レクサス IS ハイブリッドの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

レクサス IS ハイブリッドの新型情報・試乗記・画像

IS ハイブリッドの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

IS ハイブリッドのモデル一覧

IS ハイブリッドのレビュー・評価

(26件)

IS ハイブリッド 2013年モデルの満足度

3.75

(カテゴリ平均:4.31)

    IS ハイブリッド 2013年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • IS ハイブリッド 2013年モデル レクサスISがフルモデルチェンジを受け、2代目モデルが登場した。トヨタ自動車が北海道で開催した試乗会に出席し、千歳空港から洞爺湖まで往復や、洞爺湖周辺の道路でさまざまなモデルの広報車両に試乗した。このうちハイブリッド車のIS300hはバージョンLとFスポーツの2車種に試乗した。

      外観デザインはスピンドルグリルのエッジ部分が一段と際立つものとされた。かなりインパクトのあるデザインで、スポーツセダンらしいデザインであるのは間違いない。シャープな感覚のテールランプのデザインなども好ましいものだ。

      ただ、迫力あるフロントグリルを採用するのは、アウディのシングルフレームグリル以来の流れの中に
      続きを読む あり、もう少し違う方向性は考えられないものかとも思う。

      インテリアは直線で水平に仕切られた階段状のインストセンター部分の雰囲気が、何となく古さを感じさせている。今風のデザインというか、もう少し流麗な感覚の流れるような、あるいは包み込むようなデザインにできないものか。

      ISは基本的にGSのプラットホームやパワートレーンを流用して作られている。ハイブリッドシステムに関しては、GSが450hであるのに対してISは300hとされていて、車格の違いを反映させたものとなっている。

      ボディはひと回り大きくなった。ボディの全幅がついに1800mmを超えて1810mmに達したのは、海外市場を基準に考えてのこと。逆にいえば日本市場のことをあまり考慮していないことの表れでもある。この10mmのために車庫証明が取れずに買えない人もいる。

      いずれにしても、クルマのボディとエンジンとタイヤが大きくなり続けていることに対して基本的に反対である。世界中のどの自動車メーカーもあまりに知恵と工夫が足りない。小さなボディで快適性や安全性を確保する知恵と工夫が欲しい。

      IS300hに搭載されるハイブリッドシステムの良さは、すでにクラウンで実証されている。4気筒2.5リッター+THS-Uの走りは、静かさ、力強さ、燃費の良さなど、ハイブリッド車ならではの良さをいっぱいに備えている。

      特に市街地走行や高速クルージングの静かさと滑らかさは上々のものだし、アクセルを踏み込んで加速していくときの力強さにも満足のできる。加速時には多少のエンジン音が入ってくるが、それでも十分に静かなクルマである。

      燃費に関しては、現在ではすでにアコードハイブリッドが登場し、リッター30.0kmの超低燃費を実現している。それに比べるとIS300hのリッター23.2kmの燃費はいかにも物足りない感じになってしまった。とはいえ、ISの燃費も決して悪い数字ではない。

      あえていうなら、アクセルワークに対するレスポンスがもうひとつダイレクト感に欠けることが、デメリットとして感じられる。これはハイブリッド車に共通するデメリットである。

      乗り心地はかなり硬めの印象だった。特に路面が荒れていたり、段差があるようなところでは、突き上げが強くて不快な乗り心地になった。これはもうひと工夫が必要だろう。

      ISではハイブリッド車のIS300hが60%くらいの高い比率で売れている。ガソリン車がエコカー減税の対象外であるのに対し、ハイブリッド車は免税扱いで20万〜30万円のお得感があるのだから、ハイブリッドが売れるのは当然だ。しかもハイブリッド車は燃費が良いので経済性の差はさらに広がることになる。

      参考になった 8人
      2013年9月23日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 2
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 2
      燃費 4
      価格 2
    • 初期型のCT200hFスポーツから後期型のIS300hFスポーツへの乗り換えです。約1年半乗ってみてのレビューです。

      【エクステリア】
      ・デザインで選ぶ車だと思います。フロントからリヤまでのラインが流麗で、ボディーを構成する面には立体的なうねりがあり美しいと思います。リヤフェンダーのボリュームがFRらしさを感じさせて良いです。
      ・フロントは最新のレクサスデザインに倣い、3眼LEDヘッドライト、下が広いスピンドルグリルとなり、マイナー前よりもアグレッシブな顔つきになりました。デイライトを兼ねたクリアランスランプはヘッドランプから独立しており、好みが分かれるところだと思います。フォグラン
      続きを読む プは無くなってしまいました…。
      ・リヤアンダーパネルは素地ですが、ハイブリッド車もマフラーカッター風の装飾がついて前期型より見栄えが良くなりました。
      ・エアロのオプションもありますが素のデザインが良いので今回は選択しませんでした。
      ・色はCSさんの勧めもありホワイトノーヴァにしました。パール系のホワイトと違ってやや青みがかっており、純白に近いイメージです。ダーク調のグリルやホイールとのコントラストも映え、定番で面白みはないものの良いと思います。

      【インテリア】
      ・前期型はインパネ周りの質感がレクサスにしてはチープだと思いましたが、マイチェン後はオーディオパネルにへアラインが入ったり、リモートタッチのパームレストが革張りになったり、ニーパッドが装備されるなど、かなりまともになりました。ナビのディスプレイは大型になり画面分割表示ができるのは便利です。
      ・Fスポーツ定番LFA譲りの1眼メーターはリングが可動するギミックもありカッコイイですが…しばらくすると飽きます。直感的な見やすさは2眼に劣ると思います。メーターパネルは2眼に対応したデザインなので両端に無駄な空間があるのがいまいち。
      ・インテリアカラーはダークローズは派手だし黒は地味に思えたので、新色のニュアンスブラックにしました。Fスポでもホワイト系やブラウンなど明るい色も選べると良いです。
      ・この価格帯の車なら本革シート・ベンチレーテッド機能は標準装備にして欲しいです。オプションにしても価格が高い。
      ・エアコンの静電式タッチセンサーが過敏すぎます。ちょっと触っただけで2-3℃動くので希望の温度に合わせづらい。
      ・ナビの音声認識が悪くまったく使い物になりません。appleやgoogleと技術提携しては?

      【エンジン性能】
      ・ハイブリッドらしく低速域からモーターのアシストが加わりスムーズかつリニアな加速が得られます。高速走行でも法定速度+αの範囲では追い越し時の加速性能に不満を感じることはありません。
      ・4気筒のエンジン音が不評のようですが、始動は静かで振動もほとんど感じられません。遮音性能が高いためか一般道ではエンジン音よりもロードノイズのほうがむしろ大きいぐらいで、エンジン音を不快に感じるということはありません。確かにアクセルをベタ踏みする状況だと賑やかになりますが、そのような場面は限られると思います。
      ・V6じゃないと…という批評も見ますが、代車で乗った20系のIS250は低速・低回転域のパワーがなくエンジン音ばかり賑やかで、なんだこりゃという感じでした。

      【走行性能】
      ・ハンドリングは素直で、意のままに操れる運転の楽しさがあります。
      ・ハイブリッド・CVTのラバーバンドフィールも改良されているのか、アクセル踏み込みに対してのレスポンスは良く、初期型CTのようなもっさりとした違和感はありません。
      ・CT200hと違ってECOモードでもパワー不足は感じませんし、SPORTSモードではエンジン主体の余裕ある走りができます。
      ・基本設計が古いため、クルコンが全車速対応でなかったり、ブレーキホールドがないのはこのクラス、価格帯の車としてはかなり残念。

      【乗り心地】
      ・レクサスに共通する堅めの足回りですが、ギャップを乗り越えたあともダンピングがすぐに抑え込まれ不快な振動や揺れが続くことがありません。コーナーでの沈み込みも少なく安定感があります。人にたとえるなら筋肉質でしなやかな足だと思います。人によってはもっとソフトでフラットな乗り心地のほうが好まれるかもしれません。

      【燃費】
      Normalモードで16-18km/L。ひと昔前のコンパクトカー並みの燃費です。
      レクサスでは珍しいレギュラーガソリン仕様なので燃費と相まってランニングコストの点では助かります。

      【価格】
      本革シートやBSMなどのオプションをつけて総額600万円と国産Dセグメント車としてはかなり高いと思います。
      ファミリーユースならもう少しがんばってGSかRX、もしくは新発売のESやクラウンのほうがいいかも。

      【総評】
      酷評するコメントが多く、また賛同される方も多いのが不思議です。
      デザインは好みがあるのでさておいても、車の性能的にはそれほどひどいとは思えません。同じハイブリッドシステムを積むクラウンはおおむね好意的意見が多いのに…マイナーチェンジでだいぶ改良されたのでしょうか?
      自分としてはちょうどいいサイズ感、もてあまさない程度の適度で十分なパワー、気持ちよいハンドリングで運転の楽しさがあり、美しいデザインと上質な内装、故障トラブルの少なさ、ディーラーやオーナーズデスクなど充実したサービス内容など、所有しての満足度も値段相応に高いと思います。
      残念なのは基本設計が古くなり装備が後続のモデルに比べると見劣りがすること。またレクサスが先行していたテレマティクスサービスもトヨタブランド車への搭載が進んでおり陳腐化していることでしょうか。先進技術はレクサスの売りの一つだと思いますので、年次改良で常に最新のものにアップデートしてもらいたいです。
    • ハイブリッド車を初めて購入しました
      自分にはCVTのなんちゃって6速がパドル操作してもイマイチで
      初回車検時に良い車だったんですが8速ガソリン車に乗り換えました

      【エクステリア】
       ・クラウンの様に街でたくさん見かける様な事は無く存在感のあるスタイル
       ・大き過ぎずサイズ感がちょうど良い

      【インテリア】
       ・ごちゃごちゃしてなくてシンプルで落ち着いたデザイン
       ・何と言ってもFスポーツ専用の可動式スピードメーターがギミックで◎

      【エンジン性能】
       ・ハイブリッドなので出足のトルクは十分
       ・高回転は△

      【走行性能】
       ・横幅は広く 全長は短い 安定性は
      続きを読む

      【乗り心地】
       ・Fスポーツ専用の足回りだった為やや固め感はあったが〇

      【燃費】
       ・リッター15以上は普通にいくので〇 おまけにレギュラー◎

      【価格】
       ・レクサス車を初めて購入しましたが本当に値引き0でした
       ・OPの価格が少し高すぎる せめてディーラーOPぐらい値引きして欲しい

      【総評】
       ・大き過ぎず小さ過ぎずバランスの良いセダンでスタイルも気に入ってました
       ・オーナーズデスクやスマホで遠隔操作出来たり便利なサービスも満載でした
       ・レクサスディーラーさんの対応も素晴らしく良かった
       ・新車から3年は定期点検等ほとんど維持費も掛からないので良かった
       ・ただ、ハイブリッドはCVTな為、ウォーーンって言うエンジン音が・・・・・
      運転を楽しみたい私には物足りず8速ガソリン車に乗り換えました
       ・フルモデルチェンジの次期ISに IS-F が復活すれば是非検討したいです


    • 新車で購入し丁度2年が経ちましたので、レビューします。亡き父がトヨタのセールスマンで、その影響もあってマークU〜クラウンロイヤル〜クラウンアスリート〜レクサスISとトヨタ車ばかり乗り継いできました。

      【エクステリア】
      はっきり言って、このデザインでなければ絶対に購入していなかったでしょう。帰宅して車を降りたときにボディを見るときは、何かしらの満足がんがあります。このクルマ、平面絞りと側面絞りを巧みに使った3D曲面は、他のクルマにはない魅力です。塗装もすばらしい。現行バージョンと比べてヘッドライトが角型になりましたが、レンズの形状が気に入らないのでこれはこれで好きです。テールは断然この方
      続きを読む がいいですね。あと、このクルマのサイズは非常に扱いやすく思えます。RCやRXも候補でしたが介護も含めた家族のことを考え、狭い間隔での縦列駐車ではRCは乗り降りできないのと、RXは乗り降りの高度差があるので除外となりました。

      【インテリア】
      トヨタ車はゼロクラウンからの傾向ですが、質、デザイン共に確実にレベルダウンしています。(過去にゼロクラウンのロイヤルに乗ってたことがあります)コストダウンの流れだとは思うのですが、部材をはめ込んで構成したような、全体としてシームレスな雰囲気からは全く程遠いコーディネートされていないデザインです。パネルなど天然素材も使われていますが、馴染んでいません。アルミにしても樹脂にしても、もう少しうまく処理できたんじゃないかと感じる部分が多い。この辺りは欧州車に断然負けていますね。インテリアはゼロクラウン以前の「トヨタ車らしさ」を復興させてほしいです。デザイン室の人、文化が変わったのでしょうか。またかつては細かいところまで設計されていた。(たとえばネジ止めの穴など見えてしまうような「ぶっさいく」なことはなかった)

      【エンジン性能】
      これまで6気筒モデルばかり乗り継いできたので(とは言っても4気筒車を知らないわけではない)、レッドゾーンに向け伸びしろを感じるような加速感は感じることができません。スムースさもしかり。サウンドなど最悪です。販売店に言わせると、燃費を叩きだすためにいろいろ付いている?!からだということなのですが、いくら大排気量の4気筒といえども、もっと上手く処理できたのではないでしょうか。燃費を稼ぐのであれば、モーターと電池の性能向上が前提ですが、モーター稼働域をもっと広くすることにより内燃機関自体は多少燃費は犠牲にしつつも、トータルでフィールの良いハイブリッドシステムを実現してほしいですね。モーターからエンジンに切り替わる度に、気分が台無しになります

      【走行性能】
      直進安定性が非常に悪いです。ただ、コーナーとかカーブは今までのクルマは何だったのかと思わせるくらい思い通りのラインを描いてくれます。ブレーキについては基本的な考え方が欧州車と異なるため(F Sportsを除く)比較できませんが、安定した動作と違和感のないフィーリングを発揮できていると感じます。

      【乗り心地】
      硬いですが、悪くありません。クラウンのようなふにゃふにゃ感もない。F Sportsでは電子制御のショックが採用されており低速走行時などはソフトにしているわけですが、Version Lではこのサスが標準で付いていないため常時同じ硬さです。実際乗り慣れたらどちらでも同じかもしれません。

      【燃費】
      自宅地域は山が近く急な坂道が多いので、それほど良くありません。月に数回高速道を走って11〜12といったところです。以前の2.5?6気筒車に比べると、1.5〜2倍くらい良くはなってます。

      【価格】
      高過ぎます。例え価格は据え置きでも、もっとクルマ自体の(機能とかインテリアとか、またオプションは全て標準にするなど)価値を上げてもらいたいです。

      【総評】
      もともとメルセデスCクラスを検討していましたが、販売店(トヨタディーラーではなく欧州車も扱っている)と相談したところ、欧州車は次のポイントから断念しました。
      @大切に乗れば10万Km走れるというのではなく、定期的に部品(年一回のブレーキディスク/パッドのセット、??年後のオルタネーター等)を交換することによりいつまでも乗り続けることができるという発想であり、ランニングコストが高くつく
      A樹脂製品が弱い
      B例えばドイツ車というと品質が高いような概念を先に持ってしまいがちだが(事実品質管理が甘いのか)、構成している部品自体、品質にバラツキのある傾向が強い

      レクサス車はブランド信仰される方にとっては「乗っていて満足感を得られる」クルマかもしれませんが、ドライバビリティを重んじる方にとっては「乗っていて楽しい」クルマであるとは言えないと思います。(フラッグシップのLCにも試乗させてもらいましたが、感じることは同じでした)「所有欲」よりは「使用欲」が求められるこれからの時代、レクサスは今後どのような展開をしていくのでしょうか。決して悪いクルマではないのですが。

    IS ハイブリッドのクチコミ

    (181件 / 25スレッド)

    クチコミ募集中

    IS ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    IS ハイブリッド 2013年モデル

    IS ハイブリッド 2013年モデル

    IS ハイブリッド 2013年モデルのクチコミを書く
    IS ハイブリッド

    IS ハイブリッド

    IS ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

    IS ハイブリッドのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    IS ハイブリッド 2013年モデル

    IS ハイブリッド 2013年モデル

    IS ハイブリッド 2013年モデルのクチコミを書く
    IS ハイブリッド

    IS ハイブリッド

    IS ハイブリッドのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ0
      • 返信数6
      • 2018年12月30日 更新
      現在、IS300hのVersion Lと標準を比較検討しております。非常に細かいところですが、オート電動格納式ドアミラーのカタログ記載の違いが気になっています。双方ともリバース連動ラストメモリー付きなのですが、Version Lにはもう一度メモリーという文字が出ます。一昨日ディーラーに行ったのですが、詳細を聞き逃してしまいました。この違いをご存知の人がいらしたら教えてください。続きを読むよろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ5
      • 返信数1
      • 2017年7月25日 更新
      この度IS300h F SPORTの四駆を契約し9月に納車されます。

      機械類のボタンが多くて覚えきれるか心配です(笑)

      オーナーになってから気づいた良かった事、困ったことがあれば教えていただけないでしょうか?
      • ナイスクチコミ20
      • 返信数15
      • 2017年4月15日 更新
      70〜90Kmで走行中に路面の僅かなデコボコを拾って、「ボ〜ボ〜〜〜」と言う音がするので、ディーラーに行って音の確認の為にメカニックを乗せて高速道路を走って確認してもらいました。
      ディーラーに戻って原因を聞いた所、タイヤを225/45R17のオプションタイヤを付けているので、そのせいであるという返事であった。45タイヤなど高扁平率のタイヤはこういう音が良く出る事があるそうで、
      続きを読むこれは対処のしようがない、空気圧をいろいろ変えて様子を見てくださいと言う事で若干圧を落として帰ってきましたが、依然音の減少はありません。
      天下のレクサスがこんな音が出てはいけないし、車の開発時にタイヤのマッチングなどはテストしているだろう。こんな現象が出る恐れがあるのなら、最初の注文時に言っておくべきだろうと言いましたが、タイヤが悪いの一点張りで対応しません。ちなみにタイヤはヨコハマのブルーアースです。
      IS300hにお乗りで同じタイヤを付けている方がおられましたら、情報交換しませんか。
      また、高扁平率のタイヤに関しての音のトラブルを経験された方アドバイス下さい。

    IS ハイブリッドの中古車

    IS ハイブリッドの中古車相場表を見る

    IS ハイブリッドとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止