プジョー 5008 2017年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

5008 2017年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
Allure2019年5月21日/マイナーチェンジ

421万円

309〜385万円   FF 7人 14.3km/L 1,598cc 1,560kg 180ps
GT BlueHDi2019年5月21日/マイナーチェンジ

481万円

288〜438万円   FF 7人 17.8km/L 1,997cc 1,690kg 180ps
GT Line BlueHDi2019年12月9日/特別仕様車

486万円

-

  FF 7人 21.2km/L 1,997cc 1,690kg 180ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
Allure2018年7月19日/マイナーチェンジ

404万円

309〜385万円     7人 13.6km/L 1,598cc 1,550kg 165ps
Allure2017年9月25日/フルモデルチェンジ

404万円

309〜385万円   FF 7人 13.6km/L 1,598cc 1,550kg 165ps
CROSSCITY2018年11月29日/特別仕様車

430万円

347.8万円   FF 7人 13.6km/L 1,598cc 1,550kg 165ps
GT BlueHDi2018年7月19日/マイナーチェンジ

473万円

288〜438万円     7人 17.8km/L 1,997cc 1,690kg 180ps
GT BlueHDi2017年12月1日/マイナーチェンジ

469万円

288〜438万円   FF 7人 17.3km/L 1,997cc 1,690kg 180ps
GT BlueHDi2017年9月25日/フルモデルチェンジ

454万円

288〜438万円   FF 7人 17.3km/L 1,997cc 1,690kg 180ps

5008 2017年モデルのレビュー・評価

(14件)

5008 2017年モデルの満足度

4.38

(カテゴリ平均:4.3)

    5008 2017年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 5008 2017年モデル GT BlueHDi プジョーのフラッグシップ7シーターと位置付けられる新型「5008」の広報車両をお借りして、試乗してきました。

      先代に比べよりSUVらしくなったエクステリアデザインは、「3008」と基本的に共通な部分も多いのですが、全長は3008の4450mmから4640mmと190mm長くなり、ホイールベースは2675mmから2840mmと165mm延長されています。そのため5008は3列シートを実現しています。

      今回テストしたのは5008 GT BlueHDiで、2リッター直列4気筒ターボディーゼルを搭載。最高出力は180ps、最大トルクは400Nmを発揮し、8速ATが組み合わされます。これらエ
      続きを読む ンジンやトランスミッションは、EMP2と呼ばれるプラットフォームを含め、3008と共通な部分が多いモデルです。
      そのため、SUV感満載のエクステリアながら駆動方式はFFで、5008 GT BlueHDiには砂や泥など様々な路面に対して最適なトラクション制御を行なうアドバンストグリップコントロール(5 モードでヒルディセント機能含む)が搭載され、タイヤもマッド&スノーのオールシーズンタイヤが装着されています。

      荷室容量は5名乗車時では762リットル(VDA法)で、2列目シートを畳んだ2名乗車では1862リットルと広大です。またパセンジャーシートバックまで倒すと、約3.2mの長尺物を載せることが可能です。長距離の旅行などを考慮したクルマといえます。

      5008 GT BlueHDiに乗り込んでみると、インテリアは、昨今のプジョーに漏れず非常に個性的。
      センターコンソールにあるシルバーのスターターボタンを長めに押し続けると、カラカラというディーゼルの音とともにエンジンは目覚めました。その音はオブラートに包まれたような印象で自然とディーゼルエンジンということを忘れてしまいます。アイドリングストップからの再始動も非常にスムーズでショックは皆無。

      新世代i-Cockpitは、近未来的なセンターコンソールとシフト回りで構成されており、デザインは斬新です。SUVとは思えない小径ステアリングとその上から見るメーターディスプレイは、視認性も高いです。

      近未来的な形状のシフトレバーは最初慣れが必要でした。手前に引くとDレンジ。そこから前方に押すとNやRレンジにシフトできますが、力加減ではNレンジのままといったことが何度かありました。

      センターコンソールに整然と並ぶスイッチは美しいのですが、デザイン優先の感があり、用途が目視でないと分からない事です。そのため、走行中のブラインドタッチは長時間相棒として付き合わないと厳しいです。

      高速道路では、このクルマの良さが際立ってきます。3008と同様に抜群の直進安定性と、フランス車伝統の適度なサイズと柔らかいながらも芯があり、ホールド感を持つシートは長距離を走っても疲労を感じさせないもので国産SUVでは真似のできないものです。またミディアムサイズのSUVにも関わらず重心が低くとられているため、高速でのコーナーも安心で、小径ステアリングと相まって機敏なハンドリングが味わえます。

      最大トルク400Nmを発生するディーゼルエンジンのパワーは十分パワフルです。必要とする速度には、回転数を上げなくても、スルスルと速度を持ち上げます。8速ATは比較的ハイギヤードで、時速90キロくらいでトップギアの8速に入り、高速での燃費は非常に良好。様々な情報を得られるモニターでも18km/Lを表示。無給油で相当な距離を稼げるでしょう。

      一昔前のフランス車(筆者も20年以上前、シトロエン、プジョーには何台も乗り継ぎました。)では想像もできない完成度の高さ、各部の質感はドイツ車並みです。
      昨今のフランス車の素晴らしさを凝縮した5008。似たようなデザインが多い中、このクルマは、個性満載のSUVです。
      長年の相棒になってくれることでしょう。

      参考になった 16人
      2020年1月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 4
      価格 4
    • 【エクステリア】
      先代の小型MPVから刷新されてSUVへと変更。
      派手さはあまりないものの、良い物感は十分に伝わるし、丸っこいSUVが流行ってる中で割とスクエアな形をしている点も好きな人は好きだろう。

      【インテリア】
      小ぶりなステアリングやi cockpitやスタイリッシュなシフトレバーがスポーティな演出をしている。
      プレミアムブランド程に煌びやかな印象はないが、アンビエントライトのさり気ない演出や各種マテリアルはエクステリア同様に良い物感はある。

      また座り心地はフランス車お約束で柔らかめながら、硬さも程々にあり絶妙なシートだ。

      前席、2列目の居住空間は及第点で2列目
      続きを読む にはテーブルがつく。
      三列目は165cm以下の人推奨でISOFIXもなく、体育ずわりに近い姿勢となるので、常時使用するタイプではない。
      なんだかんだ7人乗れる点はありがたいが。
      また三列目を使ってる状態では荷室が大変ミニマム。
      二列目にアームレスと付きのドリンクホルダーなどがないのもマイナス。

      総評すると欠点もあるものの、中の広さや質感は及第点でシートの出来が良いといったインテリア。
      お金に余裕があればぜひサンルーフは付けたくなる。

      【エンジン性能】
      177馬力、最大トルク400Nmの2リッターディーゼルターボは想像以上に力強く、7人乗りSUVでありながら元気よく走れる。
      絶対的にパワフルというわけではないが、トルクもあるおかげか出たしからスムーズなパワーを提供するエンジン。

      【走行性能】
      車からは想像もつかないハンドリングと、レスポンスを持っておりファミリーカーとしてもパパが楽しめそうな一台。
      取り回しも結構良い。

      【乗り心地】
      前述した絶妙なシートに加え、SUVとなっても健在な猫足によりかなり良好。
      長時間でも疲れにくいだろう。

      【燃費】
      試乗なので無評価だが、決して悪くはないだろう。

      【価格】
      乗り出し価格は500万前後から600万前後といったところ。
      従来のプジョーとしてはかなり高額ではあるものの、7人乗りSUVとしてはかなりコスパが良いのも事実。

      標準装備はケッコー充実している。

      同じく7人乗りSUVのマツダCX8とはよく比べられ、CX-8と比べると高額なのは否めない。

      しかしながらCX-8はラグジュアリーに広いと言ったキャラクターであるのに対し、5008は7人乗りでありながらスポーティ性も加味されたSUVと言った感覚で捉えているので似て非なるキャラクターであると思う。一概にCX-8の方が良いとは言えないと思う。
      勿論CX-8も素晴らしき車。

      【総評】
      刷新されたデザイン、SUVとしての実用性もありながらスポーティな走りも可能と総合的に満点はなくとも良くできた車であるとは感じる。

      またプジョー壊れやすいんじゃって思う人は未だに多いが、少なくともアイシン製のミッションを採用してからはミッションの不具合は劇的に減った。

      VWグループのDSGよりも信頼性はあると思う。

      そう言った関連から7人乗りで輸入車を探してるなら1番オススメ出来るモデルだ。

      何より乗り心地が良い。プジョーは下手なプレミアムブランドよりも乗り心地に優れると思ってる。
    • 【エクステリア】格好よく、お洒落だと思います。  《4点》

      【インテリア】お洒落さがあって、こだわりがあるのは良いのですが、何よりも2列目がひどすぎです。
      私の身長は182センチですが、真っ直ぐ座れません。頭が完全に天井に当たります。座面設定が高過ぎだと思います。
      このサイズの車で2列目がネックなのは初めてです。3列目は勿論補助用なので座れたもんじゃありません。
      さらに、グローブボックス。小さすぎですね。車検証入らないんじゃないですか?  《1点》

      【エンジン性能・走行性能】ドライバーとしては運転していて楽しい車ですね。(少しカクカクした走りでしたが)  《4点》

      【乗
      続きを読む り心地】ドライバーとしての乗り心地は気持ち良く、他のディーゼルドイツ車に近い感じでしたが、2列目や3列目の人はリラックス出来ないんじゃないでしょうか。大人数・長距離がメインテーマの車としては致命的ですね。  《2点》

      【価格】この出来で乗りだし500万は高いです。  《2点》

      【総評】このサイズで2列目にまともに座れないのは致命傷ですね。正直お勧めできません。以前試乗したcx8に勝っている点は皆無ですね(強いて言うならフランスのお洒落さくらい)。cx8の方が断然2列目も広く、3列目もゆとりがあり、滑らかな乗り心地です。5008より価格は安いですし、維持費もcx8の方が安いでしょう。
      5008は3列シートのドライバーズカーという感じです笑。


    • 【エクステリア】
      外観で車選びをするとは思ってもいませんでした。
      それぐらい、心を動かされました。

      車選びの条件は、市街地用にあまり大きすぎないこと
      冬にスキーや登山で車中泊で使用する
      年に数度6人乗車で使用する等により
      アウトランダー、エクストレイル、crvが候補でした。
      cx-8は大きさが気になって候補から外しました。
      上記の候補車を見ても買いたいという気持ちにはなりませんでした。
      5008の品のあるデザインは、カッコいいというよりも
      きれいな車と表現したくなります。

      【インテリア】
      高級感という点では今一歩かもしれませんが、
      運転席に座った時に、しっくり
      続きを読む と何とも言えない落ち着き感を
      感じることができます。
      グリーンステッチのアルカンターラシートはとても座り心地が良く
      デザイン面に関しては品の良さを感じます。
      後部座席は、3席のシートが横並びをしているので
      運転席ほどのゆったり感はありませんが、妻と子供なので問題ありませんでした。
      後部座席はサンルーフがもたらす解放感が好評です。
      夜はサンルーフの淵に沿ったブルーのイルミネーションが
      ムードのある空間を演出してくれます。

      CarPlayも物凄く便利です。google mapを問題なく利用できます。
      音楽も便利で、運転中にウインカーレバーの先端のボタンを押して
      「〇〇(←ミュージシャンの名前)の曲を聴きたいなあ」と話しかけると
      ランダムにそのミュージシャンの曲をかけてくれます。

      【エンジン性能】
      ガソリンにするか、ディーゼルにするか本当に悩みました。
      乗り比べてみたのですが、ガソリン車の静寂性とスムーズさに惹かれました。
      ディーゼル車も、それほど煩いとは思いませんでしたし、
      加速時の高揚感は良かったです。
      ただし家族が車酔いをしやすいので、最初からガソリン一択でした。
      →ディーゼルが車酔いするという意味ではありません。

      【走行性能】
      高速走行時の安定感と、ハンドリングの良さは際立っていると思います。
      cx-8や、crvと乗り比べたことのある方の意見をお聞きしてみたいです。

      【乗り心地】
      これも素晴らしい。

      【燃費】
      市街地走行が多いので10キロを切ります。

      【価格】
      総額で500万を超えました。金利が低めなのが良かったです。

      【総評】
      7人乗りのsuvは、増えてきたとはいえ
      選択肢もまだ限られています。
      本当に欲しいという気持ちになる車に出会えず
      車選びも面倒くさくなってきていました。
      きっかけは、5008のクロスシティの登場でした。
      それまではディーゼルにしか採用されていなかった
      アドバンスドグリップコントロールがガソリン車に採用されたとのことで
      軽い気持ちで試乗に行ってみることにしました。
      上述の通り一発で気に入るほどのインパクトをもたらしてくれました。
      良い買い物をしたと満足しています。

    5008 2017年モデルのクチコミ

    (139件 / 19スレッド)
      • ナイスクチコミ0
      • 返信数2
      • 2020年2月12日 更新
      購入検討していますが、この車種では音楽アプリのSpotifyは再生出来るのでしょうか?
      また、AUXの外部出力はありますか?

      もしそれらがない場合、この車種でできる音楽再生方法を教えてください。

      よろしくお願いしますm(*_ _)m
      • ナイスクチコミ19
      • 返信数6
      • 2019年8月6日 更新
      昨年から5008を買い替え対象の有力候補として検討しています。

      ボディーカラーはエジプシャン・ブルーが良いのですが,入船するこの色の車台数は少ないようです。(ディーラーより)

      お聞きしたいのはエジプシャン・ブルーの色はいかがでしょうか。

      同色の5008を試乗した自分としては好みなのですが,人気色なのかどうか…?です。自分が良ければそれでいいのですが,みなさんの
      続きを読む印象をお聞かせいただければと思います。

      よろしくお願い致します。
      • ナイスクチコミ10
      • 返信数2
      • 2019年5月27日 更新
      購入後、初めての暑い日でしたが本日21度のエアコン設定で、
      リアからは比較的冷たい風が出ますが、フロントからは冷風機かな
      程度の風でエアコンの効き目がかなり弱いです。

      これから本格的な夏ですが、夏のご経験があられる5008ユーザに
      ご質問します、真夏でもエアコンは効きますか?

      宜しくお願いします。


    5008の中古車

    5008の中古車相場表を見る

    5008とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止