スバル インプレッサ G4の価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

スバル インプレッサ G4の新型情報・試乗記・画像

インプレッサ G4の自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

インプレッサ G4のモデル一覧

インプレッサ G4のレビュー・評価

(75件)

インプレッサ G4 2016年モデルの満足度

4.57

(カテゴリ平均:4.3)

    インプレッサ G4 2016年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • インプレッサ G4 2016年モデル 今回のインプレッサも、スポーツと呼ぶ5ドアハッチバック車と、G4と呼ぶ4ドアセダンの2種類のモデルが設定されている。

      インプレッサG4は、スバルが新千歳モーターランドをベースに開催した雪上試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。G4に試乗したのは基本的に圧雪路を中心にした雪上であることをお断りしておく。オンロードでの走りに関してはインプレッサ・スポーツのレビューを参考にしてほしい。

      インプレッサG4には、2.0Lエンジンを搭載したAWD車だけでなく1.6Lエンジンを搭載したAWD車FF車にも試乗した。FF車は新千歳モーターランド内の特設コースでの走りだったが、1.6i-Lアイ
      続きを読む サイトのAWD車では一般道を含めて長い距離を走らせた。

      外観デザインはアップデートされてはいるものの、オーソドックスな4ドアセダンの域内にとどまっている。飛び抜けて印象的ではない上に、4ドアセダンというボディ形状がより保守的な印象を与えているようにも思う。インテリアも際立って特徴的とはいえず、スバルでは斬新さを強調するものの、全体としては保守的な印象である。

      雪道で走らせたFF車の走りは想像する以上に良かった。タイヤがブリヂストンのブリザックを履いていたこともあって、AWDを走らせているのとほとんど変わらない感覚で運転できた。もちろん低μ路での発進や、ミラーバーン状態の路面での停止などということになれば、AWDとFFの違いははっきりするのだろうが、圧雪路での走りはそう変わらない。インプレッサではFF車の走りもあなどれないと思った。

      逆にいえば、FF車がこれだけ走るならAWD車はもっと魅力的なクルマになる必要があるのではないかとも思った。AWD車は価格がざっと20万円ほど高くなる上に、燃費も悪化(1.6L車で18.2km/Lが17.0km/Lに、2.0i-Lアイサイトで17.0km/Lが16.8km/L)するからだ。

      一般道(大半が圧雪路)で走らせた1.6i-LアイサイトのAWD車も良いクルマに仕上がっていた。エンジンの動力性能は2.0Lが113kWであるのに対し、1.6Lは85kWと明確な違いがあるが、タウンユースを想定した一般道の走りでは特に不満を感じさせるシーンはなかった。

      ワインディングなどで元気良く走らせようとしたら、1.6Lと2.0Lの差は明確なものになるのだろうが、最高出力を使うような領域以外ではそれほど大きな違いは感じない。

      リニアトロニックCVTとの組み合わせも同様で、2.0Lエンジン搭載車ではもっとレスポンスの良さが欲しいと感じるが、1.6Lエンジン搭載車に乗ると、これくらいで十分だな、という感覚になるから不思議なもの。

      さらに1.6L車には、2.0L車に設定のあるSIドライブが設定されないが、2.0L車でもSIドライブのモード選択による走りの違いはそう大きなものではないので、それがないからといって特にネガティブな印象にはならない。余分な操作をすることなく走らせたら良いという感覚である。

      足回りを中心にしたシャシー性能の良さは、雪道で走らせると一段と際立つ感じだった。新開発のスバル・グローバル・プラットホーム(SGP)による走りの質感向上が著しい。これが今回のインプレッサの最も良い点である。

      1.6i-LアイサイトAWDと2.0i-LアイサイトAWDの価格を比べると、2.0L車のほうがざっと15万円くらい高い。この価格差はなかなか微妙で、人によって1.6L車を選ぶ人と2.0L車を選ぶ人がいるだろうと思う。本革巻きステアリングホイール&シフトノブやフルオートエアコンなどの装備差を考えたら、実質的な価格差はさらに小さくなるから、2.0L車を選ぶ人が案外多いかも知れない。

      実際に購入するときには、カーナビや安全装備のリヤビークルデテクションなどを追加する必要があるから、購入の総予算も影響してくる。個人的には1.6L車でも十分という印象が強いが、それぞれの予算と好みに合わせて選んだら良いだろう。

      安全装備については、最新バージョンのアイサイトや歩行者エアバッグなどが標準で装備される。アイサイトは現在の自動ブレーキの中でも極めて高い性能を持つものであり、これを全車標準にしたのは高く評価して良い。安全装備は常に最高のものを用意すべきであり、装着の有無の選択を安易にユーザーにゆだねるべきではないからだ。

      参考になった 49人
      2017年3月14日 投稿
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 3
      価格 5
    • <追記>
      購入から10ヶ月、15,000kmを走行した時点で気がついた事を3つ追加します。
      1)「アイサイト」について・・・ 標準装備の安全装置として当初はもてはやされましたが、正直言ってガッカリです。安全装備として実用で使えるようになるまでには、まだまだかなりの改善が必要です。運転者は状況を見て「判断」しますが、アイサイトはただ「反応」しているだけ。時々ピピピと警告音を出しますが、それがまったく見当外れで、ただ煩わしいだけ。安全装置として正しく機能しているとはとても思えない。ディーラーで、これ(アイサイト)を取り外してくれないかとお願いしたところ、それはできないという返答でした。メーカー
      続きを読む には、実用に耐える装備になるよう改善を重ねていただきたい。
      2)AWDについて・・・ 今冬は暖冬少雪で、あまりAWDの威力を実感できる場面がありませんでしたが、それでも以前乗っていたN社のシル〇ーに較べれば、雪道での走行安定性は格段の差です。この「安定性」という要素が、乗り心地という主観的項目の重要な部分を占めているのだということに気付きました。他社の追随を許さない、スバルの独壇場だと思います。
      3)今まで複数の人を乗せましたが、同乗車は例外なく「いい車だね」と言います。それぞれにニュアンスは違うのでしょうが、この車の「実用車としてのレベルの高さ」を言っているのだと思うと、運転していて思わずニヤけてしまいます。車を誉められると自分のことのように嬉しいですが、インプレッサ(特にG4)が実力ほどに売れていないことを知って少し悲しい。
      ※燃費は、リッター14kmぐらいになりました。2000ccのAWDであれば順当な燃費だと思います。

      【エクステリア】
      派手さはないが、落ち着いていていいと思います。

      【インテリア】
      エクステリア同様、堅実で好感がもてます。

      【エンジン性能】
      街乗り中心ですが、まったく不満は感じません。

      【走行性能】
      右左折(及びコーナリング)の際の安定感がとても高く、これがこの車に対する信頼感を高めています。

      【乗り心地】
      これがこの車の最大の特徴で、「秀逸」の一言です。今まで自分が乗ってきた車(9台)のなかでもいちばんの部類に属します。

      【燃費】
      意外に悪かったです。街乗り中心ですが、リッター12km前後で、この車で唯一不満な点です。

      【価格】
      タイトルにも書きましたが、この完成度にして「本当にこの価格でいいのだろうか」と驚きます。久々のお買い得商品です。

      【総評】
      年金生活者の日常生活には十分すぎる車です。「スタイリングが地味すぎる」という意見もありますが、スタイリングのために何かを犠牲にしているような他社の車に比べれば、使い勝手優先のコンセプトにむしろ好感がもてます。自分にとってはこれが最後の車になるでしょうが、免許返納まで大切に乗っていきたいと思っています。強烈なインパクトはないかもしれないが、乗るほどに愛着が増してくる車です。
    • スペックの比較や試乗を行い、テンロクのFWDと2.0LのAWDに絞りました。
      FWDの素直な挙動が気に入ったのと、インプレッサ自体が最低地上高の低いモデルで、降雪時に使うこともないだろうと考えテンロクのFWDに落ち着きました。
      8000km走行したので評価を残します。

      【エクステリア】
      シンプルというか、嫌みがないというか、どこか中性的(?)で飽きの来ないデザインだと思います。
      ハッチバックよりもリア外観はまとまっていて良いと思います。

      【インテリア】
      200万円前半の車ですので、豪華さはありませんが、良い意味で質素というか素朴というか、スッキリしていて良いと思います。
      続きを読む
      シートは長距離を走ると腰が痛くなりますが、フィットするレカロシートに乗せ換えることで快適になりました。

      【エンジン性能】
      直噴よりポート噴射が好きなので、ひいき目ではありますが、直噴全盛のこの時代によく作ってくれたと思うエンジン、走行性能です。
      エンジンとリニアトロニックの相性が良いのか、アクセルを踏むと気持ちよく加速します。
      ただ、絶対的なパワーはありませんので、高速道路での加速では現行のアルファードに置いてゆかれました。
      加速して優位さに浸ることはできませんので、高速道路では巡行に徹するような走り方が合っているように思います。

      【走行性能】
      ボディ剛性が高いおかげか、まっすぐ走るとどっしりと落ち着いていますし、カーブにさしかかると軽快に回頭します。
      そこからアクセルを踏めば安定した姿勢できれいに加速します、ブレーキも素晴らしいので、ついつい楽しくなってしまいます。
      また、ウェット路面での安定感も素晴らしいです。うちの車、雨が好きなんじゃないかと思うほど。
      ただし、走行距離が5000kmを超えるまでは、アクセルに対してチグハグな挙動をすることが多々ありました。
      アクセルを踏む走りを続けることで、いうことを聞くようになった気がします。

      【乗り心地】
      助手席も後部座席も、乗り心地は良いようです。
      16インチの偏平しすぎていないタイヤ、高いボディ剛性に対してリアスタビを省略したことなどが良い方向に効いているのではないかと思います。

      【燃費】
      街乗りで10〜13km/L、高速主体で15〜19km/Lです。
      燃費はあまり良くないと思います。
      楽しくなるとアクセルを踏んでしまいますし。

      【価格】
      アイサイト3に安全装備全部載せでスタートプライスは200万円しません。
      下取り車なし、キャッシュ一括払いで値引きも40万ちょっとしていただき、価格に関しては何も文句は言えません。

      【総評】
      ゴルフやEクラスなどの方が走行性能は良いですが、水平対向がのっていて、最後の和製アイサイトもついて、ファミリーカーながら運転も楽しめる。それでコミコミ200万円代前半というのはずるい気がします。パーツチョイスにメーカーの良心を感じますし。

      追記
      2万キロ走りました。
      エンジンとミッションは軽やかに回り、絶好調です。
      内装は傷がつきやすいです。小傷を気にして乗る車ではありませんが気になる方は対策をした方が良いかもしれません。
      出張で機材を持ち出すことが多々あり、トランクの容量が大きく重宝しています。ハッチバックの方が使い勝手は良いと思ってましたが、セダンも慣れると便利です。
      レカロシートは走行中の衝撃をよく拾ってしまうので、少し前に純正シートに戻しました。ボディ剛性が高いせい?フワフワしたシートには狙いがあったのかもしれません。
    • 納車後、一か月経過した状況で投稿する。
      私の車歴としてはスカイライン(V35、2500)プラド(150系、4000)等。
      ※納車から2年半経過した時点で追記、修正実施。
      【エクステリア】
      可もなく不可も無いデザイン。アクセラの方がデザインが良い。
      【インテリア】
      シート、ハンドルについて
      ハンドルのチルト、テレスコピック機能の調整幅は、アクセラやAクラスと同等、カムリやプリウスよりは多い。
      ヘッドレストも角度を調整出来る。アクセラはむち打ち防止の為か不自然に傾いていて、長時間乗ると首が痛くならないか心配になった。
      私の身長は168pで腕が短めだが、ベストポジションを取れる事が
      続きを読む 出来ている。
      不満なのがハンドルヒーターの設定は無く、シートヒーターは本革とセットで高額である事。
      アクセラやプリウスも高額なグレードにしか設定が無い。
      単体で選べれば、冬場でもアイドリングする必要がなく、無駄なガソリンを燃やさずに済む。
      私は九州に住んでるが、寒がりだから。
      カーナビ等について
      スバルは社外カーナビを取り付けする事が出来る。
      私は純正の値段が高額な割に性能の低いナビは好まず、サイバーナビを愛用しており、これが選考の際に非常に影響した。マツダやVW、ベンツはメーカー純正しか取り付け出来ない。特にマツコネのような評判の悪いナビは使いたくなかった為、アクセラを選ばなかった主な理由の一つになった。なお、ドラレコも純正より社外品の方が値段も安く性能も良いと思う。

      スペアタイヤについて
      G4はスペアタイヤ標準設定である点が良い。スペアレスの場合装備されるパンク修理キットは有効期限が切れたら購入し直さなければならない。
      その上、修理キットを使用したタイヤはその後タイヤ店で修理して再び使用する事が出来ない為、タイヤ購入が必須となる。私はタイヤがパンクしたら、修理せず買い直すけども…これがもしAWDなら「外径の違いで駆動系が壊れる可能性が有る為、4本全て交換した方がよい」などとディーラー等で勧められる事もある。これはFFを選んだ理由の一つ。
      外径差による回転差があってもデフで吸収するから、別に壊れないけども。
      インプレッサスポーツはパンク修理キットを積んでいて、スペアタイヤはオプションとなる。
      これがスポーツではなくG4を選んだ理由の一つだった。

      【エンジン性能】
      エンジンについて
      十分に走る力はある。前に乗っていたプラドの4000cc車や、試乗したS4と比較すれば、余剰(贅沢)なパワー感は無いが、その為にプラス100万円以上の出費をする気になれなかった。
      なお、アイドリング音は年中を通じて大き目である。
      アクセラは信頼性の高いガソリンエンジン車は1500ccしか設定が無く、パワー不足だ。ディーゼルエンジン搭載車は値段が高い上に不具合の情報も多く、アクセラを選ばなかった理由の一つになった。

      トランスミッションについて
      インプレッサは人によって好みの分かれるCVTを搭載している。
      私はふにゃふにゃ感の強いCVT車だけは乗りたくないと思っていたが、
      G4のCVTはいわゆるラバーバンド感が無く違和感が無かった為、良しとした。
      AクラスはDCTを積んでおり、試乗した際、購入候補の中で一番上等に感じた。
      MTを操作するのも好きなのだが、その為にシビックのハッチバックを買うまでの理由にはならなかった。カムリやプリウスはトランスミッションのダイレクト感が不足していて運転が楽しくなくて、欲しくならなかった。
      ※納車から二年経ち、だんだんCVTである点が気に入らなくなってきた。

      【走行性能】
      カーブを曲がる際、水平対向4気筒独特の重心の低さを感じる事が出来て面白い。ボデーの剛性感を高く感じる事も合わせて、峠道を結構なペースで走る事が出来る。200万円台はおろか、300万円台の国産車の中で、これ程剛性感を感じる車は他にないかと。カムリより1レベル、プリウス、アクセラより2レベル上だと思う。購入の決め手の一つとなった。
      インプレッサスポーツと比べて、G4はトランクルームと後席の間に一本鋼板が通ってるから、ボデーがより強いのではと考え、G4を選んだ。両方試乗して違いは判らなかったが、理屈上はそうなってるんで。感覚としてはAクラスも強く剛性感を感じるが、コスパや5年以上保有するときのメンテ代で購入候補から外れた。

      アイサイトについて
      使用時、前の車に合わせて勝手に停車して、そのままブレーキも踏まずに済むので、非常に便利だ。バックセンサーもついているので安心感が高い。しかし、レーンキープ機能は、車線の中を微妙に左右行ったり来たりしている感覚があり、少し不快だ。ホンダのセンシングの方が連続した制御をしているような上等感を感じる。改善してほしい。

      【乗り心地】
      剛性感が高い為か、地面の凹凸の伝わり方はカムリより上等に感じる。
      インプレッサの2000ccは18インチと17インチの設定があるが、
      18インチは乗り心地が悪く、車体本体もタイヤも値段が高くなるので、
      17インチ設定であるiーLを選択した。
      アクセラは16インチでも18インチでも地面の凹凸をコツコツと伝えてきて、
      インプレッサの方が乗り心地がよく感じた。
      静粛性はカムリの方が圧倒的に高く、アクセラとは同等だと思う。
      【燃費】
      12km前後。冬季に出勤前の10分間アイドリングを週5回し始めてからは、8.5km
      なお、通勤距離は3.3kmで、市街地だ。

      【価格】
      コスパは高い。下取り価格の点でもライバル比良好と思う。
      この点でVWやベンツは納得できず、買えなかった。

      【総評】
      車自体は満足、ディーラーには不満足。
      車の出来が良いからインプレッサを買ったが、この点は結構我慢している。
      二年半経過した今もベストな買い物を出来たと思っている。

    インプレッサ G4のクチコミ

    (1855件 / 170スレッド)

    クチコミ募集中

    インプレッサ G4のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    インプレッサ G4 2016年モデル

    インプレッサ G4 2016年モデル

    インプレッサ G4 2016年モデルのクチコミを書く
    インプレッサ G4 2011年モデル

    インプレッサ G4 2011年モデル

    インプレッサ G4 2011年モデルのクチコミを書く
    インプレッサ G4

    インプレッサ G4

    インプレッサ G4のクチコミを書く

    閉じる

    インプレッサ G4のクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

    インプレッサ G4 2016年モデル

    インプレッサ G4 2016年モデル

    インプレッサ G4 2016年モデルのクチコミを書く
    インプレッサ G4 2011年モデル

    インプレッサ G4 2011年モデル

    インプレッサ G4 2011年モデルのクチコミを書く
    インプレッサ G4

    インプレッサ G4

    インプレッサ G4のクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ64
      • 返信数17
      • 2020年5月11日 更新
      3月に購入し早速ドライブしました。走りだすと車体が軽くふわふわ浮くようないかにも空へ上がる感じで、それまでスポーツタイプに近い車に乗っていたためこのインプレッサ―はそういう構造かなと思っていました。
      先日定期オイル交換から1か月経ちましたので、ガソリンスタンドで給油とともにタイヤ空気圧を測定しました。
      走行後なので高くなることは認知しておりましたが、前輪のタイヤ空気圧が3.
      続きを読む2気圧あり大変驚きました。
      とりあえず前輪だけ2.6気圧に落とし後輪はそのままにして、帰宅後日陰で3時間放置しました。
      再測定したところ前輪は2.35気圧、後輪は2.9気圧ありました。
      自前の自転車ポンプで全部のタイヤを2.45気圧ぐらいに少しだけ高めに設定し高速道路など試験走行しに行きました。
      前回よりグリップ感が増し地面からの衝撃がかなり減り安定感が得られました。
      ディーラーがちゃんと整備していると信じていましたが、裏切られました。これからは、点検後は自分で調べることにしました。
      支店だけでなく本社にも、しっかりタイヤの空気圧など整備してほしいと苦情のメールを送信しました。
      • ナイスクチコミ23
      • 返信数19
      • 2020年3月14日 更新
      初めまして。私は、現在インプレッサG4(2012年型)の2L4WDモデルへの乗り換えを検討しています。
      今の車はS社の5MTのNAの軽自動車(バンに非ず)です。
      私の運転歴は五年程度で、今後一年内での乗り換えを検討中です。
      そこで、この年式に乗っている皆様に意見をお伺いたく、質問を書かせていただきました。
      内容としては、以下箇条書きでまとめさせていただきました。
      ・動
      続きを読む力性能
      ・足回りの出来
      ・リニアトロニックについて
      この段階では、以上となります。なお、乗り心地の良し悪しや燃費に関しては全く気にしていませんので、悪しからず。
      私個人の事情で申し訳ありませんがスマートフォンを使って書いている上に繁忙期なので返信等遅れてしまうかもしれませんが、ご容赦ください。
      長文である上にまとまりがなく読みづらくて申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
      • ナイスクチコミ12
      • 返信数9
      • 2020年2月9日 更新
      レガシィB4(BM9)からインプレッサG4 2.0i-Sへ乗り換えを検討中です。

      私のレガシィは中古で買いましたが、純正OPのマッキントッシュが入っていてとても気に入っていました。
      インプレッサに乗り換えるとして、オーディオをどうしようか迷っています。

      近隣に試乗できる店舗も無く、実際の聴き比べは難しいです。
      一応ナビ・スピーカー含めケンウッドを候補に考えていま
      続きを読むすが・・・

      皆さんのおすすめOPやOPはいらない、等、感想を教えていただければ幸いです。

    インプレッサ G4の中古車

    インプレッサ G4の中古車相場表を見る

    インプレッサ G4とよく比較される車種

    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止