シトロエン C3の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

シトロエン C3の新型情報・試乗記・画像

C3の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

C3のモデル一覧

C3のレビュー・評価

(51件)

C3 2017年モデルの満足度

4.49

(カテゴリ平均:4.31)

    C3 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • C3 2017年モデル SHINE 2002年に初代C3がデビューして以来、350万台以上がグローバルで販売されたシトロエンのベストセラーカーがC3です。。初代、2代目と比較的丸みを帯びたエクステアデザインだったのに対し、3代目はボディもワイドになり、かなりアグレッシブなデザインに生まれ変わりました。

      今回もメーカーの広報車両をお借りしてハイウェイを中心に試乗してきました。

      一時はグループ会社のプジョーと差別化が少ない時代もあったが、現在は、シトロエンの個性回帰、いや、それ以上の異質感満載です。
      その昔シトロエン「BX-GTi16V 5MT」というマニアックなシトロエンを所有していた筆者には、常に目が離せないブラン
      続きを読む ドの一つであります。

      さて、このC3のエクステリアで特徴的なのは、前後ドアにエアバンプと呼ばれる樹脂製パーツが取り付けられています。
      エアバンプはその名のとおり中空のパーツで、ちょっとした衝撃があっても衝撃をやわらげるバンパーとしての役割も果たします。本格的に衝突や衝撃を対象としたパーツではありませんが、そうした演出がされている。つまり、遊び心がたっぷりと詰め込まれているというわけです。また、上下に分割されたヘッドライトは他ブランドには無いデザインです。

      インテリアでまず目に入ったのは、ドアハンドルで旅行カバンをモチーフしたという演出がされていて、こういうところに他社のデザイナーが出来そうで出来ないアイデアがシトロエンであると感じました。
      ベンチシートにも見えるシートの感触は“ふんわり”、という独特のもので、古くからのフランス車好きも納得の座り心地です。また、シート生地は高級な本革やウールでこそありませんが、ツイードのようにざっくりとした手触りのファブリックを用いつつ、アクセントカラーのレッドが生地の一部に配されていたり、ステッチにあしらわれたりといった工夫が凝らされています。
      水平基調のダッシュボードをぐるりと取り囲むようにあしらわれる赤いトリムも独自の空間を演出しています。

      物理スイッチを極力減らし、センターコンソールのタッチパネルで空調やオーディオ、車両設定などを行うのですが、走行中のブラインドタッチは厳しい部分もあり、この辺りは、物理スイッチでもいいのでは?と思ってしまいました。

      メーターは、ちゃんと指針が存在する物理メーターで、どことなく懐かしいデザインが往年のシトロエン乗りの心を奪われました。(その昔は、べリア、イエガーといったメーターブランドのロゴが盤面に刻印されていたのですが、現在は、複数のメーカーが組み上げているため、ブランドの刻印は姿を消しました。)

      搭載されるエンジンは1.2リッター3気筒ターボで、最高出力110ps/5500rpm、最大トルクは205Nm/1500rpmを発揮。6速AT(EAT6)と組み合わされます。

      試乗コースは高速道路がメインのため、アクセルを踏み込んでいくと、エンジン性能は必要にして十分です。アクセル開度がパーシャルだと、2000rpmから2500rpmくらいでどんどんシフトアップするのですが、少しアクセルを踏み込めば、積極的にシフトダウンも行われるため、車線変更時の加速も迅速。例えば80Km/h〜100Km/hまでの加速は、身体を柔らかなシートに押させられるほどパワフルな一面もありました。100km/hでのエンジン回転は約2000rpmとハイギアードです。

      直進性を含む高速安定性の高さはシトロエンの伝統を見事に踏襲し、クイックなステアリングに軽く手を添えているだけで、矢のように走ります。これは、間違いなくコンパクトカーではベストであるといえるものです。
      低速では、やや硬く感じた足回りですが、80Km/hを超えると実にしなやかになり、どこまでも安楽に走って行けそうな感覚になります。

      燃料消費率も18.7km/L(JC08モード燃費)と素晴らしく、ライバルと比較しても遜色のない装備軍とこの奇抜なデザイン。これだけでも価値のあるクルマといえます。



      参考になった 9人
      2019年3月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 5
      価格 4
    • 【エクステリア】
      一目惚れしました。はじめて見た時は衝撃的でしたし、それ以来毎日C3のレビュー記事や動画等を見てきましたが、全く飽きません。初見から1年経ってやっと購入してからもさらに好きになっています。
      今のシトロエンのデザインの中でも、最もバランスが取れたデザインだと個人的には思います。

      【インテリア】
      外装と共にこのクルマの大きなアピールポイント。
      安い素材でも、これほど魅力的なインテリアができるというのは素晴らしいと思います。欧州仕様のメトロポリタングレーが選べない事は、日本仕様の最大の弱点だと個人的には思います。このクルマのコンセプトを最大限に引き出す内装色だと思うので
      続きを読む

      【エンジン性能】
      必要にして十分。このクルマを選ぶ人ならこれ以上は要らないかなと思います。不足感を感じるシーンもありません。

      【走行性能】
      カーブではロールもしますが、体が揺すられるような感覚はあまりなく、しっかり曲がってくれます。
      高速の出入り口のカーブが楽しいです(笑)
      ステアリングはとても軽いですが、高速では安定感が増して、女性でも安心して運転できるのではないかと思います。

      【乗り心地】
      シートは見た目だけじゃなく座り心地も良いです。
      ロードノイズは思ったよりありました。ただ路面のざらつき感は感じるものの、クッションを1枚挟んだような感覚があります。大きな段差を越える時ほど柔らかさを感じるような気がします。
      加速時はアクセルを踏みすぎなければシフトショックもほとんど感じません。減速時に4速から3速に落ちると急にエンブレが効いて若干つんのめり気味になるので、どうしたものか思案中。
      後席はほとんど人が乗ることがないので不明ですが、前席が高身長でなければ、足元もそれ程窮屈ではないかと思います。
      アイドリングストップは振動を感じますが、今まで乗ったことのある車のアイストもこんな感じなので気にはなりませんでした。渋滞時は切った方が良いかもです。

      【燃費】
      郊外メインで、今のところ14〜15km/Lくらい。まぁまぁ良いが、こなれてきてもう少し伸びてくれたら嬉しいかな。

      【価格】
      他にはない個性と快適性がこの価格で手に入るというのはやはりすごいと思います。
      もう少しオプションの取捨選択の余地があれば、価格的にもより良いのかなとも思いますが、日本で買えるだけまだ良いのかもしれないですね。

      【その他】
      オートワイパーは賢いのかそうでないのか?な時があります。ちょっと鬱陶しく感じる事もあるかな。雨滴が少ないとコーティングなしでも若干ビビります。
      シートベルトのバックルが、外した時に下の方に行ってしまうので、装着時には探さないといけません。
      音響は良い方だと思います。低音が結構効くので調整して下げています。
      収納は工夫が必要です。

      【総評】
      エクステリア、インテリア共に、個人的には最高の一台ですが、クルマとしては飛び抜けてすごい所がある訳ではない実用車です。それでも、他では味わうことのできない特別なものが確かにある、そんなクルマだと思います。
    • 32019年2月18日 投稿
      【エクステリア】
      唯一無二
      【インテリア】
      価格を考えれば頑張ってる
      【エンジン性能】
      欧州エンジンオブザイヤーらしいが、可もなく不可もなく
      【走行性能】
      飛ばす気にはならないが、キャラクターには合っている。
      少し高い位置に乗せられてるのに、前方に脚を投げ出す慣れないポジション。
      【乗り心地】
      シトロエンにしてはネットリ感がない。
      【燃費】
      試乗なので不明
      【価格】
      国産車と同等以上の競争力
      【総評】
    • 家族共用の車として、国産コンパクトミニバンから買い換えです。インポートカーは今まで候補に上がっても、買い替えるまでに至りませんでした。
      今回はミニやポロも検討しましたが、最終的にはスイフトスポーツと悩みました。購入価格は国産同クラスとそうは変わらないのではないでしょうか。案外安くなる場合もあるかと思います。
      今にして思うと、ルーテシア(同排気量ながら4気筒エンジン搭載)も良く見ておけば良かったかと思いますが、結局はC3に決めていたと思います。
      とにかく、不思議な魅力がある車でとても満足しています。後はトラブルにみまわれない事を願うばかりです。

      @エクステリア
      比較する車がないほど
      続きを読む に、独特なデザインと色使い。目を引きますね。私もたまたま見かけて一目惚れ状態でディーラーに駆け込みました。
      ただ、屋根の窪みに水が溜まる事、プラスチック部分(黒い部分)の今後(劣化)が気になります。お手入れの方法については、皆様にお伺いすかもしれません・・・

      Aインテリア
      私はコロラドエディションを購入しましたが、どのグレードもシンプルでいながら目を引く色使いで良いと思います。全体的には満足していますが、グローブボックスがおまけ程度の広さしかなく車検証すら入らないのと、ひじ掛けはオプションで選べる物が標準で欲しかったですね。後はカップホルダーの使い勝手が悪いのと、タッチスクリーンの位地が当方には低いため、もう少し上(メーターの並び、エアコンの送付口辺り)にあれば操作がしやすいと感じました。
      広さはコンパクトな車体にあって、必要にして十分です。普段の使用で困ることは無さそうに思いますが、ゴルフバックやスキー板などはリアシートを倒す必要がありそうです。

      B走行性能
      ターボ車とは言え小排気量の3気筒車であり、C3自体がメーカーのエントリーモデルであるのため、当初は正直あまり期待はしていませんでした。
      しかしどうでしょうか。素晴らしい乗り心地に力強い走りで良い意味で期待を裏切ってくれました。6速ながらATミッションのプログラミングが軽い車体とマッチしているのでしょうか。全体的には満足です。ただ、3気筒車特有の特性か発進や極低速域で違和感を感じる場面があります。

      Cその他
      細かい要望はありますが、これはどうにかならないものかなと思う点です。
      ・アイドリングストップのON、OFFがタッチスクリーン上からでないと行えず、エンジンを切る度にその操作が必要になるため、ボタン操作で行えるようにして頂くか、OFF設定を保持して欲しかった。
      ・現行車両は可能なようですが、iPhone端末だけでなくAndroid端末も対応可能となるようアップデートして欲しい。
      ・純正ナビをもっと安価にするか、社外ナビを選択できるスペースが欲しかった。(スマホナビで十分ですが。)

      D最後に
      あれこれ書きましたが、素晴らしい車だと思います。シトロエンも創設100周年を迎え、今年は例年以上に新車発表や限定車などあれこれ仕掛けてくるようです。もっと沢山の人にもこの車の魅力が伝わればと思います。

    C3のクチコミ

    (631件 / 77スレッド)

    クチコミ募集中

    C3のクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデルのクチコミを書く
    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデルのクチコミを書く
    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデルのクチコミを書く
    C3

    C3

    C3のクチコミを書く

    閉じる

    C3のクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデルのクチコミを書く
    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデルのクチコミを書く
    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデルのクチコミを書く
    C3

    C3

    C3のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ51
      • 返信数21
      • 2019年4月12日 更新
      まだ走行距離184kmですが上々の走りです。今のところ収納スペースの少なさ以外は不満ありません。
      低速でのトルクが素晴らしく、加速しすぎるくらいで、アクセルの踏み方を工夫しないといけませんね。
      50km/hを加速すると4速に入るので、後は惰性で走っています。

      乗っていて楽しい車ですね。
      100均で、カーアクセササリーをいくつか買い込んで使っています。最近の100円シ
      続きを読むョップクオリティは侮れません。

      ナビを付けてないので、スマホの車載ホルダを検討中です。



      • ナイスクチコミ7
      • 返信数1
      • 2019年2月10日 更新
      昨日、ディーラーから年末に貰った卓上カレンダー見た時に「あれ?」と。
      今回JCC+発売になったけど、今月のカレンダーの写真も「JCC+」が。。。

      もし、これが今年のリリース予定とリンクしてるって事ある??
      もしリンクすれば、夏にC3のエアクロスやC5もハイブリッド輸入開始の予定もあったりしますかね??

      それとも、今回偶然だっただけでしょうか・・・?
      外れてもち
      続きを読むょっと楽しみかも。
      • ナイスクチコミ7
      • 返信数2
      • 2019年2月9日 更新
      先日、プジョー・シトロエン・ジャポンからサービスキャンペーン(不具合対策)のお知らせが来ましたので
      これをきっかけに日頃の疑問をシトロエンコールにてお尋ねしてみました。
      (私のC3シャインは2017年11月製造分の2018年1月末の登録です)

       ミラースクリーン(Apple CarPlay と Android Auto)は2018年10月製造車から標準装備。
       それ
      続きを読む以前の車でもApple CarPlayのみ2018年11月からディーラーにてアップデートが可能。

      私のスマホ(Android )ではC3のタッチスクリーンに表示出来ませんので、今後のAndroid への対応を強くお願いしました。この要望の声が増えるのを期待しています。
      https://www.android.com/intl/ja_jp/auto/ 

      プジョー・シトロエンジャポンのフリーコール担当者はとても誠実に丁寧に応対してくれた事を付け加えておきます。

      尚、電動格納ミラーが標準装備になったのは2018年2月受注分からとの事でした。





    C3の中古車

    C3の中古車相場表を見る

    C3とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止