三菱 eKスペースの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

三菱 eKスペースの新型情報・試乗記・画像

eKスペースの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

eKスペースのモデル一覧

eKスペースのレビュー・評価

(9件)

eKスペース 2014年モデルの満足度

2.77

(カテゴリ平均:4.31)

    eKスペース 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • eKスペース 2014年モデル G 発した軽自動車の第二弾となるekスペースが発売された。第一弾のekワゴンはワゴンRやムーヴなどと競合するハイトワゴンだったが、今回のekスペースはタントやN BOX、スペーシアなどと競合する超ハイトワゴンというジャンルのクルマである。

      ekスペースには、三菱自動車がベイサイドマリーナホテル横浜の駐車場をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。

      一般論としていえば、クルマの室内空間は広いほど良いが、軽自動車はボディサイズに制約があるため、自由に空間を広げることはできない。全長と全幅はすべての軽自動車がいっぱいに使っているから、室内を広くするに
      続きを読む は背を高くするしかない。

      それで1993年にワゴンRが発売されてハイトワゴンのジャンルが作られ、2003年にはタントが超ハイトワゴンの市場を切り開いた。タントが順調に売れたのを見て、スズキがパレット(現スペーシア)を出し、ホンダが改めて軽自動車市場に参入するのに当たってN BOXから投入を始めたことで、超ハイトワゴンの市場が大きく広がった。

      クルマの背を高くすることは、重心高が高くなって操縦安定性をスポイルする方向に進むから、必ずしも良いこととはいえないのだが、超ハイトワゴンが良く売れる現実があるため、各社がこうしたクルマ作りを進めている。

      最近では、クルマ全体の売れ行きの40%を軽自動車が占め、その軽自動車の中で30%ほどが超ハイトワゴンだから、クルマ全体の1割を超えるような売れ行きになっている。そこに参入したのがekスペース/デイズルークスである。

      カカクコムではekスペースのほかにekスペースカスタムの項目があり、デイズルースの項目もあるので、合わせてお読みいただきたい。当然ながら内容が重なる部分は多いが、微妙に異なる点についても触れている。

      さて、ekスペースは最後に出てきた超ハイトワゴンなのだから、先行する各モデルを上回る機能や性能を備えた上で、割安感のある価格設定をして欲しいところだが、残念ながら必ずしもそうはなっていない。というか全然なっていない。

      ekスペースがウリにしている1400mmとうい室内高の高さもN BOXとは同じ数字だし、ほかの車種との比較でも25mm〜35mmの違いでしかない。99%UVカットガラスにしても、タントにはIRカットという熱線の透過を抑える機能が付いたガラスが採用されるなどして最高ではない。

      ピアノブラック調のパネルを採用したインテリアやロール式のサンシェード、ワンタッチ開閉式のスライドドアなど、小技の部分で優位に立つ部分はあるが、決定的なものではないのが実情だ。強いて言えば、ルームミラー内に周囲の状況を写すマルチアラウンドモニターがあると言いたいところだが、これはekスペースには設定がなくekスペースカスタムにオプション設定されているだけだ。

      逆に負けている部分はいろいろある。今では軽自動車でもAEBS(自動ブレーキ)を装備するのが当たり前の時代になりつつあるのに、ekスペースにはオプション設定すらされていない。自動ブレーキ付きを買いたくても買えないのだ。横滑り防止装置のASCも試乗したGには標準装備されていたが、ベースグレードのEには設定がない。

      燃費でも負けている。ekワゴンが燃費を重視しすぎたために走りが鈍くなったのを反省してか、今回のekスペースでは燃費では頑張らずに走りの面で頑張ったためか、ekスペースの自然吸気エンジンの燃費はスペーシアのターボ車と同じ26.0km/Lでしかない。それでもこれはエコカー減税で免税対象になるから何とか許容範囲だが、後から出てきて競合車に負けているのは厳しい。

      しかも価格も高めの設定だ。装備の違いを詳細に説明する余裕はないが、大雑把に言うとekスペースは自動ブレーキがないのに、自動ブレーキ付きの競合車と同じくらいの価格である。いろいろな意味で努力すべき余地のあるクルマである。

      参考になった 28人
      2014年3月22日 投稿
      満足度 2
      エクステリア 3
      インテリア 3
      エンジン 3
      走行性能 2
      乗り心地 3
      燃費 2
      価格 2
    • 【歴代乗車車種】
      ムーヴ・スバルR2・セルボモード・トヨタデュエット・エブリィ・ベンツバネオ・スマートK
      上記等を乗車した上でレビュー、比較しております。

      【所有期間または運転回数】
      業務使用。運転は毎日欠かさず。

      ※再評価時、字数制限で購入動機等削除

      【総評】
      各所の口コミや、自動車ライターの書いた記事を見る限り、この車は
      カタログ燃費を上げる事を重視し過ぎ、パワーを落としたようにしか思えません…。
      流行りから、低燃費のハイトワゴンを急ぎで作ったのではないかと…。
      しかし、同じ車のはずの日産デイズは評判が良いので疑問。


      総合的に見て「少なくとも知人に
      続きを読む はとても薦められない」車です。
      コストパフォーマンスが良いと思えず、敢えてスペーシアやタントを
      避けてこの車両を買うメリットは無いと思います。
      「走行性能」「燃費」「価格」以外を重視されているなら良いですが
      この点を重視されているのであれば、じっくり検討する事をお薦めします。


      【良い点】
      ・子育て女性に嬉しい車内装備が充実。
      助手席下のスライド収納は前後ともに利用でき便利であり、
      シートが撥水生地なのも良い。また、天井部に収納ポケットがあり
      こちらに「おしり拭き」等を入れられるのがとても便利。(※)
      ロールサンシェードも夏場、停車時使用し、チャイルドシート等が
      熱くなりません。子供を保育園へ送っていく事も想定していたので、
      これらの点が結構魅力でした。
      (※おしりふきは、いくつかの銘柄のお徳用サイズを試しましたが、
      新品時は厚み超過で入りませんでした。7割ぐらい使用してから入れています。)

      ・とても広い
      やはり、この広さが何と言っても魅力的です。
      子供を抱っこから乗せる時にも悠々とできますし、
      運転に疲れた時の伸びは最高ですね。

      ・リアサーキュレーターで後部座席も安定して冷やせる
      サーキュレーターなので、夏場の走り始めに稼働させると
      温風を浴びる事になるが、やはり冷えが早い。とても魅力的。



      【難点】
      ・パワーが無さ過ぎる。
      歴代車両の中で最もパワーが無く、信号の無い交差点や合流箇所に於いて危険性さえ感じる。
      高速道路ICの合流点ではキックダウン(CVTなので機能は無いが…)として踏み込んでも
      とても非力で、勾配があるICの場合はエアコンを稼働させていると、80Km/hでの
      合流さえしんどい。これほどパワーの無い車は初めてである。

      ・燃費は期待できない。(少なくともエアコンシーズンは…。)
      上記理由とも繋がると思われるが、夏場に購入したのもあり、
      毎日エアコンを使用しているが、それ故か、燃費は非常に悪く、4度給油を行い
      3度目より満タン法で9.6km/h、9.2km/h。液晶での燃費表示が雑で、
      4Km/L代〜15Km/L代を彷徨っている。クーラーを使うと、燃費は悪い。
      現在この車含め3台あるが、バネオでエアコン使用時7〜8Km/H、
      非エアコン使用で9〜11Km/L、スマートKで12〜13Km/L。
      同16〜17Km/L。妻から「レギュラーになって安くなった分ぐらいしかメリットないね。」
      と言われる始末。エアコンを使わない秋以降、どうなるか…。

      ・ミラーが見え難い
      私の購入モデルは、ルームミラーがバックモニター併用になっている。
      これがとても便利であるが、デメリットとして、夜間走行時に見え難い。
      常時防眩ミラーにしているような状態である。ディーラーさんに聞いても
      「電源切っても駄目ですか?おかしいなぁ」で解決に至らず。


      ・エコストップ&アシストバッテリーの効果に疑問。
      1年使用していた車であった為か、果たして役立っているのだろうか?
      発進と走行中に電装品に電力供給しているようであるが…。
      しかし、エコストップは実験的にエアコンを切っていても、大通りへ侵入する
      交差点の信号待ちをフルに耐えられる程の与力は無いのか、すぐにエンジンが再始動する。
      こんなに短時間でアイドル再開すれば、燃費は悪化するのではないだろうか。


      ・タッチパネルエアコンは使いにくい。
      運転時に調整変更するのは少し難しい


      以上。不出来程可愛いと言えるがどこまで愛でられるか…。という状態です。

      【再編集追記】
      燃費偽装に納得。
      冬場、エアコンやファンすら使わずエコ運転で16.6km/lぐらいまではいけました。
      スタートはスローで後続車ごめんなさいレベル。坂道で充電、なるべくアクセル踏まず
      という運転で17.4km/lまで記録。通常時でこれなら買いです!ただし迷惑顧みず運転。

      出張や旅行でレンタカーを借りてワゴンRに妙にあたりますが複数回給油をして
      普段の運転で満タン法24-26Km/Lなどを経験しちゃうと、ハイトワゴンと言えどいかに
      この車が走りを棄て、無理矢理燃費を稼ごうとしてどっちもつかずの車になったかが
      わかります。いっそ燃費等無視して走りを重視したエンジンを開発したほうが良い。
      結局現状の三菱ekは買うならば検討をされる事をお勧めします。
      取引のディーラーでもスズキOEMのD2買ってる等ek乗りが誰もいない…。

      また、レンタカーで二度ほどデイズルークスに当たりましたが、
      燃費は同じく悪いが、加速はデイズルークスのほうが良い。OEMで
      同じ仕様ではないのだろうか?ただ、デイズが売れているのは疑問。
    • 昨日26日に納車でーす。シルバーで質感もよく見た目は大満足でした。

      【エクステリア】
      剛性が悪いのか、リアゲートのしまりが悪く、まぁまぁの確率で半ドアになる。

      運転席側の後席スライドドアにイージークローザーが付いておらず、不便まではいかないが、たいした機構でないのだから付けてもいいだろと思う。助手席側はついている。

      車幅感覚がこの手の車の多くとおなじく掴めない。

      他は、押しが強いデザインで好き。最下級グレードとは思えない。外からはチープさは全く感じない。ドアが直角まで開くのは驚いた。

      【インテリア】
      右手のエアコン吹き出しのドリンクホルダは普通だが真ん中に何も
      続きを読む ないから喫煙者の灰皿置く場所はない、ゴミ袋を引っ掛けるフックのみ。ちなみに運転席側で飲み物置いたら、サイドミラーのあおり調整ができない。

      ステアリングはウレタンとカタログに書かれていたが、妙なザラつきがあり、握り心地がよろしくない。が、ガマンできるレベルではある。

      室内は色合いが良くて心地いい。シートも程よい柔らかさで弾力があり、1時間近くの運転もそんなに苦ではない。

      最下級グレードゆえ、この時代にオートエアコン、オートライトではない、さらにただのキーレスだからキーをいちいち入れて回すのが面倒くさい。承知で買ったが、インテリキーに慣れていては少しツライ。

      ダッシュボードの真ん中がなーんにもなくて殺風景。広大な室内空間のせいでオートエアコンはブン回りだから、マニュアルで十分、必要無しでこのグレードにしたが、何もないのも商用じゃない訳だし少しは考えて欲しい。

      開放性がすこぶる良い窓の大きさの為、走る方角によっては全身で日光を受け止めることになり、かなりのやられっぷりである。

      フロントのツイーター、リアスピーカーは設置場所はあるが付いていない。ekスペース用と書かれたブラケットでも取り付けに困難な場合がある、孔開けが必要らしい。ネットを見る限りは取付は楽なようでも、実際はまったくもって楽ではない。好きな奴なら1日かけてもやればいいが、専門業者に任せた方が良い。

      【エンジン性能】【走行性能】
      完全なる力不足、エコの走りをしようと思いながら合流すると事故を引き起こすレベルの加速力の無さ。70超えた老人でも、この車を運転する際は全開走行が必須です。

      アクセル重い、滑り出しはカメ、アクセル踏んでもスピード出ず、エコの走りは全くできない。だからこそ、この最下級グレードのタコメーター無しがいさぎ良い。エコマークも申し訳なさ程度にメーターすぐ横にあるが、気にしてたらオカマ掘られる。そんなん無視してアクセルを踏もう。

      しかし、高齢者にターゲットを絞ったかのような安全機構がコミコミでマイチェンです。とてつもなくお買い得感満載です。周りに迷惑を掛けずにゆっくり走ることに慣れれば、これほど良い車はありません。

      【乗り心地】
      全く問題無し。ホンダ車の様に座席前後すべてでフローリングのようなフラット&驚異の硬さも無く心地はいい。カーブでもスピードが出ないからふらつきもないし、バンピーな路面でもスピードが出ないからいたって快適。

      【燃費】
      公称22kmだが、これはヒドイ。すべて下りの坂道なら分かるが、20を超えるわけがない。あれだけアクセルふかせば15キロ前後が関の山。

      【価格】
      最高のひとこと。

      【総評】
      値段が安くて車内空間が広い方が良くて、遠出はしないけれど人は乗っけるよ、と近場移動の主婦層には最適な車。燃費は極悪になりそうだけど、他社との価格差を考えると、相当乗らないと損が見えてこない程度。初期投資を抑えることは、それだけ重要。お金を掛けなきゃいけないところって車以外にいっぱいあるしね。

      上級は25万円高でインテリキー、オートエアコン程度だから、こっちがお得。
    • 代車で長期レンタルしていて気になったのでレビューします。決してアンチMITSUBISHIじゃありません 笑

      【エクステリア】・ぱっと見てキャビンの屋根だけが妙に高く不恰好だけど、慣れるとマンガに出てきそうな愛敬を感じられることもないこともない ・リアハッチの閉まりを確認する際に掴む部分がグニャグニャしてて弱い ・スライドドアの運転席からの操作は反応が悪くて不要 ・エンジンかけたままキーを持って車外へ出た際の警告音が大音量過ぎ&しつこく長い ・ヘッドライトが私の借りたグレードでは本当に危なく暗い

      【インテリア】・屋根が高くて持て余すくらい空間が広い。たぶん背の高い男性、または座高の高
      続きを読む い方でも余裕でしょう ・後部座席は子供が余裕でお着替えできます ・シートは前の2席は座り心地が良くて長距離(200キロくらい)も問題なしでしたが、後部座席は薄っぺらくて腰が痛くなりましたのでクッション持ち込み推奨します ・助手席の背面に折りたたみトレーが付いていて何気に便利ですが、開閉が硬くて閉められない時もあり
      ・エアコンはタッチパネルの反応が良過ぎて(慣れの問題かも)誤操作しやすかったり、オートにすると外気に切り替わるのでいつも手動だったり…後部座席はなかなか暖まらないので冬場の厳しい寒さは辛いかも ・天井の吹き出しはただのサーキュレーターです。
      ・スライドドアに収納できるロール日除け(名前は知りません)は便利です。ロールアップしたまま窓も開けられます。
      ・背が高い分、窓も大きく、開け閉めも時間がかかります。パワーウィンドウ自体の動きが遅いだけかも。
      ・車内の遮音はどうかと言えば、う〜ん、停まってる時は仮眠できましたが、走行時にエンジンの音はかなり派手にヴーンと始終唸ります。普段は軽に乗らないためこれが普通なのかも知れません。
      ・リアハッチ内の荷室容量は2列目の足元の広さ次第で変わりますが、3人分の旅行カバン(2泊3日分)+お土産もちゃんと載りました。

      【エンジン性能】
      これが1番のヤバい部分…エンジン性能というより燃費優先でこんなセッティングにしてる? おかげで本道に合流する時など、冷やっとするくらいのゆっくり発進とのんびり加速です(無理なタイミングでなく)
      他のレビューで、丁寧にペダルを踏めば滑らかなCVTの十分な加速が…みたく書かれているのを見ましたが、よっぽどゆっくり走る方なのでしょうか?
      子供の送り迎えで時間いっぱいになり急ぐ時など、2、3テンポ動きが遅いため困ります。優しくペダルを踏んでもエンジンはブーンと唸るんですが車の反応は遅い。なんとかシフトノブのスイッチでロックして少し反応を変えられる程度。
      でも、高速ではCVTのおかげでしょうか、120くらいまでは割と走る(グイグイ加速してメーターいっぱいビュンビュン走るターボ車とは全く違います)
      登坂はまるで昔のクルマみたいにダメです。

      【走行性能】
      背が高いのにカーブも器用に曲がります。ブレーキは変な癖もなくちゃんと思ったとこで止まります。私の借りた安いグレードは車重とタイヤの関係からでしょうか、、ハンドルの戻りがなんだか遅い…なのに、雨の日や少しシャーベット状態の時はすぐズルズル滑ります。

      【乗り心地】
      皆さん仰るとおり、乗り心地は良いです。変なフワフワもありませんがガンって突き上げもないです。普通車の大きめなミニバンに乗ってる感じもあり、長距離などでは不安感が少ないと思います。

      【燃費】
      高速で結構飛ばして240キロくらいの距離を満タン無給油できましたが、タンク容量で割ると、、
      市街地では、もうアクセル踏んでるのに、ちょっとまって〜、あれ〜? などと言ってる様に加速?するクルマですからガソリンはなかなか減りません。あと、信号でのアイドリングストップは役立たずです。

      【価格】
      もう、メッチャ安く買えるなら乗り心地とキャビンの使い勝手の良さでなら買っちゃう場合もある、、ないかも…

      【総評】
      1.万一買われるならターボ付きを選びましょう
      2.日産バージョンを必ず試乗してみましょう。

    eKスペースのクチコミ

    (164件 / 8スレッド)

    クチコミ募集中

    eKスペースのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    eKスペース 2014年モデル

    eKスペース 2014年モデル

    eKスペース 2014年モデルのクチコミを書く
    eKスペース

    eKスペース

    eKスペースのクチコミを書く

    閉じる

    eKスペースのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    eKスペース 2014年モデル

    eKスペース 2014年モデル

    eKスペース 2014年モデルのクチコミを書く
    eKスペース

    eKスペース

    eKスペースのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ195
      • 返信数77
      • 2016年5月27日 更新
      燃費のような他メーカーでも偽装を暴ける数値を誤魔化しを三菱が販売したのは何故なのでしょうか。
      三菱自動車の経営陣はなぜバレる危険の高い偽装を容認したのでしょうか。

      三菱って歴史ある看板に対するプライドが希薄な人が経営陣になぜなれたのでしょうか

      • ナイスクチコミ155
      • 返信数16
      • 2016年5月1日 更新
      燃費は断然悪いけど、とにかく安く新車を買いたいという人向けのクルマですね。

      新車70万円(諸費用込)も夢ではありません。
      とにかく強気の値引き交渉を!
      • ナイスクチコミ65
      • 返信数17
      • 2016年4月30日 更新
      個人的には、三菱車にはコルトを運転したことしかない(先代ではなく)が、
      なかなか見切りのいい車だった。
      ただ、燃費はよくなかった。
      フィットよりも早く、ガソリンが減るなあと感じたのは確かだ。

      でも、軽自動車なら、車体も軽いから
      まあ、25キロ、30キロという燃費は頑張って出せるのでは…と
      思っていた。

      いま、スズキの軽に乗っているが、
      車体を軽くするため
      続きを読むに、どれだけ努力をしたのかは、よくわかる。
      三菱は、どうだったのか???

    eKスペースの中古車

    eKスペースの中古車相場表を見る

    eKスペースとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止