スズキ アルト ターボRSの価格・新型情報・グレード諸元

アルト ターボRS

<
>
スズキ アルト ターボRS 2015年モデル 新車画像
  • アルト ターボRS 2015年モデル
  • インテリア1 - アルト ターボRS 2015年モデル
  • インテリア2 - アルト ターボRS 2015年モデル
  • エクステリア ピュアホワイトパール - アルト ターボRS 2015年モデル
  • エクステリア ブルーイッシュブラックパール3 - アルト ターボRS 2015年モデル
  • エクステリア ピュアレッド - アルト ターボRS 2015年モデル
  • エクステリア - アルト ターボRS 2015年モデル
このページの先頭へ

スズキ アルト ターボRSの新型情報・試乗記・画像

アルト ターボRSの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

新車発売中のグレードはありません

アルト ターボRSのモデル一覧

アルト ターボRSのレビュー・評価

(52件)

アルト ターボRS 2015年モデルの満足度

4.48

(カテゴリ平均:4.3)

    アルト ターボRS 2015年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • アルト ターボRS 2015年モデル ターボRS 発売は2015年3月11日で、これまでも数回試乗してきたスズキ アルトのターボRSに改めて市街地から高速道路まで含め、約600kmを試乗しました。

      新型アルトはプラットフォームやデザインまですべてを刷新した意欲作です。プラットフォームは軽量化はもちろん剛性を大幅に向上、デザインもこれまではやや“カワイイ系”だったものから脱却、男女を問わず選べる“ユニセックス”的なものとなっています。

      さて、これまでもスズキはベース車をチューンして数多くのモデルをリリースしてきましたが、この後発表された“アルトワークス”との比較は後日に譲るとして、このモデル自体はベース車の素性の良さを生かしながら、
      続きを読む 色々な意味でバリュー(価値)が極めて高い一台に仕上がっています。

      何よりも驚くのはその車重です。試乗車はFFでしたがわずか670kg!4WDモデルでも720kgしかありません。これ自体はベース車が達成した実力ではありますが、ターボRSの場合、スポット溶接の増し打ちなどボディ剛性をさらに高めることでハードな走りにも耐えられる能力を身につけています。

      エンジン自体も専用チューニングされており、後述する5速AGSとの組み合わせにより、とにかくフットワークが軽い印象です。

      発売当初からやや厳しい評価だった5速AGSですが、正直に言えばこれは「慣れの問題」です。素早く奥までアクセルを踏み込んだ際は確かにひと呼吸遅れたような動作はしますが、シフトアップする直前に少しアクセルを緩めてコントロールするだけでその辺は解消されますし、逆に言えばドライバーはこの位はできないといけません。

      このクセさえつかんでしまえば、元々がマニュアルベースのトランスミッションなのでダイレクト感はCVTの比ではありません。標準装備されるパドルシフトをうまく使うことでワインディングに限らず街中でも高速道路でも十分スムーズに走ることができます。

      また足回りも単に固めたというよりは思った以上にしなやかで乗り心地も優秀です。一番好印象だったのは高速走行時の路面からの入力をいなしながら、それでいて優れた直進安定性を実現しています。正直、このクルマのハンドリングには驚かされる部分が多いです。

      一方で5速AGSによる80km/h時のエンジン回転数は約2500回転、100km/h時は3000回転を少し超えます。どのギアもつながりは非常に良いのですが、5速を燃費向上のためのオーバードライブギアと考えた場合、もう少し回転数を落とせるギア比にしてもらえると燃費や静粛性にも効いてくるのではないかと思いました。まあ、この部分はスズキ側も十分テストして導き出したものですから我々がどうこう言う話でもないのですが、技術者には伝えてさせていただきました。

      室内も車高および室内高はアルトの場合、ハイト系ワゴンより劣るのは当たり前です。しかしホイールベースの拡大などもあり、後席の足元には十分な余裕があります。フロントシートにはしっかりお金をかけて作ってありますが、逆にリアシートは分割可倒機構がなく、シート全体の厚みもやや少なく、後席で長時間のドライブはきついかもしれません。ただ、そもそもアルトというクルマの性格を考えるとあくまでも主役はドライバーとせいぜい助手席までですから、割り切りも納得できるレベルです。

      そしてこのクルマが何よりも魅力的なのではズバリ、その価格です。基準をどこに置くかにもよりますが、試乗車のFFモデルで129万3840円。その内容を考えたら「バーゲンプライス」と言ってもいい位です。

      一例ですが、スズキのクルマはディスチャージヘッドランプをメーカーオプションとして設定しているケースが多いです。大体その価格は6万円強、これもターボRSでは標準装備されています。さらに専用タイヤやアルミホイール、内外装の専用意匠など。いくらベース車が低価格とはいえ、昨今の軽自動車の高価格化からみれば、よくこの価格で実現できたな、と関心します。

      先進安全装備はハスラーのような最新型ではなく、これまで使われてきた「レーダーブレーキサポート(追突障害軽減ブレーキ)になりますが、誤発進抑制機能なども装着されているのでなんとか及第点には届いています。ただこれは早く最新型にアップデートしてほしいところです。

      最後にクルマの性格もありますが、同社お得意の「エネチャージ」は搭載されていません。これは少し残念ですが、600km走った後の燃費は満タン法でピッタリ(偶然ですが)20.0km/Lと走りを楽しんだ後としては十分満足のできるものでした。

      4WD車になると装備の追加もあり価格は高くなりますが、FF車ならば群を抜くハイバリュー。某家具メーカーではありませんが「お値段以上!」、趣味性の強いクルマでありながら、実用性もしっかり仕上げた魅力的な一台としてオススメします。
      参考になった 119人
      2016年8月31日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 5
      燃費 4
      価格 5
    • 【エクステリア】
       デザインはリアが今一かなと思っていたが実際見るとなかなかカッコよい。
       塗装の塗膜が薄いのか飛び石跡からサビが発生しやすい。
       ドアオープナーの位置はキー穴と逆にしてほしかった。助手席オープナーも反対側へ。
       【インテリア】
       このクラスに質感は求めてないが悪くはない。収納は最小限度といったところ。後部座席の足元広すぎなので後部座席もう少し前に出して荷室のスペースをとってほしかった。
      【エンジン性能】
       必要十分性能。加速時のエンジン音は大きく、変わった音。3気筒だから?
      【走行性能】
       必要十分。足回りはワークスほど硬くなくちょうどよい。
      【乗り心地】
      続きを読む
       良いがシート厚さがあるためか路面の情報があまり上がってこない。このためスピード感が伝わってこない。知らないうちにスピードが出てる感じ。タイヤ限界もつかみずらい。この辺が改善されれば楽しい車になる。(前車のDEデミオは楽しい車であった)
      【燃費】
       このエンジンと走りなのに燃費がよい。カタログ値以上にでるときもある。
      【価格】
       4年落ち1.4万km走行、4WDで総額115万円。満足。
      【総評】
       気になったところは、AGSのDレンジは使えない。このため基本Mモードでアイドリングストップさせる時は停止前Dレンジへ。Mモードでシフトダウン時、エンジンブレーキ効くまで間がある。フットレストがない。スピードメーターの実測との誤差が大きい。
      気になるところもあるがMTの知っている私としてこの車は大変面白い車である。4速、5速で早めにシフトアップしたとき、ボワーンとなる共鳴音はマニュアル車の証。おもわすニヤリとしてしまう。この車はクラッチは無いがマニュアル車だと思って乗った方がよい。シフトチェンジ、アクセル抜く操作タイミングはマニュアルと全く同様でよい。
      そして何よりAGSの良いところはリモコンエンジンスターターが付けられること。北海道では必需品。エンジン、ミッションにも暖気は良さそうだ。マニュアル車に乗りたいがリモコンエンジンスターターをつけたいユーザーには打って付けの車だ。
      <再レビュー>
      Dレンジ使えてます。初めはMモードばかり使っていましたが、各プログラムを最新にバージョンアップしたところDレンジ制御が良くなりました。AGSに慣れてきたこともありますが、Dレンジ+パドルシフトでいい感じです。運転するのが楽しくなってきました。
      Dレンジ(シフトアップ)でのアクセル抜くタイミングはエンジン音が変わったところで良いかと思います。
    • 31年車です
      ここで生産終了をしり飛込みで最終車両予約しました
      ディーラーすら知らなかったので大慌てでした
      値引き7万オプション2万の9万です

      【エクステリア】
      ややクラシカルでブサ可愛いやんちゃな雰囲気に一目惚れ、今となるとルーフが低い車両は逆に貴重な存在です
      普通のアルトとは違いそれなりにがんばった外観も好きです

      【インテリア】
      良く言えばシンプルですっきり、簡素ともいえますが必要十分です
      プラスチックの質感のせいかキズがつきやすい
      友人がN-BOXカスタムと比べてチープと言いましたが1.5倍の価格差の高い車両と比べるのは愚の骨頂です

      【エンジン性能】
      続きを読む 慣らし中ですが文句はありません
      これに乗るとどの軽のエンジン物足りません
      昔の軽はとか言っていた自分が恥ずかしいです
      味付けのうまさはさすがスズキです!

      【走行性能】
      峠にも行きましたが全く不安無く走れましたので必要十分です
      AGSのワークスと乗り比べましたが違いがわかりません
      高剛性感と軽さが全てのバランスの元だと感じます
      横に乗せた友人たちもニコニコです

      【乗り心地】
      まだまだ硬いですがもう少し走り込むと良くなりそうです
      今でAGSのワークス程度なのですがワークスの硬さも昔のホンダスポーツと比べると硬くは感じないので問題なしです

      【燃費】
      まだ慣らし中ですので20km/l程度の表示です
      乗り方で変わりますがこれで十分です

      【AGS】
      どうしても書きたかったのはAGSの話
      賛否があるのはわかりますが乗っていると慣れるのと癖を覚えてくれる様子です
      仕事の車両でずっと乗っていたCVTにどうしても慣れなかった私にはマニュアルの走りが出来るAGSはベストです
      今後両方あっても私はAGSを選ぶでしょう
      交差点の途中での自動のチェンジだけはいただけませんがそれ以外は好きです

      【価格】
      129万円は安い!これからもこの値段でターボ車は出ないでしょう
      売れなかったのが本当に不思議ですが今の世の中で求められてないんでしょうかね

      【総評】
      スズキの良心といわれていたターボRS
      生産終了は残念ですが入手出来て最高です
      最終型だけあり不安要素がない状況で購入決めて正解でした
      スポーツカーからファミリーカーを乗り継いでそろそろスポーツでもと思い買った車両です
      オーナーさん達の満足度の高さには驚きます
      実際手に入れて満足する車両って中々出会えないんですがこれなら大満足ですね
      ワークスと迷って試乗して決めましたが私にはターボRSで十分だと思いました

      実際差が無い

      これが結論で決めました
      質実剛健な1台ですね


      1年近く乗っての感想です

      高速は非常に楽チンです
      流れをリード出来る速度域でも安定しています
      加速も減速も安定しているので不安を感じません

      渋滞は不得意と思います
      CVTのような走りは出来ないので少々気を使います

      気になるのはその程度です

      本当に買って良かったと思う事って中々無いのですがRSに関しては買って悔い無しと言える1台です
      友人のマニュアルワークスも乗りましたがその感じは揺らぎませんでした
      私としてはターボRS以外の選択肢は無かったと実感しました
    • 【エクステリア】
      ベースのアルトが好きでは無いのでイマイチに思います。
      横から見たデザインは良いですが、ドアノブの形状とペラペラ感のある垂直なフロントライト周りの形状と、夜間に尾灯だけ見ると商用車かと思うようなリアのデザイン。

      エクステリアがラパンのラパンターボRSってのがあれば最高なのですが。。。


      【インテリア】
      インパネ上部が水平になってるし、メーターもセンターでは無くハンドルの奥にあるのでその点は良いのですが、一言でペラペラしてます。

      インパネも上面を押すとペコペコ凹むし、ドアの内装トリムも凹みます。

      ただ、シートは見た目以上に肌触りと座り心地が良かった
      続きを読む です。

      あと、車内は前後方向には広くてリアシートもかなり広いですが横方向には狭いです。

      肩がシートベルトの付け根の柱に当たりそうな感じです。
      そしてドアのアームレストが小さいし幅が細過ぎて膝を置くと言う点については男性は少し厳しいです。


      【エンジン性能】
      これは満足です。
      AGSなので、どうしてもスムーズに発進しようとすると1から2速に切り替えるまで遅く感じますが、その後はグイグイと加速して軽自動車とは思えない加速でした。

      普通軽自動車はターボ付きでも80から上は穏やかになる印象ですが100km/hも単なる通過点という感じでメーターの針がグングン時計回りに進みます(笑)

      高速道路も軽自動車にしては超余裕でした。


      ただ、5AGSは面白いとは思いますが長時間の運転ですと疲れます。
      特にDモードは加速してシフトアップ時にアクセル緩めればショックは少なくなりますが全体的にシフトアップスピードが遅く感じ、結果自身でMモードでシフトアップする方が変速ショックも少なく尚且つ素早いシフトアップが可能でした。

      しかし渋滞時はやはり最悪で超ギクシャクしました。
      スムーズに加速しようにも前後にユッサユッサしながら進む感じが不快でした。
      Mモードでも変わらずAGSは2速まではギクシャクする仕組みみたいですね。

      一応クリープ現象みたいなのもありましたが、ブレーキで速度調整が上手く出来ません。
      こんな乗りにくい車は初めてでした。


      【走行性能】
      これはビックリする感じで、軽で背も150近くあるので、、、と思ってましたが、スイフトに近い感じでスイスイ曲がります。

      現行ラパンでも感じましたが、スズキの車は全体的にコーナーリング性能が良いというか曲がるのが気持ちいい車種が多い気がします。


      【乗り心地】
      正直言うと軽自動車だなぁと言う乗り心地でした。

      全体的に硬めでそれは嫌いでは無いのですが、軽自動車特有の跳ねる感じがあります。

      同じ軽自動車でもN BOXはシットリしてたので、車体が軽いデメリットな部分なのかな?と思います。
      乗り心地に関しては軽い車は不利ですね。

      カーブの途中に有る赤い横縞が入った路面、ドッドッドッドッと突き上げてきて胃が気持ち悪くなりました。。。


      【燃費】
      かなりぶん回して遊んで大渋滞に引っかかったにも関わらず17km/Lとは恐るべしです。


      【価格】
      質感面を抜きにしてデザインも気に入れば当時の新車価格は安いと思います。


      【総評】
      今まで乗ってきた2010年以降の軽自動車で一番速く感じました。

      体感的にもS660より加速性能は良いと思います。

      そして背もそこそこあるのにコーナーではクルクル良く曲がるし、小さいスイフトに感じました。


      ただ、車内はかなり騒がしくてビックリしました。
      どちらかと言えばS660の様な騒がしさです。

      エンジン音は煩いしロードノイズはとんでもないし。
      とにかく遮音性能はダメダメに思いました。


      大人四人がしっかり乗れて、走って楽しい車が欲しいならダントツおすすめな車に感じました。

      と言うか、この車はもう販売してませんけど
      今ならアルトワークス以外考えられませんね。


      アルトワークスのAGS車ってなかなか無いですが、アルトワークスAGSも試乗してみたくなりました(笑)


      同乗人に気を使う必要なく1人で乗るならとても楽しい車だと思います。

      ただ、タイトルの通りAGSのギクシャク感で渋滞時に前後にユサユサ揺すられたり、硬い乗り味で長時間休憩せずに運転してると気持ち悪くなってくるので気を付けて下さい(笑)


      あと欲をいえば、AGSはMTモードで2速発進出来たら良かったと思います。

      コンビニから出る時や右左折の時、ステアリング切った状態でシフトアップするの大変です。

    アルト ターボRSのクチコミ

    (345件 / 36スレッド)

    クチコミ募集中

    アルト ターボRSのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    アルト ターボRS 2015年モデル

    アルト ターボRS 2015年モデル

    アルト ターボRS 2015年モデルのクチコミを書く
    アルト ターボRS

    アルト ターボRS

    アルト ターボRSのクチコミを書く

    閉じる

    アルト ターボRSのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    アルト ターボRS 2015年モデル

    アルト ターボRS 2015年モデル

    アルト ターボRS 2015年モデルのクチコミを書く
    アルト ターボRS

    アルト ターボRS

    アルト ターボRSのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ12
      • 返信数8
      • 2020年2月21日 更新
      この車を購入しようと思っているのですが、年式による細かな違いなどあるのでしょうか。
      オートマのプログラムの違いとかスイッチの形状がちがうとか

      家電やスマホなど同じ型式でも細かなブラッシュアップとかあったりするので
      ワンモデルのこの車でもそういうことがあるのか詳しいかたお教えください
      • ナイスクチコミ14
      • 返信数5
      • 2019年7月5日 更新
      クラッツィオ(Clazzio)です
      アルトターボRSでは1番装着されているかも

      送料込みで20,000円弱の割には
      革の質感は良いし縫製やジッパーも丈夫です
      (体が当たる面だけ皮革でサイドなどは合皮、これは他もそんな感じですよね)
      精度も値段の割には頑張っていると思います
      やはり高級感も上がります

      シートカバーは40年以上の運転歴で初めてです

      装着理
      続きを読む由は
      シート地のファブリックが柔らかくて、特にサイドサポートなどはポヨンポヨンしてて
      もっとしっかり感が欲しかったのと、黒いシート地なのにホコリが付きやすい素材だったため

      予想通り「しっかり感」が出て
      ドラポジも理想に近づきました
      腰と肩甲骨がしっかりホールドされます

      意外だったのは若干ですが室内音が静かになった事です

      みんカラなどで3時間コースとあったので覚悟してましたが
      予想以上に力仕事でした(笑)

      女性は腕力が無いので男性に手伝ってもらうのが無難でしょう

      最後の最後、リアヘッドレスト部分で、片側は意外とあっさりプラの嵌め込みが入ったのですが、片方は若干寸足らずで縫製もプラよりはみ出てたため、ここを嵌めるだけで10分以上掛かりました(´-`)






      • ナイスクチコミ11
      • 返信数4
      • 2019年2月21日 更新
      早い、軽い・・・。
      のリスクを持ったツーペダルスポーツ・・・。
      ドライバーは、
      1・コンロッドへの負荷
      2・エンジン温度抑制
      3・5AGSアクチュエーター
      について配慮してドライブする必要あります。
      1は運転で、2はパーツ交換で、3発生時の状況判断は
      メーカーに任すべきです。

    アルト ターボRSの中古車

    アルト ターボRSの中古車相場表を見る

    アルト ターボRSとよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止