ホンダ S660 2015年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

S660 2015年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
β2018年5月25日/マイナーチェンジ201万円 135〜328万円   MR 2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
β (MT)2018年5月25日/マイナーチェンジ201万円 153.7万円   MR 2人 21.2km/L 658cc 830kg 64ps
β #komorebi edition2017年11月10日/特別仕様車208万円 173〜179万円   MR 2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
α2018年5月25日/マイナーチェンジ222万円 129〜398万円   MR 2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
α (MT)2018年5月25日/マイナーチェンジ222万円 189.0万円   MR 2人 21.2km/L 658cc 830kg 64ps
α Trad Leather Edition2018年12月21日/特別仕様車231万円

-

    2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
α Trad Leather Edition (MT)2018年12月21日/特別仕様車231万円

-

    2人 21.2km/L 658cc 830kg 64ps
Modulo X2018年7月6日/マイナーチェンジ285万円 269〜285万円   MR 2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
Modulo X (MT)2018年7月6日/マイナーチェンジ285万円

-

  MR 2人 21.2km/L 658cc 830kg 64ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
β2015年4月2日/ニューモデル

198万円

135〜328万円   FR 2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
β (MT)2015年4月2日/ニューモデル

198万円

153.7万円   FR 2人 21.2km/L 658cc 830kg 64ps
α2015年4月2日/ニューモデル

218万円

129〜398万円   FR 2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
α (MT)2015年4月2日/ニューモデル

218万円

189.0万円   FR 2人 21.2km/L 658cc 830kg 64ps
α Bruno Leather Edition2017年6月2日/特別仕様車

228万円

178〜229万円   MR 2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
α Bruno Leather Edition (MT)2017年6月2日/特別仕様車

228万円

-

  MR 2人 21.2km/L 658cc 830kg 64ps
CONCEPT EDITION2015年4月2日/特別仕様車

238万円

179〜255万円   MR 2人 24.2km/L 658cc 850kg 64ps
CONCEPT EDITION (MT)2015年4月2日/特別仕様車

238万円

-

  MR 2人 21.2km/L 658cc 830kg 64ps

S660 2015年モデルのレビュー・評価

(94件)

S660 2015年モデルの満足度

4.27

(カテゴリ平均:4.31)

    S660 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • S660 2015年モデル α (MT) 【総評】
       2016年春より、都内に毎週1度仕事に行くことになったが、仕事先の駐車場が小さくて軽自動車しか入らない。
      そこで「なにか足となる車を探さねば」と探した結果がS660となった。

       自分はスポーツクーペが好きで、少し贅沢だが、増車する形でS660を探すことに。
       しかし、当時は新発売となってからまだ1年足らずで、S660がバックオーダーを抱えるほど人気が継続中。新車での見積もりをした結果、18ヶ月待ちを宣告される。
       都内での仕事開始までそれほど時間的猶予はなかったため、中古車を探したところ、神奈川県のホンダのディーラーに中古車がある情報を掴み、即決した。
       購入価格は
      続きを読む 220万円。
       新車価格よりも約20万円ほど安価となったが、走行距離が2500kmはあったので、お買い得感はあまりない。当時の人気ぶりを考えると強気の値付けだったと思われる。

       ここまでが導入経緯で、以降は2016年春から3年間乗り続けた感想としてのレビューになる。

       まず、乗り心地が想像よりも大分良好であったことに驚いた。
       この吊しの純正サスペンションは完成度が非常に高く、街乗りも簡単にこなせるし、筑波サーキット1000のようなショートコースとの相性も悪くなかった。純正状態の最低地上高12cmは、普段使いも視野に入れた設定としては絶妙な落とし所だといえる。

       エンジンパワーは5000rpmあたりから力を失い、自工会自主規制の64馬力へと収束してしまう。
       これにはほとほと困惑していたのだが、ある日、この腑抜けな特性を本来のリニア特性に変貌させるツールがHKSよりリリースされていることを知る。
       それはFlash Editor」という製品だった(下記)。

      https://www.hks-power.co.jp/product_db/electronics/db/17368

       これはいわゆるROMライターに相当するもので、純正ECUの燃調マップを書き換えるチューニングパーツになる。
       商品標準収録データはPAHSE1がスピードリミッターカットのみ、PHASE2が5000rpmからパワー収束させる特性を改め、リニアに出力が上がっていく設定へと変更してくれる。なお、随時、純正状態に戻すことにも対応している。

       筆者はマフラーを同じHKSの「HKS リーガマックスプレミアム マフラー」に交換して、PHASE2で1年半ほど乗っていたが、純正状態にはなかったリニアな出力フィールになり、ドライバビリティが圧倒的に向上することに驚かされた。HKSの説明によればPHASE2では出力が+10%馬力ほど上がった約70馬力ほどになっているとのことである。

       その後、スーパーオートバックス江田オリジナルのPHASE3データ(1.1x100kpaへの+10%ブーストアップ)仕様に書き換えてもらったところ、約80馬力に。
       この状態になると、直線の長いコースではメーター読みで180km/hまでは出るようになるから驚く。
       この仕様でも満タン法の計算で街乗りの燃費は約15km/Lなので立派なものである。

       HKSからはタービン交換キットなどのさらに攻めたチューニングパーツがリリースされているが、筆者のような普段街乗り、時々スポーツ走行(といってもエンジョイ勢)というユーザーであれば、PHASE2,ないしはHKS認定のFlash Editorパワーライター店製のPHASE3のブーストアップ仕様で満足出来ると思う。

       ところで、S660は荷物が全く載らないのだが、筆者は助手席を荷物置き場にしているのでそれほどは困っていない。

       出掛けた先で車で来ていることを知った知人が「あ、じゃあ近くまで乗せて」と言ってきたときも、助手席に置いてある荷物の有様を見てあきらめてくれるので、S660の荷物の乗らなさ加減はこうした"送ってくれ勢"を撃退することに貢献する場合もあるので"善し悪し"である。

       …という冗談はさておき、大きなマイナーチェンジがあるのであれば、収納スペースの増量改善はやるべきだと思うし、ドアミラーの電動開閉機能くらいは付けて欲しいとは思う(笑)

      【エクステリア】
      全体的なスタイルはよいと思う。
      フロントにもっとアクセントが欲しかったので、バンパーはS660.COMのものに変更。
      サイドステップやリアバンパーは無限のものを組み合わせた。
      これに合わせてS660.COMバンパーの黒い部分は無限製のものと同色のガンメタ系とした。
      フロントセクションにメッキのラッピングを施し、差し色ののアクセントを入れている。
      また、ルーフは布製の幌をキャンセルし、同じくS660.COMのFRP製ハードトップとして、ボディ同色にした。
      ハードトップ交換後は屋外の騒音の入り込みが激減し、驚くほど車内が静かになった。

      【インテリア】
      悪くいえば質素、よく言えば硬派。

      筆者はカーナビとして社外製のパイオニア製「AVIC-MRP660」(現在は生産完了品)を選択。

      AVIC-MRP660はいわゆるポータブルナビにカテゴライズされる製品だが、車速信号入力とプローブ型渋滞情報システム(スマートループ)にも対応する一品である。

      筆者のS660への搭載事例では運転席背後から出ている車速信号を入力して、トンネル内でも正確に自車位置を検出できる仕様としている。最近はスマートループの通信モジュールも半額程度に値下がりしているのでこれも接続。
      S660にてフルスペックのナビを運用できていることには満足している。

      【走行性能】
      筑波サーキット1000しか走っていないが、前述したような約80馬力仕様とすることで、"初心者が乗る"インプレッサWRXを追い回せるくらいには(笑)、速く走れるようになる(写真参照)。
      S660は、本来は危ないミッドシップ車両だが、純正タイヤが超ハイグリップなヨコハマのNEOVA AD08Rであること、それほどハイパワーではないことが功を奏しているためか、けっこう派手に曲げてもスピンモーションにはなかなかならない。
      現行車という括りでは、間違いなく世界で一番安全なMR車であろう(笑)
      参考になった 11人
      2019年9月30日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 5
      価格 4
    • 購入後、1年くらいで売却してしまいました。
      私にはs660の魅力であるはずの小ささが合いませんでした。

      自分一台だけで走らせてくれれば、間違いなく良い車です。
      しかし実際には一般の車に混じって走っているので、低くて小さいと肩身がせまいように感じてしまい、窮屈な気分になることが多くなりました。
      そうなると、やはりある程度の車格で悠々と走りたい、と思うようになりました。
      人や荷物を乗せるのは想定していなかったので、用途としては間違っていませんでした。
      車の素晴らしさは多くの方のレビューのとおりです。
    • 車両情報
      グレード:β 色:グレー ミッション:MT メーカーオプションなし オプション:無限エアロ、αホイール
      走行距離 3万km 初年度登録 2015年9月

      リセール(売却価格) 120万円

      良かったと思う点
      ・抜群の回頭性 BMW E85 Z4でも敵いません。
      ・乗り心地の良さ。ハイグリップタイヤでもコペンより乗り心地は良いです。スタッドレス履いてるともっと静かで乗り心地良くなりました。
      ・燃費が良い。メーター読みで20km/Lは軽く出せます。満タン法では18.5km/L程度。スタッドレスではメーター読みで23km/L程度。
      ・冬のオープ
      続きを読む ンでも寒くない。リア小窓を5cm程度開けると風が上手く抜けて、小窓からエンジンで暖められた風が少し入って来るので首周りが温かい。腿は専用の吹き出し口で寒くないので一般道では手袋や膝掛けなしでも大丈夫でした。
      ・腰が痛くなりにくいシート。長時間の連続ドライブでも腰痛知らず。
      ・リミッター(メーター読み134km/h GPS126~8km/h)までは特にストレスなく加速する。
      ・高速でも直進性は高く安心して乗れます。
      ・ブレーキが抜群に効きます。安心して踏み込めます。


      悪い点
      ・荷物が乗らない。トップキャリア等のキャリアを使うと風の巻き込みが増大しとても寒い。外気温が23,4℃以上でないと暖房も効かないくらいです。
      ・オープンでとてもうるさい。ロールゲージに風が当たりゴーゴーと高速では耐えられないくらいうるさい。
      ・両窓を全開に開けると風の巻き込みが不規則で心地よくない。全閉では問題なし。
      ・後方視界とくに助手席の後方が見えない。歩行者の巻き込み等注意。
      ・ロールトップは脱着が手間。また、ボンネット閉める際の音がうるさく、夜間は近所迷惑になる。
      ・ガソリンタンクが小さい。400km~450kmでほぼ空になる。
      ・高速120km/h制限区間ではリミッターがとても邪魔になります。
      ・前車追従クルーズコントロールがあれば尚良し。


      以上です。二人以上で乗車し旅行に行くならトランクキャリア、トップキャリアは必須です。トランクキャリアは後方視界が絶望的。トップキャリアはオープンの風の巻き込みの覚悟が必要です。
      ご夫婦でオープンドライブを楽しみたい方はロードスターをおすすめします。コペンはオープンにすると荷室がS660並に狭くなります。

      抜群の回頭性とオープンドライブを1人で楽しみたい
      方には超おすすめな車です。MRのハンドリングを200万で味わえる貴重な車です。リセールが良いので2,3年だけ乗るのも有りと思います。
    • 新車で購入し、一年近く乗っての感想です。
      悪い点としては思った以上に荷物が載らない。二人で乗るととにかく荷物の置き場に困る。
      男どうしで乗ると空間が狭いこともあり長距離は勘弁してほしい感じである。(クローズドの場合)
      乗り降りが大変。

      良い点
      オープンにして左右の窓を開けて走ると風の巻き込みはあるが、特にくねくねとした道を走ると笑みが
      こぼれるくらい楽しい。
      ミッドシップ特有の自分を中心として回る感覚がいい。(頭が軽い)
      高速も走ったが、思ったより静かで会話も普通に可能だった。
      サスペンション、シートもいいので長距離もそれほど私は苦にならず楽しめた。
      1万キロを超えた位
      続きを読む からサスペンションもスムーズになった気がする。
      1万キロを超えたところだが、ガタピシが少なく、何度かレンタカー借りたのと比べるとマイナーチェンジ
      後だからか走行距離からかガタピシ音がしない。対策していると思われる。

      以前ビートに乗っていて忘れられない車だが、私はs660の方が自分にあっていて気に入っている。
      長距離走ると道中も思い出になる。
      そういう点はバイクにちかい感じをもっている車で、セカンドカーとして考えれば本当にいい車だと思う。

    S660 2015年モデルのクチコミ

    (1528件 / 97スレッド)
      • ナイスクチコミ254
      • 返信数34
      • 2019年8月11日 更新
      昨日(5/28)に近くのホンダカーズで試乗してきました。
      普段走っている道路事情だったので、良いかなと。

      私はもう15年ほど前ですが、S660の前身?のビートに3年乗っていました。
      腰を痛めて乗り降りが辛くなり泣く泣く手放したのですが、また乗りたくて
      中古車検索する日々、そこへS660発売の朗報が入ったのです。(2年前くらい)

      この日を待ちわびてました。 
      続きを読む
      注意)そもそもビートとS660の比較が合っているのか分かりませんが、
      私の個人意見ですのでご了承くださいね。

      試乗したのはカーニバルイエロー2のα マニュアル。
      前後にModuloのエアロつき。

      デザイン(特にフロント)、サイズ感、座った感じ、
      まさに当時のビートを彷彿とさせるこのワクワク感。
      インテリアの作りこみは近年のHONDA。
      その全てにビートのDNAが注がれていた。

      と思ったのはここまで。

      走り始めてこのワクワクは少しづつショボンに変わっていきます。
      そう、エンジン。
      ビートのエンジンは、アクティーやトゥデイなどに搭載していた
      E07Aをベースに、吸排気系、「特に3連スロットルなどチューニングされ、
      『え?これ同じエンジン?』と思ってしまうほど軽快でした。
      ビートはNA、S660はターボ、同じ64PSですが、車重が重くなった分
      ターボの力を借りてもやはりモッタリとしています。
      ビートのエンジンは、下は使えないけど9000rpmまで吹け上がり、
      アクセルレスポンスで遊べる。分かり易く言えばバイクに近い
      トルクは細いけどどんどんシフトアップして回したくなるそんなエンジンでした。
      が、S660は、他の方が指摘している通り、
      Nシリーズそのままっぽいフィーリング。
      それと、ノイズ。シャラシャラと気になる。
      エキゾーストも篭った音が心地悪く、5000rpm回しても
      音と加速(重量)がチグハグで物足りなさを感じます。

      ハンドリングはやはり重量物をヨイショと動かす感じ。
      操舵と動き出しに少しラグがある。
      (EPSにある程度重さを加えているのだと思いますが
      それが味付けなのか重量によるものなのか分かりません)

      エンジン以外は優秀だけに、購入意欲は少し落ちましたが
      今後、レスポンスや軽量化などで改良されていけば
      また検討するかもしれません。
      • ナイスクチコミ138
      • 返信数10
      • 2019年7月19日 更新
      どなたか交換された方、レビューをお願い致します。

      当方、検討中です。
      • ナイスクチコミ33
      • 返信数7
      • 2019年7月4日 更新
      2017年購入時には設定になかった純正ナビが昨年から出たようなので、ディーラーにて後付けをしてもらった。

      https://www.honda.co.jp/navi/s660/

      価格は工賃込みで229446円

      以前はセンターディスプレイだけで楽しんでいた。
      ナビにするとディスプレイは一回り大きい7インチ。
      ナビ自体の性能はいたって普通。Gメーターのデザインが
      続きを読む変わった。燃費計もディスプレイに表示できる。

      音楽は以前よりiPodで聴いていたので早速接続してみた。
      ところが、明らかに音質が落ちている。まるで一昔前の安物のカーラジオのようなチープな音であろ。
      これには大ショック!

      以前は、標準装備のスピーカーでも十分に良い音で鳴ってくれていたので、今回のナビ装着でもスピーカーはそのまましておいた。
      なのに、明らかな音質低下。

      音質調整はあるが高音と低音の調整しかない。低音を目一杯上げたがやはり物足りない。

      なぜだろう?
      今度、ディーラーで尋ねてみる。

    S660の中古車

    S660の中古車相場表を見る

    S660とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。消費税率変更等に伴い、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止