トヨタ パッソの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ パッソの新型情報・試乗記・画像

パッソの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

パッソのモデル一覧

パッソのレビュー・評価

(74件)

パッソ 2016年モデルの満足度

3.23

(カテゴリ平均:4.31)

    パッソ 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • パッソ 2016年モデル パッソが6年振りのフルモデルチェンジを受けた。パッソはブーンと姉妹車を構成するクルマだが、今回のモデルでは従来と少し違った関係になった。

      従来のモデルでは商品企画やパッソのデザインについてはトヨタが受け持ち、開発と生産をダイハツが受け持っていたが、今回のモデルでは企画から生産までをすべてダイハツが担当し、トヨタ車のパッソについてはOEM供給を受ける形になった。トヨタがあまり口を出さなくなったのが今回のモデルということになるが、性能やコストの問題などについては引き続きダイハツにプレッシャーがかかっていたと思う。

      パッソにはトヨタが木更津市のかずさアカデミアパークをベースに開催したメデ
      続きを読む ィア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードは標準車の最上級グレードとなるX“Gパッケージ SAU”だ。

      パッソはトヨタ自動車にとって登録車のエントリーモデルであり、逆にブーンはダイハツにとって現時点での生産車として最上級に位置するクルマになるため、それを同時に開発するのは微妙なものがあるが、軽自動車の開発で培われた技術を小型車(登録車)に反映するのは最近の技術の流れでもある。ダイハツの軽自動車技術をベースにトヨタの小型車を作るというもあり得る話である。

      外観デザインはパッソ、ブーンとも共通だ。標準モデルのパッソと、デザイン的にやや差別化を図ったパッソ・モーダの2タイプが用意されている。従来のモデルでもパッソをベースに、+Hanaと呼ぶモデルが設定されていたから、それに準じた設定である。

      パッソとブーン、パッソ・モーダとブーン・シルクでは、特にデザイン的な差別化はなされておらず、エンブレムなどが違うだけだ。モーダはフロントグリルをメッキモールで囲むほか、シンプルな印象の標準車に対し、ややファニーな感覚の顔つきとするなど、見た目の違いを設けている。グリルが違うのでそれなりの差別化はなされているが、全体としては抑制の効いた仕様設定である。

      インテリアも標準車とモーダで違いが設けられていて、標準車はかなりあっさりした印象になるが、モーダはシート地やカーナビの周囲、エアコンの吹き出し口などに赤系の色でアクセントが加えられていて、より質感の高い仕様としている。

      室内の広さはコンパクトカーとは思えないくらいに広い。最近は軽自動車でも相当に広い室内空間を作っているので、そのパッケージング技術を生かした登録車なら、さらに広い室内を作れるのは当たり前のことである。パッソはボディの全幅が1665mmに抑えられていて、1700mmの5ナンバー車枠を使い切っていない。そのため左右方向にはもっと広いほうが良いと思うが、軽自動車のように大人が二人で座ると腕が触れ合うような狭さではない。

      広さが際立つのは前後方向だ。後席には大人が足を組めるくらいの広さがある。これはホイールベースが50mm延長され、前後席間の距離が75mm延長されたことによるもので、クラス最大級の広さである。ボディの全長は変わっていないからパッケージング技術の進歩によるものだ。ただ、足元空間に比べると頭上空間の余裕はあまり大きくはない。後席のドアは開口部が大きくて直角に近いくらいまで開くので、乗降性に不満はない。

      搭載エンジンは直列3気筒1.0Lの自然吸気DOHCで、従来のモデルに設定されていた直列4気筒1.3Lエンジンは廃止されて1.0Lのみの設定になった。1KR-FE型のエンジン型式やパワー&トルクの数値は変わらないが、エンジンそのものは燃料を噴射するインジェクターをデュアル化するなど、さまざまな改良が加えられている。

      改良を加えられたのに動力性能の数値が変わらないのは中低速域のトルクの向上に重点を置いて開発したためだ。街中での走りがこれまで以上にフレキシブルで扱いやすい印象になっている。51kW/92N・mと絶対的な動力性能はさほどではないが、910kgのボディをタウンユースを中心に走らせるには不足のない実力である。

      ボディの軽さや停車前の減速中にエンジンが停止するアイドリングストップ機構の採用などによって、ガソリン車としてトップの28.0km/Lの低燃費を達成している。といっても、従来のパッソも最終モデルでは燃費が27.6km/Lに達していたから、改良の割には燃費の向上幅はあまり大きくないともいえる。

      エンジン音を始めとする騒音対策については、さまざまな改善を図ったということだが、運転していて特に静かなクルマという印象はなかった。従来のモデルと同時に乗り比べたら静粛性の向上が良く分かるのだろうが、新型車だけに乗ったのではそれが分かりにくい。アクセルを踏み込んで加速すると、それなりにエンジン音が聞こえてくる。

      足回りは乗り心地を重視して柔らかめの設定になっているが、コーナーでは大きめのロールによって落ち着きが足りない印象を受けた。このあたりも従来のモデルに比べたらグンと進化しているのだろうが、操縦安定性についはまだ物足りなさがある。またちょっと大きめの段差がある部分での突き上げも気になった。

      それ以上に気になったのはステアリングのフィールで、軽いだけのステアリングはロックトゥロックも大きく、一所懸命に回して一所懸命に戻さないとダメという印象。これはもうひと工夫もふた工夫も必要だろう。

      試乗車は標準車として最上級グレードとなるX“Gパッケージ SAU”だけに装備の充実度が高い。安全装備はカメラとレーザー、ソナーなどを使ってクルマにも人にも対応できるスマートアシストUを搭載する。トヨタのセーフティセンスCでは、人を見分けることのできないタイプとなるから、これはダイハツに任せることによってより優れた仕様が手に入ることになった。競合する1.0L級のコンパクトカーの中で優位に立つのは間違いない。

      試乗車の価格は140万円中盤とかなり高めの設定だ。装備の充実度を考えてもちょっと高めの設定である。ひとつ下のLパッケージなら、アルミホイールなどいくつかの装備は省略されるが、価格は10万円以上安くなるので、X“Lパッケージ SAU”を選ぶと良いだろう。

      参考になった 27人
      2016年9月22日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 2
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • 嫁の元愛車にてレビューです。
      先代パッソとの比較で書きます。

      【エクステリア】
      先代からのテイストはMODAとして継承したところが上手いですね。
      通常のやつはより商用車チックになってて割り切りが素晴らしいと思います。
      MODA分けたのが本当にいい売り方ですね。
      あと、ドア閉めた時の音が先代と全然違います。
      めちゃくちゃ辛いドアなのに閉めた時の音が少し重厚です。前みたいにペシンっ!!と閉まりません。

      【インテリア】
      側から見ればどうかは分かりませんが気に入って買えば好きになれるくらいには纏まってるしちゃんとしてます。
      計器類周りは先代と比べて本当に質感が上がってます(
      続きを読む MODAは)
      後部座席もそれなりに広く女性ならゆったり座れます。トランクはそれなりです。

      【エンジン性能】
      相変わらずパワーは控えめですがもっさり感は大幅に軽減されています。
      先代までは踏んでもうるさいだけでしたが、今回はちょっと芯がある加速をしてくれます。
      もちろんcvtなので特有のグニョグニョ感は拭いきれないですがかなり改善されています。
      ターゲットの女性1〜2人でなら、軽く旅行とかも行けちゃうかと思います。

      【走行性能】
      先代までは軽快に走ろうとすると1回のドライブで5回くらい死にかけるくらい、余裕が全然無いし車体のロールも半端じゃないし、普通に乗ってて怖いと思いましたが今回はそれなりに走れます。
      もちろんかっ飛ばしてる訳ではありませんが軽快と謳うだけな事はちゃんありました。
      車体の嫌なロールもかなり減っています。

      【乗り心地】
      今回一番褒めてあげたいです。
      もちろん絶対的な乗り心地はそれなりですが、このクラスとしてみると雑味やガサツさはめちゃくちゃ減っています。
      下駄車として使うには勿体無いくらい良いです。
      気に入って買ったならマイカーとして愛せると思います。
      減速時、極低速の状態でアクセルを踏むとCVTからスナッチが来るのでそれだけちょっと残念です。

      【燃費】
      まともです。
      高速に乗ると20km/l切ることがありますが、郊外で慎重に乗ると25km/lを超えてきます。
      僕が酷道ラリーカーとして使っていた時は平均18km/lくらいでした笑。

      【価格】
      MODAはオプション付けまくると200万に届きます。
      安ければ安いほどこの車の良さを存分に味わえると思います。
      上位グレードはどうしてもコスパ悪くなって来ます。

      【総評】
      先代までのパッソに乗ってる人で、乗り換えたいと余ってる方にはガンガンお勧めします。
      これ本当にパッソか!?
      と思うくらい良くなっています。
      嫁の妹が先代モデルに乗っていますがそれとは雲泥の差です。
      ダイハツ製の車で唯一自分がいいと思った車でした。

      さらにクラスが上の車からの乗り換えはお勧め出来ませんが、セカンドカーとしてはとても良いです。

      1300ccモデルが無いのが惜しい!!!!
      1000ccターボがあれば買うかも!!笑
    • 普段乗っている車を修理することになってしまい、代車としてレンタカーを借りました。
      一週間ほど乗ってみた感想です。

      【エクステリア】
      見た目はミニあたりをイメージした、というかパクったかのような印象。
      男女どちらも乗りやすそう。

      【インテリア】
      軽自動車よりはしっかりしてる。
      カーナビ回りはなんかごつい。
      一人で乗るには充分広いが、荷台が狭すぎるので、後部座席に荷物を置かざるをえない。

      【エンジン性能】
      街中では意外とキビキビ走る。
      高速道路に乗ったが、つねに余裕はない感じ。

      【走行性能】
      街中で60キロまでで走るなら問題なく走れた。
      高速道路では常に
      続きを読む それなり踏んでおかないとすぐ減速する。
      風に煽られてハンドルがふらふらした。

      【乗り心地】
      段差や凹凸に敏感に反応してボヨンボヨンする。
      腰が痛くなった。

      【燃費】
      かなり良さそう。

      【価格】
      レンタカーなのでなんとも言えない。

      【総評】
      軽自動車よりは走り質感もしっかりしているが!乗り心地がイマイチ。
      中途半端に狭いので、遠出には向かなさそう。
      買い物、近場に通勤なら、維持費なども考えれば、軽自動車でも充分なような気もする。
    • パッソをレンタカーで借りて、広島→愛媛→香川→岡山→広島のルートで約400kmほど乗ってみました。

      【エクステリア】
      良いところは、人を選ばないプレーンなデザイン。だからこそなのですが、今回乗ったパッソのボディカラーが白だったのも相まって、サービスエリアなど多くの車が駐車する場所での存在感が希薄。見つけにくいという欠点がありました。

      【インテリア】
      価格相応。シートのファブリック素材の色合いは外観のプレーンな雰囲気を損なうことなく居心地の良さを演出していると思います。
      しかしながら使い勝手の部分で言うとペットボトルの類を収納する場所がドア側か、インパネ下の部分になりやや不便さ
      続きを読む がありました。また、アシストグリップがないのも安全性の面でやや難あり。

      【エンジン性能】
      リッターカーなので街乗り60キロぐらいまでの走行なら良いでしょうが、高速道路で追い越すシーンでの加速ではエンジンがやかましくなりますし、速度域が高くなればなるほど、やかましく、非力さを感じますが、スペックと想定用途を考えれば、当然の結果です。
      とは言え、アクセルベタ踏みしてもさしてスピードが上がらないからこそ、遠慮なくアクセルベタ踏みできる痛快さがあるので楽しい車と言える側面もあるかもしれません。

      【走行性能】
      車体の軽さ故に、高速道路では風に煽られやすく、風が吹くたびよろめき、直進安定性はありません。 街乗り向きの車なので、小回りが利くのは間違いないのですが、峠などの深いコーナーが続く場所でのコーナリング性能は、貧弱で安心できるものではありません。

      【乗り心地】
      速度が高くなるほど車体とハンドルのバタつきが激しくなります。安易にとばしてはいけない車です。
      とは言え、その不安定さからくるゾクゾク感と、暴れるステアリングの制御を楽しでいました。


      【燃費】
      かなりガツガツと走りましたが、その上で平均燃費が16キロなのは優秀。

      【価格】
      トヨタのホームページに掲載されてる価格を基準にした時、この性能とこの味わいならば星4ぐらいでしょうか。


      【総評】
      のんびりとドライブするにはいいかもしれませんが、ハードな乗り方をする場合は要注意。しかもスマアシがやや強めに雨が降ると機能しないので、安全補助装備としては信用できないです。
      中長距離ドライブやハードな乗り方には不向きで不安定な車。
      しかし、いろいろ足りないからこそ、車の限界領域を探りながら、車との対話を楽しみたい人には興味深い車と言えるのかもしれません。

    パッソのクチコミ

    (2342件 / 337スレッド)

    クチコミ募集中

    パッソのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    パッソ 2016年モデル

    パッソ 2016年モデル

    パッソ 2016年モデルのクチコミを書く
    パッソ 2010年モデル

    パッソ 2010年モデル

    パッソ 2010年モデルのクチコミを書く
    パッソ 2004年モデル

    パッソ 2004年モデル

    パッソ 2004年モデルのクチコミを書く
    パッソ

    パッソ

    パッソのクチコミを書く

    閉じる

    パッソのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    パッソ 2016年モデル

    パッソ 2016年モデル

    パッソ 2016年モデルのクチコミを書く
    パッソ 2010年モデル

    パッソ 2010年モデル

    パッソ 2010年モデルのクチコミを書く
    パッソ 2004年モデル

    パッソ 2004年モデル

    パッソ 2004年モデルのクチコミを書く
    パッソ

    パッソ

    パッソのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ11
      • 返信数4
      • 2019年2月1日 更新
      パッソXLP-S。カラーホワイト。
      付属品:バイザー、マット、スタンダードナビ(ドラレコ、バックモニタ付)ボディーコート(5万程度の)
      車両134万下取りなし(買取店にて)その他(安心パック30、自動車税2400円)
      大雑把ですが総額180万から値引き21万(オプション値引き11万+車両10万)支払159万。
      ざっくりですがこの状態で値引きをプラス8万程度追加する事は出
      続きを読む来るでしょうか?
      希望は150万です。
      • ナイスクチコミ76
      • 返信数18
      • 2019年1月3日 更新
      おはようございます。シフトロック解除のスイッチ? のようなものは どの辺にあるんでしょうか 宜しくお願いします。
      • ナイスクチコミ38
      • 返信数11
      • 2018年8月18日 更新
      こんにちは
      説明書を読んでもちょっとわからないので質問させてください。
      今日、ニュースで高速の煽り運転の映像をみて脅えてます。
      現在この車種のパッソに乗ってますが、自分が乗っていて当然鍵も車内にあるとき、外で誰かおかしな人が
      ドアを開けようとした場合、外のドアの開閉ボタンを押されると外からドアを開けられてしまうんでしょうか。
      もちろん自分は運転席でドアを手動でロックし
      続きを読むてる場合です。

      初歩的な質問ですみません。とても気になったのでどなたか教えてくださると安心できます。
      よろしくお願いいたします。




    パッソの中古車

    パッソの中古車相場表を見る

    パッソとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止