日産 セレナ e-POWERの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

日産 セレナ e-POWERの新型情報・試乗記・画像

セレナ e-POWERの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

セレナ e-POWERのモデル一覧

セレナ e-POWERのレビュー・評価

(120件)

セレナ e-POWER 2018年モデルの満足度

4.35

(カテゴリ平均:4.3)

    セレナ e-POWER 2018年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • セレナ e-POWER 2018年モデル ハイウェイスター V 2018年度のミニバン販売台数No.1(自販連調べ)の日産セレナ、その中でも人気が高い「e-POWER ハイウェイスターV」に一般道/高速道、それぞれ200kmずつ試乗しました。

      セレナe-POWERの登場は2018年2月(発売は3月)ですが、すでに販売されコンパクトカーカテゴリーの中でも大ヒットモデルとなったノートe-POWERに続く第2弾モデルです。

      システムとしては基本はノートe-POWERと共通の1.2L直3エンジンにモーターを組み合わせたもの。いわゆる「シリーズハイブリッド方式」なので、エンジンはあくまでも“発電用”、そこで発電した電気をモーターやバッテリーへ送り駆動しま
      続きを読む す。

      このモデルが登場した時に「1.2Lで大丈夫なのか?」という声がディーラーなどの現場ではあったそうです。しかし前述した通り、エンジンの仕事は発電のみなので、大事なのはモーター出力です。

      それでもノートよりはるかに大型のミニバンですからその重量増などをカバーするために発電量を増やさなければなりません。エンジンはノートの58kWから62kWに、オイルクーラーを追加したほか、肝心のモーター出力に関してもノートの最高出力80kW/最大トルク254Nmから100kW/320Nmに向上、さらにバッテリー容量も1.5KWhから1.8KWhに拡大しています。

      今回は@基本は「ECOモード」で走行。Aエアコンは常時オンで25°固定。B余裕を持って加速したい時は「Normalモード」。C山道などを積極的に走る時は「Sモード」を使用しました。

      正直言うと、加速こそやや緩めですが、強い減速力を発生させる「ECOモード」を上手く活用すれば燃費はそれほど意識せずに伸びると感じました。なぜなら筆者はそれほどエコランが上手くはないからです。

      e-POWER独特のアクセルペダルだけで加減速が出来る、これをマスターすればおのずと燃費は向上しますし、実はブレーキをあまり踏まなくても良いということはブレーキパッドなどの消耗を抑えられるというメリットもあります。もちろん最終的には自分の意志できちんと停止させる必要があることは当然ですが、電動パーキングブレーキやオートホールド機構も採用されているので、ストップ&ゴーの多い街中や自動車専用道路の渋滞時などでの疲労軽減には大きく役立つことは言うまでもありません。

      気になるのは前述したようにエンジンはあくまでも“発電用”なので、走行中に急に「グオン」という音と共にエンジンがかかることがあります。発電のためなので当たり前なのですが、やはりエンジンに慣れている人にとってはアクセルを踏む→回転が上がる→音も大きくなる、という一連の感覚とは異なる点には最初は戸惑うかもしれません。それでもノートに比べれば振動や遮音に関してはワンランク上なので快適性は及第点が与えられます。

      そして気になる燃費ですが、23.2km/Lという数値でした。JC08モードでの燃費は26.2km/Lですのでカタログ数値の約88%という達成率になります。肝心の走りの方も前述したエンジンがかからなければ圧倒的に静かです。特に高速道路でACC(プロパイロット)を使えば無駄な加減速も抑えられることもあり、1列目から3列目までの会話明瞭度も高いと感じました。

      ミニバンだから、とdisるわけではありませんが、コーナリング時の接地感は昨今のSUVなどと比較すればロールも大きくなりますし、家族を乗せて走るのですからゆとりを持って減速して走りたいものです。それでも装着しているタイヤが15インチというのがやや物足りないと感じました。ただe-POWERの構造上、メーカーオプションでも16インチ仕様の設定はありません。エンジンが発電していない時の静粛性は確かに高いのですが、その分ロードノイズはやや気になります。インチアップは難しいですが、静粛性の高いタイヤを履き替えればさらにこの車の良さを堪能できるはずです。

      注目のプロパイロットですが、カメラのみのシステムとしてはよく出来ていると思います。元々電動車両とACCは加減速の調整のし易さでは各社とも相性が良いと技術者も言っています。ガソリン車のプロパイロットよりも再加速時のレスポンスの良さなどメリットは大きいと感じました。それでも一番注意しなけければいけないのがドライバーの慢心です。自動運転のカテゴリーでもまだレベル2ですし、車線維持なども天候によっては作動不可になることもあります。あくまでもドライバーに責任があるシステムであることはきちんと理解して使いたいものです。

      燃費性能は期待以上でしたが、ハイブリッド車とガソリン車の価格差は試乗した「ハイウェイスターV」とガソリン車の「ハイウェイスターVセレクション」では52万9200円とそれなりの差があり、正直言えば、それなりに車両価格も高くなります。

      よく「この差を回収するためには何万キロ走らないと元が取れない」という話を聞きますが、個人の考え方の違いだと思います。何よりもe-POWERにはガソリン車にはない、静粛性/快適性/動力性能の高さを常に味わうことが出来るのです。燃費や価格差などは結果として付いてくるものです。家族を乗せて出かける機会が多いミニバン購入層にはぜひe-POWERをオススメします。

      最後に今回の試乗車はベース車が340万4160円でしたが、ハイウェイスターではない「e-POWER XV」であれば312万8760円です。実は前述したプロパイロットを含めた安全装備をフルパックにした「セーフティパックB」が試乗車に付いていましたが、そのメーカーオプション価格は24万3000円。つまりセレナe-POWERを買うということは基本、これも装着することが前提になります。正直言えば、こういう装備は全グレード標準化を期待したいのですが、ライバルとの勝負などを考えるとオプションにせざる得ない、中には不要という人もまだまだいるからなのかもしれません。購入時にはこれらのオプション(ナビも含む)も考慮して商談をしてください。
      参考になった 55人
      2019年6月30日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 4
      エンジン 3
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 5
      価格 3
    • C27前期HSプロパイロットエディションからC27後期e-powerHSVへの買い換えです。3年3万kmでの買い換えはちょっともったいないかなと思ったのですが、バッテリーがへたってきたのと、やっぱりe-powerに乗りたかったので、金利が下がった今だと思い買い換えました。

      【エクステリア】
      最初は嫌いでした、フロントグリルのデザイン。MC前のオーテックやエスクワイアにそっくり。でも細かいところまでよく見ると、結構手が込んでいるのがわかって、不思議と良い印象に変わっていきました。挙げ句の果てにノーマルでは満足できず、フロントダイナミックパックも着けたので、かなりいかついですが満足してます
      続きを読む
      リアのコンビネーションランプも少しデザインが良くなって、よくまとまっていると思います。憧れのLEDですし。

      【インテリア】
      e-powerになってスマートマルチセンターシートが無くなったのですが、ほとんど固定で使っていたので、不便さはありません。かえってトレイになって物が置けるようになって便利に感じています。
      あとは大きな変更点はありませんね。もともと快適でしたので、不満はありません。

      【エンジン性能】
      音が気になる人のレビューもありますが、絶えずうるさい訳ではありません。何段階か回転数の設定があるようで、必要に応じて変化します。最高回転時はやはり耳につきますが、もともとガソリン車だったので、全くうるさいとは思いません。静かで快適です。
      モータートルクも十分で、加速感は前の車に比べれば雲泥の差です。ここは買って良かったと思う一番のポイントです。

      【走行性能】
      新車タイヤのBS EP150ですが、可もなく不可もなく、ただロードノイズは前車のブルアースRV02に比べ大きく感じます。サスはほんの気持ち硬めな気がしますが、ゴツゴツ感はありません。突き上げもうまくまとめる感じで不快ではありません。まあ、さほど攻めた走りをする車ではないので。

      【乗り心地】
      快適です。
      シートは前車と同じゼログラビティシートですが、新車のせいか多少硬めな感じがします。うまい具合にホールドしてくれるので、乗りやすいです。2列目がキャプテンシートになったので寛いで座れるようになり、これもまた好評です。

      【燃費】
      街乗りで16〜19kmでしょうか。アップダウンの多いところでこれなので非常に良いと思います。因みに前車は6〜8kmでした。超満足です。Sモードで航続距離1100kmと表示されたときは目を疑いました。

      【価格】
      こればっかりは安いとは到底言えません。乗り出しが350万を越えますから、もう目を疑う数字になっていきますが、あまり面倒なことは嫌なので、値引き交渉もやってません。ディーラーの言い値です。
      低金利フェアをやってる今がチャンスですかね。

      【総評】
      C27前期から後期への乗り換えで、こうも変わるのかという感じで驚きました。値段は高いですが、大変気に入っています。あとは高速でのプロパイロットとe-powerの相性が良くなったそうですので、試してみたいと思います。
    • C26よりの乗り換えです〜18万Kmのって〜点検時に〜
      修理に結構かかるとのことでしたので〜思い切って変えてみました〜
      とってもいいです〜
      【エクステリア】いいと思います〜

      【インテリア】シートがC26と比べるとセカンドシートの座面が小さくなっているように感じます〜
      サードシートがc26に比べて前方に来ているような〜気のせいかもですが〜
      c26に比べて室内が狭く感じます〜

      【エンジン性能】動力として使用していないのでよくわかりません〜
      エンジンがかかるとうるさい時があります。〜気にならない時は気にならないのですが〜

      【走行性能】 特に問題ありません〜とってもスムー
      続きを読む ズで気持ちいいです〜
      上り坂が続くと〜けたたましくエンジンが回ります〜(普段〜静かですので〜きになります)


      【乗り心地】 悪くないです〜

      【燃費】 とってもいいです〜多分平地の街乗りなら〜20前後ぐらいいくのではないでしょうか〜
      自分は〜行きは〜上り〜15前後〜帰りは〜下り〜20越え〜結局〜16〜18ぐらいです〜
      遠出するともっと伸びると思います〜
      また〜使い方〜ヒーター、エアコンの使用等々にて〜大きく変わるようです〜
      乗り方や環境で大きくかわると思います〜

      【価格】 もっと安いといいです〜
      サラリーマンにはきついです〜

      【総評】 ちょっと高いが〜買ってよかったです〜
      モーターで走ることがこんなに効率がよく〜スムーズとは思いもよりませんでした〜
      エンジンが1200と小さく税金が安く抑えられるのでいいとも思います〜
      電動にて走るのでエンジンの大きさは関係ないことが面白いです〜
      プロパイロットは〜とってもいいです〜渋滞のイライラがなくなります〜普段使いもできるのでとっても便利です〜
      気になることは〜カーブの多いところで使用すると〜煽り運転と間違えられる心配があります。〜
      コーナーで前走車がいるのにいないと判断して加速するので煽ったように感じるみたいです〜
      峠みたいな感じのところでプロパイロットで〜ついていったところ〜3台に続けて〜道を譲られてしまいました〜
    • C26後期を4年乗り先月C27後期納車しました。
      デザインは、顔は気に入りましたがケツが好みではないです。
      インテリアは、ナビが10インチになり画像が綺麗になり、ブルーレイも見れるようになりました。
      走行は、妻は、前と比べるとハンドルが軽くなり回しやすくなったと言っています。
      ワンペダル走行も気に入りブレーキを使わずアクセル1つで走行は凄い(解らない方は調べてください)
      妻もすぐに馴れました。
      あとスライドドア下をカギを持って足を入れるとロック解除しドアが開くのは買い物で両手が塞がってる時に、とても便利です。
      オートライトは今回はハイビームもオートで暗い場所になるとオートでハイビ
      続きを読む ームになり対向車がきたら通常ライトに戻ります。(ハイビームもLEDになりました)
      あとは燃費ですね。C26の2倍以上になりました。買う決めてにもなりました。燃費を上げるために楽しく運転できます。
      他に良いとこありますが、C26と比べると良いとこは、このぐらいですかね。
      (悪いとこ2点)
      エンジンをかけ水温計が消えるまでは、車にパワーがないと言うか家を出てすぐに坂道なのですが、ちんたら坂を上ります。少し怖いです。(登らないんじゃないかと思い)水温計が消えれば問題なしです。
      走行中エンジン音は静かなのですが、電気を充電する時は嫌な音が室内に入ってきます。

      セレナC26C27も安全に関してはピカ一です。アラウンドビューモニターやエマージェンシーブレーキが付いてますから運転が苦手な妻もブツけることも無くなりました。セレナは最高なファミリーカーですよ。
      最後に最近の日産ディーラー営業マンは、役にたちません。
      もっと勉強しろー
      客の質問に、すぐ答えられない
      すぐ説明書を取りに行く
      これは日産ディーラー4ヶ所回って思ったことです

    セレナ e-POWERのクチコミ

    (10892件 / 469スレッド)

    クチコミ募集中

    セレナ e-POWERのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    セレナ e-POWER 2018年モデル

    セレナ e-POWER 2018年モデル

    セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミを書く
    セレナ e-POWER

    セレナ e-POWER

    セレナ e-POWERのクチコミを書く

    閉じる

    セレナ e-POWERのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    セレナ e-POWER 2018年モデル

    セレナ e-POWER 2018年モデル

    セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミを書く
    セレナ e-POWER

    セレナ e-POWER

    セレナ e-POWERのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ18
      • 返信数5
      • 2020年5月27日 更新
      待つときは長いもので、まだかまだかと思っていましたが、やっと納車となりました。

      e-powerいいですね!!
      前車のC27HSPPE(プロパイロットエディション)は、不具合がたくさん出つつも気に入っていた良い車でしたけど、この車は更に良いですね。

      加速、燃費、エクステリア、シート、走行フィーリング等、ミニバンを愛する私にとっては完璧とも思える車に仕上がってますね。
      続きを読む

      次期FMCの話題がすでにちらほら出てきてますが、気にせずセレナライフを楽しみたいと思ってます。

      MC後の強みとして、前車のような不具合はたぶん出ないでしょうから(笑)
      プロパイロット2.0は少し気になりますね…(^^;

      恥ずかしながらレビューも上げてますので、よろしければ↓
      https://review.kakaku.com/review/K0001024840/ReviewCD=1328079/
      • ナイスクチコミ46
      • 返信数15
      • 2020年5月27日 更新
      今年の1月に納車されたので日々通勤時の燃費が上昇しています。
      通常は妻が使用していますので片道25 km の平均燃費です。
      私の通勤路はかなり空いていますが、妻の通勤路は渋滞が多発する場所なのでそんなに期待はしていませんでした。
      ただここ数日気温が20℃近くなってきたので燃費が急激に上がってきたそうです。
      その燃費は帰宅時が30 km /リッター超え。行きは29kmとい
      続きを読むうことです。
      渋滞を含んだ流れに沿った運転で30 km を超えるとは正直驚いています。
      私の片道50 km のガラガラ国道でその記録を超えられるのかどうか機会があれば試したいと思います。
      妻が言うには渋滞があった方が燃費が良いという答えでした。



      • ナイスクチコミ21
      • 返信数5
      • 2020年5月25日 更新
      知人が9月にHS−Vセレクション(セーフィティパックA)を購入し、パイオニアの9インチナビ(RQ902)を購入し装着について報告します。
      まず皆さんも承知の助だと思いますが、クラスター下側の5連S/Wの形状が小さくなっています。
      クラスターパネルの左右のメッキ幅も若干細くなりました。
      素人考えだと、専用取付キットを前期型で購入して5連スイッチも前期型を取り寄せて換装すれば
      続きを読む装着できるかなって思われますが、
      実際にパイオニアのKLS-N901Dを購入する前にS/Wを購入してみました。

      セーフティパックAなのでS/Wは実際に3連で、ハザードとパーキングアシストのS/Wだけ購入です。
      車両ハーネスはハザードは同じでしたが、パーキングアシストは違い嵌りません。
      あとA/Cのコントロールパネルのクラスターパネルも違うようです。
      これは純正10インチナビも交換するようです。
      同じことを考える方が多く、実際にオクにKLS-N901Dは出品されていて、なかには購入したが装着できなったコメントもありました。

      S/W2個は出費でしたが、早まってKLS-N901Dを買わなくてよかった結果でした。
      サイバーのほうもそうですが、早くパイオニアさんにマイナーチェンジ後のクラスターパネルキットを発売してもらうまで待つしかありません。
      後ETCのほうも、以前あったビルトイン位置前の4極電源ハーネスが無くなっていました。
      マイナーチェンジで車両ハーネスまで変更になっているようですね。
      メーカーが純正大型ナビを売りたいのがヒシヒシと伝わってきます。

    セレナ e-POWERの中古車

    セレナ e-POWERの中古車相場表を見る

    セレナ e-POWERとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止