シトロエン C3の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

シトロエン C3の新型情報・試乗記・画像

C3の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

C3のモデル一覧

C3のレビュー・評価

(62件)

C3 2017年モデルの満足度

4.42

(カテゴリ平均:4.3)

    C3 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • C3 2017年モデル SHINE 2002年に初代C3がデビューして以来、350万台以上がグローバルで販売されたシトロエンのベストセラーカーがC3です。。初代、2代目と比較的丸みを帯びたエクステアデザインだったのに対し、3代目はボディもワイドになり、かなりアグレッシブなデザインに生まれ変わりました。

      今回もメーカーの広報車両をお借りしてハイウェイを中心に試乗してきました。

      一時はグループ会社のプジョーと差別化が少ない時代もあったが、現在は、シトロエンの個性回帰、いや、それ以上の異質感満載です。
      その昔シトロエン「BX-GTi16V 5MT」というマニアックなシトロエンを所有していた筆者には、常に目が離せないブラン
      続きを読む ドの一つであります。

      さて、このC3のエクステリアで特徴的なのは、前後ドアにエアバンプと呼ばれる樹脂製パーツが取り付けられています。
      エアバンプはその名のとおり中空のパーツで、ちょっとした衝撃があっても衝撃をやわらげるバンパーとしての役割も果たします。本格的に衝突や衝撃を対象としたパーツではありませんが、そうした演出がされている。つまり、遊び心がたっぷりと詰め込まれているというわけです。また、上下に分割されたヘッドライトは他ブランドには無いデザインです。

      インテリアでまず目に入ったのは、ドアハンドルで旅行カバンをモチーフしたという演出がされていて、こういうところに他社のデザイナーが出来そうで出来ないアイデアがシトロエンであると感じました。
      ベンチシートにも見えるシートの感触は“ふんわり”、という独特のもので、古くからのフランス車好きも納得の座り心地です。また、シート生地は高級な本革やウールでこそありませんが、ツイードのようにざっくりとした手触りのファブリックを用いつつ、アクセントカラーのレッドが生地の一部に配されていたり、ステッチにあしらわれたりといった工夫が凝らされています。
      水平基調のダッシュボードをぐるりと取り囲むようにあしらわれる赤いトリムも独自の空間を演出しています。

      物理スイッチを極力減らし、センターコンソールのタッチパネルで空調やオーディオ、車両設定などを行うのですが、走行中のブラインドタッチは厳しい部分もあり、この辺りは、物理スイッチでもいいのでは?と思ってしまいました。

      メーターは、ちゃんと指針が存在する物理メーターで、どことなく懐かしいデザインが往年のシトロエン乗りの心を奪われました。(その昔は、べリア、イエガーといったメーターブランドのロゴが盤面に刻印されていたのですが、現在は、複数のメーカーが組み上げているため、ブランドの刻印は姿を消しました。)

      搭載されるエンジンは1.2リッター3気筒ターボで、最高出力110ps/5500rpm、最大トルクは205Nm/1500rpmを発揮。6速AT(EAT6)と組み合わされます。

      試乗コースは高速道路がメインのため、アクセルを踏み込んでいくと、エンジン性能は必要にして十分です。アクセル開度がパーシャルだと、2000rpmから2500rpmくらいでどんどんシフトアップするのですが、少しアクセルを踏み込めば、積極的にシフトダウンも行われるため、車線変更時の加速も迅速。例えば80Km/h〜100Km/hまでの加速は、身体を柔らかなシートに押させられるほどパワフルな一面もありました。100km/hでのエンジン回転は約2000rpmとハイギアードです。

      直進性を含む高速安定性の高さはシトロエンの伝統を見事に踏襲し、クイックなステアリングに軽く手を添えているだけで、矢のように走ります。これは、間違いなくコンパクトカーではベストであるといえるものです。
      低速では、やや硬く感じた足回りですが、80Km/hを超えると実にしなやかになり、どこまでも安楽に走って行けそうな感覚になります。

      燃料消費率も18.7km/L(JC08モード燃費)と素晴らしく、ライバルと比較しても遜色のない装備軍とこの奇抜なデザイン。これだけでも価値のあるクルマといえます。



      参考になった 17人
      2019年3月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 5
      価格 4
    • 元々プジョー308(MC前ディーゼル1.6L)を乗っています。
      308を修理に出さなければいけなくなり、ディーラーへ持ち込んだところ、C3を代車として借りました。いつ発売のものか確認し忘れましたが、308と比べながらレビューしてみます。

      【エクステリア】
      C3のモデルチェンジの発表を見てにすごい顔だなと思いました。実際間近で見てみると、ボディが丸くてかわいらしいのと、大胆にスリットが入った顔がカッコいいです。
      相反する要素が見事にデザインとして成り立っていて、よくこんなデザインを考えたなと改めて感心しました。

      【インテリア】
      プラスチックが多いのに、それを感じさせないデザイ
      続きを読む ンでいいです。
      オーディオは308の純正と比べると、ローが足らないと感じました。
      一つ気になったのはエンジンスタート/ストップボタン横のくぼみは何を入れるのを想定してたのでしょうか?スマホを置くには奥行きがないですし、二つ折り財布を入れるにも幅が足りないと謎です。

      【エンジン性能】
      いつも乗っている308はディーゼル1.6Lに対して、C3はハイオクの1.2Lと排気量的にあまり期待していませんでした。しかし乗ってみるとディーゼルに負けないぐらいトルクのある走りです。1〜2人で乗るなら余裕ある走りをしてくれると思います。

      【走行性能】
      唯一ここが残念でした。1速〜2速へのギアチェンジが下手くそすぎます。すぐギアチェンジするので挙動がドタバタします。
      体験した場面でいうと出発直後の一時停止です。10mも走らないうちに止まるタイミングと、1速から2速へ切り替わるタイミングが合ってしまい、いつもドタバタしていました。
      モデルチェンジ直後ならまだわかりますが、現行型だとどうなっているのでしょうか?

      【乗り心地】
      ギアチェンジの件もあり低速時はダメですが、速度が上がると心地よい走りをしてくれます。
      座席は308と比べるとホールド感が少ないですが、座り心地は良いです。あと308にあった腰周りの調節ダイヤルがC3にはありませんでした。

      【燃費】
      通勤の往復30kmほどを3週間走って満タン給油が2回となかなかいいんじゃないでしょうか。

      【価格】
      代車なので未評価とします

      【総評】
      現行型かどうかわからないのでアレですが、ギアチェンジの件さえ無ければ申し分ない車です。ただ、安全性に繋がることなので、購入する場合はよく考えないといけません。特に中古はできるなら試乗させてもらった方がいいです。
      あとApple CarPlayを初めて使いました。スマホナビを画面に出してくれるのが、かなり便利でした。
    • 【エクステリア】
      カッコイイよりも可愛らしいデザインが好きなので、フィアット500やミニも候補となりましたが最終的にこのc3に決定。特に斜め前から見たスタイルが塊感があって気に入っています。

      【インテリア】
      コロラドエディションなので、品の良いおしゃれなデザインが気に入っています。乗り込むたびに心地よさを感じます。特装車としてではなく、本国の様にバリエーションの一つとしてほしい。ディーラーの方も、この内装車を熱望する声は多いと語っていました。

      【エンジン性能】
      試乗でアクセルを踏み込んだ時、余裕のあるトルクに驚きました。直前まで国産2リットルNAエンジンのワゴンに乗っていたの
      続きを読む ですが、比べ物にならないほど。それまでの感覚でアクセルを踏み込むと急発進になります(笑)。

      【乗り心地】
      国産コンパクトカーではとても味わえない上質な乗り心地です。ある程度舗装の良い道路なら「雲の上の魔法の絨毯」を体感することもできます。

      【総評】
      免許を取って30年以上、国産中級クラスの車を乗り継いできましたが、今思うとそれらは単なる移動の道具。運転していて楽しいと思ったのはこの車が初めてのことで、もう少し乗っていたいと感じている自分に驚いています。具体的には取り回ししやすいボディサイズ、低速で軽い電動パワステ、ステアリングにリアルに伝わる路面状況が運転している感を演出、乗り心地の良さがそう感じさせるのだと思います。

      車で飲み食いする習慣のない私には、カップホルダーは不要(一応3つ付いてはいますが…)。小物入れが多いと物をゴチャゴチャ置いてしまうので、このくらいがちょうど良い。

      また、感心したのはオートライトの作動タイミング。真っ暗にならないと点かない事の多い国産車では、結局手で点けてしまい意味がありませんでした。早めに点灯させたい私には、c3の設定は絶妙。夕方そろそろ点けたいなと思った時に点いてくれます。

      いずれにしても、私にはドンピシャな車でした。大切に乗っていきたいと思います。

      追記:
      乗り始めまっさらな状態では、ATミッションにギクシャクしたところがあり驚かされました。これは、200qくらい走るとATの学習機能が働いて滑らかになります。トヨタ系のアイシン製ATですが、車載段階では完成形にしてもらいたいものです。
    • 【エクステリア】
      このクルマはエクステリアで乗るものと思っていますのでカラーリングも含めてエクステリアは満点です。
      あえてプラスチッキーなところですらお洒落で文句ありません。
      こういうデザインはホンダあたりが採用すると一気に売り上げ倍増するような気がしますし、かつて「CITY」などを出したあのセンスにシトロエンと同じベクトルを感じます。
      今は「強面でカッコイイクルマ」ばかりですから、こういうPOPな車を国産で世に問うのは全然ありだし、出すならホンダ、スズキあたりでしょう。


      【インテリア】
      インテリアも手を抜くところとそうでないところの塩梅が絶妙で文句ありません。
      よく見る
      続きを読む と安っぽいところは多々あるのですが、その安っぽさですらお洒落です。
      インドアハンドルをハードストラップにするあたり参りました。


      【エンジン性能】
      エンジン性能という意味ではごく普通でした。
      3気筒の1.2Lターボですが、よほど高速ばかりを走る方でなければこれで充分です。
      ただ、エンジンフィールという意味ではガッカリ。
      音や振動に滑らかさが無い。
      車格から言って静粛性を語るクルマでないことは重々承知ですが、外観から来るお洒落でスマートなイメージが台無しです。


      【走行性能】
      ここも外観から来るお洒落でスマートなイメージが台無しなところです。
      何がいけないかって、もう発進時がスムーズじゃない。
      このクルマは6ATのはずなのに、まるでデビュー当時のDCTのよう。
      ギクシャクするわ、変速ショックは大きいわでここで私的には購入不可。
      さらに極低速域での所作もよろしくない。
      特に1速⇔2速の受け渡しがギクシャクするから、クルマが迷っているのが丸分かり。
      せっかくATなんですから、ここはわからないようにスムーズにしないと・・・


      【乗り心地】
      さすがフランス車。
      乗り心地は良好でした。(ミッションのギクシャクから来る揺れは除く)
      足回りにもそんなにお金がかかっているようには思いませんが、このサスペンションは路面からのショックを上手くいなしていました。
      そういえば、シートがとても良かったです。
      最近ではあまり出会えない「ふんわり」シート。
      これのおかげで乗り心地は余計に良く感じたかも知れません。
      長距離を走っていないので何とも言えませんが、ホールドも塩梅良く、このあたりはさすがシトロエンと思わせる部分でした。


      【価格】
      簡単に言うとフランス本国では大衆車。
      特に最先端技術満載というわけでもないですから、価格的にはもっと安くしていただきたい。
      例のトランスミッションの出来やエンジンフィールの印象あって、デザインだけではこのお金は出せないという結論です。


      【総評】
      街中で新型C3をよく見かけるようになって、嫁さんが一目惚れ。
      度重なる「乗ってみたい!」アピールに負けてついに試乗しましたが、上記理由で購入断念。
      この時、同時にC3 AIRCROSSにも乗りましたが、ほぼ同じ印象でしたので「よほど大きなMCでもない限り買いません。」と嫁を説得しました。

      それにしてもこのデザインにはヤラレます。
      エクステリアもインテリアも素晴らしい。
      金型にお金をかけずとも、プラスティックやラバーを上手に使えばこんなお洒落なクルマが出来る証明です。
      日本のメーカーも参考になるところ満載ですから、先ほども言いましたが是非ホンダやスズキあたりがこういうセンスを習得して欲しい。

      あ、今、急に思いましたが、C3がEVで出て来たら絶対買います!
      こういうデザインはEVこそふさわしいと思うのは私だけでしょうか?

    C3のクチコミ

    (762件 / 95スレッド)

    クチコミ募集中

    C3のクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデルのクチコミを書く
    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデルのクチコミを書く
    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデルのクチコミを書く
    C3

    C3

    C3のクチコミを書く

    閉じる

    C3のクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデル

    C3 2017年モデルのクチコミを書く
    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデル

    C3 2010年モデルのクチコミを書く
    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデル

    C3 2002年モデルのクチコミを書く
    C3

    C3

    C3のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ9
      • 返信数10
      • 2020年5月22日 更新
      【困っているポイント】
      A速とB速の間にもう一段シフトショックが起こる原因が分かりません

      【状況】
      A速に入った状態で15キロ(1500回転)程度から加速しようとすると
      23キロ前後までは滑らかに加速(1800回転まで上昇)
      20〜25キロあたりでシフトショック発生(1500回転に落ちる)でもA速に入ったまま
      25キロ以降は滑らかに加速し、35キロ(2400回転
      続きを読む)くらいでB速に入ります

      B速でも途中で同様のシフトショックが起きますが、A速の方がショックは大きいです。

      マニュアルモードで同様のシフトチェンジを行ってもやはり発生しますが
      不思議なことにA速の途中でシフトアップを促す上矢印のマークが点灯します。
      そのタイミングでのシフトアップも可能ですが、B速では1300回転くらいになります。
      矢印を無視して更に加速すると前述のようにA速のまま回転数が落ちてショックが発生します。

      走っているうちに解消されるのかと思ったのですが
      今日まで1500キロ走った時点でオイルとエレメントの交換後も
      相変わらず謎のシフトショックは発生しています。
      単純な加速中でも気になるのに、20〜25キロの間を加減速する状況で何度もガクガクすると
      「なんでや!」って叫びたくなります。

      これはトルクコンバーターの仕様による正規の現象なのか
      それとも、特定のC3だけにみられる現象なのでしょうか
      みなさんのC3はいかがでしょうか。

      • ナイスクチコミ8
      • 返信数17
      • 2020年5月21日 更新
      前回カーナビの件でお世話になり、その節はありがとうございました。
      無事納車が済み、C 3ライフ楽しんでます。
       さて、タイトルの通りなのですが、運転中、時々、(割と頻繁に?)レベルで、ピコン?ポン?のような音が鳴ります。
      何かの警告音なのかと、メーター付近を見ても表示は出ていません。
      取説を見ても、わからないままなので、質問させて頂きました。
      車線はみ出しの警告でもな
      続きを読むいようですし、どなたか分かる方、いらっしゃいますか?
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数5
      • 2020年2月29日 更新
      C3シャインを新しく購入する事に至り、新車時にしておいた方が良い事が有れば教えて下さい。〔コーティングは付けています〕また必要な装備、有れば便利なアクセサリーなども教えて頂けると助かります。
      それとパノラミックガラスルーフに魅かれており、された方の感想など聞ければ嬉しいです。やはり夏場は暑いでしょうか…

    C3の中古車

    C3の中古車相場表を見る

    C3とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止