ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
HYBRID B Honda SENSING2017年9月29日/ニューモデル336万円 238〜274万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,780kg  
HYBRID G Honda SENSING2017年9月29日/ニューモデル341万円 208〜349万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,790kg  
HYBRID G EX Honda SENSING2017年9月29日/ニューモデル362万円 219〜353万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,820kg  
e:HEV G Honda SENSING2020年1月9日/マイナーチェンジ342万円 319〜329万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,790kg  
e:HEV G EX Honda SENSING2020年1月9日/マイナーチェンジ364万円 329〜357万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,820kg  

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
HYBRID G EX Honda SENSING BLACK Style2018年12月20日/特別仕様車

366万円

329〜385万円   FF 7人 25.0km/L 1,993cc 1,820kg  

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビュー・評価

(91件)

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの満足度

4.66

(カテゴリ平均:4.3)

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル HYBRID G Honda SENSING 2017年9月に“待望”とも言えるハイブリッドモデルを搭載したホンダ・ステップワゴン。その出来は予想通りでありながら予想以上の仕上がりでした。

      ステップワゴンは初代が1996年5月に発売され、現在のモデルは5代目になります。ホンダの国内における中核モデルであり、現在のミニバンブームを火付け役の1台でもあるわけですが、ここ数年はかつてのような勢いにやや陰りが見えてきました。

      理由としては過去、ステップワゴンに乗っていたファミリーのうち、子供が成長することで親と一緒に乗る機会が減ってしまったこともありますが、やはりハイブリッド車の台頭が大きな理由のひとつです。

      現在のミドルクラス
      続きを読む ミニバンの約45%がハイブリッド、そのほとんどがライバルであるトヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクヮイアで構成されています。

      現在のステップワゴンは登場時に1.5Lのダウンサイジングターボのみの設定でしたが、やはり市場の要望はハイブリッド車です。遅れながらもやっとステップワゴンにも設定されたわけです。

      搭載するパワートレーンはすでにアコード/オデッセイなどにも採用されている2モーターによる「SPORT HYBRID i-MMD」です。2Lのガソリンエンジンの主な役目は発電ですが、「e-POWER」を搭載する日産ノートのようなモーター駆動ではなく、クルージング時などはガソリンエンジンで走るシーンもあります。

      方式はともかく、このシステムは実燃費が高いのが魅力です。過去アコードに乗った際も約500km走行して20.0km/Lという好結果でした。前述したようにEV領域を積極的に使うことができるので実燃費にも期待できます。

      実際走らせてみると、1820kgとそれなりに重量のあるボディですが、発進加速はスムーズです。アクセルコントロールによってモーター走行の領域をうまく使いエコドライブが可能なのはもちろん、坂道ではエンジンとの協調制御でグイグイと力強く加速します。また電池が十分に充電されていれば専用のスイッチを押すことでEVモードでの走行も可能です。今回はそれほど多くの距離は走れませんでしたが高速道路も全体の50%、山道も積極的に加速した状態で18.4km/Lという結果でした。ただしこれは2名乗車での結果、多人数になれば当然実燃費は下がります。それでもモーター自体のトルクもあり、全体としてのドライバビリティは高いレベルにあります。

      前述したようにシステムとしては既存のものですので目新しさはありませんが、元々オデッセイに搭載されているシステムをステップワゴンに組み込んだところ、全長が100mmもオーバーしてしまったそうです。そのためにパッケージにあった専用骨格を新設計するなどマイナーチェンジの追加モデルのレベルではないほどお金がかかっています。

      ステップワゴンのようなミニバンの場合、室内空間は重要な要素です。ハイブリッドシステム、特にIPU(インテリジェントパワーユニット)を床下に組み込んでも室内高はガソリン車とほぼ同等の数値をキープしていますし、ステップワゴンの売りのひとつである3列目シートの床下格納も犠牲にしていません。

      その内装も新たに設定したEPB(電子制御パーキングブレーキ)などを配置した専用の大型コンソール、さらにA4サイズの書類が入るブリーフケースも置けるトレイ形状のスペースなど実用度も向上しています。実際よく見るとこのスペース、内張の部分に柔らかい素材を使うことで革製バッグなどが傷つきにくくしたり、ヘッドレストレインとの固さも従来より柔らかめにすることで快適性を向上させるなどきめ細かい配慮がされています。

      先進安全装備も同社の「ホンダセンシング」が全グレード標準装備されます。特にハイブリッドモデルにはACC(アダプティブクルーズコントロール)の渋滞時追従機能が付くのですが実際使ってみると加減速のフィーリングも悪くありません。非常に便利な機能ゆえにこれに関してはガソリンターボ車にも機能追加を強く希望します。

      静粛性、乗り心地も従来のガソリンターボ車よりレベルを向上させており、燃費性能も期待できるステップワゴンハイブリッドですが、やはり気になるのがその価格でしょう。ハイブリッドは3グレードありますが、装備と価格のバランスを考えると真ん中の「SPADA ハイブリッドG ホンダセンシング(335万160円)」がベストバランスです。

      ライバルのトヨタ・ヴォクシーのハイブリッドZSが326万9160円ですが、トヨタのこのクラスのミニバンの先進安全装備はACCが無いことなども含め、正直ステップワゴンには負けています。装備もステップワゴンの方が価格差以上に充実しておりこの点ではライバルよりアドバンテージがあります。

      ただそれでも価格は高めと感じたり、それほど距離は乗らないのであれば同等装備で約50万円安いガソリンターボも候補に入れておくのも選択肢としては“有り”です。つまりハイブリッドの登場でガソリンターボ車の立ち位置もはっきりしたことで双方が魅力的なモデルとなったことを感じました。
      参考になった 69人
      2018年1月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 3
    • HYBRID G EXを購入し、1年以上経過しました。
      レビューもかなり出ているので、個人的に気に入った点、気になった点を好き勝手に。

      【エクステリア】
      フロントは気に入ってます。ほどよいゴツさ。
      リアのデザインは最初はあまり好きではありませんでしたが、
      慣れてくると全然気にならなくなるのと、
      わくわくゲートの使いやすさを考えると、むしろこれで良かったかと。
      (リアゲートの通常開閉にはかなり長さが必要なので荷物のチョイ出し入れにとても便利)

      リアウインカーが小さい、非LED。(ほのかな灯り・・、明るいところでは見にくい)
      右左折のためウインカーを出して減速すると、明ら
      続きを読む かに以前より後続車が詰めてくる感じが強い。
      ウインカーが見えていない(認識しづらい)のかな・・と思い込んでます。

      【インテリア】
      まとまっていると思いますが、直線的なデザインが少し古臭さを感じる。
      あとメーター関係、これはダサい。(見にくいことは決してありません。)
      最新のHYBRID車を買ったからには、このあたりも最新感を味わいたい・・。
      5人乗りがメインなので、3rdシートのペラペラな座面は残念。
      長距離には低反発クッションを追加しています。
      逆に4人以下の場合は3rdが完全収納できるのでとても良いと思います。
      構造上難しいのかもしれませんが、2ndシートの前後自由度がもう少しあると良い。

      【走行性能】
      同車を購入した一番の決め手がこれです。
      試乗して機敏な走りを体感し、一発で決めました。
      当方素人ですので技術的なことは分かりませんが、
      ペダルに対する反応の気持ちよさが他社同タイプとは明らかに違いました。
      特にSモード走行時は、吸い付くような反応でとても楽しく、気持ち良い。
      (穏やかな街乗り時でも反応の良さを活かせるという意味です)

      【燃費】
      他社同タイプのガソリン車からの乗りかえですので当然燃費は上がっていますが
      13〜15km/Lくらいです。もう少し上手く乗れば上がると思います。
      燃費最重要視で購入したわけではないので特に不満はありません。

      【安全運転支援機能】
      ACCについて高速走行時はとても安定。
      恐らく前後の車もACC走行かと思われる高速道路環境で、
      1時間ほど走行した場面がありましたが、ホントに楽でした。
      (100km/hからほとんど動かず、乗り心地は最高でした)

      ACCもレーンキープもあくまで支援機能なので、とくくってしまえばそれまでですが・・、
      細かいところはまだまだ発展途上かと感じます。
      特に気になるのが、
      全車速対応で渋滞時も機能しますが、走り出し〜加速の挙動が非常に不自然。
      機能はしていますが、人の操作とは明らかに異なるため、
      危ないと感じる場面があります。
      一番遭遇する場面が、
      高速道路で前の車が渋滞で停車。自車もスムーズに停車。
      ここまでは良いのですが、その後、走り出したあと、
      加速するのが異常に遅いので、前車との間隔が開き過ぎます。
      そうすると横から車線変更してくる車が来ます。
      そのタイミングと同じくらいに自車が設定速度まで急加速し始めます。
      慌ててブレーキを踏みます。という場面。
      実際、人の操作では、2〜3台前の動きを無意識に見ていて、
      前車が動くのと同タイミングくらいでクリープが始まり、
      あまり間を開けずにゆったりとした加速で付いていく・・。
      という動作かと思います。
      発進タイミング自体は手元スイッチやアクセルで操作できますが、
      その後、グワっと車間が開いてしまい、上述のような場面になります。
      結局、発進〜ある程度の速度、までは自身でアクセルを操作しています。
      全てACCに任せると、
      車間が必要以上に開いて、設定速度まで急加速、そして前車が再び停まると急ブレーキ。
      となり、乗り心地はあまり良くありません。
      車間設定もいろいろと試しましたが挙動に改善変化はありませんでした。
      急加速とブレーキ操作が多いので、乗り心地が悪いですし、
      まわりから見るとイライラした運転をしているように見えると思います。
      もう少し、アクセルワーク?中心の自然な挙動に進化してくれるとありがたい。
      あと、自動再発進は確か停車3秒後くらいまでかと思いますが、そんな場面はほとんどありません。
      もう少し長い時間(せめて10秒くらい)を設定できると良いと思います。
      レーンキープは少し内寄りになる気がしますが、
      高速走行時の挙動は上手くいっていると思います。(首都高はちょっときついです・・)

      【その他、細かいことも含めて勝手な要望】
      わたしにとっては、オプション込みではありますが、軽く400万円を超えるとても高い車。
      これくらい付いていてもいいんじゃない?と思う点。
      ・運転席の全窓Autoスイッチ(これが一番がっかり)
      ・スライドドアを閉める際の予約ロック(オプション設定くらいはせめて)
      ・2ndシートのビルトインシートベルト。

      好き勝手書きましたが、走りは最高。
      今後のさらなる進化に期待いたします。
    • 親友のミニバン購入に伴いアドバイスとネゴシエーションの為に付き従い感じた雑感を残します。
      比較検討したのはヴォクシー・セレナでした。因みに私の実家は現行のガソリン車に乗っているのでその差についても書いて行きたいと思います。

      【エクステリア】
      3車の中で一番コンサバな感じがしました。
      本人はセレナのデザインが良くステップワゴンのリアが余り好きでは無いと言っていたのですが、総合力で本車を選択したようです。


      【インテリア】
      華美な感じではないですが、収納も多く広々として解放感は抜群です。
      またワクワクゲートによる乗り込みや積載の自由度が高いことと3列目を収納できる点が非常に
      続きを読む ポイントが高かったようです。
      ※セレナとヴォクシーは跳ね上げのベルト止め

      【エンジン性能・走行性能・乗り心地】
      ハイブリッドは出足も軽くしなやかかつ上質な印象を受けました。セレナのハイブリッドに比べてモーターの力感も十分できびきびと走ります。

      ガソリンについてもダウンサイジングターボでホンダの1500ccは本当に良くできていて、全速域で不満はありません。ただハイブリッドのように上品な感じではなく、どちらかと言えばスポーティーに振られていて荒々しい印象を受けました。
      また先進装備で現行で差をつけられているのでその点は残念です。
      ※ガソリンは電動パーキングブレーキ無しの全車速追従無し


      【先進装備・取り回し】
      ブラインドスポットモニタがレーダー形式のものがあれば良かったのですが、その点は残念。
      但しアラウンドビューモニタとトレンドであるワイド化に反するように1700で収まっていることによる取り回しの良さは特筆に値すると思います。

      【燃費】
      ガソリンについててすが、高速と都内の町乗り半々で12k/Lで形状や重量を考えても悪くは無いかなと思います。
      ハイブリッドはまだ走ってる距離が少ないので何ともですが、15〜17k/L位は行くのではとのことでした。


      【価格】
      ガソンリンだと割安感はあるのですが、ハイブリッドとなると若干高いかなと。
      但し価格の理由をエンジンや乗り心地に納得して落とし込めるのならば、ありではないかと思いました。
      時代に逆行しますが、見せ方の問題でHonda SENSINGを外せるオプションを付けるとまた違うのでは無いかと思います。


      【総評】
      Mサイズミニバンでヴォクシーやセレナの後塵を拝しているようですが、実際に比較検討してみると、商品としては負けていないどころかより良いのではと思うところが多々ありました。
      それでもこの結果なのはトレンドから外れているデザインとホンダのマーケティングが良くないのかな?と感じました。
    • 車の購入を検討する際、走りの性能はあまり気にしない、予算に合うものを。と言う選び方をされる方も多いと感じますが、ステップワゴンハイブリッドの走行性能と乗り心地は他社製品とは別格です。
      購入後の満足度が違ってきますので、このクラスのミニバンを検討する際は必ずステップワゴンハイブリッドは試乗をお勧めします。
      アクセルを踏んだ瞬間の強力なトルク、滑らかな足回り、静粛性と高燃費。
      高速ではホンダセンシングで半自動運転状態で長距離も快適です。
      ホンダはエンジンやハイブリッドシステムを他のメーカーと比べて短い期間で新型に切り替えるため、定価は同じくらいでも、開発費が嵩んでいる分値引きが少ない傾向に
      続きを読む 有ります。
      値引きが喜びの方には向かないメーカーですが、拘りのある方にはお勧めです。
      特にスポーティーな車が好きだけど、家族の為のミニバンと言う方には絶対です。
      1500ターボも、他社の2リッターNAに比べたら走りは抜群ですが、乗り心地はハイブリッドが更に上質です。
      シートや内装等、更に上質を求める際はハイブリッドシステムやエンジンが同じオデッセイが有ります。
      ボディーサイズが大きくなり、シートなどの質感が上がった分、車重が重く、走りの軽快さはステップワゴンが上回ります。

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのクチコミ

    (5318件 / 305スレッド)
      • ナイスクチコミ216
      • 返信数44
      • 2020年5月26日 更新
      この度、縁があって試乗車を購入しました。
      昨年の10月位に別の車(フリード)を見に行ったんですが、ステップワゴンの試乗車(スパーダ ハイブリッド G EX)が目にとまり、今年に9月に販売すると言われましたので、販売する際には是非購入したいと営業マンに伝えました。
      今年3月に急に販売すると連絡が有り、購入するまで色々とありましたが、購入を決めました。
      納車の時に気づいたので
      続きを読むすが、試乗(19500キロ)したときから1000キロ走行しておりました。
      日曜日に試乗してから購入連絡を土曜日にし、店の定休日もあったのに3日〜4日でこの距離を走行されておりました。
      また、ナビの操作もしたことが無かったのですが、(営業マンから操作説明はなし)、ナビ操作を覚える為に、色々とナビを使ってみようと操作しているうちに、履歴を確認しましたら、この車は試乗車と聞いていたのに、隣の県の○ウ○○ワ○○岡店とか、別の県のコンサート会場、県内の温泉ホテル、確認はしておりませんが、試乗した後に○玉県○士○市にも行ったようです。
      ○玉県○士○市であれば、往復すれば1000キロくらいは走りますが、まだ購入を決めていないと言っても、万が一事故等をおこした際にはどのように対応したのか???
      試乗車というのは、営業店の所有車ですが、このような試乗車の使い方はどのように思われますか? 自分はナビ履歴を見てから、どうも納得出来ず、大変残念で仕方ありません。
      この走行状況についても、営業マンに確認しておりませんが、事前に説明もありません。
      このような、状態の車を購入された方、購入店と納得出来る話し合いが出来た方のアドバイスをお願いします。
      • ナイスクチコミ18
      • 返信数9
      • 2020年5月26日 更新
      今日洗車してたら気づいたのですが矢印の底面に縦線状のきずがついていたのですが、こちらは簡単に治るものでしょうか?
      もう少ししたら無限のエアロ取り付けたいと思っているのでこちら取りつければ隠れるでしょうか?
      また、正面から見ては気付きませんが下に覗き込むとわかるという感じです。
      傷の写真は撮り忘れたので明日の朝一に投稿します。
      • ナイスクチコミ16
      • 返信数12
      • 2020年5月25日 更新
      どなたかご教示ください。
      先日リアテールランプのウィンカーとバックランプをLEDに交換する際にテールランプを外したのですが、その際にテールランプ側のオスクリップを紛失してしまいました…。
      ディーラーに問い合わせしたところ「サブアッセンブリー品みたいでクリップ単体で品番が出てこない」と言われて困っています。
      クリップのためにオークション等に出品されている中古のリアテールラン
      続きを読むプを買うのもなんだかなぁと思い、どなたか品番ご存知の方がいらっしゃればご教示頂けますでしょうか?
      (参考までに…画像は残っているクリップです)

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの中古車

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの中古車相場表を見る

    ステップワゴン スパーダ ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止