ダイハツ コペン 2002年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

コペン 2002年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
アクティブトップ2010年8月2日/マイナーチェンジ

169万円

32〜153万円   FF 2人   659cc 840kg 64ps
アクティブトップ2002年6月19日/ニューモデル

157万円

32〜153万円   FF 2人   659cc 840kg 64ps
アクティブトップ (MT)2010年8月2日/マイナーチェンジ

171万円

10〜198万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
アクティブトップ (MT)2002年6月19日/ニューモデル

157万円

10〜198万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
アルティメットエディション2006年6月14日/特別仕様車

189万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
アルティメットエディション (MT)2006年6月14日/特別仕様車

189万円

49〜138万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
アルティメットエディションII メモリアル2007年9月10日/特別仕様車

194万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
アルティメットエディションII メモリアル (MT)2007年9月10日/特別仕様車

194万円

53〜178万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
アルティメットエディションS2010年8月2日/マイナーチェンジ

205万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
アルティメットエディションS (MT)2010年8月2日/マイナーチェンジ

207万円

69〜222万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
アルティメットエディションS B2010年8月2日/マイナーチェンジ

206万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
アルティメットエディションS B (MT)2010年8月2日/マイナーチェンジ

208万円

-

  FF 2人   659cc 830kg 64ps
アルティメットエディションS C2010年8月2日/マイナーチェンジ

205万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
アルティメットエディションS C (MT)2010年8月2日/マイナーチェンジ

207万円

-

  FF 2人   659cc 830kg 64ps
アルティメットエディションS D2010年8月2日/マイナーチェンジ

206万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
アルティメットエディションS D (MT)2010年8月2日/マイナーチェンジ

208万円

-

  FF 2人   659cc 830kg 64ps
アルティメットレザーエディション2009年9月1日/特別仕様車

196万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
アルティメットレザーエディション (MT)2009年9月1日/特別仕様車

196万円

105〜169万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
ディタッチャブルトップ2002年6月19日/ニューモデル

157万円

-

  FF 2人   659cc 810kg 64ps
ディタッチャブルトップ (MT)2002年6月19日/ニューモデル

157万円

35〜103万円   FF 2人   659cc 800kg 64ps
レザーパッケージ2007年9月10日/マイナーチェンジ

173万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
レザーパッケージ (MT)2007年9月10日/マイナーチェンジ

173万円

55〜93万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
ファーストアニバーサリーエディション2003年7月23日/特別仕様車

174万円

-

  FF     659cc    
ファーストアニバーサリーエディション (MT)2003年7月23日/特別仕様車

174万円

32〜105万円   FF     659cc    
タン レザー エディション2008年12月17日/マイナーチェンジ

176万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
タン レザー エディション (MT)2008年12月17日/マイナーチェンジ

176万円

68〜75万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
2nd アニバーサリー エディション2004年6月2日/特別仕様車

178万円

31〜123万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps
2nd アニバーサリー エディション (MT)2004年6月2日/特別仕様車

178万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
10th アニバーサリーエディション2012年4月2日/特別仕様車

180万円

-

  FF 2人   659cc 840kg 64ps
10th アニバーサリーエディション (MT)2012年4月2日/特別仕様車

182万円

89〜189万円   FF 2人   659cc 830kg 64ps

コペン 2002年モデルのレビュー・評価

(71件)

コペン 2002年モデルの満足度

4.65

(カテゴリ平均:4.31)

    コペン 2002年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 父が長く乗っている大事な愛車です。

      見た目も可愛く小さなボディからいいエンジン音を出します。音楽を流さずにエンジン音を聴きながら運転するのが楽しいです。
      あの小ささでターボなのでどんな道でもスイスイ…
      山道で攻めた運転でも楽々走ります。
      クラッチの踏込みは重め
      (1〜5段階で表すと4)
      他車種に比べるとクラッチペダルが奥の方にある感覚です。

      自分で所有するには収納も少ないし、2人乗りなのでなかなか難しいですがたまに乗って運転したり、父と出かける時にはいい気分転換になります。
      父の車を借りている時は信号待ちなどでいかにも車好きそうな人に話しかけられます。
      なかなか今の時
      続きを読む 代にオープンにして女1人運転しているのは珍しいようです。

      最新機能が付いていなくても長い間変わらずに愛され続ける車って素敵だと思います。
    • 2002年10月から2012年11月まで初代コペンを2台乗り継ぎました。
      オープンカーに1度は乗ってみたくて発売した7月にATを契約、3年後にMTに乗換えました。
      長い車歴の中で同じ車を2台乗り継いだのは、初めてです。
      当時所有していたプログレのセカンドカーとして購入しましたが、メタルトップの開閉にハマってしまいメインカーになっていました。
      プログレは、翌年車検で手放して家族との移動用にプログレにも搭載されていたレーダークルーズコントロールを選択できたムーブに買い換えました。
      本来なら2台とも維持できましたが、コペンにハマってカスタマイズ費用捻出のためプログレを手放しました。(笑)
      続きを読む

      当初は、ボディ補強等の定番から始まりましたが、軽ターボの非力さを感じて禁断のパワーアップに手を染め始めました。
      ブーストコントローラー、燃調コントローラー、吸気系、マフラー交換と誰もが通る「ライトチューン」から始めましたが、コペンのATはその程度のパワーアップでもトルコンが滑った挙句に焼き付いてしまいました。
      そのためATに見切りをつけてMTに乗り換えました。

      『車検が通る最速コペン』を目指してMTの新車へ乗り換えましたが、思い通りにいかないものです。
      カスタマイズに興味が無い方なら「それ重要なの?」程度でしょうが、最初の2002年型と2003年型以降では、エンジンの燃料系統がマイナーチェンジ並みに変わっていることを後になって知りました。
      これがカスタマイズに大きな影響を与え最後の手段として燃料系統を2002年型同様に改造するまでになりました。

      きりが無いのでカスタマイズの概略だけ記載します。
      タービン交換3回、インタークーラー2回やラジエター交換は、当たり前でインジェクター、燃料ポンプ、コンロッド、クラッチ、フライホイール、ブレーキーローター交換、サブコンピューターも追加してパワーアップ諸々を図りました。
      何度もタービンやエンジンを壊す繰り返しを重ね、壊れた個所や周辺を社外品や他車の純正品で流用できるパーツに交換して強化を図りました。
      最終的に燃料系統の大改造まで実施してようやく「車検に通る」「壊れない」「自分だけの1台」となりました。
      パワーアップすれば実力も知りたいもので何度か鈴鹿サーキットの走行会に参加しました。
      公式最高速度は、鈴鹿ホームストレート約900mで記録した172km/hです。


      ここまでやり尽くした愛車でしたが、2012年11月、通勤途中の信号待ちの停車中に携帯イジッテ前方不注意の朝帰り女子大生に追突されました。
      見た目は、廃車になるほどではなかったのですが、ボディ剛性強化のカスタマイズの副作用で見た目以上のフレームダメージでした。
      この時、自動車保険のシビアさを知り過失の無い「10ゼロ」でも修理費用が満額出ないことも廃車を決断する理由でした。
      ちょうど新築計画も始まって別にレビューを書いたN-oneプレミアムを保険金で購入しました。
      この時2台購入した費用や改造費や修理費用諸々を再計算してみるとメルセデスSLK(現在は、SLC)が新車で購入できる額で「新車は、吊るしで乗るに限る。」「改造するなら格上の車を買うべき」と反省して現在に至っています。(笑)

      最近、代車でSLCに乗る機会が有り「やっぱりオープンカーは良いなぁ。」と思いましたが、もうオープンカーに乗ることは無いでしょう。
      今は、大型バイクも所有しています。(笑)

      以下は、カスタマイズ後の項目別の評価です。
      ( )内は、純正としての評価です。


      【エクステリア】・・・5点(5点)
      メタルトップのオープンカーは、開けても閉めても絵になります。
      独特の丸みを帯びたボディやヘッドランプは、今見ても個性的です。
      『羊の皮を被った狼(笑)』を目指してDマークを取外し英国仕様(リアフォグ内蔵)のバックランプに交換した見た目純正仕様です。
      ヘッドランプとフォグランプは、HIDに交換しました。


      【インテリア】・・・5点(5点)
      赤い本革シートを気に入っていたためシートは、交換していません。
      シート後ろの純正隔壁(ベニヤ)を厚板にワンオフで作り直して外部アンプ、リアスピーカー、サブウーファーを増設し音響アップを図りました。


      【エンジン性能】・・・5点(3点)
      冒頭で記載のため省きます。
      生半可な考えのパワーアップは、止めといた方が良いです。


      【走行性能】・・・4点(3点)
      ボディ剛性アップのカスタマイズは、一通りしましたが、やりすぎは冒頭で書いたとおりのため唯一4点です。
      一番良かった車外パーツは、ヤマハCOXダンパーでした。
      最近まで乗っていたゴルフにも唯一装着した車外パーツです。
      絶品の車外パーツで適用が有れば今後も検討するでしょう。


      【乗り心地】・・・5点(3点)
      純正の足回りは、固かったです。
      見た目のローダウンではなくコーナースピードを高めるため2度ほど足回りを交換しています。


      【燃費】・・・5点(4点)
      改造によってハイオク仕様になりましたが、通勤環境で14km/L前後と純正時より2割近く向上しました。
      サブコンの燃料調整セッティングが良かった結果です。


      【価格】・・・3点(5点)
      改造費よりも改造によって壊した修理費が高つきました。
      メタルトップのオープンカーとしては、適正価格です。


      【総評】・・・5点(5点)
      長い車歴の中でたぶん最初で最後の改造車であり忘れられないオープンカーになりました。

      この車との10年は、車への考え方や価値観も変わりました。
      年齢的に運転可能年数も見えてきたため今は、若い頃に拘ったセダンと憧れた大型バイクに乗っています。
    • 【エクステリア】
      良いです。発売から17年経っても、まったく古さを感じさせないデザインです。標準でマフラー2本出し。カッコよすぎです。

      【インテリア】
      これは承知の上買ったのですが・・・。やはり収納は少ないです。飲み物の置き場所すら困るので、うーん・・・って感じです。自分は身長が低いので、運転席を結構前にしているので、後ろにスペースができ、そこに傘などを置けたのは嬉しい誤算でした。
      インテリアは全体的に黒。お世辞にも高級感があるとは言えません。強いていいところと言えば・・・シートですかね。ホールド感があり、長時間乗っていても疲れにくいと感じました。パワーウィンドウのスイッチが窓側で
      続きを読む はなく、サイドブレーキの横にあります。随分変わった場所にあるので、慣れるまでは結構時間がかかりました。
      トランクはオープンにしないなら十分な広さですが、オープンにするならほとんど物は置けません。もし2人で泊りがけで旅行するなら、屋根を開けるのは厳しいかもしれませんね・・・。あと室内灯が非常に暗いです。もともとそんなに明るくないのに、そこに何を思ったか、黒いカバーが付いています。標準の状態だと本当に点いているのか?というくらい暗いです。とりあえずここは買ってすぐに明るいLED球に入れ替えましたが、それでも黒いカバーをすれば暗かったです。


      【エンジン性能】
      軽自動車では高性能な方です。しかし所詮は軽自動車なので、やはり普通車には勝てないな・・・という感じです。踏み込めば結構加速しますが、エンジンの音は大きく、頑張ってる感があります。エンジンは今製造されている軽自動車にはない、4気筒エンジンです。そのため出足は鈍いです。2500〜3000回転を超えたあたりから、ググっと加速します。

      【走行性能】
      抜群のコーナー性能です。結構な急カーブをそれなりの速度で走っても、全然滑りません。ただし、ハンドルは重いです。駐車するときや切返しの時は結構力を入れてハンドルを切らないといけません。
      標準の状態でもかなり車高が低いので、コンビニ等の出入り口の段差では気を遣います。それでも何回か擦りました・・・。

      【乗り心地】
      なんといっても屋根をオープンにすれば最高です。屋根を開けるとき、「ウォ〜ン」という音とともに、屋根が開いていくのは、さながらトランスフォームするようで、非常にカッコいいです。ただ、オープンにする機会は結構限られますね・・・。毎日の通勤でオープンにするのは何となく気が引けます。夏は暑い日光をモロに受けますし、冬は寒いですから・・・。オープンに憧れて買いましたが、オープンで走る機会はそう多くはありませんでした・・・。
      車高が低く、慣れるまでは乗り込むのにちょっと手間取ります。あと、やはりサスが固いのでしょうか。段差などをモロに感じます。
      乗り心地はまさにゴーカート。普通の車では味わえない感覚です。車好きの人以外にとっては、乗り心地が最悪と思われても仕方ないでしょうけどね・・・。これがいいんです。

      【燃費】
      努力すれば下道でもリッター15くらいは行きます。あまり燃費を気にせず乗ると、リッター12〜13くらいでしょうか。高速では90〜100kmほどで巡航すれば、リッター15くらいで走ります。ちなみに3速は30km/h、4速は40km/h〜50km/h(アクセルの踏み込み方で変わります)で入ります。「スポーツカー」と捉えれば十分な燃費ですが、現在市販されているエコな軽自動車と比べると、半分くらいですね・・・。1回の給油で400kmほど走ることができます。

      【価格】
      13年落ちで総額60万・・・。人気がある車なので、値段が落ちないです。今回売却するにあたっても、すでに16年落ちなのにも関わらず、それなりの金額で売れました。同じ年式(2003年)の車は現在40万〜60万程度で売られており、しばらくはこのくらいの価格で推移するのでしょうか・・・。

      【故障】
      購入してから半年くらいでトランスミッションが故障しました。具体的にはRレンジに入ったまま、他のレンジに切り替わらないという・・・。購入した時点で11万キロを超えていましたので、経年劣化かな・・・。痛い出費でした。

      【総評】
      2015/12に13年落ちで購入。初めてのマイカーでした。子供の頃からこの車が欲しくて購入しました。しかし、いろいろな環境の変化もあり、3人以上乗りたい時や、職場が変わり、比較的長距離を通勤することになり、どうしても燃費が悪いこの車は維持費が嵩むという事情もあり、乗り換えることにしました。新しい車はデミオです。趣味の車、セカンドカーとして持つのであれば、最良の車だと思います。しかし少しでも実用性を求める人や、買い物や通勤で頻繁に車を使う人にはオススメできないかな・・・。3年4か月、約3万キロ乗りました。残念ながらもうすぐお別れですが、この車を買って良かったと思います。新しいオーナーさんに大切にしてもらえるといいなあ・・・。

    コペン 2002年モデルのクチコミ

    (164件 / 15スレッド)
      • ナイスクチコミ35
      • 返信数14
      • 2019年8月12日 更新
      はじめまして。H18年、59000kmのノーマル・コペン乗りですが、今週車検のためDラーに入庫します。新車当時のイリジウム・プラグのままですが、10万kmまでは交換の必要がないと聞いております。しかしながら、5.9万kmを超えておりますし、すでに12年目に入りますので、交換しようか迷っているとことです。エンジン的には、特に支障なく、普段通りに動いています。この場合、交換した方が続きを読む良いのか、どうか諸先輩方のご意見を賜りたいと思います<(_ _)>
      • ナイスクチコミ15
      • 返信数7
      • 2019年6月2日 更新
      現オーナーさん、オーナーだった方、相談にのってください。

      過去にコペンを家族が所有しており13年15万km何のトラブルも無く走らせ売却しました。
      あれから7年、今度は私がオーナーになりたく中古車の購入を検討しております。

      中古購入にあたり、ここを注意して見て買った方が良いというところを教えてください。
      自分ではオープン機構とリアフェンダーの浮き錆くらいしか思いつ
      続きを読むきません。
      ディーラーにも相談しましたが、リビルトエンジンが手に入らないって事くらいで部品供給については大丈夫と聞いてます(車検証が無いので個々の車両のデータでは無く、最終型からの判断だそうです)

      急ぎでは有りますが助言よろしくお願い申し上げます。
      辞めた方が良いという方の意見も募集します。
      新型(現行)も試乗しましたがどうしても初期型が良いのでそこら辺はご理解ください。
      • ナイスクチコミ44
      • 返信数12
      • 2018年2月27日 更新
      こんばんは。

      コペンに乗って4年になるんですが、どうしても純正の乗り心地に慣れません(突き上げ、初期の動きが渋い、踏ん張らない)。何とか改善したいのですが、オススメの車高調を教えて下さい。宜しくお願いします。

      元々がシャシー剛性不足からだからどうしよもない、という事でしたら乗り換えを検討してます。

    コペン ローブの中古車

    コペン ローブの中古車相場表を見る

    コペン ローブとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止