さは圧倒的な後席も、乗り心地、騒音、あまり快適とは言えません。

      運転席横の肘掛けが細いのが疑問に思えましたが、
      前後席の間を行き来できるというのが売りの一つらしく、
      その妨げにならないように標準では細いものにしてあるようです。

      当方の使い方では前後席の行き来というのは無いと思いますし、
      この車はドライビングポジションに対してハンドルが遠めなので、
      運転姿勢の安定と快適性に肘掛けは重要だと考えました。

      運転席の肘掛け拡張カバーは、こちらのクチコミ板で知りましたが、
      ちゃんとアクセサリーカタログに掲載されていました。(コード: A7G2)

      iPod対応USB/HDMI端子入力は、充電しながらナビ側の操作で
      iPod内の曲を選択、再生できるのが便利と思い、付けました。
      パノラミックビュー付き車両の場合、取り付け位置をVIEWスイッチに譲るため、
      グローブボックス内への設置となり、工賃が高くなります。(コード: UDNX)
      何故か、よりによってグローブボックスの奥中央に取り付けられまして、
      グローブボックスの収納容量というよりも使い勝手が悪化しました。

      スペアタイヤは10,800円のオプションで、選ぶ際には荷室の底板の裏側に
      付いているはずの防汚シートが省かれてしまうことは知っておくべきでしょう。

      この車、いわゆる車好きの方々にはスズキSOLIOのパクリだと不評のようです。
      それはその通りだと思いますが、身銭を切って購入して使う身からすると、
      オリジナルかパクリかというコダワリよりも、車の出来のみを評価します。
      少なくとも自分から見るとTHOR/TANK/ROOMY/JUSTYの方が
      SOLIOよりも圧倒的に出来の良い車だという評価になりました。
      (普段MOVEに乗っている人間の評価だからでしょう)

      自分からすれば、何年も前から、こんな車が出てこないかな
      と思っていた、それ以上のものが出て来たという感じです。
      そして、スマアシが「3」に変更されたタイミングで購入。
      (MOVEもスマアシが「2」に変更されたタイミングでの購入でした)

      合計支払い額250万円で、この車、とても満足できると思います。
      運転する喜びとか車との一体感とか、憧れますが、それよりも電動スライドドア、
      広い室内空間、使い勝手の良い装備の数々を重視せざるを得ない境遇です。

      この車を低く評価する人は、そもそもこのような車を必要としていないのでしょう。
      車好きや自動車評論家の方々には見向きもされないながらも、実際には
      着実に売れている車と言えば、例えばALLION/PREMIOがありますが、
      実はALLION/PREMIOも最後まで有力な選択肢の一つでした。
      あくまで現実の生活に役立つ車選びということなのです。

      字数制限に到達、続きは再レビューか縁側にでも書こうと思います。
    • 【エクステリア】
      可もなく不可もなくって感じです。
      メーカー、ディーラー、グレードによってフロントマスクが違いますが、今はやりの派手さがなく、飽きが来なくて好みのデザインでした。
      【インテリア】
      ソリオと購入を検討していましたが、センターにある4,2インチのカラーインフォメーションディスプレイが気にいって購入に至りました。
      【エンジン性能】
      街乗りが主なので、しかも、1000ccターボなので充分です。
      【走行性能】
      アクセルが軽く、乗り出しがスムーズ。アクセルワークがそのまま走りにつながるので運転しやすいです。
      【乗り心地】
      やや硬めですが、遠出のドライブでは疲れにくいので
      続きを読む はないかと思います。
      【燃費】
      500km乗りましたが、15,8q/L。まあまあの燃費だと思います。
      【価格】
      アルパイン9インチナビ、バックモニター、ETC車載器、ボディコート等をつけたので、総額260万円。安くない買い物でした。それでも、ほしいオプションだったので、これ以上は妥協できませんでした。
      ただ、年度末決算期だったので、値引きを頑張ってくれ、また、下取り車もあったので、持ち出し金は割と出さなくてもよかったです。
      【総評】
      スマアシVになり、値崩れが出るころ合いと決算期を待って購入しました。
      ソリオ・D2は、燃費はよかったのですが、デザイン、装備が気に入らず初めに却下。
      ルーミー・トール・ジャスティで、値引き等で条件がいいところで購入しました。
      いろいろなディーラーを巡ったので、いろいろと興味のある情報を得て、購入できたのが幸いでした。
      コンパクトカーで着座姿勢の高い車がよく、探していました。
      取り回しがよく、前方が見やすいので運転がしやすいです。
      あと少し、燃費が良ければいうことなしですが・・・。
      丁寧に使っていきたいと思いました。

    タンク 2016年モデルのクチコミ

    (456件 / 47スレッド)
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数1
      • 2019年7月12日 更新
      純正ナビとアルパインナビ(X9Z-TR-PM)パノラミックビュー装着車用で悩んでいます。本日、カー用品店で、アルパインの話を聞いたのですが、ステアリングスイッチの一部が使用できないと言われました。ナビ機能に関わる部分との事ですが、具体的には教えてもらえませんでした。ステアリングスイッチが一部でも使用できないのであれば、純正ナビにしようかと思っています。ちなみに車は、タンクカスタ続きを読むムGです。昨日契約したばかりですが、アルパインのボイスタッチ機能に惹かれています。どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ26
      • 返信数6
      • 2019年6月23日 更新
      タイトル通りなんですが今はソリオのOEMであるデリカD2に乗っています。スリーダイヤの関連会社に勤めていたのでスリーダイヤの車しか乗っておらず、定年退職と共に車も他メーカに買い替え検討中です。現行ソリオも有りですが、ソリオならまたデリカD2を買う事になるので購入候補にはしていません。タンク、ルーミー、トールは評判がデリカD2より悪いと聞きます。しかしトヨタディーラーが2日間程試続きを読む乗車を貸してくださり、乗って見たのですがそれ程悪いと感じませんでした。むしろよく出来ていてデリカD2より良いと感じました。私の感覚が変なのでしょうか?実際売れてるようですし、この車の欠点は何がありますが?故障や不具合が多いとかでも構いませんのでアドバイスお願いします
      • ナイスクチコミ31
      • 返信数10
      • 2019年6月23日 更新
      はじめて投稿します。先日、納車されたのですが、ゴミ箱の設置でよいアイデアがあれば教えてください。

    タンクの中古車

    タンクの中古車相場表を見る

    タンクとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止