日産 セレナの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

日産 セレナの新型情報・試乗記・画像

セレナの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

セレナのモデル一覧

セレナのレビュー・評価

(381件)

セレナ 2016年モデルの満足度

4.03

(カテゴリ平均:4.3)

    セレナ 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • セレナ 2016年モデル ハイウェイスターG セレナがフルモデルチェンジを受けた。前のモデルは2010年11月に発売されたので、ほぼ6年振りのフルモデルチェンジになる。

      新型セレナには、日産が横浜のグローバル本社をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。また日産が九州地区で開催した試乗会にも出席し、福岡市から門司港経由で大分県にある九州工場まで長距離の試乗も試している。試乗グレードはいずれもハイウェイスターGだった。

      外観デザインはミニバンらしさを継承したものだ。セレナのデザインは背の高さや窓の面積の大きさなどが室内空間の広さを連想させ、それが人気につながっている。ハイウェイスターはフロ
      続きを読む ントグリルのメッキを増やすなど、より迫力のある外観デザインを採用して人気を集めている。

      運転席に座ると、視界の良さが一段と増している。インパネ上面の高さを抑え、左右の見晴らしを良くし、三角窓の部分も死角を少なくする工夫がなされている。横長になったメーターパネルは、前のモデルと同様にステアリングホイールの上から見る方式を採用する。

      インテリアカラーはグレードやボディカラーによって5種類から選択することが可能だ。室内空間は3列目シートにスライド機能を備えることで、3列のシートすべてに大人が乗ることも可能。3列目シートを後ろに下げた状態ではラゲッジスペースがほとんどなくなるが、結果として室内長は旧型モデルに比べて180mmも広がり、競合するライバル車より広い空間を持つようになった。

      室内では2列目シートのシートベルトが格納部分をシート内蔵タイプにした。日産ではこれによって2列目シートに乗員がいるときでも3列目シートの乗員が乗り降りできることをメリットとして強調している。でもそれ以上に、シートベルトをシート格納にすることで、乗員の体型に合わせやすくなり、安全性が高まることのメリットのほうが大きいと思う。豊富なシートアレンジが用意されているのはミニバンとして当然の設定である。

      クルマへのアクセスが向上したのもポイントだ。スライドドアの開閉が押しボタンだけすむほか、キーを持っていれば片足のキック操作だけで開閉できるハンズフリーオートスライドドアや、半分だけ開くこともできて小さな荷物の積み下ろしに便利なデュアルバックドアなどを備えている。

      デュアルバックドアはなかなか良いアイデアだ。樹脂製のバックドアは狭い場所でも軽い操作力で簡単に開け閉めできる。いろいろなノウハウを詰め込んだ使い勝手の良いドアだ。

      このあたりの小技が利いたというか、それよりちょっと上の中技が利いたような感じが、セレナの長所となる部分である。

      パワートレーンは従来と変わらないSハイブリッドだ。パワートレーンが同じで車両重量も従来とほとんど変わらないが、効率の追求によって燃費は向上した。ハイウェイスターG同士で比較すると、旧型モデルの15.4km/Lから16.km/Lへと向上した。

      ただ、燃費を追求するために走りがやや鈍くなったのは難点。じんわり発進するような設定になっているため、高速道路の料金所を通過した直後のように加速が欲しいシーンで思うように加速しない。ついついアクセルを踏みすぎになりがちで、踏むとエンジン音はうるさくなるし、当然ながら燃費が悪くなる。

      足回りについても似たようなことがいえ、家族を乗せて走らせているようなときには普通の走りが可能ながら、ちょっと元気良く走らせようとすると物足りないし、ブレーキにもややプアな印象がある。

      乗り心地も特に悪くはないものの、2列目シートに座ると常に振動しているのを感じる。本来なら、ミニバンの2列目シートというのは特等席であるべきものなのに、そこで振動を感じさせるのは何とも物足りない。

      話題のプロパイロットは、ごく限定的な状況で一定の効果が得られる程度。ステアリングホイールに設けられたメインスイッチと、セットスイッチを押すという2回の操作で簡単に作動を開始し、それがインパネ内に緑色のハンドルや車線で表示されるので、作動の様子も分かりやすい。

      しかしながら車線認識ができるときとできないときの差が大きく、思ったほどには作動してくれない感じだった。高速道路で渋滞してしまったときなど、ごく限られた条件でしか使えない機能と考えたほうが良い。極めて限定的な運転支援技術にとどまっている。

      日産はこれを“自動運転技術”と呼んでいるが、これは非常に誤解を生みやすい表現である。買った人は、この程度かというのがすぐに分かるが、知らない人は丸で自動運転の時代が到来したのかと思ってしまう。

      自動運転は、間違いなく今後のクルマが進化していく方向なのだから、その初期段階でユーザーに誤解を生じさせいよう、運転支援技術であることをしっかりと説明するか、あるいは自動運転には段階があり、その段階によってクルマとドライバーの受け持つな内容が変わり、同時に責任の分担も変わる。

      運転支援技術であるうちは、ドライバーがクルマをしっかり監視し、万一のときには全面的に責任を負う必要があることをしっかり伝えるべきだと思う。

      セレナは価格も大幅に高くなった。試乗したハイウェイスターGの車両本体価格は300万円強だが、セーフティパックBが24万3000円とかなり高めの価格が設定されているほか、ボディカラーやオーエアコンなどのメーカーオプションを合わせて約42万円も装着されていた。

      これに価格の高さを分かりにくくするためにメーカーオプションではなくディーラーオプションの設定にしたと思われるカーナビにカーペットを合わせて約45万円を足すと、合計で390万円弱の仕様になっていた。税金や諸費用を考えたら400万円を超える予算が必要なクルマである。ユーザーがミニバンの購入時に想定する予算からはかなりかけ離れたクルマになってしまった感がある。

      参考になった 141人
      2016年11月25日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 3
      乗り心地 3
      燃費 4
      価格 2
    • 他の人に悪意のレビューと言われましたが、確かに一部悪く書きすぎた部分もあったの再レビュー。
      【エクステリア】
      セレナ=ステップワゴン>ヴォクシー
      正直見た目はどれもそんな変わらないと思います。
      セレナのデュアルバックドアとステップワゴンのわくわくゲートは荷物を積む時に便利だなと思いました。
      【インテリア】
      ヴォクシー>ステップワゴン>セレナ
      内装はセレナとヴォクシーはプラスチッキーだがステップワゴンが同じプラスチックでも所々素材を変えたりしていて1番上質だと感じました。
      また、セレナは高床ですがステップワゴンとヴォクシーは低床で乗り降りがしやすい所がいいと思いました。たかが数セ
      続きを読む ンチの差ですが以前乗っていたミニバンが高床で乗り降りする度に息切れしていたのを考えると(体力がないだけ)低床に越したことはないと思います。正直高床のセレナも低床のステップワゴンやヴォクシーも見晴らしの良さは殆ど変わらないので、セレナが高床であるメリットは無いなと。
      3列目はヴォクシーが1番広い。格納する時も張り出さないので荷物つむ時に邪魔にならなくていいと思います。
      【エンジン性能】
      ステップワゴン>ヴォクシー>セレナ
      セレナはエコモード切っても遅かった。ステップワゴンは8人乗せても大丈夫な感じ。
      【走行性能】
      ステップワゴン>ヴォクシー>セレナセレナは床が高いからなのか、カーブだとステップワゴンやヴォクシーと比べ少しグラつきます。
      セレナとステップワゴンはACCが付いてるので(セレナはオプションですが)、ヴォクシーと比べた時に大きなアドバンテージになると思います。走り関係はステップワゴンが1番良さそう。
      【乗り心地】
      セレナ=ステップワゴン=ヴォクシー
      3車全て不満はありません。
      【燃費】
      試乗なので未評価。
      【価格】
      買った訳では無いので未評価。
      【総評】
      ステップワゴンは走行性能がミニバンとしては格別です。ただ格納式にしたためか3列目はスペースは十分ですが座り心地はイマイチです。それから左右非対称のリヤデザインは敬遠する人が多そう。
      ヴォクシーは3列目の居住性がピカイチでした。ただ先進安全装備は他車より見劣りするのでそこは改善してほしいと思いました。それからミニバンのバックドアは大きく狭い所だとフルオープンにしにくいのでバックドアにセレナやステップワゴンのような工夫が無いのもちょっとなーと思いました。
      セレナは使い勝手と先進安全装備がライバルよりも良かったです。3世代使い回しのエンジン&プラットフォームを変えて低床プラットフォームを手に入れればミニバンでは最強になると思います。それから、3列目は座り心地はいいですがスペースが少し狭いので次期型ではそこも改善されていたらいいなと。
    • 日産派では無いですが、
      悪意の書き込みがあるので、、

      【外観.エクステリア】
      エクステリアについては、異性の好みと同じく、人それぞれなので無評価です。
      まあ、ミニバンなのでカッコいいなという外観はないかな、、と

      【インテリア.室内使い勝手】
      インテリアについては、プラスチッキーという質感(そもそもファミリーのミニバンに質感はいらない)ではなく、使い勝手の良いかどうかの意味で、セレナはダントツ良いですね。

      【視界.低床?】
      視界の違いは、短時間の試乗ではわかりません。実際、私もわかりませんでした。数センチの差ですから。
      しかし、普段しっかり乗ると、ミニバン同士が信号
      続きを読む 待ちで並ぶ時が多くはっきりわかります。低床のメリットは乗り降りだけですが、数センチのステップある無しなので、メリットを感じません。
      低床をうたうなら、その分ちゃんと室内高が高くないと意味ないのに、、同じ天井高って、、

      【走り.走行性能】
      出だしの走りは、確かにステップワゴンが良いですね。
      そこはステップワゴンのコメント欄を見ればわかります、、が、、
      あくまで走り重視の運転手目線のコメント。
      普段使いならそこまでロケットダッシュしませんし、山や峠には行きません。

      【燃費】
      燃費はどれも大差なし、普段使い(近距離の買い物、送迎)なら、リッター10キロ切ります。高速や田舎道なら14-15キロくらいです。
      そこそこのスピードで走れる通勤で使うなら、ハイブリッドやe-powerですね。

      【これが気になる】
      トヨタ3兄弟は、営業も強気で値引きがとっても渋い割に、安全装備は格段に遅れており、乗り心地も走りもインテリアもフツー。
      完全に割高ですね。
      世界のトヨタですが、ミニバンは外観とアルファードしか力を入れません(図星)
      メリットなし。

      ステップワゴンは出だしの走りは良いけど、上位クラスのみしか外観に気を使わず(ノーマルはフリードと似てる、、)
      インテリアは、後席シート、インテリアの使い勝手より荷室重視。。
      3列目シートが常に収納(使わない)なら良いです、
      荷室重視でワクワクゲートも活躍します。
      しかし、それなら敢えて3列ミニバンじゃなくても、、という感じ。

      【結論】
      安全装備、インテリアの使い勝手、後席乗り心地。
      これらを重視する家族(奥様、子どもたち)目線でみれば、セレナが1番でしょう。

      ということで、誰が快適で、誰(何)を重視するかでしょうね。
      運転手の私?大切な家族?大容量の荷物?と考えれば答えが出ます。

    • 【エクステリア】
      昔よりちょっと角ばった印象で、昔のセレナのほうが好きですが、特に問題はないです。
      色はもうちょっと可愛い色があるといいいなと思いました。

      【インテリア】
      室内黒で、汚れは目立たなくて良いですが、ベージュなどの色のほうが明るくてよかった。
      もう少し座面が低いと良いと思いました。
      荷物はたっぷり入りますが、スーパーで買ったものをちょっと置くような場所がないので、ヘッドレストに引っ掛けるフックを買ってきて使っています。
      バックドアが上半分だけ開くのは便利。ドアギリギリまで荷物を積んだ状態でも、ドアの上半分だけ開けば荷物が崩れないので、便利です。
      3列目真ん中のシ
      続きを読む ートベルトの外し方がトリッキーなのと、3列目シートを跳ね上げて紐で吊るす固定方法はいまいち。

      【エンジン性能】
      アクセル踏んでも加速しない感じがあります。と思うと急に回転が上がったり、扱いづらいです。

      【走行性能】
      プロパイロットについて
      空いている高速道路を長距離走るときには便利ですが、混雑や渋滞では前の車に接近してから急ブレーキ、前の車がが動き出しても追従が遅く間があく、の繰り返しです。ハンドル操作もスムースでないので、車に弱い人は酔います。また、度々白線を見失います。首都高速では湾岸線以外では使えません。

      【乗り心地】
      特に問題なしですが、ちょっとした段差を超えるときにグワングワン揺れるのが気になります。

      【燃費】
      Sハイブリッドはおまけ程度という印象。車体がでかいのでしょうがないと思いますが、あんまり良くはありません。

      【価格】
      貸してもらって乗ってますが、この値段だったら自分では買わないかな…

      【総評】
      流石に売れているだけあってよくできています。6人以上で乗るとか、キャンプなどで大量の荷物を積むとかならおすすめします。
      うちは5人乗車がせいぜいで、ゴルフに行くくらいなので、セレナはちょっと大きすぎて持て余しています。自分で買うならワゴンRソリオか、フリード(昔のシエンタやモビリオ)がほしいです。

      ※2020/4 1年半近く乗ったのでレビューを更新しました

    セレナのクチコミ

    (54525件 / 5636スレッド)

    クチコミ募集中

    セレナのクチコミ対象製品を選択してください。(全6件)

    セレナ 2016年モデル

    セレナ 2016年モデル

    セレナ 2016年モデルのクチコミを書く
    セレナ 2010年モデル

    セレナ 2010年モデル

    セレナ 2010年モデルのクチコミを書く
    セレナ 2005年モデル

    セレナ 2005年モデル

    セレナ 2005年モデルのクチコミを書く
    セレナ 1999年モデル

    セレナ 1999年モデル

    セレナ 1999年モデルのクチコミを書く
    セレナ 1991年モデル

    セレナ 1991年モデル

    セレナ 1991年モデルのクチコミを書く
    セレナ

    セレナ

    セレナのクチコミを書く

    閉じる

    セレナのクチコミ対象製品を選択してください。(全6件)

    セレナ 2016年モデル

    セレナ 2016年モデル

    セレナ 2016年モデルのクチコミを書く
    セレナ 2010年モデル

    セレナ 2010年モデル

    セレナ 2010年モデルのクチコミを書く
    セレナ 2005年モデル

    セレナ 2005年モデル

    セレナ 2005年モデルのクチコミを書く
    セレナ 1999年モデル

    セレナ 1999年モデル

    セレナ 1999年モデルのクチコミを書く
    セレナ 1991年モデル

    セレナ 1991年モデル

    セレナ 1991年モデルのクチコミを書く
    セレナ

    セレナ

    セレナのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ424
      • 返信数54
      • 2020年5月23日 更新
      やりましたね!
      所有者として、とても嬉しいです。
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数5
      • 2020年5月22日 更新
      まぁ 保証で交換なのでしょうがないとは思ってますが

      保証外だとオルタネーター自身は18万ぐらいするみたいなので

      みなさんも点検したほうがいいかもです

      初期に買った方はぼちぼち車検だと思いますので保証延長も視野にいれてもいいかもしれないですね

      修理出す前の異音を録画しときました オルタネーターがエンジン発電機みたいな音してます

      ちなみに距離は2000
      続きを読む0kmです グレードはHSです
      • ナイスクチコミ2
      • 返信数1
      • 2020年5月14日 更新
      待望のものが出ましたね

      https://s.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=2010/id=94240/

    セレナの中古車

    セレナの中古車相場表を見る

    セレナとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止