ホンダ オデッセイの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

ホンダ オデッセイの新型情報・試乗記・画像

オデッセイの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

オデッセイのモデル一覧

オデッセイのレビュー・評価

(412件)

オデッセイ 2013年モデルの満足度

4.21

(カテゴリ平均:4.3)

    オデッセイ 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • オデッセイ 2013年モデル オデッセイがフルモデルチェンジを受け、コンセプトを一新した5代目モデルが登場した。オデッセイにはツインリンクもてぎで開催された試乗会に出席して標準車とアブソルートに試乗したほか、都内で改めてアブソルートに試乗した。

      オデッセイは1994年にデビューした初代モデルが大ヒットし、経営不振の状態にあったホンダを一気に急浮上させたクルマだった。その後、初代モデルのコンセプトを受け継いだ2代目、思い切り全高を抑えた3代目、さらにそれを受け継いだ4代目とモデルを重ねてきた。

      いずれのモデルもミニバンとしては低めの全高にスイング式(ヒンジ式)の後席ドアを特徴としていた。それを一気に変更したのが今
      続きを読む 回の5代目モデルである。

      全高を高くしてスライドドアを採用することで、これまでオデッセイが特徴としてきたふたつの特徴を変更したのは、乗用価値とユーティリティー価値の向上をテーマに、快適な室内空間を作るためと乗降性を良くするためだ。

      従来の低全高のボディは、重心高が低くなってコーナーでの安定した走りなど、操縦安定性の良さにつながるものだ。ある意味で真っ当なクルマ作りの方向性を示していた。なので今回のモデルで全高を高くしたといっても、ほかの多くのミニバンのようにやたらと高い全高にしたわけではない。

      ホンダが得意とする超低床プラットホームをベースに、全高を150mm高くして室内空間を拡大させた。床面が低いので十分な室内空間を確保しても全高は極端に高くならず、1700mmに抑えている。

      もうひとつの特徴であるセダンと同じヒンジ式の後席ドアは、かつては乗降性の良さが大きな特徴だった。昔のスライド式ドアは重くて操作しにくく、老人や子どもには開け閉めできないものだったからだ。

      でも今どきのスライドドアはほとんどが電動式になり、ヒンジ式に比べると開口部が大きくて乗り降りしやすいドアになっている。だから今回のオデッセイでは後席用のドアをスライド式に変更し、低い床面と合わせて乗降性に優れたものとした。

      こうなると、オデッセイというよりも今回のモデルチェンジで統合されたエリシオンのフルモデルチェンジというほうが正しいのかも知れないが、ブランドの浸透度合いを考えたら、新型車をエリシオンではなくオデッセイとするのは当然である。

      高すぎない全高にしたことで、新型オデッセイの外観は全体に均整のとれたプロポーションになった。高くなったけれど高すぎない全高が、ミニバンとしてのバランスの良さにつながっているのだ。

      今回のモデルにも、標準系とスポーティなアブソルートの2タイプが設定され、それぞれに特徴的な外観が与えられている。アブソルートには専用のパンバーやグリルが与えられるとともに、世界初の技術を取り入れた専用のボディカラー(オプション)も用意されている。

      内装デザインは質感の高さが際立つ感じだ。インパネ前面のソフトパッドは標準車がアイボリー、アブソルートはブラックとされていて、この部分の見た目や手触りの良さなどが品質を実感させる。

      7人乗りの2列目シートはプレミアムクレードルシートという新設計の快適シートが用意される。背もたれのリクライニングに合わせて座面が持ち上がり、正にクレードル(揺りかご)感覚のシートになる。中折れする背もたれや足を伸ばせるオットマン機構なども特徴だ。

      しかも3列目のシートを後部の床下に収納し、2列目のロングスライドをいっぱいに後ろに下げると、笑ってしまいたくなるような広い空間が作れる。リムジン車のような居住空間だ。

      新型オデッセイに搭載されるのは新開発の直列4気筒2.4Lエンジンとやはり新開発された無段変速のCVTだ。標準仕様のエンジンは129kW/225N・mのパワー&トルクを発生する。これでも十分といった感じの動力性能で、ファミリーユーザーが乗るならこれで良いだろう。

      アブソルートには専用の仕様が用意され、同じ直列4気筒2.4Lながら、直噴機構の採用で140kW/237N・mというパワフルな性能を発揮するとともに、燃費も標準に対して向上させている。アブソルートではCVTも7速のマニュアルモード付きになり、ハンドルの裏側に設けられパドルによって変速操作が可能だ。

      オデッセイのユーザーは、走りを重視してパーソナルな使い方を人が多いが、そうしたユーザーが代替するならアブソルートを選ぶのが良いだろう。

      実際に走らせると、標準車もアブソルートも並みのミニバンとは違う走行感覚の良さがすぐに感じられる。低重心パッケージングによってオデッセイが伝統とするセダン感覚の安定した走りは今回のモデルでも健在である。

      新型オデッセイではZFの電子制御パワーステアリングやザックス製のダンパーなど、これまでよりもレベルアップした部品が採用され、これが全体的な走りの良さにつながっている。

      特にアブソルートでは10mmローダウンした専用のサスペンションや大径タイヤなどによって引き締まった感じの走りを実現している。ただ、乗り心地はかなり硬めの印象だし、路面の段差を超えるときの突き上げも案外強い。

      2列目には前述の快適なシートが用意されているが、振動などはそれなりに伝わってくるので、快適性のレベルもそれなりである。

      装備面では、進化したインターナビや主要モデルに標準装備された先進安全装備のシティブレーキアクティブシステムなど、充実した仕様が用意されている。新しいオデッセイは新コンセプトをベースに確実な進化を遂げたといえる。

      ただ、緊急自動ブレーキについてはいえば簡易型のシティブレーキアクティブシステムではなく、従来からのCMBSを進化させる形で搭載してほしかった。今回のモデルではCMBSは一部のグレードにオプション設定されるのにとどまっている。

      CMBSはホンダが世界に先駆けて採用した安全装備なのだから、これをさらに進化させると同時に低価格化して幅広い車種に採用して欲しいと思う。最近では、欧米のメーカーがこのジャンルをどんどん進化させている。ホンダも積極的に開発を進め、改めて欧米のメーカーを引き離して欲しい。

      参考になった 33人
      2014年4月20日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 3
      価格 3
    • ジェイドハイブリッドからの乗り替えで購入しましたが、非常に満足度の高い車です。

      【エクステリア】
      ミニバンでありながら全高は低く、スマートなエクステリアです。
      ゴツいアルヴェルより紳士的な細マッチョな雰囲気という感じでしょうか。
      また、トヨタカローラミニバン3兄弟やステップワゴンに比べて横幅があり車高が低いのでどっしり感があります。
      皆さんに是非見ていただきたいのはタイヤとボディのバランスです。
      アルヴェルやミニバン3兄弟やステップワゴンやセレナはどうしてもタイヤが小さく見えてしまい、マッチョボディにひょろひょろの足と言った感じなのですが、このオデッセイはバランスが絶妙です。
      続きを読む
      この黄金比はマイナーチェンジやフルモデルチェンジでも引き継いで欲しいです。

      【インテリア】
      大きな不満はないのですが、もう少し高級感があれば良かったです。
      ソフトパッドももう少し広めに使ってプラ部分を少なくするだけでも変わるはずなので。
      ボタンはシンプルにまとめてあるので、ゴテゴテしてなくて良かったです。
      インテリアの安っぽさはホンダ車全体に言えますが、トヨタは見せ方が上手いですね。
      【エンジン性能】
      ハイブリッドを2台続けて乗っていましたが、加速もよくエンジンをかけた時の「ブルン」という感触は今から運転するぞという気持ちになっていいです。
      ミニバン特有のモッサリ感は全くなく、他のミニバンに比べたらダントツに良いです。
      【走行性能】
      上記と同じく不満はないので非常に良いと思います。
      普段はエコモードにしていますが、坂道や高速の合流でも唸ることなくすんなり加速出来ます。
      このあたりもミニバンではダントツです。
      【乗り心地】
      知人のヴェルファイアに乗ったときはカーブで横に振られるような感触があったり、5ナンバーミニバンだと子供が友人の車でも車酔いをしていましたが、重心が低くオデッセイの乗り心地はかなりいいですね。
      また室内が広く二列目にチャイルドシート+大人+子供が乗っても快適で、足元もかなり広いです。
      アブソルート特有のかたさはありますが、スポーツミニバンと考えればフワフワしてなくて個人的には好みですが、フワフワした乗り心地が良くてアルヴェルに流れる人もいるのかな。。。
      【燃費】
      街中でリッター9から10キロほど、高速を入れると12から13キロくらいなので、このサイズのガソリン車では十分かなと思ってます。
      知人のヴェルファイアは7から8キロほどと言ってたのでそれよりは良さそうです。
      【価格】
      インテリアの安っぽさに注目してしまうともう少し安くてもと思いますが、全体を考えると納得の価格です。
      ホンダは残クレの利率が1.9%になるキャンペーンが多いので、そのタイミングで買えばかなりお得な気がします。
      【総評】
      コマーシャルが下手なホンダですが、非常に満足度が高い車ですし、かなりオススメです。
      運転の楽しさを犠牲にして家族の乗り心地を最優先であればアルヴェルになるのでしょうが、家族も走りも両取りしたいならオデッセイしかないかと思います。
    • 私の車は、先行予約で購入した2013年式アブソルートEX 4WDです。
      ACC・リヤモニター付きの本革以外のMOPをフル装備したタイプでした。
      先日売却したのですが、再レビューします。

      【エクステリア】
       今でも、数あるミニバンの中ではスタイリッシュだと思います。
       私の好みとしては、マイナー後よりもマイナー前のフォグライトガーニッシュを装着した顔つきの方が好みです。ただ、サイドは、複雑なプレスラインが入っていて煩い感じがするのと、リアサイドエンドのえぐれた?ような部分が、やはり煩い感じです。
       ただし、夜間のヘッドランプ・テールランプの点灯状態は今でも古さを感じません。

      続きを読む
      【インテリア】
       購入時は、MOPナビ画面の小ささが不満でしたが、今にして思うとマルチビューカメラが装備されていたことと、ディーラーオプションナビより安上がりなので十分です。
       ただし、オデッセイよりも前に乗っていたエリシオンのメーターとの差はずいぶんあります。
       それから、エアコンの操作パネルは、タッチパネルで操作感がわるく、保護フィルムを貼っていないとすぐ傷がつく仕様です。ブラインドタッチできる方が、安全性の面から言ってもいいはずです。
       また、自身初のパワーシートになったんですが、これが思いのほか使い勝手がいいですね。単に前後調整だけでなく座面の高さ調整ができるので、山道などでは低めに、渋滞時には高めにできます。ただ残念なのが他社では当たり前のメモリー機能がないことですね。
       それと、4WD車最大のネックとして、クレードルシートの7人乗りが選択できないことです。もし、4WDで7人乗り仕様が出ていれば、マイナー後モデルに乗り換えていたかもしれません。8人乗りの2列目は、先代オデッセイのキャリーオーバーという仕様のため、シートスライド部がフロアから出ていて、それが足が引っかかるので使いにくかったです。

      【エンジン性能】
       先代のオデッセイアブソルートを試乗したときに比べて、静かさ、パワー感とも1ランク落ちるという感じです。エリシオンとの比較では、パワー感よりトルク感が上がりましたが、やはり煩くなった印象が強いです。ただし、年数・距離を経過し納車当初よりマイルドな音質に変わりました。
       なお、エコモードを解除すると、アクセル開度に対して反応がよくなりますが、所詮実用エンジンレベルです。

      【走行性能】
       走行性能は、このモデルの最大の美点といえる部分です。ハンドリング、ブレーキングともエリシオン等の比ではないほどの高性能です。特に、ブレーキングについては、エリシオンではすぐにロック状態に陥ったのに、ロックがかかるぎりぎりまで粘るようになりました。また、強めのブレーキでもハンドルがとられることがなく、とても安心できます。
       また、これほど車高が高い車なのにロール感のなさは、本当に凄いことだと思います。
       もう一つの評価すべき点ですが、4WDの進化です。
       エリシオンは電子制御ではないタイプで、4WDに切り替わるレスポンスは非常に悪かったのですが、今度の4WDは切り替わったことがわからないほど自然で、志賀高原などの厳しい雪道ではFFよりも圧倒的に安心して走行できます。
       
      【乗り心地】
       購入当初から、相当話題を振りまいた乗り心地ですが(苦笑)、年数・距離を経過するにつれ少しマイルドになった感じはありますが、最後まで家族からは「がたがたする車」と言われるほど不評の乗り心地でした。
       特に、ハンドルネームにもあるように、スキーに行くために利用する機会が多かったのですが、スキー旅行では、洗濯板状のデコボコの凍結路、高速道路でのつなぎ目で、ギャップを超えるたび3列目の家族がとび跳ねるのがわかるほどでした。また、折りたたんだ3列目は、ギャップ等で異音が発生し粗雑な乗り味に拍車をかける状況で、最後まで乗り心地、異音には悩まされました。

      【燃費】
       街中でのチョイ乗り燃費は、街中6km/lからや7km/l程度、高速主体で約11km/lでした。

      【価格】
       前車エリシオンでは、エンジン性能の違いはもとより、VSA、サイドエアバッグ、ACC、マルチビューカメラ、CMBS、パワーシート等の先進・快適装備がない装備状態で370万円ほどでした。それに比べて、前述した先進装備がついて(本革シート以外フル装備)約400万円は妥当(というより安い)と感じます。

      【総評】
       購入時、MOP付きの車両価格は約400万円でした。
       約6年4か月乗って、先月売却しましたが購入価格の約60%の高値で売却できました。
       これは、走行距離が比較的少なかったこと、美車であったことはともより、希少性の高い4WD車であったことが主な要因です。同グレード・同装備のよりFF車より40万円以上買取価格が高かったです。この傾向は、このオデッセイだけでなく、前車エリシオン、先々代のオデッセイの4WDでも同様でした。
       よく、FFと4WDを迷う人がいますが、4WDは購入時や燃費では不利ですが、ホンダの4WDを求める人に対して供給台数が少ないため高値で売却可能です。費用で悩んでいるなら、ぜひ4WDを購入することをお勧めします。ただし、当オデッセイの場合4WDを選択すると、7人乗りやハイブリットが選択できないデメリットには目をつぶる必要があります。
    • 試乗で乗りましたがなかなか良かったです。
      ヴェルファイアと比較すると、走行安定性と経済性が上回ります。

      下回る点は、外装、内装の高級感。どうしても、1〜2クラス下のクラスに見えること。レガシィやプリウスなど普通車やステーションワゴンの車格にも見えるため、見た目と価格とのギャップが大きい。
      背が低いため、車内では圧迫感を感じる。

      2〜3列目がフラットにならないので、ファミリーで車中泊ができない。

      アル、ヴェルが売れている理由として、背が高く見晴らしが良いことと、いかついフロントマスクが言われていますが、実際には、幅広いシートアレンジや広い空間、車中泊にも対応、質の高い塗装な
      続きを読む どなど、痒いところに手が届き、総合的に一番バランスがとれていることが一番の理由でしょう。

    オデッセイのクチコミ

    (31050件 / 3533スレッド)

    クチコミ募集中

    オデッセイのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    オデッセイ 2013年モデル

    オデッセイ 2013年モデル

    オデッセイ 2013年モデルのクチコミを書く
    オデッセイ 2008年モデル

    オデッセイ 2008年モデル

    オデッセイ 2008年モデルのクチコミを書く
    オデッセイ 2003年モデル

    オデッセイ 2003年モデル

    オデッセイ 2003年モデルのクチコミを書く
    オデッセイ 1999年モデル

    オデッセイ 1999年モデル

    オデッセイ 1999年モデルのクチコミを書く
    オデッセイ

    オデッセイ

    オデッセイのクチコミを書く

    閉じる

    オデッセイのクチコミ対象製品を選択してください。(全5件)

    オデッセイ 2013年モデル

    オデッセイ 2013年モデル

    オデッセイ 2013年モデルのクチコミを書く
    オデッセイ 2008年モデル

    オデッセイ 2008年モデル

    オデッセイ 2008年モデルのクチコミを書く
    オデッセイ 2003年モデル

    オデッセイ 2003年モデル

    オデッセイ 2003年モデルのクチコミを書く
    オデッセイ 1999年モデル

    オデッセイ 1999年モデル

    オデッセイ 1999年モデルのクチコミを書く
    オデッセイ

    オデッセイ

    オデッセイのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ21
      • 返信数13
      • 2020年6月23日 更新
      2014年式rc1 オデッセイアブソルートを中古で購入しました。
      走行距離は11万キロを超えています。
      通常の加速では問題ないのですが、アクセルを3割4割踏み込み加速すると変速ショック?がかなり出ます。ドン!ドン!ドン!というような感じです。
      アクセル2割程度の緩やかな加速ですとスムーズです。
      これはどのような原因が考えられますでしょうか。

      ちなみに30分程走行し
      続きを読む、完全に?エンジン暖機が済むと症状が収まり3割4割のアクセル踏み込みでもスムーズに加速します。

      あとPレンジで空吹かししてみると、踏みっぱなしでも5千回転のあたりで回転上下を続けます。
      コレってどのクルマでもそうですか?
      普通はレッドゾーン手前まで上がりそのまま一定ではないのですかね?
      宜しければご教示いただきたく、お願い申し上げます。
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数4
      • 2020年6月19日 更新
      【困っているポイント】
      オデッセイ購入時に後席用フリップダウンモニター(VM-185EN)の追加を検討しています。

      【質問内容、その他コメント】
      そこで質問ですが、純正ナビ(VXM-207VFNi)とデジタル接続した場合、
      ナビ本体で地図を見ながら、後席モニターでは地デジ放送やDVDを見ることは可能でしょうか。
      ご存知のかたいらっしゃいましたら教えてください。
      • ナイスクチコミ4
      • 返信数2
      • 2020年6月14日 更新
      センターコンソール?センターテーブル?の中にUSB端子があるのですが、iPhone7を繋げて音楽を聴こうとしてもノーデータと表示されて音が出ません。
      一応アプリでは音楽再生はしてますが音が出ない感じです。ライトニングケーブルは純正の物を使ってます。
      そもそもiPhoneの音楽再生には対応してないのでしょうか?
      2011年式のグレードはLでメーカーオプション?の純正の8イン
      続きを読むチのインターナビです。
      どなたかご存知でしたら教えてください。宜しくお願いします。

    オデッセイの中古車

    オデッセイの中古車相場表を見る

    オデッセイとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止