シトロエン DS 7 CROSSBACK 2018年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

DS 7 CROSSBACK 2018年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売中のグレード一覧

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力比較リスト
に追加
So Chic2019年4月5日/マイナーチェンジ

477万円

325〜427万円   FF 5人 16.4km/L 1,997cc 1,670kg 177ps
Grand Chic2019年6月1日/マイナーチェンジ

569万円

399〜488万円   FF 5人 14.7km/L 1,598cc 1,570kg 225ps
Grand Chic BLUEHDi2019年6月1日/マイナーチェンジ

589万円

399〜537万円   FF 5人 16.4km/L 1,997cc 1,700kg 177ps

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
So Chic2018年7月17日/ニューモデル

469万円

325〜427万円   FF 5人 16.4km/L 1,997cc 1,670kg 177ps
Grand Chic2018年7月17日/ニューモデル

542万円

399〜488万円   FF 5人 14.7km/L 1,598cc 1,570kg 225ps
Grand Chic BLUEHDi2019年4月5日/マイナーチェンジ

569万円

399〜537万円   FF 5人 16.4km/L 1,997cc 1,700kg 177ps
Grand Chic BLUEHDi2018年7月17日/ニューモデル

562万円

399〜537万円   FF 5人 16.4km/L 1,997cc 1,700kg 177ps
Grand Chic Puretech2019年4月5日/マイナーチェンジ

549万円

-

  FF 5人 14.7km/L 1,598cc 1,570kg 225ps
Performance Line2019年4月5日/マイナーチェンジ

549万円

-

  FF 5人 14.7km/L 1,598cc 1,570kg 225ps
LA PREMIERE2017年10月25日/特別仕様車

589万円

-

  FF 5人   1,598cc 1,420kg 225ps

DS 7 CROSSBACK 2018年モデルのレビュー・評価

(8件)

DS 7 CROSSBACK 2018年モデルの満足度

4.43

(カテゴリ平均:4.3)

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • DS 7 CROSSBACK 2018年モデル Grand Chic DSオートモビルズが2018年に発表した「DS7 CROSSBACK」の広報車両をインポーターより借用して試乗してきました。

      「DSってシトロエンではないの?」と聞かれてしまうほど、まだ認知度が低いこの”DSオートモビルズ”とは、シトロエン社が数年前から始めたプレミアムブランドです。
      トヨタで言う、レクサスみたいなものといえばわかりやすいでしょうか。

      DSは、1955年から1975年まで20年にもわたって造り続けられた世界の名車「シトロエンDS」というクルマがありました。油圧とガスを利用して、サスペンションだけでなく、ブレーキやステアリングなどもコントロールするという当時の自動車
      続きを読む 技術では最高技術を投じたクルマで、いまはなき、ハイドロニューマチックシステムを初めて導入したクルマでした。(筆者もシトロエンCX、BXとハイドロシトロエンには、その昔乗っていました。)その偉大なる名前をブランドとして復活したことは、大変名誉なことです。

      新しく登場したDS 7 CROSSBACKは、国内外で流行りのSUVスタイルですが、ライバル不在の独自の世界で、同車からは、キラキラとしたオーラを放ち、他にはない存在感に圧倒されます。

      今回の試乗車は、1.6Lツインスクロールターボのピュアテックエンジン積んだ20インチホイール仕様です。いずれもアイシンワーナー製トルクコンバーター式8速ATと組み合わされます。

      225PS、1.6リッター4気筒ガソリンエンジンを搭載するGrand Chicを100メートルほど走り出して、その柔らかで魔法の絨毯のような乗り心地に驚きを隠せませんでした。それは、筆者が以前所有していたハイドロシトロエンを思い出したからです。

      DS 7 CROSSBACKはハイドロニューマチックではありませんが、走行モードを「コンフォート」に設定すると、まさにハイドロのそれなのです。走行する路面をカメラで読み込み、4輪の各サスペンションの減衰力をソレノイドバルブで制御する「アクティブスキャンサス」は、コンフォートモードなら15km/h以上で作動します。往年のハイドロの動きを忠実に再現した実に魅力的なクルマです。

      スポーツモードを選ぶと、エンジンは、抜けの良いエキゾーストノートをキャビンに響かせ、堂々たるボディを軽やかに走らせます。ステアリング中立付近のしっかり感が増したのも実感できます。

      シトロエンは、昔からノーマルでも操舵に対する反応の正確さ、トレース性はすこぶる素晴らしいものでしたがDS 7 CROSSBACKは往年のシトロエンを知るものには涙モノです。低重心ゆえの自然なロールとストローク感は、長いスキー板を自在に操り、滑走しているような感触です。

      ロングホイールベースの恩恵と魔法の絨毯のような乗り心地で、高速道路では、静粛性も高く、まさに高速ツアラーです。

      ドイツのライバルに対して、このいたるところがキラキラしていて、走るジュエリーのようなDS 7 CROSSBACKは、アンダー500万円で手に入ります。乗り心地がよく快適。かつ安全装備を含めて、ほぼフル装備。ぜひ、DSの世界に踏み込んでみては如何でしょうか?




      参考になった 4人
      2019年9月30日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 無評価
      価格 5
    • DS7車自体はエクステリア・ふわっとした乗り心地ともに満足。それに同じ車種を見ない希少性と、特にインテリアに関しては大大満足しております。出だしはやはりガソリンよりももっちゃりするけど、それがトルク感と言われれば文句は無いレベル。LEXUSのNXからの乗り換えでも、遜色は感じません。良い車です。人と違う車で自然と余裕を感じたい人にはうってつけの車でしょう。
      が、やはり外車は電気系統が××××でした。納車(実際には大阪から神戸にとりに行きましたが)から1か月で4回故障。突然ナビが寝てしまいます。1回目はナビがいきなり仮死状態で真っ黒画面。2回目はブルートゥースで会話中に、音声の設定をします?画
      続きを読む 面になり電話がプツ×。3回目はエンジンをかけて「さあ行きましょう!」の瞬間にラジオの音が消える。4回目は今日また画面が真っ黒。
      問い合わせると、音符マークを長押しすればリセットします。それでだめならエンジンを切って再始動で戻ります。されでもダメならエンジンを切って、少し待ってから再始動。高速を走行中はどうするんだろ?この車で遠出は怖い?
      販売店に聞くと、何台かそんな現象が出てるんですよねー(笑)。電気配線をチェックしてもダメだったんです。ナビを載せ変えてもやはりだめでねー。本国からも人が来て原因を探してるんですよ。でもまだねー。なら何かい?結構前からダメな症状が出てたの?販売の時言わなかったよね。それに進捗状況の報告もないよね。
      結果、車は魅力的です。が、フランス車は信用なりません。アフターフォローはやはり日本車、LEXUSが恋しい。
      こんな情報どこにも出てませんでした。これから購入を検討される方には、こんな状況で失敗したと感じてるオーナーもいることを参考にしてください。
    • 2019年7月3日 編集
      他社ライバルSUVと乗り比べてみました。

      【エクステリア】
      真正面からはボンネットがやや低め下向きに見えます。個人的には高め上向きの方が好みですが、この車の美点を損なうものではないとおもいます。基本的にどの角度から見てもかっこいいです。
      【インテリア】
      これはもう唯一無二といっていいと思います。ほかの輸入車でもこういった質感を持つものはないでしょう。3種の設定いずれも魅力があり、どれを選んでもそれぞれの楽しみがあると思います。
      【エンジン性能】
      ガソリンにしました。ただディーゼルも捨てがたい乗り心地でした。静粛性はあまり変わらない気がします。
      ディ
      続きを読む ーゼルの方がパワーはあるけど、乗り心地はガソリンと比べるとザラッとした感じでもありました。
      どちらも魅力があり、この車に対するイメージで選ぶと良いのではないでしょうか。
      【走行性能】
      かなりいいです。1600cc200馬力オーバーでほとんどストレスは感じません。曲がる・止まるもしっかりやってくれますし、回転半径が小さいので取り回しもストレスになりません。不満に感じる点は1つもないです。
      半年経って思うのは実はこの車の最も優れた点なんじゃないかなとということです。見た目はオリジナリティが強いので好みでもありますし。
      【乗り心地】
      ふわっとしなやかな感じです。基本的にはそのように穏やかな乗り心地ですが、荒れた路面に入るとその情報が伝わってくる感じはします。またコンフォートはやや車軸を中心に回転性の揺れが大きくなってしまうので段差に向かないため高速道路中心、スポーツやエコが街中では向いているかと思います。個人的にはコンフォートモードの乗り心地でより回転性の揺れが少なくなれば、この車のイメージに近いと思います。スポーツ・エコはや硬めですが、乗り心地は良いです。
      NX、XC40、CX5と比べても大きな違いはないように感じます。
      乗り心地がDS7よりやや優れているのはC5、XC60ですが、他の魅力はこの2車種にはないので、ライバルになりにくいと思います。
      C5は上記のコンフォート+回転性の揺れが少ない感じでより理想的ですが、スポーツモードのような軽快さやエコのどっしりした感じは持たないので、やはりどちらを買うかは購入者のイメージによると言えるでしょう。

      【燃費】
      だいたい10.0km程度です。
      【価格】
      デザインに凝った乗り物としてのSUV として so chicはかなりお買い得かなと思います。
      ですが、この車を選ぶならgrand chic というのはあるかなと思います。
      コスパならso chic デザインを追求するならgrand shic でしょうか。
      grand chicとなるとさらに上位のものを検討していく必要はあるのですが・・・
      同価格帯では満足しています。

      【総評】
      エクステリアと乗り心地が他の部分での質感に揃えばイメージとして完璧だなと思いました。
      それでも真正面を除く、ほとんどの全ての角度で、それは達成されていますし、乗り心地に関してもタイヤの選択などで調節の余地はありそうですので、これが500万〜600万で買えるとなると、もうこれ以外には考えられませんでした。
      大事に乗りたいと思います。

      またディーラーさんの接遇もdsブランドのイメージに合っていて好感の持てるものでした。
    • プジョー5008GT(ディーゼル)に乗っていますが、DS7非常に気になっていたので試乗してきました。
      今回は225PSを発揮するガソリンターボモデルへの試乗です。

      【エクステリア】
      一言で言うとエレガント。
      価格以上の高級感を感じさせる雰囲気があります。
      ボディカラーもシックで素敵な色が多いです。

      【インテリア】
      個性抜群のインテリア。
      スイッチ類の配置、形状は独創的で、芸術作品のような雰囲気です。
      デジタル液晶メーターも特徴的。(見づらいですが、嫌いじゃないです。)

      【エンジン性能】
      225PSの1.6Lガソリンターボですが、非常に軽快で伸びやかさがとても好
      続きを読む 印象でした。
      愛車は2Lディーゼルですが、このエンジンが選べたならこっちを選択したと思います。
      推したいのはガソリンモデルですね。

      【走行性能】
      ステアリングの性格は穏やか。
      小径ステアリングではありますが、普段使いにも扱いやすいです。
      ただ、個人的には5008のステアリングフィールの方が好み。5008の方が軽快さがあります。

      【乗り心地】
      最大の特徴であるDS アクティブスキャンサスペンションの威力が素晴らしい。
      リアサスもマルチリンクで非常にしなやかな走りをしてくれます。(5008はトーションビーム)
      ただ、車体の揺れ感は結構大きく感じました。

      【価格】
      このクォリティでこの価格はフランス車ならでは。
      外面だけではないので、コスパはなかなか高いと思います。

      【総評】
      人と被らない車が欲しい人にはうってつけの1台だと思います。
      走行性能も全体的にバランス良く、長く乗っても不満は少ないでしょう。
      ただ、SUVじゃなくてもよかったのではとも思います。今後ワゴンやセダンスタイルのDSも多く見たいなと感じました。

      補足:詳細レビューや写真をご覧になりたい方向け
      https://tmhshiroto.com/drive_ds7_2019/

    DS 7 CROSSBACK 2018年モデルのクチコミ

    (11件 / 2スレッド)
      • ナイスクチコミ21
      • 返信数6
      • 2018年12月5日 更新
      ディーゼル、ガソリン、ベーシックグレード…

      とりあえず、今選べる3種類のグレード、全てに乗って来ました!

      どのグレードも特徴があって、どれがいいかは選ぶ人の価値観次第かな。

      え? お前ならどのグレードか?

      自愛に徹するなら so chic
      家族想いを装うなら gran chic ディーゼルかな

      悩ましい。

      volvoのV60も良くできてた
      続きを読むし、XC40もノーマルサスのT4はよかったし、ドイツ車以外がアツいね。
      • ナイスクチコミ20
      • 返信数3
      • 2018年9月11日 更新
      ついに発売されますね!
      初めてのDSオリジナルモデルという事もあり、期待大です。

      モーターショーで実写見られた方、どんな印象だったでしょうか?
      また、初期型が10月25日から40台限定で予約受付中ですが、予約された方いますか?
      諸経費入れると700万円ぐらいでしょうかね。
      しかし、この車、ライバルいないですよね...。

      来年春に向けて、結構あちこちにDS S
      続きを読むTOREが出来るようですが
      2018年は、DSがもっと一般認知度が高まるに違いない!

    DS 7 CROSSBACKの中古車

    DS 7 CROSSBACKの中古車相場表を見る

    DS 7 CROSSBACKとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止