メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴンの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴンの新型情報・試乗記・画像

Cクラス ステーションワゴンの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

Cクラス ステーションワゴンのモデル一覧

Cクラス ステーションワゴンのレビュー・評価

(60件)

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルの満足度

4.52

(カテゴリ平均:4.3)

    Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル C200 STATIONWAGON Sports (本革仕様) メルセデス・ベンツの主力モデルCクラスにステーションワゴンが追加されて半年ほどが経過した。Cクラスが持つ本来的な価値に加え、使い勝手に優れたワゴンボディを持つのが特徴だ。

      Cクラスステーションワゴンには、メルセデス・ベンツ日本が幕張のニューオオタニで開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、C200ステーションワゴンスポーツに試乗した。

      セダンと同様、ボディパネルの多くにアルミを使うことで軽量化を図り、これによってアジリティ(敏捷性)を高めている。ボディの軽量化は進んだが、装備の増加などにより車両重量は1640kgに達している。なので決して軽いクルマというわけではない。

      続きを読む 型Cクラスステーションワゴンはボディサイズはひと回り大きくなった。セダンと同様に全幅が1810mmとわずかに1800mmを超えたのはとても残念な点だ。日本には立体式の駐車場インフラがたくさんある。その中には1800mmを上限としているものも多い。わずか10mm大きいだけの1810mmの全幅なら、物理的には駐車できるにしても、車庫証明が出ないので欲しくても買えないユーザーが出てくる。

      日本向けを考えたら、1800mm以内に収めて欲しいところだ。BMWは3シリーズで本国よりも15mm狭くした日本仕様車を作っている。日本市場に対する取り組み姿勢という点で、BMWのほうが好感度が高くなるのは当然である。

      ステーションワゴンの外観は左右のフロントドアから前の部分はセダンと共通である。デザイン的には迫力があるというより、ややどぎつい感じであるのも共通だ。フロントグリル内に大きなスリー・ポインテッド・スターが配置されているからだ。

      このデザインは個人的にはあまり好みではないが、メルセデス・ベンツを買うユーザーの多くがこのタイプを支持するのだそうだ。その結果、最近のメルセデス・ベンツはA/BクラスやCLA、GLAからEクラスまで、大半のモデルにこのタイプのグリルが採用されている。

      内装は質感、デザインとも文句がない。高級車にふさわしいインテリア空間が作られている。ただ、後席はさほど広くはない。大柄なボディの割には後席の空間は平均レベルである。ラゲッジスペースは広くてスクエアな空間が確保されていて、5名乗車の状態でも2名乗車の状態でも従来のモデルに比べてラゲッジスペースの容量は拡大されている。

      Cクラスのステーションワゴンもセダンと同様に乗り心地の硬さが感じられた。硬いというよりも悪いというほうが正確といえるくらいに硬めの乗り心地である。これはサスペンションとタイヤによるものだが、もう少し快適性を重視した味付けにして欲しいと思った。

      硬めの足回りは操縦安定性の高さにつながっているので、単純に悪いことではない。スポーツモードを選択して走ればなおさら安定性の高い走りが可能である。ただ、もっと乗り心地とのバランスが欲しい。

      ランフラットタイヤは走行距離が3000kmから5000kmくらいになると、タイヤがなじんで乗り心地が改善されてくるとの話もあるが、今回の試乗車は3454km走ったクルマだった。

      搭載エンジンは直列4気筒2000ccの直噴ターボ仕様だ。ロングストローク型のエンジンであることに加え、ターボによる余裕のトルクが魅力である。135kW/300N・mだから、Cクラスステーションワゴンのボディに対しても余裕のある実力だ。

      セダンに乗った印象から考えると、1600ccの直噴ターボを搭載したC180ステーションワゴンでも不足はないと思うが、ワゴンボディにいっぱいの荷物を積んで遠出をするようなユーザーなら、C200を選んだほうが良いと思う。C180とC200ではそれなりに価格差があるので、予算も含めて判断することになる。

      メルセデス・ベンツの良さのひとつは安全性能の高さにある。Cクラスから上の車種には最新のレーダー・セーフティ・パッケージが採用されていて、Cクラスステーションワゴンでもベースグレード以外の全グレードに標準装備されている。

      ミリ波レーダーとステレオカメラ、後方用のミリ波レーダーなどを組み合わせた高度な安全システムで、追突軽減ブレーキとしての機能のほか、車線の中央を維持し、はみ出しそうになると警報を出してステアリングにも力を加えてはみ出しを防いでくれるなど、いろいろな機能がテンコ盛りになっている。

      部分的には自動運転に近いこともやれるので、さすがはメルセデス・ベンツという感じである。現時点で最高レベルともいえる安全装備であり、これを手に入れるだけでもCクラスを買う意味があると思う。

      セダンと違ってステーションワゴンでは主要な装備が標準装備化されていて、オプションで追加するものが少ない。C200ステーションワゴンスポーツの価格は616万円だが、このままで乗ることも可能である。

      参考になった 10人
      2015年5月23日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 3
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 2
      燃費 3
      価格 3
    • 今まで乗り継いで来た自動車はすべて新車&国産車。今回初めての中古車&外車で私にとってはとても大きなチャレンジでした。

      【ベンツ購入理由】
      一度外車に乗ってみたかったこと、50歳を過ぎてベンツ適齢期にも感じたこと、そして何より東京モーターショーでベンツブースに行ってしまい、無性に欲しくなってしまったことでした。

      【中古車購入理由】
      単純に今までで一番高価な車で金額的に新車が無理だったこと、中古車でもメルセデスケアという登録後3年間メンテナンスフリーのサービスが受けられること、希望のエンジン・色・オプション・走行距離にマッチする中古車が売りに出ていたことでした。

      【購入した車
      続きを読む
      後期S205 C220d AMGラインサンルーフ付 登録後11ヶ月 走行距離約1200km

      【新車との差額】
      新車見積もしました。現行車はローレウスエディションという限定モデルのため全く同じ仕様は選択できずズバリの比較は出来ませんでしたが、新車値引き70万円控除後で約170万円差。新車の装備のほうが良い(ヘッドアップディスプレーやコックピットディスプレー)ことを考慮しても150万円位の差額になるのではないでしょうか。

      【外観】
      かっこ良いです!ダイヤモンドグリルと5スポーク18インチが引き締まるのでAMGラインは必須と思いました。リヤもセクシーでセダンでなくワゴンにしたはセダンのリアランプが好みで無かったからです。ワゴンのほうがかなりかっこ良いと思っています(個人の主観です)。サンルーフも大きく、特に後部座席からは開放感を感じ満足度がめちゃくちゃ高いです。

      【内装】
      高級感溢れる内装と思います。唯一残念なのがメッキしていないチープ感満載のドアロックピンです。これは近々変更しようと思っています。

      【自動運転機能】
      アクティブディスタンスアシスト・ディストロニックとステアリングアシストが素晴らしい。高速道路は渋滞していたとしても自動運転と言えるレベルで全く疲れません。感動しました。

      【ナビ】
      かなり前に乗っていたオデッセイ純正(たぶんアルパイン製)や直前まで乗っていたアテンザ純正オプション(パイオニア製)と比べても進歩がないどころか残念な感じに思います。とにかく行きたいルートが選ばれず、時間のかかるルートを選んでしまう感じですし、無理矢理違う道を進んでも再設定が遅くUターンさせようとする。音声で目的地設定が出来、認識率も問題ないことは○。

      【燃費】
      東京23区内で5km以内のちょいのり移動がメインですので、ユーザーの中でも厳しい条件と思います。今のところ街中だけだと9.3km強、高速道路だと21kmくらいです。

      【エンジン】
      C200は1.5Lなので気持ち的にかなり抵抗がありトルクフルなディーゼルにしました。もともとディーゼル車に乗っていたのでうるさいとか違和感はないです。踏むとすっと吹き上がり、走行には全く不満がないです。

      【総評】
      買って良かったです。中古車にも不安がありましたが、一度近所のYANASEに行ったときも差別されることなく、丁寧に応対いただけています。色やオプションがマッチすれば低走行&若い中古車(新古車)で十分と思いました。
    • 2015年モデルで購入後4年を経過。感想を書きます。
      〇買い替え前の車:VW(VWばかり乗り継いで来た)
      〇スタイリング:地味。言い換えれば上品なのか?
      〇内装:たぶんこのクラスで最もよくできていると思う。満足感は高い。
      〇エンジン:音質良くない。パワー、加速はVW2000ターボの方がはるかに早い。
      〇ハンドリング:違和感あり。ま、制御機能付きステアリングなので、ある程度ダイレクト感は損なわれるのか。仕方ないか。
      〇足回り:エアサス乗り心地は?と思う時あるが、おおむね良い。独特。
      〇走行疲労感:特に高速はディストロニックなどにより全く疲れない。直進性もすごい。こんな楽ちんな車はな
      続きを読む
      〇故障:
      ・高速走行時に急に2速固定となった。路肩停車でしばらくして復活。非常に危険。・・1回
      ・ON状態からセルモータが動作しない。あれこれやってもダメ。次の日に復活。・・1回
       ※どちらも原因不明。ROMアップデート対応。
      ・エアサス抜け・・最大のトラブル。走行中にXX故障(正確には忘れた)表示とともに、すさまじい路面からの振動。
       「車高が上がりま す」と「XX故障」の繰り返しでタイヤがフェンダーに当たって舵が全く切れない状態になり、停車。
       見ると車高は4輪ペッタンこ。走行不能でディーラに連絡。
       すぐに代車を乗せた車載車が来てくれました。
       原因は1輪のエアサスが抜けたのでエアを補充しようとしてコンプレッサーが回りっぱなしになり、焼き付き。
       結果すべてのサスが空気なし状態になり、ノーサスシャコタンに。
       費用:サス1セット+コンプレッサー1台交換で約30万円弱。なのでエアサスは保障契約が必須。
       3年目以降の保証継続もした方がよい。なお、エアサスの常時在庫かどうかはかなりあやしい。
       とにかくエアサス故障は即走行不能になるので、いつまた、とびくびくすることになっている。
       心底金属バネが欲しいと思った。

       総じていろいろ不安はあるものの、メルセデスならではの安定した安楽・安心走行感はマイナス点を差し引いても何物にも代えがたい。この車(このメーカの)価値はそこにある。
    • 一日試乗する機会があり、郊外の軽い峠道、高速道路などを流してきました。

      アジア販売主体のAクラスのハッチバックは素性は悪くはないはずなんですが、とにかく妙なところでコストダウンされていて、(ハンコックやピレリのなんちゃってプレミアムタイヤは何とかしてほしい・・・) 印象が悪かったところですが、さすがにワールドワイドに高級車として売られるCクラス以上は安易に馬脚をあらわすほど、メルセデスも甘くありません。

      15年前ほどにSクラスに乗ったときは、そのゴツゴツとした乗り味やシートに、ワイにはベンツは無理や・・・と感じたものですが、拍子抜けするほど張りはあるけどゴツゴツさは感じられないシー
      続きを読む トに化けていて吃驚。
      サスペンションもAMGラインだったため、エアサス! 
      とりあえずそのあたりの柔らかさは、そこにクラウンを正座させて叱責したい衝動に駆られる、日本車以上に日本車な感じに、もはやなにがなんだかよくわからなくなってきます。

      まあ、スピードを上げていけば、上下の振り幅が思いのほか大きく、結構ぐにゃりぐにゃりと船のように揺れるので、ここらあたりの塩梅がむずかしいところだなあとは思います。(もっと車重があればゆったりした挙動になるのかも。)

      こんな大きなボディで1.5ターボのマイルドハイブリッドで大丈夫かと思いましたが、速いという感覚は少ないですが過不足のない感覚で、ゆったり運転できます。
      流石に回生ブレーキなどの処理は世界一ハイブリッドに特化したトヨタに比べると、まだまだだね、と越前リョーマが言いそうな感じではありますが、納得のいくレベルには仕上がっています。

      と、まあ、昔のベンツのイメージとちょっと変わったなあ・・・と思いながら、音楽でも聴こうかと思ったところ、CD再生できないという現実にぶち当たります。
      し、仕方ねえ、Blutoothでとりあえず聞くか・・・って、うわー、Blutoothだと音こもってダメダメだわ・・・・
      ごそごそとUSBメモリを取り出し、まあ、こちらならまだましやろ・・・っておんなじやん!
      こんな運転席前方にダルマのようにもごもごする音像作って、なんちゅうか、ラジカセでもまだマシな音するで。
      調整すれば何とか・・・なりません! そもそも調整できる項目なさすぎのマツダコネクト状態やん! こらあかん!

      見積もりで750万するようなクルマでこれはいただけません。
      交換やアップグレードでもできるようならまだ救いがありますが、どうにもならんものが鎮座されているくらいならオーディオレスのほうがましです。
      とはいえ、知り合いのポルシェのオーナーさんも、「BOSEサウンドなんて高いだけで話にならんで!」と激おこぷんぷん丸だったので、ドイツ車ってカーオーディオとかはそんなもんかもしれないですけどねえ。

      そんなことを思いながら、軽く流していたんですが、特にスピード出しているわけでもないのに、クルマが逃げる逃げる。
      黒いベンツを煽ってくる輩も滅多にいないし、今話題の煽り運転対策にはいい選択かもなあ。
      とか、思ったり、思わなかったり。

      高い対策費だなあ。おしまい。



    Cクラス ステーションワゴンのクチコミ

    (1298件 / 186スレッド)

    クチコミ募集中

    Cクラス ステーションワゴンのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのクチコミを書く
    Cクラス ステーションワゴン 2008年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2008年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2008年モデルのクチコミを書く
    Cクラス ステーションワゴン 2001年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2001年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2001年モデルのクチコミを書く
    Cクラス ステーションワゴン

    Cクラス ステーションワゴン

    Cクラス ステーションワゴンのクチコミを書く

    閉じる

    Cクラス ステーションワゴンのクチコミ対象製品を選択してください。(全4件)

    Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのクチコミを書く
    Cクラス ステーションワゴン 2008年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2008年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2008年モデルのクチコミを書く
    Cクラス ステーションワゴン 2001年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2001年モデル

    Cクラス ステーションワゴン 2001年モデルのクチコミを書く
    Cクラス ステーションワゴン

    Cクラス ステーションワゴン

    Cクラス ステーションワゴンのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ30
      • 返信数16
      • 2020年5月16日 更新
      c220dワゴンとA4アバントクワトロで迷っています。
      まだディーラーが休みなのでC220dは試乗出来ていません。
      皆さんのお勧めとその理由を教えてください。
      よろしくお願いします。
      • ナイスクチコミ6
      • 返信数0
      • 2020年3月21日 更新

      2020年納車前に最新プログラミングへの書き換え後は順調ではあるものの、微妙にエンジンの振動がやはり気になります。

      私、前期モデルのA180(1600cc4気筒)にも乗っているんですが、エンジンフィーリングが良くC200より素晴らしいです。
      現行A、B、CLAなどの様なガラガラ音はありませんが非常に近いです。

      やはり今のプログラミングにも問題があるのかな?など
      続きを読むと毎日乗りながら考えています。

      最近このクルマを買うんならばバネサスではありますが、見た目、安全機能、そしてBSGやISGの様なエンジンではなく、昔ながらの素のガソリンエンジンを積むE300SWを購入すれば良かったなと非常に後悔しています。

      皆さんのCクラスはいかがでしょうか?
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数2
      • 2020年1月20日 更新
      メルセデスベンツC200ステーションワゴン・ローレウスエディション・4マチック契約からすぐにコンピュータープログラムエラーが出てしまい、納車が遅れに遅れ2019年12月末にやっと最新プログラムがリリースされ最新版にプログラミングしてからの納車となりました。私の場合、その間代車として後期型C200ワゴンを代車として約2ヶ月貸して頂いていましたので、その違いが少しだけ感じたのは、エ続きを読むンジン音やエンジンのバラついた振動が和らいだ様に感じました。皆さんで最新プログラムに入れ替えた方で何か変化に気づかれた方はいらっしゃいますか?

    Cクラス ステーションワゴンの中古車

    Cクラス ステーションワゴンの中古車相場表を見る

    Cクラス ステーションワゴンとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止